屋外

屋外のプロと出会う。

アスベスト除去・調査、外壁クリーニング、ベランダ・バルコニー掃除など、屋外の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

屋外のプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な屋外のプロをご紹介。

屋外関連の最新記事

2019/02/07

ベランダ掃除で知っておきたい、「5つ」のポイント

室内の掃除は思い立ったらすぐに掃除機やクイックルワイパーなどでできますが、ベランダ掃除は思い立ってもなかなかすんなりできないもの。 そこで今回はベランダ掃除のポイントをお伝えして参ります。 <INDEX> ※各項目のクリックでその章へ飛ぶことが可能です。 1:ベランダの汚れはなに? 2:掃除に適した天気は?必要な道具は? 3:掃除で気をつけるポイントは? 4:実際の掃除方法 5:綺麗に保つには? 1:ベランダの汚れはなに? まずベランダの汚れの元を確認します。 これは主に排気ガス、外気の汚れ、砂、土が多いです。 交通量の多い道路に面しているベランダでは排気ガスや砂埃による汚れが目立ちます。そのまま放置していると汚れが定着してしまって落としづらくなる場合があります。そのため定期的に掃除する必要があります。 また、ベランダでガーデニングや小さな植物を育てている場合は、それらの砂や土が溢れて汚れていきます。 2:掃除に適した天気は?必要な道具は? 続いて、掃除に適した天気と掃除に必要な道具についてです。 掃除に適した天気は? 掃除に適した天気は、湿度があり、風が弱い日です。小雨や曇りの風にそういう日が多いです。 逆に、カラッと晴れた日で風があった場合は、砂埃が舞っていたり、ゴミが飛来したりするため適しません。 必要な道具は? 必要な道具には変わったものはありません。 ・ほうき・ちりとり ・雑巾や古タオル ・バケツ ・使い古した歯ブラシ ・新聞紙 ・マスク ・ゴム手袋 ・デッキブラシ(戸建ての場合) これらがあれば十分です。 3:掃除で気を付けるポイントは? 掃除で気を付けるポイントは「他の家の迷惑にならないか」ということです。 マンションなどの集合住宅において、2階以上に住まわれている場合、階下への水漏れや、隣室への水漏れに注意が必要です。 ベランダは防水加工がされていないこともあります。隣室と壁があったとしても、同じ排水溝を使用している場合があります。 勢いよく水を流すとそれらが漏れていってしまうので、慎重に掃除を進める必要があります。 また、何でも流してしまうと排水溝が詰まる原因となってしまいます。落ち葉や大きな埃などは事前にゴミ袋に入れて捨てるようにしましょう。 4:実際の掃除方法 それでは、実際の掃除方法について見ていきます。 <マンションの場合> (1)ほうきや掃除機で大きなゴミを取る まずはほうきで大きなゴミを取り除きましょう。掃除機でも構いませんが、音が大きい場合は近隣への配慮として避けましょう。ただし、サッシ部分は掃除機のほうが楽ですので部分使用ができると良いです。 (2)取れない大きなゴミを手で取る ほうきや掃除機で取れなかったゴミは手で取り除きます。 (3)土や砂を拭き取る 土や砂は、少し湿らせてからまとめて掃き取ります。その後で別の雑巾などで拭き掃除をします。 (4)拭き掃除をする (1)から(3)までで大きなゴミや固まった土・砂の除去を行ったので、最後に仕上げです。水を汲んだバケツに雑巾を浸し、しっかりと絞ってから床を拭きます。細かい目地の部分や角などは歯ブラシを使ってこすり落としてから拭き取ります。 <戸建ての場合> (1)ほうきや掃除機で大きなゴミを取る まずはほうきで大きなゴミを取り除きましょう。掃除機でも構いませんが、音が大きい場合、近隣への影響がありそうであれば配慮として避けましょう。ただし、サッシ部分は掃除機のほうが楽ですので部分使用ができると良いです。 (2)デッキブラシで床をこすり洗いする 戸建の場合はお隣の家とベランダが繋がっていることはありませんので、デッキブラシで多少大胆に掃除をすることが可能です。住居用洗剤を使い、デッキブラシでこすります。床を傷つけたくない場合は、先端がスポンジで出来ているスポンジデッキブラシがあるので、ホームセンターなどで調達しましょう。 (3)水で流しす デッキブラシで一通り綺麗になったら、排水溝の方へ向かって水を流します。 (4)拭き掃除をする […]