修理・交換・取り付け

修理・交換・取り付けのプロと出会う。

浴室・洗面所、エアコン、屋外設備、窓・サッシなど、修理・交換・取り付けの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. Zehitomo
  2. 住宅
  3. 修理・交換・取り付け

修理・交換・取り付けのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な修理・交換・取り付けのプロをご紹介。

修理・交換・取り付け関連の人気のサービス

修理・交換・取り付け関連のカテゴリー

修理・交換・取り付け関連の最新記事

2021/09/04

台風から家を守る7つのポイント。窓ガラスフィルムも効果的

台風の上陸数が1番多いのは9月です。台風が上陸すると、大雨の影響による雨漏りや、強風で飛ばされた物による破損など家が被害を受けます。そのような被害を防ぐためには、事前の対策が必要です。そこで今回は、家の中と外でできる対策を7つのポイントに分けて紹介します。台風対策がまだ済んでいない方は、ぜひ参考にしてください。 目次 ・家の外での台風対策4つ 1.飛ばされそうなものは片づける2.家の周りの掃除・点検をする3.シャッターを取り付ける4.窓に飛散防止フィルムを貼る・Zehitomoから窓ガラスフィルム加工を依頼してみる・家の中での台風対策3つ 1.断水や停電に備える2.避難場所を確認する3.非常用品を準備する・台風が1番多いのは9月・台風が上陸したときは? 家の外での台風対策4つ まずは、家の外でできる台風対策を4つ紹介します。どれも住宅を台風の被害から守るために重要なことです。 飛ばされそうなものは片づける 基本的に風で飛ばされそうなものは、家の中に片づけるか、しっかりと固定して風で飛ばされないようにします。植木鉢を家の中に移動させて、庭木は倒れないように補強しておきましょう。自転車や物干し竿なども避難させておきます。大きな植木鉢や物干し台、物置など移動させるのが困難なものは、ひもやガムテープを使ってできる限り固定してください。 その際、これは重いから飛ばされないだろうという油断は禁物です。重いものが飛ばされた方が被害は大きくなります。飛ばされてからでは遅いので、少しでも飛ばされる心配があるものは、漏れなくすべて対策をしておきましょう。 家の周りの掃除・点検をする 家の周りにある側溝や、ベランダにある排水口を掃除して、落ち葉やゴミなどを取り除いておきましょう。側溝や排水口が詰まっていると、水はけが悪くなり大雨で水が溜まって浸水することがあります。合わせて、屋根や壁などに劣化している部分がないかどうか、外から家を点検してください。 もし、劣化している部分を発見したら早急に修理することをおすすめします。自分で修理できないときは業者に早めに連絡しましょう。台風前は業者も忙しくなるため、直前に依頼すると間に合わないことがあります。 シャッターを取り付ける 窓ガラスの補強方法として、タテ・ヨコ・ナナメに養生テープを貼るというものがよく知られていますが、あくまでも応急処置です。1番良い解決策は、シャッターを取り付けることです。シャッターは窓を飛来物から守るだけではなく、大きな風の音も抑えてくれます。 詳しくはコチラ:台風から窓ガラスを守るには?シャッターの取付が効果的! 窓に飛散防止フィルムを貼る シャッターを取り付けること以外では、窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ることも効果的です。ただし、シャッターと違って窓の強度をUPさせるわけではなく、窓ガラスが割れてしまったときに効果を発揮します。 理想はシャッターの取り付けと両方やっておくことです。 飛散防止フィルムには、それ以外にも遮光や遮熱、目隠しなどのさまざまな機能を持ったものがあります。台風対策以外にも効果を発揮しますし、シャッターよりもコストが抑えられるのでおすすめです。 飛散防止フィルムの選び方 飛散防止フィルムを選ぶ際に重要な4つのポイントを紹介します。 ■ 窓ガラスのサイズに合わせて、フィルムの厚さを確認する 飛散防止フィルムは、実際に貼る窓よりも大きいものを選びます。貼った時に不要な部分をカットすることで、仕上がりがキレイになるからです。また、大きめなガラスに貼るときは、通常の50ミクロンよりも厚い70ミクロン以上のものを選びましょう。 ■ 貼り付ける窓ガラスに対応しているか確認する 部屋の内側か外側、どちらに貼るのかも確認します。ガラスの表面の種類によって、貼ることができないフィルムもあるからです。対応していないフィルムを貼ると、十分な効果を得られないどころか、破損させてしまう危険性もあります。 ■「JIS A 5759」に適合した飛散防止性能の高いものを選ぶ JIS規格に適合したフィルムは、薄くて強度が高く、透明性や紫外線通過率などの厳しい基準も満たしていることが保証されています。多少値段が高くても、JIS規格に適合した品質の高いフィルムを選びましょう。 ■ 飛散防止以外の機能を確認する 飛散防止フィルムに、UVカット機能がついているのは当たり前です。それ以外で、遮熱や断熱、目隠しなどの機能が欲しい方は、選ぶときに確認しておきましょう。ただし、どれもフィルムの透明度を下げることになるため、どちらを優先するのかよく考える必要があります。 飛散防止フィルムの貼り方 飛散防止フィルムは自分で貼ることもできます。こちらの動画でわかりやすく説明されているので、ぜひ参考にしてみてください。 DIY|ガラスフィルムの貼り方 RESTA 必要な道具や作業中の注意事項などをテロップで詳しく解説している約6分間の動画です。役立つDIY動画を多数公開しているチャンネルが動画を制作しているため、DIY初心者の方でもわかりやすく、最後までストレスなく見ることができます。 工程ごとに細かくアングルが変わるため、常に手元の動きが見やすいのも助かるポイントです。大事な場面はすぐに切り替わらずに、2~3秒ほど静止するので見逃す心配もありません。 Zehitomoから窓ガラスフィルム加工を依頼してみる STEP 1:簡単無料依頼2分でスマホやPCで簡単に依頼内容を入力しますSTEP 2:提案を受ける最大5人のプロから提案を受けられます。あなたの条件に合うプロを採用してくださいSTEP 3:交渉成立プロと相談した場所・日時・値段で依頼したサービスを受けられます 窓ガラスにフィルムを貼ることで、飛散防止効果を得ることができます。ただし、正しく貼らないとフィルム本来の効果は発揮されません。そこで、経験豊富なプロに依頼してみるのも一つの手です。Zehitomoでは依頼は無料で出すことができるので、気軽に利用してみてください。 家の中での台風対策3つ 次に、家の中でできる台風対策を3つ紹介します。台風による二次被害の対策や避難をするときに必要な対策です。 断水や停電に備える 台風の影響で、水道や電気などのライフラインがストップすることがあります。断水すると水が一切使えなくなるので、浴槽やバケツに生活用水を溜めておくことを忘れずに。 また、停電したときのために懐中電灯や電池も用意しておきましょう。ろうそくがあると、照明がなくても明るくなるので安心です。カセットコンロは、ガスが止まったときに重宝します。また、スマートフォンが充電できるように、あらかじめモバイルバッテリーを充電しておくことも重要です。 避難場所を確認する 万が一に備えて避難経路や避難場所を確認しておきましょう。特に小さいお子さんがいる家庭では、家・学校・職場での避難場所を共有しておくと、いざというときにパニックになりません。詳しい避難場所などについては、国土交通省が運営するハザードマップポータルサイトで確認することができます。 非常用品を準備する […]

2021/08/26

台風から窓ガラスを守るには?シャッターの取付が効果的!

台風の被害を抑えるには、養生テープや段ボールの応急処置では心配が残るもの。窓ガラスを守るには、シャッターの取付がおすすめです。強風で飛んできた物から窓ガラスを守る飛来物対策と、台風の騒音を軽減する防音対策ができます。安いものであれば10万円程度で取り付けることが可能です。しっかりとメンテナンスすれば、約10~15年は使用することができます。具体的なメンテナンス方法や故障した際の対処方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。 目次 台風対策は何をすればいいの? 窓ガラスを守るシャッターの役割 シャッターの種類 シャッターと雨戸の違い シャッターを取り付けるには? 費用 工期 注意点 寿命のチェックポイント シャッターのメンテナンス方法 シャッターが壊れたときは? Zehitomoからシャッターの取付を依頼してみる 台風対策は何をすればいいの? 日本では、夏から秋にかけて台風がたくさん上陸します。台風でよくある被害は、強風による飛来物によって、窓ガラスが割れることです。台風が直撃する前に、植木鉢などの強風で飛ばされそうなものを屋内にしまうという経験をした方もいるのではないでしょうか。 窓ガラスの外側に段ボールやベニヤ板を貼ったり、内側に養生テープを貼ったりといった応急処置も一つの方法です。そうすることで、窓に直接物が当たることを防ぎ、窓ガラスが割れた際の飛散防止効果を向上させることができます。 しかし、これらの対策だけでは、十分な台風対策ができているとは言えません。より万全な台風対策をするためには、シャッターを取り付けることをおすすめします。 窓ガラスを守るシャッターの役割 シャッターを取り付けることで、飛来物対策と防音対策をすることができます。台風に備えるなら、これらの対策は必須です。 飛来物対策 台風による風圧や飛来物から窓を守ることができます。窓はある程度の風圧には耐えられますが、飛来物までは防ぐことができません。台風のときは、想像もよらないものが飛ばされることがあるため、窓ガラスが割れる危険性が高いです。 窓ガラスが割れると、ガラスが飛散するだけではなく、空いた穴から雨や風が入ってきます。避けなければいけない事態は、天井が吹き飛ばされることです。シャッターがあれば、そのような被害を防ぐことができます。 防音対策 台風の被害と言えば、飛来物によるものを想像する人が多いかもしれません。しかし、吹き荒れる強風の音や、それによって窓などがガタつく音は、人の不安や恐怖を煽ります。 特に、小さいお子さんのいる家庭や1人暮らしをしている方は注意が必要です。シャッターは、台風によるうるさい風の音を抑えることができます。 シャッターの種類 シャッターは機能によって大きく3つに分けることができます。それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。 クローズタイプ 多くの人がシャッターと聞いて思い浮かべるのが、クローズタイプでしょう。店舗や倉庫などの入口によく使われているシャッターです。閉めると完全に目隠しできるため防犯性は高いですが、光や風を取り込むことはできません。低予算で設置できることが特徴です。 スリットタイプ シャッターにスリットと呼ばれる隙間があるので、採光性が高く、風通しも良いタイプです。そのため、日差しが強いときでも閉めることができます。中には、ブラインドのようにスリットの角度を調整することができるものもあります。ただし、夜間の使用が主な場合は、そのメリットが発揮されません。 電動タイプ 開閉をリモコンやスイッチで行うことができます。簡単に開閉できるので、手動で閉めるのが大変な人におすすめです。しかし、手動タイプに比べると設置費用が高かったり、停電時に動かなくなったりするなどのデメリットもあります。 シャッターと雨戸の違い シャッターと同じ役割を担うものとして雨戸があります。雨戸は古くから日本家屋で使われていましたが、シャッターの歴史は浅く、日本で全国的に普及し始めたのは1950年代以降と言われています。 どちらも、台風や防犯対策としては効果的です。しかし、雨戸は収納するための戸袋が必要になることが多く、どうしてもかさばってしまいます。建物の外観に影響を及ぼすため、新築住宅ではデザイン性を重視して、シャッターが採用されることがほとんどです。 ただし、雨戸の方が住宅のデザインにマッチすることもあり、シャッターよりも設置費用が抑えられることから、雨戸を選ぶ人もいます。 雨戸の種類 雨戸は開き方によって2つのタイプに分けられます。 引き戸タイプ 昔ながらの日本家屋でよく見られる、雨戸を引いて戸袋に収納するタイプです。戸袋を設置する場所がないと設置できません。そのため、住宅のデザインに合わないこともあるでしょう。また、開閉に時間と手間がかかるので大変です。ただし、その分費用は安く抑えることができます。 折れ戸タイプ ヨーロッパなどの洋風の家で多く見られる、真ん中から両端に向かって折りたたむように開くタイプです。戸袋が必要ないので、引き戸タイプに比べると、設置する難易度は低く、開閉も楽になります。また、デザイン性も高く、家全体で統一感を出しやすいです。しかし、雨戸自体は常に外にさらされることになるため、劣化が早くなります。 シャッターを取り付けるには? シャッターを取り付ける際の費用や注意点について説明します。 費用 シャッターや雨戸の取付にかかる費用は、数万円~数十万円です。(本体価格と工事費用を合計した目安になります。)雨戸は、引き戸よりも折れ戸の方が費用が高くなる傾向があります。 本体価格は以下の2つの条件によって変わります。 ・窓のサイズ・素材の種類 窓のサイズが大きくなると、価格は上昇します。特に窓の横幅が広くなると、価格が跳ね上がるので注意が必要です。窓の縦幅が長くなっても、それほど価格は上がりません。窓の価格は、窓のサイズで細分化されています。シャッターを取り付ける際には、取り付ける窓のサイズを正確に把握しておきましょう。 素材の種類は、主に以下の4つです。 ・スチール製・アルミ製・ステンレス製・木製 木製の場合は素材によって価格はピンキリになります。木製以外では、一番安いスチール製が一般的です。価格の高いアルミ製やステンレス製は、腐食しにくく、高級感があるという特徴があります。 工期 […]