窓・サッシ

窓・サッシのプロと出会う。

ブラインド・ロールスクリーン・ロールカーテンの交換/取り付け、網戸の張り替え・修理、窓の修理・交換など、窓・サッシの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

窓・サッシのプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な窓・サッシのプロをご紹介。

窓・サッシ関連の最新記事

2022/10/24
ロール網戸が動かない!自分でできる調整方法と業者の修理費用は?

「ロール網戸」とは、網をロール状に巻き取れる網戸を指します。ロール網戸が上げ下げできない場合は故障が考えられますが、自分で修理することも可能です。そこで、当記事では網戸ロールが動かない原因と修理方法、修理の料金相場などについて詳しく解説します。 網戸のロールが上げ下げできない….故障かも? ロール網戸 とはその名のとおり、網をロール状にクルっと巻き取って操作する形式の網戸を指します。通常の網戸が取付けられないトイレや洗面所の小窓、装飾窓にも取付けることが可能です。 便利なロール網戸のトラブルとしては上げ下げができないことが第一です。その原因のほとんどは、レールにゴミや汚れが溜まっていることが多いようです。 汚れが原因の場合は、レールのゴミや汚れを取り除いてください。そのうえで上下レール部にシリコンスプレーを塗布すれば、改善する可能性が高いです。 この方法を試してもロールの動きが改善しない場合は、網戸の部分がレールから外れていないか確認しましょう。網戸の部分がレールから外れている場合、網戸ロールの故障が原因です。 網戸が部分的に外れているならば自分で修理できます。しかし、網戸がレールから完全に外れてしまっている場合は自分で修理できないため、業者に依頼することになります。 自分でもやる場合のロール網戸の調整方法 網戸ロールの調整方法を、次の2項目に分けて紹介します。 必要な道具 手順 前述のとおり、網戸が部分的に外れている状態ならば自分で調整することも可能です。ただし、網戸ロールは構造が複雑なので、自分で調整した結果として状態をさらにひどくしてしまう恐れもあります。 自分でロール網戸の調整をやる前にまず、調整方法についてみていきましょう。 その後でできるかどうかを判断しても遅くありません。 ロール網戸の修理・調整に必要な道具 ロール網戸の調整・取り付け時に必要な道具として、次の4つが挙げられます。 プラスドライバー カッターもしくはハサミ メジャー 糸ノコ 基本的に上記道具を一式準備しておけば、どのメーカーのロール網戸でも調整が可能です。ただ、ロール網戸によっては付属の部品や道具が備わっている場合があります。説明書などを確認し、必要な道具があれば忘れずに準備しておきましょう。 ロール網戸の調整の手順 網戸のロールの取り付け・調整の手順は、以下の7ステップです。 玄関や小窓など設置場所の枠に、網戸ロールのフレーム枠を設置 ロール網戸を枠幅に合わせてカットし、長さを調整 長さを調整したら、1で設置したフレーム枠に取り付け 網戸本体を設置 網戸の大きさや張り具合を調整 取っ手の取り付け ドアとロール網戸の隙間に調整枠を取り付けたら完了 簡単に手順を紹介しましたが、あくまでも一例です。ロール網戸の商品によって、取り付け方法は異なります。各取扱説明書や設置方法をしっかりと確認し、指示通りに作業を進めましょう。 網戸ロールは構造が複雑!業者に依頼する方が早く解決する 網戸ロールの調整や網戸が破れたり、たわんだりした際には自分で張り替えを行うことは可能ですが、網戸ロールは構造が非常に複雑なため、素人の方が調整や張り替えを行う場合は労力・時間を要してしまいます。 また、張り替えに必要な道具を揃える必要があり、失敗した場合打撃が多大で無駄なコストがかかってしまう可能性も高いです。 依頼した場合の費用にもよりますが、ロール網戸の調整はプロの業者に依頼した方がいいかもしれません。ただし、気になるのがその料金ですよね。 網戸ロール修理費用は、修理内容によって異なります。 網戸ロール修理の料金相場 網戸ロール修理費用は、修理内容によって異なります。網戸ロール修理の料金相場は、以下のとおりです。 網戸の張り替え:1万~6万円 網戸ロールの修理:1万~3万円 ただし、網戸の種類や素材、納期、時間・個数によって料金は変動します。網目(メッシュ)は18・20・24などの種類があり、網目が細かくなるほど虫やほこりなど異物の侵入防止効果が高まります。 そのため、網目が細かいほど料金が高くなりやすいです。予算と相談しながら、なるべく機能性の高いものを選ぶとよいでしょう。 また、網戸の素材にはステンレスとポリエステル、グラスファイバー、ポリプロピレンの4種類があります。ポリプロピレンは安価、ステンレスは高価である場合が多いでしょう。 さらに、納期や料金システムは業者によって違います。張り替える枚数が2枚程度と少ない場合、出張料金が発生する場合もあるため、納期や料金システムは事前に確認が欠かせません。 網戸修理のプロの選び方 網戸修理のプロを選ぶ際のポイントには、次の6つが挙げられます。 ホームページはあるか 対応エリアを確認する 300枚以上の施行経験はあるか 要望を汲み取ってくれるか 十分な事前説明があるか 網戸レールの掃除にも対応しているか まず、依頼を検討している業者の公式ホームページもしくは実店舗があることを確認しましょう。これらがある業者は身元が判明しているため、施行後のトラブルにつながりにくいです。 自宅が業者の対応エリア外の場合、依頼できなかったり、出張料金が発生したりする場合があります。対応エリアに入っているかどうか確認しておきましょう。 […]

2022/10/13
網戸が閉まらない!隙間が空いてしまった時の原因と対処法

網戸がピタッと閉まらない….そんなトラブルはありませんか?サッシの隙間が空いてしまうと、室内に虫が入ってくるなど困った事態になることも。本記事では網戸が閉まらなくなったときの原因や対処法、安心して任せられる業者選びのポイントなどについて詳しく解説します。 網戸が閉まらない原因は? 網戸が閉まらないのは、戸車の高さのずれが主な原因です。使用するたびに網戸とサッシの間に隙間ができてしまいます。 放置していると室内に虫が入ってきたり、網戸自体が壊れてしまったりするため、快適な使用の妨げともなりかねません。ただし、初期段階であれば自分でもメンテナンスは可能です。 戸車の高さを調節する 戸車の高さを調節すると多くの場合で網戸がきっちり閉まるようになります。ここでは、戸車の高さを調節する方法として、以下の4つにポイントを分けて解説します。 必要な道具 戸の傾きをチェック ネジの位置を確認する 調節ネジを回して傾きを調整 それぞれの作業は、それほど難しいものではありません。コツを押さえて、ぜひDIYしてみましょう。 必要な道具 戸車の高さの調節に必要な道具として、プラスドライバーが挙げられます。網戸ごとにサイズが異なるため、ドライバーのサイズを確認したうえで使用するようにしましょう。 現在ではホームセンターだけでなく、100円ショップでも各種ドライバーが販売されています。自宅に備えているドライバーのサイズを確認した上で、必要な種類を購入しましょう。 網戸の傾きをチェック 調整作業に取り掛かる前に、現在どれくらい網戸が傾いているのかの状態を入念にチェックしましょう。現状を把握できていないと、調整に時間がかかってしまいます。 まずは網戸を閉め、どれくらいの隙間があるのかを確認する必要があります。また、網戸を閉めた際に左右どちらに傾いているのかもあわせて確認してみてください。 ネジの位置を確認する 次に、ネジの位置を確認しましょう。網戸によっては両側・下枠の手前と調整するポイントがあります。メーカーや網戸ごとに違いがあるため、事前のチェックが欠かせません。 多くの場合は「網戸の下側の左右両端」または「下枠の手前」に戸車の高さを調整できるネジが付いています。基本的に下がっている側の戸車の高さを調整することで症状が改善されます。 調節ネジを回して傾きを調整 最後に調整ネジを回して傾きを調整します。前述のとおり、網戸が下がっている側の戸車の高さをドライバーを使用して高くしてみてください。 また、調整ネジのタイプに関わらず、網戸を上げる際は時計回りに締めていきましょう。 逆に、戸車の高さを下げたい場合は反時計回りにします。少しずつ傾きの状態をチェックしながら調整し、傾きがなくなったら完了です。 網戸の交換・修理ならプロの業者が便利 「網戸の交換・修理を自分でするのは難しい」や「そもそも時間がない」といった人には、プロの業者へ任せるのも一つの方法です。 しかし、交換や修理に対応できる業者は多くあり、選び方で悩むケースも少なくありません。 ここでは、以下の2点に絞って業者選びのポイントを解説します。 業者を選ぶ際にチェックしたいポイント 網戸交換・修理の相場 実際に見積もり依頼する際は、ぜひいずれもチェックしてみてください。 業者を選ぶ際にチェックしたいポイント 網戸の張り替えや修理は大工やハウスクリーニング店、便利屋などさまざまな業者が対応しています。 選ぶ業者を間違えると想像通りの仕上がりにならないケースもあります。 業者を選ぶ際にチェックしたいポイントは次の5つです。 依頼対応地域 ヒアリングは丁寧か 網戸1枚からでも引き受けてくれるか 細部のメンテナンスもしてくれるか ホームページの有無 それぞれの詳しい内容について、みていきましょう。 依頼対応地域 まずは、業者のホームページや見積もり比較サイトで住んでいる地域が対応エリアかを確認しましょう。 対応エリア外の場合、出張費が発生する可能性があり、想定していた料金より高くなってしまうかもしれません。 また、大手リフォーム業者・マッチングサイトなどでは全国対応していることもあります。しかし、下請けが周辺にいないと依頼できない場合も考えられるでしょう。 そうなると、時間を消費しただけに終わってしまう可能性が高まるため注意が必要です。 ヒアリングは丁寧か 丁寧なヒアリングをしてくれる業者は、商品知識・技術力ともに高い水準にあると考えられます。経験が少なく商品知識がない業者は希望通りに対応できず、満足のいく仕上がりにならない可能性もあるでしょう。 あまりない規格の網戸の取り替えやお手入れを希望する場合は、特に注意が必要です。事前に利用者の口コミを参考にしたり、問い合わせをしたりといった対策をとりましょう。 網戸1枚からでも引き受けてくれるか ホームページでは安く見えても、取り扱う種類が少なかったり、一定数でないと受け付けてもらえなかったりする場合もあります。 よくある事例として、網戸の張り替えや手入れを依頼すると単価が安いからと断られてしまう場合もあるようです。 優良業者は網戸1枚からでも対応してくれることが多く、単価の安さが理由で断ることはあまり聞きません。 そういった業者の場合、事前説明やアフターフォローなどで丁寧な対応を期待できるでしょう。 細部のメンテナンスもしてくれるか […]