配管・水回り

配管・水回りのプロと出会う。

水回りクリーニング、カビ防止など、配管・水回りの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

配管・水回りのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な配管・水回りのプロをご紹介。

配管・水回り関連の人気のサービス

配管・水回り関連のサブカテゴリー

配管・水回り関連の最新記事

2017/06/12

排水口のつまりの原因と、4大撃退方法【洗面所・お風呂・台所】

皿洗いや風呂掃除の際など、排水口の詰まりが気になったことがある方は多いのではないでしょうか。ゴボゴボという音に気づき排水口の奥を覗き込んだら、髪の毛のかたまりが水の流れを防いでいた・・・なんていうケースが多いですね。掃除するとなっても、気が進まない方も多いはずです。 今回は、そんなお困りの皆さんのために、家の箇所別の排水口の詰まり原因から解決策まで、ご紹介します。 1.洗面所の排水口の詰まりの原因2つ 皮脂 朝起きたら洗面台で毎日することといえば、洗顔や歯磨き。朝や夜寝る前に使用する方も多いかもしれませんね。それらで洗い流された皮脂が、水とともに排水口に流れ落ちます。 短期間であれば問題はないものの、一年、五年、十年と長く使う洗面台。皮脂が徐々に排水溝にくっつき溜まり、匂いや詰まりの原因になるのです。 石鹸カス 私たちはよく石鹸やハンドソープを使い手を洗います。水で流された石鹸カスが排水溝にたまり、悪臭の原因にもなるのです。 2.お風呂の排水口のつまりの原因2つ 髪の毛の詰まり 毎日のように家族が使用するお風呂。 髪の毛を洗うことで、排水溝に溜まり続け、詰まりの原因になることもあります。排水溝を掃除しようと蓋を開けた瞬間、髪の毛の絡まり具合をみてゲンナリしてしまい、掃除する気もなくなる方が多いのではないでしょうか。 入浴剤・ソープなどのカス 毎日のボディーソープや洗顔フォームの使用で洗い流され長年溜まったものが排水溝に溜まり、詰まりの原因になることがあります。これらのカスは、一箇所に集まると固形化してしまい水圧では流れないことがあります。 3.台所の排水口のつまりの原因2つ 食材カス 食材の切れ端が流れてしまい、腐敗し匂いや菌の繁殖原因になります。温度、食べかすなど細菌に好条件の環境が整っており、細菌が多く繁殖しやすい環境です。 食用油 皿洗いや炒め物をした後のフライパンを洗うと、どうしても流れてしまうのが油汚れ。排水口に固まった油は様々な種類のものが混ざり合い固形化する傾向があります。粘着性があり、油は石鹸では落ちないため最も除去しにくい汚れの一つです。 4.排水口がつまると何が起きる?デメリット3つ 匂いの深刻化 食材の残りの食べ残しが流れてしまうことにより、食材が排水口に溜まりやすくなる傾向にあります。溜まった食材の腐敗により細菌が増加し、排水口からの匂いが深刻化する恐れがあります。 水の詰まり 石鹸カスや食材などの溜まり物によって、排水口が塞がれてしまいます。排水口は真っ直ぐではなく曲折している場合が多いため、曲折部分で溜まり、粘着性の高い油で固まってしまうこともあるのです。手では届かない排水口の奥に詰まりの原因があることも多々あります。 排水管を取らなければならないほど深刻な汚れになることも 長期間に渡り掃除せず放置しておくと菌の繁殖を増加させてしまいます。その菌や腐敗した食べ物のカスが酸化し、排水口の壁が徐々に薄くなることがあります。最悪、排水管ごと取り替えなければいけない状況に陥ります。 相場の清掃と修理費用は、2万円から3万円のようです。 5.ハウスクリーニングや水道業者に頼む場合の金額 排水溝のつまりが取れないなら、業者に頼もうと思う方もいるかもしれませんが、実際どのようなサービスの質/価格なのかが気になるところです。 CMで話題の排水溝の詰まりを解決してくれる代表例 クラシアンを見てみましょう。お風呂に関する排水管のトラブルは土日祝日問わず8,000円で、その他蛇口からの漏れなどもあれば対応してくれるです。1度申し込むと、2回目以降は10%割引のキャンペーンもされています。 6.洗面所の排水口のつまりへの対処法 洗面所の排水溝の構造 洗面所の配管の形は「Pトラップ」「Sトラップ」と呼ばれるもので、容易に取り外しができない構造になっています。一般的に排水管の構造は、曲折しているものが多く、これは匂いがダイレクトに上がってこないように悪臭対策を兼ねる構造になっています。 しかし、この曲がった管にはデメリットが発生します。石鹸カスなど小さな物体が曲折部分に溜まりやすいのです。これにより、手の届かないところに詰まりの原因があるケースが多くあります。長い棒などで溜まりを取ろうとしてもドロドロと粘着性があったり、すでに固形化していてなかなか取りにくいです。 ピーピースルーK(超強力配管洗浄剤)で掃除する ピーピースルーKは市販の排水口掃除アイテムより20倍の即効性があり詰まりや悪臭を解消してくれるものです。 頑固な汚れをこれ一本で取り除けると、話題の商品です。油性のタンパク質や魚介類、石鹸クズなどを溶かすほどの強力な洗浄剤です。その反面、肌にかからないように注意が必要です。こちらで排水口を掃除するときは、必ずゴミ手袋をつけるようにしましょう。 掃除回数の目安として、月に2回の掃除を行うと良いとされています。 7.お風呂の排水口つまりへの対処法 ワイヤー型ブラシで掃除する Amazonや家庭製品量販店でも販売されており、気軽に手にいれることができます。先端に髪の毛やその他汚れが取れるブラシがついており、排水口の中に入れるだけで簡単に手を汚さずに掃除ができます。髪の毛などブラシに引っかかりやすいものが溜まりやすいお風呂の排水口掃除に最適です。 8.台所の排水口のつまりへの対処法 重曹とお酢(クエン酸)で掃除する 台所に排水口には、重曹とクエン酸を使う方法をオススメします。そのほかには、ゴム手袋と磨くための用具(使わない歯ブラシなど)を用意してくださいね。 クエン酸とは、「クエン酸」という名称で探して購入することもできますが、最も身近なクエン酸はお酢です。お酢はクエン酸で、重曹と組み合わせることで強力な洗浄方法として活用できますよ。お酢であればクエン酸よりも安価なものもあり、料理にも掃除にも使えて便利ですね。 掃除方法は以下の通りです。 ①重曹を排水口の中に多めに入れる ②お酢(クエン酸)を重曹の上に注ぐ ③その上にさらにお湯をかける(泡が出てきます。) ④その泡で歯ブラシや清掃用具で汚れ部分を磨く ⑤水で洗い流す アルミホイル 家にあるアルミホイルで水のヌメリなどをアルミホイルを丸めてこすります。 やり方はとても簡単。 […]

2017/06/08

お風呂の水垢の掃除方法5つ!便利グッズ4つの紹介も

どんなにお掃除に気を使っていても、お風呂場や洗面所、台所などの水廻りで気になる白い汚れ。一度ついたら、なかなか落ちない、この汚れはいったい何なのでしょうか。 水垢とは? どこにできるの? 水垢は、水を使うような場所であれば、どこでもできる可能性があります。キッチンやトイレ、お風呂といった場所で蛇口や浴槽、鏡のほか、洗面器や椅子にもつきます。 また、お風呂に入っているときにシャワーの水流が弱いなという場合も、もしかしたら水垢が原因かも。シャワーヘッドの細かい穴の一つ一つに水垢がこびりついてしまっている場合があります。 水垢の正体とは? 水道水の中には、カルキと呼ばれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれています。このミネラルが石鹸と反応し、そのまま乾燥すると、白い塊となって残ってしまうのです。放っておくと徐々に頑固な汚れに変身してしまいます。 水垢を落とすために使いたい掃除道具5つ 1.中性洗剤 水垢はアルカリ性ですが、軽度の汚れであれば中性洗剤で落とすことができます。中性洗剤は、酸性でもアルカリ性でもない洗剤で、「キュキュット」などの食器用洗剤や、「バスマジックリン」などのお風呂用洗剤があてはまります。 スーパーやドラッグストアで簡単に手に入り、数百円程度と手頃な価格で、様々な場所に応じたものが販売されています。お風呂で発生しやすいピンク色のぬめりや、防カビに効果的であるものもありますし、香りのバリエーションも豊富です。好みに合わせて選んでみましょう。 2.お酢 調味料のひとつであるお酢は、掃除にも便利です。アルカリ性の水垢は、酸性のお酢によって中和され汚れが浮きやすくなるためです。 お掃除用であれば安価な穀物酢で十分です。最近ラインアップが増えている調味酢(すし酢、ピクルス酢など)は、塩や砂糖が含まれていて、掃除には向いていませんので注意が必要です。 3.クエン酸 お酢特有のにおいが苦手、という方にはクエン酸はいかがでしょう。クエン酸は、お酢に含まれる酢酸と同様に酸性の物質です。梅干しやレモンに多く含まれている物質ですが、工業的につくられたものが市販されています。水に溶かして好みの濃度で使うことができますし、お酢ほどのクセの強さがありません。 4.重曹 重曹(ベーキングソーダ)は、炭酸水素ナトリウムとも呼ばれます。掃除のほか、医療品や料理にも多く使われています。目的によって純度も価格も異なりますが、掃除用であればホームセンターで手に入る工業用のものが、安価でおすすめです。 5.歯磨き粉 歯磨き粉は説明するまでもなく、歯を磨くためのものです。ペースト状のものが殆どですが、こちらが掃除にも使えます。多くに研磨剤が含まれており、汚れをこすり落とすことができます。 好みに合わなかったものや、アメニティで貰ったけれど使わなかったというものを活用すれば、ゴミを減らすことにも繋がります。 水垢の簡単な落とし方!掃除道具別、落とし方解説5選 1.中性洗剤 日頃のお手入れは中性洗剤で十分対応できます。汚れが固まる前に掃除をすることが基本ですが、汚れが少し気になるという場所は、すぐにはこすらず、洗剤をつけて少し放置してみましょう。食品用ラップを使ってパックをすれば、より成分が隅々までいきわたり、汚れが落ちやすくなります。 2.お酢 100均などで売っているスプレーボトルを使って、水で2~3倍に薄めて使います。軽い汚れであれば、スプレーをした後に古布でふき取ればピカピカに。頑固な汚れには、数時間~1晩程度パックをしておくと汚れが浮きやすくなります。最後は必ず水で流すか、ふき取って酸性の成分を残さないようにしましょう。また、塩素系の洗剤と反応すると有毒な塩素ガスを発生しますので絶対に一緒に使ってはいけません。 3.クエン酸 クエン酸もスプレーボトルで希釈して使いましょう。水道水100ccに、小さじ1/2程度を入れて良く溶かします。使い方はお酢と同様です。 4.重曹 重曹はアルカリ性ですので、水垢を溶かすということはできません。そのまま振りかけて、クレンザーの代わりに使いましょう。最後は必ず水で流すか、よくふき取りましょう。お酢やクエン酸水で中和してからふき取ると、重曹が残ってしまうことを防げます。 5.歯磨き粉 蛇口のつなぎ目や鏡の一部など、ちょっとした部分の汚れには歯磨き粉が便利です。使い古した歯ブラシや布に歯磨き粉をつけてこすり、歯磨き粉をふき取ればピカピカに。 こんな掃除用品もある!水垢落としグッズ4つ 1.ダイヤモンドパッド 人工ダイヤモンドを特殊加工した研磨剤です。諦めてしまうような頑固な汚れをこすりとることができます。 2.ダイヤモンドパフ 人工ダイヤモンドを用いた研磨剤が、なんと100均でも買うことができます。プライベートブランド商品ですが、知る人ぞ知るグッズです。 3.茂木和哉 インターネットやテレビでも話題となった、社長の名前がそのまま商品名になった洗剤です。一般の洗剤よりはやや高めの価格設定ですが、あきらめていた汚れが落ちた、など評判は良さそう。気になる商品のひとつです。 水垢をつけないことはできるの?水垢の防止策2つ 1.ゼロにすることは難しい 水垢はどんなに気をつけていても、ちょっとした水滴からついていってしまうものです。全くゼロにすることは難しいですが、日頃から気を付けていれば、頑固な汚れになることは防止できます。 2.水垢をつきにくくするためには 水垢をゼロにすることは難しいですが、お手入れを楽にすることはできそうです。どんな汚れも長く放置するほどに、頑固な物に変化します。日頃から水滴を残さないようにふき取ったり、汚れが軽いうちに掃除をしたりすることを心がけましょう。特にお風呂場など広い場所で便利なのが、100均でも手に入る窓用の水切りワイパーです。鏡や壁、床の水を軽く切っておくだけでも水垢の予防になります。 最後に 水廻りの汚れは、完全に防ぐことは難しいもの。しかし、水垢の特性を知って、少しずつお手入れをしていれば、極端な頑固汚れにはなりにくいのです。まずはできそうな方法からトライしてみてはいかがでしょうか。