屋外

屋外のプロと出会う。

アスベスト除去・調査、ベランダ・バルコニー掃除、外壁クリーニングなど、屋外の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

屋外のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な屋外のプロをご紹介。

屋外関連の最新記事

2021/04/21

外壁洗浄の費用相場や注意点をご紹介。DIYと業者の違いとは

マイホームを建てて数年が経過すると、外壁の汚れが気になってくるものです。外壁洗浄が必要だと感じながらも、自分で行うか業者に頼むべきか悩んでいる方が多いのではないでしょうか。どちらでも外壁洗浄を行うことは可能ですが、予算や目的に合わせて方法を選択する必要があります。 今回の記事では、外壁洗浄を自分で行う場合と業者に依頼する場合でのメリット・デメリットや費用相場、注意点についてご紹介します。 外壁洗浄とは? 外壁洗浄とは、雨や空気中のホコリ、排気ガスによって生まれた外壁の汚れ・カビを取り除くクリーニング作業のことです。 建物が建てられてから年月が経過するとともに、その外壁にはいつの間にか汚れが蓄積していきます。気づいたときには、新築時とは壁の色が全く変わっていたということも。汚れをできるだけ蓄積させないために、外壁洗浄は定期的に行う必要があるでしょう。 外壁洗浄を行う理由とは? そもそも、外壁洗浄を行う理由とは一体何なのでしょうか。外壁洗浄を行う理由や、外壁洗浄によって生まれるメリットを以下で紹介していきます。 建物の外観を良くする 外壁洗浄を行うことで、建物の外観は大きく変わります。壁に蓄積した汚れを全て除去することで、まるで建て替えたような見た目となるでしょう。一見そんなに汚れていないように見える外壁でも、外壁洗浄を行うことで見違えたように綺麗になります。 「しっかり管理が行き届いている家」と印象づけることにもなり、防犯効果も期待できるでしょう。オフィスや店舗などにおいても、外観を綺麗に保つことで利用者は気持ちよく施設を利用できます。 外壁内部の劣化を防ぐ 外壁に蓄積された汚れやカビは、そのまま放置しているとどんどん壁の内部まで浸透していきます。外壁内部の劣化が進んでしまうと、変色やひび割れ、雨漏りといった問題が発生することも。一度外壁に問題が発生してしまうと、修繕するためにかなりの費用がかかってしまうでしょう。外壁の汚れが内部へ浸透しないうちに除去することで、外壁内部の劣化を防ぐことができます。 後から多額の修繕費用を払うことがないよう、定期的な外壁洗浄は欠かせません。 また、外壁洗浄の際に防カビや防水の効果がある塗料を塗ることで、より外壁を長持ちさせることもできます。 資産価値を高める 建物の資産価値は、特に賃貸物件の大家さんや分譲マンション・分譲住宅の所有者にとって重要なもの。外壁洗浄は、建物の資産価値を高める上で重要となります。 外壁は、建物の「顔」とも呼べる存在であり、その外壁が汚れていると外観が悪く、資産価値は大きく下がってしまうでしょう。 また、外壁の汚れを放置していると壁の内部劣化につながり、建物の価値を下げることになります。建物の資産価値を高めるためには、定期的に外壁を洗浄して、建物を美しく健康に保つ必要があるでしょう。 外壁洗浄における3つの方法 ここからは、外壁洗浄における一般的な3種類の方法を紹介していきます。方法によって落とせる汚れの程度や洗浄の範囲が異なるため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。また、自分で可能な方法と業者でないとできない方法もあるため、注意が必要です。 ブラシ洗浄 最も手軽な方法で、自分でも可能なのがブラシを使った外壁洗浄です。汚れの範囲が狭い場合にはおすすめの方法でしょう。大掛かりな道具は必要なく、ブラシ・スポンジ・ホース・バケツなど自宅にある道具を使うため、安価で済ませられるメリットがあります。 その反面、手の届く範囲でしか洗浄できないため、全ての汚れを落とすことは難しいというデメリットも。外壁洗浄用にリーチが長いブラシもありますが、洗浄範囲には限界があります。外壁全体を綺麗に保つにはあまり向いていない方法と言えるでしょう。また、強くこすりすぎると外壁を傷つけてしまうため、注意しなければいけません。 高圧洗浄 高圧洗浄とは、高圧洗浄機を使った高い水圧で外壁の汚れを落とすという方法です。業者は一般的にこの高圧洗浄で外壁洗浄を行なっており、家庭用の高圧洗浄機を購入すれば自分で行うことも可能。手が届かない範囲も、高圧洗浄機であれば綺麗に洗浄できるというのが大きなメリットでしょう。また、ブラシやスポンジなどでは落ちない汚れも高圧洗浄であれば落とすことができます。 一方、素人が高圧洗浄機を扱う場合、圧力が強すぎるため塗装が剥がれてしまったり、扱いが難しく十分に汚れを落とせないことも。そのため、より満足のいく仕上がりにしたい場合は業者に依頼するのが賢明でしょう。 薬品洗浄 高圧洗浄を行なっても汚れやカビが落ちない場合、薬品洗浄を行います。強すぎる薬品を選ぶと外壁を傷つけることになり、反対に弱すぎる薬品を選んでも汚れが完全に落ちません。そのため、薬品選びが重要なポイントになります。専門的な知識と技術が必要となるため、素人が行うのは難しく、業者に依頼する必要があるでしょう。 外壁洗浄を自分で行うメリット・デメリット ここからは、外壁洗浄を自分で行うメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。 外壁洗浄を自分で行うメリット 費用が安く済む 自分で外壁洗浄を行う場合、業者に依頼するのに比べて費用が安く済むでしょう。業者に外壁洗浄を依頼するとなると、足場を組む費用や洗浄費、人件費などを支払わなければいけません。一方、自分で行うのであれば道具代のみで済むため、コストを抑えることができます。 好きなタイミングで外壁洗浄ができる 業者に外壁洗浄を依頼するとき、ほとんどの場合は前もって予定を調整しなければいけません。 また、 ・希望する日時で依頼できないことがある・依頼した日の都合が悪くなってしまった ということも考えられるでしょう。ふと外壁の汚れが目に留まった時や思い立って掃除をしたい時など、自分のタイミングで外壁洗浄ができるのは大きなメリットです。 外壁洗浄を自分で行うデメリット 素人仕上がりになってしまう 自分で外壁洗浄を行うと、どうしてもプロと比べて素人の仕上がりになってしまうデメリットがあります。 ・足場を組むことができないため、洗浄の範囲が限られてしまう・根強い汚れの場合、汚れの元となる部分を完全に除去できない・力加減や水圧が強すぎると、壁を傷つけてしまう このように、素人だとプロのような知識や技術がないため、十分な仕上がりにならない可能性があります。 時間がかかる 業者に外壁洗浄を行う場合、通常だと作業に7〜8時間程度かかります。業者より洗浄する範囲が狭かったとしても、自分で外壁洗浄を行う場合、準備や後片付けを含めて数時間はかかるでしょう。貴重な休日の時間を、外壁洗浄に費やしてしまうというデメリットは避けられません。 外壁洗浄を自分で行う場合の費用相場 外壁洗浄を自分で行う場合、費用は「1,000〜50,000円」が相場となっています。 業者に依頼しない分、かかるのは道具代のみ。ブラシや洗浄剤、高圧洗浄機などの費用が必要となります。特に高圧洗浄機を使わないのであれば、数千円で収まる場合がほとんどでしょう。 また、高圧洗浄機の価格は20,000〜50,000円程度のため、頻繁に外壁洗浄を行わないのであれば業者に依頼した方が安上がりかもしれません。 外壁洗浄に必要な道具の価格相場は以下の通りです。 ・一般的なブラシやスポンジ:100〜700円・リーチが長い高所用ブラシ:3,000〜20,000円・ゴム手袋:100〜300円・ホース:1,000〜2,000円・バケツ:100〜200円・洗浄剤:600〜10,000円・高圧洗浄機:20,000〜50,000円 外壁洗浄を自分で行う場合の注意点 外壁洗浄を自分で行う場合、以下のポイントに注意が必要です。 転落事故に気をつける できるだけ高い場所の洗浄を行いたいからと、脚立を利用する方もいるでしょう。しかし、2〜3m程度の脚立であっても、慣れないとバランス感覚を失いやすく、転落・転倒の危険性が。洗浄作業で力を入れるあまり、バランスが崩れてしまうこともあります。 […]

2019/02/07

ベランダ掃除で知っておきたい、「5つ」のポイント

室内の掃除は思い立ったらすぐに掃除機やクイックルワイパーなどでできますが、ベランダ掃除は思い立ってもなかなかすんなりできないもの。 そこで今回はベランダ掃除のポイントをお伝えして参ります。 1:ベランダの汚れはなに? まずベランダの汚れの元を確認します。 これは主に排気ガス、外気の汚れ、砂、土が多いです。 交通量の多い道路に面しているベランダでは排気ガスや砂埃による汚れが目立ちます。そのまま放置していると汚れが定着してしまって落としづらくなる場合があります。そのため定期的に掃除する必要があります。 また、ベランダでガーデニングや小さな植物を育てている場合は、それらの砂や土が溢れて汚れていきます。 2:掃除に適した天気は?必要な道具は? 続いて、掃除に適した天気と掃除に必要な道具についてです。 掃除に適した天気は? 掃除に適した天気は、湿度があり、風が弱い日です。小雨や曇りの風にそういう日が多いです。 逆に、カラッと晴れた日で風があった場合は、砂埃が舞っていたり、ゴミが飛来したりするため適しません。 必要な道具は? 必要な道具には変わったものはありません。 ・ほうき・ちりとり ・雑巾や古タオル ・バケツ ・使い古した歯ブラシ ・新聞紙 ・マスク ・ゴム手袋 ・デッキブラシ(戸建ての場合) これらがあれば十分です。 3:掃除で気を付けるポイントは? 掃除で気を付けるポイントは「他の家の迷惑にならないか」ということです。 マンションなどの集合住宅において、2階以上に住まわれている場合、階下への水漏れや、隣室への水漏れに注意が必要です。 ベランダは防水加工がされていないこともあります。隣室と壁があったとしても、同じ排水溝を使用している場合があります。 勢いよく水を流すとそれらが漏れていってしまうので、慎重に掃除を進める必要があります。 また、何でも流してしまうと排水溝が詰まる原因となってしまいます。落ち葉や大きな埃などは事前にゴミ袋に入れて捨てるようにしましょう。 4:実際の掃除方法 それでは、実際の掃除方法について見ていきます。 <マンションの場合> (1)ほうきや掃除機で大きなゴミを取る まずはほうきで大きなゴミを取り除きましょう。掃除機でも構いませんが、音が大きい場合は近隣への配慮として避けましょう。ただし、サッシ部分は掃除機のほうが楽ですので部分使用ができると良いです。 (2)取れない大きなゴミを手で取る ほうきや掃除機で取れなかったゴミは手で取り除きます。 (3)土や砂を拭き取る 土や砂は、少し湿らせてからまとめて掃き取ります。その後で別の雑巾などで拭き掃除をします。 (4)拭き掃除をする (1)から(3)までで大きなゴミや固まった土・砂の除去を行ったので、最後に仕上げです。水を汲んだバケツに雑巾を浸し、しっかりと絞ってから床を拭きます。細かい目地の部分や角などは歯ブラシを使ってこすり落としてから拭き取ります。 <戸建ての場合> (1)ほうきや掃除機で大きなゴミを取る まずはほうきで大きなゴミを取り除きましょう。掃除機でも構いませんが、音が大きい場合、近隣への影響がありそうであれば配慮として避けましょう。ただし、サッシ部分は掃除機のほうが楽ですので部分使用ができると良いです。 (2)デッキブラシで床をこすり洗いする 戸建の場合はお隣の家とベランダが繋がっていることはありませんので、デッキブラシで多少大胆に掃除をすることが可能です。住居用洗剤を使い、デッキブラシでこすります。床を傷つけたくない場合は、先端がスポンジで出来ているスポンジデッキブラシがあるので、ホームセンターなどで調達しましょう。 (3)水で流す デッキブラシで一通り綺麗になったら、排水溝の方へ向かって水を流します。 (4)拭き掃除をする (1)から(3)までで大きなゴミや固まった土・砂の除去を行ったので、最後に仕上げです。水を汲んだバケツに雑巾を浸し、しっかりと絞ってから床を拭きます。細かい目地の部分や角などは歯ブラシを使ってこすり落としてから拭き取ります。 戸建ての場合、近隣への配慮に余裕が生まれるので多少大胆に掃除が可能です。ただし、マンションと同様の掃除方法も取れるので、そちらの方法で行われても問題ありません。 要注意ポイント 掃除をするに当たって注意すぺきポイントがあります。 (1)排水溝 水を流す掃除以外にも、排水溝には風雨によって泥や落ち葉などのゴミが溜まっていきます。これを放っておくと排水溝が詰まってしまったり、水漏れなどのトラブルの原因になってしまいます。ほうきで掃き出せないような細かいゴミやヘドロは、使い古した歯ブラシを使って掻き出すようにしましょう。 (2)手すり […]