修理・交換・取り付け

修理・交換・取り付けのプロと出会う。

浴室・洗面所、エアコン、屋外設備、窓・サッシなど、修理・交換・取り付けの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. 修理・交換・取り付け

修理・交換・取り付けのプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な修理・交換・取り付けのプロをご紹介。

修理・交換・取り付け関連の人気のサービス

修理・交換・取り付け関連のカテゴリー

修理・交換・取り付け関連の最新記事

2022/11/30
これ水漏れ?水道トラブルの確認方法と対処法を解説!

台所や洗面所、浴室、トイレなど、日常のあらゆる場面で便利な水道。 でも意外に起こりやすいのが水漏れです。もしかして水漏れかも?と困ったことはありませんか? 水漏れが起きても、その原因がわかっていないと対処することはできません。 この記事では水漏れの原因やその対処法を紹介します。 万が一水道トラブルが起こったときは、本記事の内容を参考に対処してみてください。 水漏れが起こっているかを確かめる方法 ・水が蛇口から垂れている・自宅内で水たまりを見た、水がしみ出してきている・月の水道代がいきなり高くなっている・水回りで悪臭がする ・水道を使用していないのに水の流れる音がする これらに当てはまる場合、もしかすると水漏れが起きているかもしれません。 そんな場合は「水漏れが起きているかどうか」を確認する必要があります。 そのチェック方法について、順を追って確認してみましょう。 1.家中にある蛇口を全て閉める まず、家にある蛇口を全て閉めましょう。 これで、「水漏れをしていない限りは水が流れない状態」を作ることができます。 2.水道メーターの蓋を上げて、パイロットを確認する 次に、水道メーターの蓋を開け、パイロットを確認します。 パイロットとは、水量表示をする部分の左下にあり、小さなプロペラが付いたような形をしているものです。家の中で水が流れているとき、クルクルと回転する仕組みとなっています。 なお、メーターボックスは、一戸建てや集合住宅において、玄関先に埋められていることが多いようです。 集合住宅であれば、共用部分の廊下にボックスが並んでおり、各部屋番号が蓋の裏に記載されているということもあります。 電力量計やガスメーターも入っているため、何かトラブルが起きたときに備えて、メーターボックスの位置は日頃から確認しておきましょう。 3.パイロットが動いていれば水漏れ 本来、蛇口を全て閉めた状態であれば、パイロットが回ることはありません。 パイロットの動きをしばらく確認してみて、パイロットが動くようであれば、残念ながら水漏れしています。 早急に対処して、修理する必要があります。 \ 無料でピッタリのプロと出会える / 水漏れが起こっていた場合の対処方法 では、もし水漏れが起こっていた場合、どのように対処したら良いのでしょうか。 水漏れが発覚したとき、最初にとるべき対処法を紹介します。 1. 止水栓・元栓を閉めて水流を止める まず、流れている水を止める必要があります。 蛇口を閉めても水が止まらない場合、止水栓や元栓を閉めるしか方法はありません。 状況に応じて、止水栓か元栓のどちらかを閉め、水流をストップさせましょう。 止水栓を閉める 止水栓は「一部の水道設備における水流をコントロールするもの」です。 キッチンの流し台や洗面台など、それぞれに止水栓がついており、そこを閉めるとその設備における水流が止まります。 「どの水道設備で水漏れが起こっているか分かっている」という場合、その設備の止水栓を閉めましょう。 水漏れ場所の特定は止水栓で行う 水漏れが発生している箇所が分からないときも、止水栓を閉めていくことで箇所を特定することができるのです。 家中の蛇口を閉めた状態だと、水漏れ箇所の止水栓を閉めることで水流が止まり、パイロットの動きも止まります。 そのため、「一箇所の止水栓を閉める」→「パイロットの動きを確認」という作業を繰り返してみて、パイロットが止まったとき、その設備で水漏れが起きていると特定できるでしょう。 例えば、 「台所の止水栓を閉める」→「パイロットが動いたまま」 「洗面所の止水栓を閉める」→「パイロットが動いたまま」 「シャワーの止水栓を閉める」→「パイロットが止まった」 という場合、「シャワーで水漏れが起きている」と特定できます。 水道の元栓を閉める 元栓とは「家全体の水流をコントロールするもの」です。 元栓を閉めることで、家中の水流をストップさせることができます。 しかし、水漏れしているからといって、家全体の水を止めてしまうのは不便ですよね。 集合住宅の場合、部屋ごとではなく建物全体の元栓しかないことも。 そのため、元栓を閉めるのは最終手段というように思っておきましょう。 具体的に、 […]

2022/11/29
冬にエアコンが止まる。その原因と予防策、解決策を紹介

寒い日にエアコンをつけても、全然暖かくならない。おかしいなぁ、と思ってエアコンに手を当てたら、なんと冷たい風が出ていてびっくり・・・ということはありませんか? 慌てず、確認して!? 故障ではなく、xc寒い時期に起こるエアコン特有の現象のせいかもしれません。今回は冬にエアコンが止まりやすい原因とその予防策、解決策をご紹介します。 冬にエアコンが止まる2大要因 冬にエアコンが止まりやすい原因には主に2つです。それは霜取り運転とショートサーキットです。この2つがどのようなものなのか理解することで、予防策や解決策に活かしていきましょう。 雪でエアコンが止まる(霜取り運転) 霜取り運転とは室外機の内部に付着した霜や雪を溶かす機能のことです。室外機は屋外に設置されているため、霜や雪が付いてエアコンの性能を落としてしまいます。また室内に暖かい空気を送る場合、室外機からは冷たい空気が送られるため、より霜が付きやすくなります。この霜と雪を温めて取り除くために、一時的に温風がでなくなります。時間にすると、15分ぐらいかかるため、少し待ってエアコンの調子を伺ってみましょう。 ショートサーキット ショートサーキットとは室外機周辺に障害物があるために、一度出した冷気をまた吸い込んでしまう現象のことです。特に吹き出し口をふさぐのは避けなければなりません。これは冬だけに限らない現象のため、室外機の周りはいつも開放的な空間を作ってあげましょう。 エアコンが効かない他の理由とは? 上記の2つ以外が原因でエアコンが効いていない可能性もあります。考えられる要因を挙げてみます。 温度の設定 暖房に切り替えているか フィルターが汚れていないかどうか 部屋の大きさに合った性能のエアコンかどうか エアコンが止まった原因が、霜取り運転でもショートサーキットでもない場合には、上の4つのチェックポイントを確認してみましょう。もしこれらにも当てはまらない場合には、本当に故障しているかもしれません。業者に依頼して、状態を検査してもらいましょう。 \ 無料でピッタリのプロとマッチング / 冬にエアコンを止めないための予防策 霜取り運転やショートサーキットはあらかじめ予防することができます。この予防策をしっかり理解することで、寒い冬もエアコンとともに乗り越えましょう。 霜取り運転の予防策 霜取り運転を防ぐためには、暖房効率を高めて室外機に冷気を集めないことと、雪が室外機に付かないようにすることが重要です。次に具体的な方法を紹介します。 エアコンのフィルターを掃除する エアコンは空気を送り出す機械です。フィルターについているゴミによって空気の流れが悪くなると、その分エネルギーを使い暖房効率が落ちてしまいます。また菌やカビが繁殖する危険性も高まるので、定期的に掃除しましょう。 【あわせて読みたい】 【エアコンの掃除料金】ハウスクリーニング業者別、5社比較! 部屋の中の空気を循環させる 暖かい空気は上に行き、冷たい空気は下に行きます。そのため室温は低くても、エアコンが集める空気は暖かいため、十分に暖められていない風を送ることになります。空気を循環させるためにサーキュレーターや扇風機を使いましょう。上と下の空気を入れ替えるように、風の向きは上側にして使うとなおよいです。 エアコンで温める空間を狭くする 広い空間を暖めるにはそれだけ時間もパワーも使います。部屋のドアを閉めるなど、できるだけ暖めたい空間を狭くするようにしましょう。 室外機に防雪フードをつける 室外機に雪が付かないようにすることも重要です。そのために防雪フードを使うことをおすすめします。吹き出し口を覆い、かつ空気が通りやすくなるようにすることができます。 ショートサーキットの予防策 次にショートサーキットの予防法です。ここで重要なのがとにかく室外機が集める、または空気を吐き出すことを邪魔しないように空間を作ることです。具体的な方法を見ていきましょう。 ものを室外機の前に置かない 室外機の前にものを置くのは絶対にいけません。エアコンの効果を発揮しにくくなります。目安としては吹き出し口の前から30cmです。靴の縦の長さ+数cmは必ず開けると覚えておきましょう。 室外機に高置台を導入する 雪が多く降る地域では、吹き出し口の前に雪がつもりショートサーキットを起こすことがあります。このような状況を防ぐために、高置台を使って室外機を高い位置に設置しましょう。こうすることで雪で起きるショートサーキットを予防することができます。 霜取り運転やショートサーキットが起きてしまったときの対処法 予防をしていても霜取り運転やショートサーキットは起きてしまいます。そこで予防法だけでなく、対処法も知っておきましょう。 霜取り運転の対処法 室外機に霜や雪が付くのは仕方がありません。予防法によって回数は減りますが、朝など外の空気が冷たいときほど起きやすくなります。霜取り運転がおきた場合には、設置温度を下げ待ちましょう。エアコンをつけても冷たい空気しか出ないので、設定温度を下げることで余分な空気を室内に送り込まないようにします。また待ち時間は15分ほどが目安です。そして暖かい空気がで始めたら、元の設定温度に戻して快適な住環境に変えましょう。 ショートサーキットの対処法 障害物をもともとおいていなくても、ショートサーキットは起きてしまいます。雪が吐き出し口をふさぐことで起きてしまいます。雪かきをすることでまた空気が入れ替わりやすい空間を作りましょう。この時雪をお湯でとかそうとするのはやめてください。室外機の内部に入り込み部品が破損する可能性がありますし、そのお湯も外気によってまた凍ります。億劫ですがスコップなどを使って雪かきをしましょう。 エアコンに頼らずに暖をとるのも一つの手 エアコンは非常に便利ですが、冬になると不具合が起きるのも難点。だからこそエアコンに頼らずともある程度、暖がとれるようになれば、不具合を心配する必要がなくなります。暖のとり方を知ることで、寒い冬を乗り越えましょう。 カーペットを敷くこと 家の中が寒くなる理由は外気の温度が伝わるからです。窓やドアを閉めることで対処していますが、実は床からも外の温度が伝わっています。カーペットには床からの冷気を遮断する効果があります。特に足が冷えやすい人は、カーペットがあるかないかで快適度が異なります。 着る毛布を部屋着にする 着る毛布というバスローブのような商品があります。毛布のような生地で全身を覆ってくれ、かつ手が出せて動きやすいです。最近ではバリエーションも豊富になってきています。自分の好みにあった着る毛布で、寒さ対策もオシャレもしていきましょう。 体を温める飲み物を摂る 暖かく、かつ血行をよくする飲み物を飲むことで体の冷えをとることができます。寒い冬におすすめの飲み物、3種類をご紹介します。 生姜湯 生姜には体を温める成分であるショウガオールが含まれています。また加熱することでより効果を高めることができます。粉末タイプのものも販売されており、お湯を入れるだけで簡単に体をポカポカにすることができます。 【おすすめの生姜湯】[イトク] […]