クリーニング

クリーニングのプロと出会う。

クリーニング一般、壁、配管・水回り、家電など、クリーニングの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. クリーニング

クリーニングのプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なクリーニングのプロをご紹介。

クリーニング関連の人気のサービス

クリーニング関連のカテゴリー

クリーニング関連の最新記事

2022/11/29
浴室掃除のやり方・掃除方法~毎日のお風呂上がりのひと手間で浴室キレイ!

毎日のお風呂上がりのひと手間で、浴室の掃除が驚く程楽になります! 簡単、楽にできる、ひと手間のお風呂掃除のやり方をお伝えします。 浴室掃除は面倒だ、と思っている方も読み終える頃には、ひと手間の浴室掃除がやりたくなっているかもしれません。ぜひ、読んでみてくださいね。 お風呂上がりのひと手間で浴室を簡単に掃除しよう! わざわざ時間をとって特別なお風呂掃除をしなくても、風呂上がりに一手間かけるだけで、驚くほど浴室がキレイに保てます。下記に紹介するステップは5つですが、毎日5までする必要はありません。 その日の状況によって、「1,2だけにする」「今日は5までやる」などできる範囲でやることが、無理なく毎日気分よく過ごすコツです。 1. 壁と床はシャワーで流すだけ 入浴が終わり、お湯を抜いている間に壁と床をシャワーで流しましょう。お湯を抜いている時間は、ただぼーっと待っていてはもったいないです。 その時間を利用してシャワーで壁と床を流すことで、入浴時の汚れを洗い流せるのです。床は週に2.3回ほど、ブラシで軽く擦るのが理想的です。 2. バス用品ラックも洗い流すだけ 石鹸やシャンプーボトルなどが入っているバス用品ラックも、毎日洗い流すだけで問題ありません。普段全くやらないとボトルもラックも汚れている状態ですが、1度綺麗にしてしまえば後は毎日洗い流すだけです。時々、汚れが気になる時だけラックをブラシかスポンジで擦りましょう。 3. 浴槽を洗う 1と2のステップをやっている間に、浴槽のお湯が流れて空になっていると思います。浴室用洗剤を浴槽全体に吹きかけて、5分ほど放置しましょう。泡が浴槽内部に染み込むのを待ったら、ブラシかスポンジで擦り洗いをします。 4. 冷水で浴室全体を洗い流す 冷水で浴室全体を洗い流します。なぜ冷水なのかというと、カビ予防のためにお風呂場の温度を下げて乾燥しやすくするためです。この時にステップ3で洗っておいた浴槽の中も一緒に洗い流してしまいましょう。 5. 浴室全体を拭く 最後に浴室全体を、要らなくなったタオルでサッと拭いて終了です。最後に拭くことでカビ対策にもなります。天井はブラシで擦ると、ポロポロと汚れが落ちてきてしまうので、最後にタオルで拭き取るようにしましょう。また、排水溝は毎日掃除する必要はありません。気づいた時に不要な歯ブラシなどで掃除をしましょう。 浴室を掃除するメリット4つ 1. ぬめりが無くなり快適になる 浴槽などがヌルヌルとして不快な経験をしたことはないでしょうか。その正体は「ロドトルラ」という酵母菌の一種なのです。シャンプーなどのボトルの底にも発生することが多いですが、体を清潔にしたい浴室でそのような菌が発生しているのは嫌ですよね。浴室を掃除することで不快なぬめりが無くなり快適に過ごすことができるでしょう。 2. カビ防止になる 浴室は放っておくと、湿気によりカビが生えてしまいます。一度生えたカビはなかなか落とすことが難しく、カビを予防するためにも浴室掃除は定期的に行うべきと言えるでしょう。カビはもちろん人体に悪影響を及ぼしますので、掃除でしっかり防ぎたいですよね。 3. 水垢を綺麗にできる 浴室の蛇口や鏡などの金属部分にしつこくこびりつく水垢。放っておくと取れなくなってしまいます。水垢は、湿ることと乾くことの繰り返しにより増えていくので、そうなる前に掃除をすれば綺麗な状態を保つことができるのです。 4. 排水溝の詰まりを予防できる 排水溝に髪の毛などが詰まって、水が流れづらくなるなんて話はよく耳にしますよね。ですが、そうなってしまうと足元に水が溜まっている状態になるため、足を綺麗に洗っても不衛生なまま浴室を出ないといけません。排水溝を掃除することにより、衛生的な体で浴室を出ることができるのです。 【あわせて読みたい】 ユニットバスの交換費用について徹底解説!知っておきたいポイントはココ \  あなたの近くにいいプロいます♪ / 浴室の掃除におけるよくある疑問 1.頻度はどのくらいが良い? 理想は毎日掃除することがベストです。ですが、そんなに念入りにする必要はありません。サッとできる簡単な掃除を毎日行って、念入りな掃除は2〜4週間に1回の頻度で行うとよいでしょう。 念入りな掃除の時にはエプロンを付けたり、浴室用の靴を履きましょう。負担に感じてしまうと続かないので、まずは自分のできる範囲で始めてみましょう。 2.業者に頼むといくら位かかる? 業者に頼むと平均して1〜2万円かかることが多いようです。決して安い額ではありませんが「徹底的に浴室を綺麗にしたい」という時はプロの業者に頼むのも1つの手段と言えるでしょう。インターネットで検索すると色々な業者が出てくるので、自分の希望に合ったプロの業者に頼んでみるのもいいかもしれません。 3.掃除に必要なグッズや用具はなに? 掃除道具として必要なものは、ブラシ・掃除用の靴・エプロンなどです。100円均一などで手に入る場合も多いのでお店を覗いてみましょう。時間の無い方はネット通販などでも手に入れることができます。まずは必要な道具を揃えて、掃除ができる準備をしましょう。 【あわせて読みたい】 実際にお風呂掃除を業者に頼んでみた! 費用と時間とピカピカ体験談 ゼヒトモで浴室クリーニングを依頼 浴室を綺麗にしたいけど、自分では手に負えない。頑固な汚れを自分でとることができない。そんな悩みをお持ちの人は、ゼヒトモから浴室クリーニングを依頼してみませんか? ゼヒトモにはたくさんの浴室クリーニングのプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、ゼヒトモから自分に合う浴室クリーニングのプロを見つけてみてくださいね。 \ 無料でピッタリのプロと出会える […]

2022/11/29
【プロ監修】花粉症対策の新常識、エアコンのフィルター掃除で花粉症を防ぐ!

春だけでなく、近年は夏や秋にかけても花粉症の症状に苦しんでいる人が増えています。鼻水やくしゃみ、目のかゆみや頭痛など花粉症は辛いですよね。 ところで、家の中でも花粉症の症状が出るのは、もしかしてエアコンのフィルターが汚れているからかもしれません。 今回はエアコン掃除のプロである、株式会社イーライフグループの大島様に、エアコンと花粉の関係と家の中での花粉を排除するエアコンクリーニングについてきいてきました。 エアコンと花粉に関する誤った認識と、花粉がエアコンによって家の中で循環する仕組み。そして花粉症を抑えるための自分でできる、エアコンクリーニングについて紹介していきます。 【監修】株式会社イーライフグループ 大島様 エアコンと花粉に関するよくある勘違い 皆さんは、エアコンと花粉の関係性について、間違った認識を持っているかもしれません。よくある勘違いを説明します。 ①外から花粉は入ってくる エアコンをつけると外から花粉が入ってくるという誤った認識を持っていませんか?実はこれは間違いです。エアコンをつけることで花粉症の症状が悪化するのは、別の理由があるからです。 ②エアコンは外の空気を取り入れている エアコンは外の空気を取り込むのではなく、室内の空気を取り込んで温度を変化させています。エアコンをつけることで室内の空気が循環し、花粉が空気中で舞っている状態になります。 花粉が室内に花粉が広まる原因はエアコンのフィルターだった! 花粉が室内に広まる最大の原因は、エアコンのフィルターが花粉で汚れていることです。エアコンのフィルターが汚れていることで、花粉症が悪化するメカニズムを説明していきます。 ①フィルターについた花粉がエアコンの空気とともに出てくる フィルターは不純物を取り除くことができ、花粉も取り除けます。ただフィルターが汚れすぎていると、フィルターについた花粉がエアコンの空気と一緒に出てきてしまいます。 ②花粉がエアコンによって循環する エアコンによって、部屋の空気が循環します。循環した空気に乗って、一緒に花粉も循環してしまうのです。こうして、室内に花粉が舞っている状態になります。 ③花粉がまたエアコンのフィルターにつく 花粉が舞っている状態が、エアコンをつけていると続いてしまいます。そして室内の空気をエアコンが取り込むことで、また花粉がエアコンのフィルターについてしまいます。 ④花粉がループする エアコンのフィルターにまた花粉がつくことで、またフィルターから花粉がエアコンの空気とともに出ていきます。この3段階がループしてしまい、家の中でも花粉症の症状が悪化してしまうのです。 【あわせて読みたい】 エアコン修理の費用はいくら?エアコンのプロに聞いてみた! 第2の花粉たまりスポット、エアコンの羽 エアコンの羽にも、花粉がつきます。エアコンの羽に花粉がつくことで、エアコンの風に乗って花粉が循環してしまいます。なぜエアコンの羽に花粉がつきやすいのか?そこには、2つの理由があります。 エアコンから出る花粉がつく エアコンのフィルターについた花粉が、エアコンの空気とともに出てきます。その空気が最初に触れるのがエアコンの羽であるため、羽の部分に花粉がつきやすいのです。 静電気によって花粉がつく エアコンの羽は、プラスチックです。プラスチックは、静電気を溜めやすい性質を持っています。静電気は花粉を引きつけやすいため、エアコンの羽に花粉が付着しやすくなります。 エアコンのフィルター掃除を難しいと感じる理由 フィルター掃除は簡単に自分ででき、20分程度という短い時間で行えます。それでも多くの方々が難しいという印象を持っています。その理由は以下の2つによるものです。 エアコンは電化製品だから エアコンは電化製品であるため、自分で内部を扱うのに抵抗感を覚えるからです。感電の危険や、機械音痴で触るのも怖いという方もいます。 しかしフィルターの掃除はカバーを外して、フィルターを取るという作業でしかエアコンを触りません。工具を使うことなく手軽にできるので、危険、またはエアコンが故障するかもしれないという先入観を持たずに、フィルターの掃除をしてみましょう。 フィルターが汚いから フィルターが汚いので、触りたくもないという方がいます。ただフィルターを掃除しないと汚い空気を吸い続けることになります。衛生上問題でもあるので、必ず掃除をしていきましょう。 【あわせて読みたい】 【エアコンの掃除料金】ハウスクリーニング業者別、5社比較! \ 無料でピッタリのプロとマッチング / エアコンのフィルター・羽の花粉を掃除するための道具、5つ エアコンのフィルター・羽を掃除するのに必要な道具は、5つあります。 脚立 タオル 掃除機 洗剤 歯ブラシ 順に説明していきます。 脚立 エアコンのカバーやフィルターを外す際、安定した土台で作業するために必要となります。椅子やテーブルなどでも代用はできますが、安全面を考慮すると脚立を利用することをおすすめします。 脚立を安全に使うためには以下の6つが注意点です。 一番上の板に乗らない 跨ぎながら作業しない 天板に座らない […]