住宅

住宅のプロと出会う。

クリーニング、リフォーム、修理・交換・取り付け、大規模工事など、住宅の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

住宅のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な住宅のプロをご紹介。

住宅関連の人気のサービス

住宅関連のカテゴリー

住宅関連の最新記事

2022/07/01

初心者向け!雨漏り調査の方法・費用・優良業者の特徴を解説

台風シーズンや梅雨の時期に発生しやすいのが、雨漏りです。雨漏りは、正しい対処をしないと家の土台や天井、床を傷めてしまう可能性があります。 根本的に雨漏り対策をするには、発生の原因を突き止めることが欠かせません。雨漏りの原因は特定しにくいため、専門家の力を借りて雨漏り調査を行う必要があります。 雨漏り調査の方法や費用、業者選びのポイントを確認していきましょう。 目次 雨漏りが起こる原因 雨漏り調査の方法 1. 散水調査 2. 目視調査 3. 発光液調査 4. 赤外線サーモグラフィー調査 雨漏り調査に必要な費用 雨漏り調査は無料で頼める? 修理にかかる費用を安くする方法 保険を利用する 相見積もりをとる 安心して頼める業者の3つの特徴 ①調査報告書を出してくれる ②雨漏り調査・修理の実績が豊富である ③雨漏り診断士の資格を持っている ゼヒトモで雨漏り調査・修理のプロを探す 雨漏りが起こる原因 雨漏りの2大原因は、屋根や外壁、サッシなどの経年劣化と施工不良です。 風雨にさらされる屋根やベランダはダメージを受けやすく、ヒビ割れた部分から雨水が浸入しやすくなります。サッシの場合は経年劣化や施工不良により、サッシ枠と防水シートの間に隙間ができてしまうのが原因です。 また、木造住宅では外壁材の下に設けられている防水層が正しく機能せず、雨漏りが発生してしまうケースも確認されています。 雨漏り調査の方法 雨漏り調査を業者に依頼する前に、実際に行われている調査方法を知っておくと安心できます。雨漏り調査の方法は、主に次の4つです。 散水調査 目視調査 発光液調査 赤外線サーモグラフィー調査 それぞれの調査の特徴や、調査にかかる時間の目安を解説します。代表的な雨漏り調査の方法を理解しておけば、調査業者選びがスムーズに進むでしょう。 1. 散水調査 散水調査とは、実際に水を使って雨漏りを再現し、浸入経路を特定する方法です。水をかける向きや水量、強度、時間を調節しながら、繰り返し散水を行います。 散水調査にかかる作業時間は、半日から1日程度です。技術力のある調査業者であれば、高い確率で雨水の外部浸入口を見つけられます。 散水調査は一見簡単そうに見えますが、素人が真似をすると雨漏り被害が拡大してしまう恐れがあるため注意しましょう。 2. 目視調査 雨漏りの発生箇所を推測して、目で見て状態を確認していくのが目視調査です。屋根や外壁、天井裏など雨漏りが起きやすい箇所に、雨水浸入の形跡があるかを目視で確認します。 調査箇所が多い場合は時間がかかりますが、1箇所の調査時間は30分から1時間程度で済みます。調査員の技術によって調査制度に差が出やすいため、経験豊富な調査業者を選ぶのがおすすめです。 3. 発光液調査 発光液調査とは、雨漏りが疑われる箇所に紫外線に反応する発光液を流し込み、光を当てて水の浸入経路を特定する調査方法です。 散水調査である程度の雨漏り発生箇所を特定後、より詳しい状況を確認するために発光液調査が用いられるケースもあります。調査には半日から2日程度かかります。 基本的には調査に用いられる発光液が、壁紙にダメージを与える心配はありません。しかし、万が一壁材に変色が起きてしまった場合の保証の有無を事前に確認しておきましょう。 4. 赤外線サーモグラフィー調査 赤外線サーモグラフィー調査は、高感度赤外線カメラを使った調査方法です。濡れている箇所は温度が低いため、建物の温度分布図を確認しながら、雨水の浸入経路を突き止めます。 赤外線サーモグラフィー調査は、雨漏りが疑われる箇所が濡れている時にしか調査ができません。そのため、散水調査の補助的な役割として実施される場合もあります。 1箇所の調査に1~3時間程度が必要で、4つの調査方法の中では費用も高額であるため、状況に応じて調査の実施を検討しましょう。 雨漏り調査に必要な費用 […]

2022/06/30

エアコンの処分は家電リサイクル法に従う。地域別処分方法も紹介

エアコンの処分方法はご存知ですか。壊れたり新しいものと取り換えたりするとき、慌てて処分方法を確認することのないように、あらかじめ処分についての知識を身につけておきましょう。 処分方法によっては費用や手間が大きく変わるので、自分にとって1番お得な方法がなんなのかチェックしておくことがコツです。暑い夏を健康に乗り切るためにも、エアコンを適切に処分して自宅を万全の体制に整えましょう。 エアコンを処分する前に!チェックポイント3つ 1.修理して使い続けることができないか? 処分を実行する前に、エアコンを修理して再び使うことができないか確かめておきましょう。販売店の保証期間内であれば、無償で修理を行ってもらえることもあるので、処分する必要がなくなるかもしれません。 2.買取やリサイクルなど、廃棄処分以外の方法がないか? まだ新しいエアコンなら、処分品であってもリサイクルショップなどで買取をしてもらえるかもしれません。しかし販売から5年以上が経過している製品は買値がつかないことが多く、壊れているのなら引きとりを断られることもあります。業者によっては処分品でも引きとってくれることがあるので、一度確認してみるのもいいでしょう。 3.人に譲ることができないか? まだ使えるエアコンを処分するのはもったいないと感じるなら、誰か必要な人に譲るのもいいでしょう。しかし個人でのエアコンの取り外しは事故や故障の原因となるので、専門の業者にお願いする方が安全です。その際には取り外し費用が6,000~10,000円前後かかります。もちろん場所や時期で費用は変動するため、処分するよりも譲る方が高くなる可能性もあるでしょう。 エアコンを家電リサイクル券で処分する方法 1.家電リサイクル券の発券をする エアコンを家電リサイクル券で処分することに決めたなら、引きとりの依頼を自治体かエアコンを購入した販売店に連絡をして家電リサイクル券の発券をお願いしましょう。依頼先によって「料金販売店回収方式」か「料金郵便局振込方式」に分かれるので、依頼の際に確認してください。 地域によっては、家電リサイクル券による処分を行っていないことがあります。その際は自治体に連絡を取り処分方法を教えてもらいましょう。 2.処分日を決める 発券した後は、処分日を販売店もしくは自治体と決めましょう。すれ違いのないように1日中余裕のある日が望ましいです。エアコンのリサイクル料は1,000~2,000円、配送料には3,000円前後かかります。処分日当日までにお金の準備も忘れないようにしておきましょう。 3.エアコンを取り外す エアコンを家電リサイクル券で処分するには、室内機と室外機をそれぞれ取り外して、自宅の前まで運んでおく必要があります。もし自力でのエアコンの取り外しが難しいようなら、そのことを回収業者に前もって伝え、指示を受けておきましょう。賃貸物件で無理にエアコンを外すと、トラブルや事故の原因となります。気をつけましょう 4.エアコンに家電リサイクル券を貼る 家電リサイクル券をエアコンに貼り、業者へ引き渡します。その際に必ず控えをもらいましょう。 5.指定の方法で処分をする 料金郵便局振込方式で支払いをしたなら、指定の取引場所に持ち込むことで処分も可能です。最寄りの取引場所はネットでチェックできるので、回収が不要ならご自身で持ち込みましょう。その際に家電リサイクル券は室内機・室外機ともに右側面上部に貼ってください。指定取引場所ではトラックの出入りがあるので、安全に注意してエアコンを運びましょう。 地域別!エアコンの処分方法 東京都 東京都は家電リサイクル受付センターがあるので、小売店だけでなく自治体による回収が行われています。エアコンの購入先がわかるなら小売店に、不明なら自治体に回収をお願いしましょう。「料金販売店回収方式」による取引が可能なので、スムーズな処分が行えます。 神奈川県川崎市 川崎では家電リサイクル法に伴って、現在では市による回収を行っていません。エアコンの処分が必要なときは、購入した小売店に連絡をして回収してもらいましょう。購入店がわからない、回収が不可能という場合は、家電メーカーが指定する引きとり場所に持ち込むか、川崎家電リサイクル協議会加盟店を調べて引き取りを依頼しましょう。 愛知県名古屋市 名古屋は家電リサイクル券を利用した市による回収をしていません。購入した小売店による連絡を行うか、指定場所への直接運搬を行いましょう。指定場所への運搬がむずかしいときは、名古屋市一般廃棄物事業協同組合か収集運搬の許可を受けている業者に頼みましょう。 沖縄県 市によって回収状況が異なるので、エアコンの処分が必要になったらまずお住まいの自治体に確認をしましょう。多くは購入した小売店による引きとりを推奨しているので、連絡が取れるのなら小売店に依頼した方が早いでしょう。 Zehitomoから不用品回収を依頼 どんなに高性能のエアコンでも、いつか処分する日は来ます。そのときになって慌てないように、あらかじめ自分の住む地域での処分方法を確認しておきましょう。 自分で処分するタイミングがない、処分するのは不安という人は、不用品回収のプロに依頼してみましょう。 Zehitomoにはたくさんの不用品回収のプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、Zehitomoから自分に合う不用品回収のプロを見つけてみてくださいね。