配管・水回り

配管・水回りのプロと出会う。

排水槽清掃、カビ除去・対策、水回りクリーニングなど、配管・水回りの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

配管・水回りのプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な配管・水回りのプロをご紹介。

配管・水回り関連の人気のサービス

配管・水回り関連のサブカテゴリー

配管・水回り関連の最新記事

2022/10/03
風呂掃除には重曹とクエン酸だけ!簡単掃除の4ステップ

お風呂掃除の際に使用する洗剤には何を使用していますか? お風呂用洗剤を使用している方も多いとは思いますが、お風呂場だけではなく、家中全ての掃除に使える万能洗剤があるんです。それが、重曹です。 重曹は安全で簡単に手に入万ります。また手作りの万能洗剤になります。 重曹だけで落ちない汚れには、クエン酸をプラスして完璧なお風呂掃除ができます。 この記事では、重曹とは何なのか、その仕組みを交えながら、重曹の魅力、重曹を使ったお風呂掃除の方法をご紹介していきます。 重曹をお掃除に使うことは環境にやさしい重曹として市町村でも推奨されています。 重曹って何?どうして家事で人気なの? 万能洗剤と言われる重曹ですが、そもそもどんなアイテムか知らない方も多いかもしれません。以下で、人気の理由を紹介していきます。 1.重曹は掃除に利用価値がある上、安全性が高い 重曹とは、炭酸水酸ナトリウムのこと。人体に害のある成分ではなく、野菜のアク抜きやお菓子作りにも使用されるので、子供やペットのいるご家庭でも安心して使うことが出来ます。弱アルカリ性である重曹は、高い安全性でありながら、ぬめりや皮脂など酸性の汚れを落とすのに効果的。また、お風呂以外に、台所やコンロなどの油汚れや焦げのお掃除にも使用できます。 2.重曹は簡単に手に入り価格が安い 重曹は、100均やスーパー、薬局など多くの場所で購入することが出来ます。値段は100g辺り100円前後ですが、大容量の方が割安です。 色んな場所のお掃除に使えるので、楽天やアマゾンなどのインターネット通販で、大容量タイプを購入しておくと便利ですよ。 また、重曹と同じアルカリ性の、セスキ炭酸ソーダも重曹と同じ働きをしてくれます。重曹よりもアルカリ性が強いので、頑固な汚れなどは、こちらのほうが有効かもしれません。 重曹を使った手作りお風呂洗剤の作り方 ここからは、重曹を使った簡単手作りお風呂洗剤の作り方を紹介していきます。 家中のお掃除に使える「手作り重曹スプレー」の作り方 重曹スプレーは万能な洗剤です。 作り方はとっても簡単で、100均などに売っているスプレーボトルの中にぬるま湯100mlあたり小さじ1杯の重曹を加えて混ぜるだけ。 熱湯を使うと泡立ってしまい重曹の効果がなくなってしまうので必ずぬるま湯を使用します。 一度作った重曹スプレーの保管期限は1~2週間程度です。毎日掃除をされる方なら、その前に使いきってしまうので問題ありません。定期的にまとめて掃除をされる方なら、掃除の都度、量を調整して作ると良いでしょう。 頑固な汚れには重曹ペーストが効果的。その作り方と使い方 こびりついたレンジ周りの油汚れなど、頑固な汚れにはペースト状にした重曹を使うと効果的です。 重曹と水を3:1の割合で配合した重曹ペーストを汚れに塗って、放置するだけ。その後、スポンジなどでこすると簡単に落ちます。重曹ペーストはその都度作るようにしましょう。 また、重曹を振りかけた後に酢を流すと、化学反応によって発泡現象が起こり、排水溝のぬめりなどを落とすのにも役立ちます。 重曹で落ちないお風呂の汚れはクエン酸でお掃除しよう! 重曹で落ちない汚れがあった場合のお風呂掃除で活躍するのが、クエン酸です。 こびりついた水垢や石鹸カスなど、その正体はミラネル分が固まったものなので、クエン酸がききます。クエン酸は酸性のため、ミネラルを溶かすのに効果的なのです。 クエン酸も100均やスーパーなどで買えます。 お風呂掃除に役立つ「手作りクエン酸スプレー」の作り方 クエン酸をお風呂掃除に使用する際は、重曹と同じくスプレーにしましょう。 配合も重曹と同じで、100mlに小さじ1杯のクエン酸を混ぜるだけです。 弱アルカリ性の重曹で落ちなかった汚れも酸性のクエン酸スプレーだとスルリと落ちてしまいます。 クエン酸スプレーはお風呂掃除以外に、シンクなどの水周りや、トイレの汚れなどにも使用できるので便利です。 重曹とクエン酸で簡単にお風呂掃除する手順4 ここからは、重曹を使った簡単なお風呂掃除のステップを紹介していきます。 1.重曹スプレーを浴槽にまんべんなく振り掛ける 重曹を使ったお風呂掃除のやり方は、普段のお掃除と変わりません。お風呂用洗剤が重曹水に代わっただけ、と考えて下さい。 重曹スプレーをふりかけ、スポンジやブラシでこするだけです。 2.鏡や蛇口などにはクエン酸スプレーを使う 鏡や蛇口周りの水垢を落とすには、クエン酸スプレーを使用します。重曹には研磨力があり小さな傷をつけてしまうので、鏡などを洗うときは、部分的に試して問題なさそうであれば使用します。 重曹で研磨する必要もない、薄くすぐに取れそうな水垢であれば、重曹の使用は避けましょう。 3.排水溝には、粉のまま重曹をふりかける 排水口の嫌なぬめりには、重曹をそのままふりかけ、しばらく放置したのちにお湯で流せばスッキリと取れます。 頑固なぬめりには、その上からお酢やお湯で薄めたクエン酸を流すと、強力な発泡作用でぬめりをしっかりと落としてくれますよ。 4.頑固な汚れやお風呂用品、おもちゃにはコレ!つけおき洗いのやり方 重曹は、つけおき洗いでも効果を発揮します。 お風呂の残り湯が残っている時は、重曹を1カップ程入れ、お風呂用品、子供のおもちゃなど、全てつけ込んで一晩寝かせましょう。翌日さっと水を流すだけで、ぬめりなどは綺麗に落ちます。 重曹とクエン酸を使った掃除の注意点。換気、手荒れ対策を忘れずに 重曹は弱アルカリ性で肌に優しく、普通の洗剤よりも肌荒れを起こしにくいことが人気の理由の1つ。ただし、重曹は汚れをよく落とすので、落とした汚れで手が荒れないようにするためにもゴム手袋などを着用して作業するのをおすすめします。 また、重曹とクエン酸や酢などを合わせた時に発生するガスは二酸化炭素で、狭い空間で換気扇を回さずに掃除をすると息苦しくなります。酢の匂いも独特ですし、掃除中は換気を行いましょう。 重曹とクエン酸で落ちない頑固な汚れは、プロの出番! 重曹とクエン酸を使っても落ちない頑固な汚れは、専門知識と技術を持つプロに掃除を頼むという手もあります。 プロにお風呂掃除を依頼した場合の費用については、以下の記事を参考にしてみてください。 意外にお手軽な値段でピカピカになってびっくりしました! […]

2022/09/30
排水溝の掃除は簡単5ステップで!害虫除去や水漏れ対策にも

排水口の汚れを放置しておくと、汚れがたまり水の流れが悪くなるだけでなく、その汚い嫌なニオイを発する原因にもなります。ですから排水口の掃除は定期的に行うことをおすすめしまう。 とはいえ、排水口の掃除はどのようにしたらいいのでしょうか。ここでは排水口の掃除方法についてご説明します。 排水口を掃除するメリット 排水口を掃除するメリットとしては、次の4つが挙げられます。 それぞれどのようなメリットなのか、1つずつ紹介します。 1. つまりを解消し、水の流れを良くする 排水口に髪の毛やほこりが溜まると水の流れを妨げます。例えば洗濯機の排水口が詰まってしまうと、排水がうまく行われず服に嫌なニオイが付いた状態で脱水され、汚れが取れていない状態で洗濯が終わってしまうということもあります。 常にきれいな水が流れていることはその生活空間を清潔に保つことにもなりますので、掃除してつまりのない排水口にしておく必要があります。 2. 嫌なニオイを消す 髪の毛やほこり、皮脂などが絡まった汚れを放置しておくと、そこに雑菌が繁殖し嫌なニオイを発します。ニオイは先に書いた通り洗濯物についてしまったり、居住空間に漂ってきたりと生活に支障をきたすかもしれません。 排水口を掃除しておけばそういった不快なニオイを嗅がずに済みます。 3. 漏水を防ぐ 排水管が詰まって水がうまく流れないと漏水の恐れがあります。集合住宅の場合は下の階に水漏れしてしまい、トラブルになってしまうかもしれません。そうなれば、その保証を居住者が負わねばならず、多額の修理費用がかかってしまうこともあります。 しかし、排水口の掃除を行い清潔に保つことができれば、漏水を防いで不要なトラブルを避けられます。 4. 害虫が来るのを防ぐ 特に夏の暑い時期などは、汚れた排水口に小バエが発生しやすくなります。また、不衛生な排水口はゴキブリの住処になってしまうこともあるでしょう。 しかし、排水口の掃除しておけば、小バエやゴキブリなどの外注が家の中で生息するのを防げます。 \ 無料でピッタリのプロとマッチング / 排水口の掃除におけるよくある疑問 排水口を掃除する際、初めての方だとさまざまな疑問が浮かぶかもしれません。ここでは、よくある疑問と答えについて紹介しているため、「掃除したいけど気になることがあって……」というような悩みを抱えている方は、ぜひチェックしてみてください。 1.頻度はどのくらいが良い? 自分で排水口の掃除をする際には、キッチンや洗面所、お風呂は週に1回、洗濯機は月に1回はすると良いでしょう。 汚れやすいところほどこまめな掃除が必要です。特にキッチンには料理の油汚れが、お風呂には髪の毛や皮脂汚れが溜まりやすいことから、可能であれば毎日の掃除がおすすめです。 掃除の間隔が空くと汚れが溜まり見た目もひどくなるため、排水口を触ることさえためらわれる状況になりかねません。めんどくさがらずに最低でも週に1回は掃除しましょう。また、洗濯機の場合は月1回掃除するのがおすすめです。 2.業者に頼むといくら位かかる? 料金相場に関しては、一戸建てとマンションによって異なります。 一戸建ての場合は2~3万円前後が相場であり、掃除する排水管の長さや人件費によって変動するため、きちんと見積書を確認しておきましょう。 マンションの場合は全部屋を一度に洗浄することから業者の作業範囲が広くなる一方で、1戸あたりの相場となるため、一戸建てと比べて安くなります。 例えば200戸以上の大規模マンションの場合は、2,800〜4,000円が相場です。 ネットなどで格安を謳っている業者もありますが、清掃ではなく汚れた箇所や劣化部分の部品交換のみの価格だったりする場合がありますので清掃内容をよく確認してから依頼するようにしてください。 また、反対に高額な費用を請求するところもあります。例えば戸建て住宅の場合、5~6万円程度かかると言われた際は高額設定の業者といえるでしょう。 【あわせて読みたい、お掃除の関連記事】 レンジフードクリーニング(換気扇お掃除)業者に頼んだ体験記~費用と流れと感想 >>> 実際にお風呂掃除を業者に頼んでみた! 費用と時間とピカピカ体験談 >>> 3.掃除に必要なグッズや用具はなに? 排水口掃除には次の道具を用意しましょう。簡単にまとめると次のとおりです。 ・ブラシ ・洗剤 ・重曹とクエン酸 ブラシ 排水口掃除用のブラシは価格も形状もさまざまなものが売られていますが、おすすめは排水管内部の汚れを取れる細長い作りのものです。 柔らかい素材でできていて、排水口の奥までしっかり届く長さのものを選ぶと良いでしょう。100円ショップで売っているものでの汚れが良く取れるものがあるため、掃除初心者の場合はまずお手頃なものから試してみるのがおすすめです。 洗剤 排水口用の液体洗剤は排水口と排水管のヌメリを取るのに効果的です。排水口周りについた汚れや排水管に詰まった髪の毛、ほこりなどを溶かして排水管のつまりを解消することもできます。 ただし、扱い方には注意が必要です。洗剤によっては、髪や汚れを溶かす成分が入っています。そのため、使用方法や使用量をきちんと確認して使ってください。 重曹とクエン酸 […]