庭・ガーデニング

庭・ガーデニングのプロと出会う。

草刈り・芝刈り、テラス・中庭工事、庭のリフォーム・工事、庭木の剪定など、庭・ガーデニングの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. 庭・ガーデニング

庭・ガーデニングのプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な庭・ガーデニングのプロをご紹介。

庭・ガーデニング関連の最新記事

2022/11/30
庭づくりの基本とその費用。軒家に素敵なお庭をつくろう!

一戸建てを新築するときや改装するときなどは、庭づくりも気になりますよね。 庭つくりのポイント、ご存知でしょうか? この記事では、芝生や砂利など庭の基本と代表的な4つの庭のメリットや費用をご紹介します。 庭の基本情報:庭の呼び方 一軒家の庭は敷地のどこに位置するかによって呼び方や役割が変わります。 主庭(しゅてい) 文字通り、家のメインとなる庭のことです。一般的に日当たりを考慮して、敷地の南側に位置することが多く、リビングに面した大きな庭になります。自然と目にしたり、使用したりする頻度が高くなるため、デザイン性のみならず、機能性も重視したいところです。 前庭(まえにわ) 家の前に位置する庭になります。玄関前のちょっとした空間であることが多いですが、外から見たときの家の印象を左右するので、意外と大事です。住む人の好きなように趣向を凝らしてアレンジすることができます。 中庭(なかにわ) コの字やロの字のように壁や植栽で三方か四方を囲まれた庭のことです。建物に囲まれている場合がほとんどで、周囲の目を気にする必要がありません。また、住居への採光と通風を確保するという機能的な面も持ち合わせています。 裏庭(うらにわ) バックヤードと呼ばれることもあります。主庭とは逆で北側のあまり人目につかないところに位置することが多いです。台所や浴室に面していて、大抵の場合、物置やゴミ置き場として使用されます。 坪庭(つぼにわ) 中庭の1つです。明確な基準はありませんが、一般的な中庭よりも小さい庭のことを言います。狭いスペースになるので、何かをするというより観賞用として作られることが多いです。もちろん、中庭と同様の機能も持ち合わせています。 一軒家に庭がある5つのメリット 住み心地が良くなる 庭があることで家の周りに余裕ができて解放感が生まれるため、住み心地が良くなります。近隣の住宅ともスペースができるので、日当たりや風の通りを向上させることが可能です。また、庭はアレンジの自由度が高いため、家に特徴を出したり、外観の印象を良くしたりしてくれます。 ガーデニングができる 家の中や植木鉢などでは育てられない花や木も、庭があれば育てることができます。季節ごとに植える花を変えたり、自分の好きな花を時間をかけて栽培したりすることで、季節の変化を楽しむことができるのも魅力です。長い年月をかけてお気に入りの木を育てると、成長の喜びを感じることができるでしょう。 この投稿をInstagramで見る seiko(@sei_garden)がシェアした投稿 【あわせて読みたい】 庭木・植木の剪定とは?基本のお手入れや料金を解説 家庭菜園ができる プランターよりも広い面積で効率的に家庭菜園ができます。慣れてきたら、面積を広げたり、一度に栽培する種類を増やしたりすることができるのも庭の良いところです。ただし、土壌を準備するために、最低でも20㎝程度は地面を掘り返すことになるため、水道管が下にある場合は注意しましょう。 この投稿をInstagramで見る 長屋 みどり(@midorichangwu)がシェアした投稿 子供・ペットの遊び場になる ある程度の広さがあれば、子供やペットの遊び場として利用可能です。外で遊ぶなら公園で十分という方もいるかもしれませんが、自宅の庭なら小さいお子さんでも安心して遊ばせることができます。 ペットも自由に動き回ることができるので、ストレスが溜まりにくいです。ペットのために洗い場や水飲み場を作ってあげるとより快適な空間になります。 この投稿をInstagramで見る Goe Mon(@goe.goe.mon)がシェアした投稿 BBQ・物置スペースになる 3坪(約10m²)前後の広さがあれば、BBQやホームパーティーをすることができます。配置次第ではリビングの延長として使うこともできまるため、場面に応じて様々な使い方が可能です。 また、物置を設置することで、アウトドア用品のように家の中に置いておくとかさばるものや頻繁に使わないものを収納しておくこともできます。 一軒家にオススメ、代表的な庭の種類4選 庭の種類として代表的なこの3つについて詳しくご紹介します。 芝生 芝生の種類は天然芝と人工芝の2つです。まず両方に共通するメリットとデメリットを紹介した後にそれぞれの違いについて説明します。 芝生のメリット・デメリット 美しい芝生は見る人の心を癒してくれますし、クッション性があるため、子供やペットが安心して遊ぶことができます。ただし、天然芝も人工芝も手入れが必要です。天然芝に比べると人工芝の方が手入れの頻度は少ないですが、定期的に手入れをしないと美しい状態を保つことができません。 天然芝と人工芝のメリット・デメリット 天然芝は本物の植物が持つ温もりを感じることができますし、夏場は土やコンクリートと違って熱が溜まりにくいので、地表の温度を低く保つことができます。しかし、その分手入れが大変です。きれいな状態を維持するには、定期的な水やりや刈り込みが必要ですし、剥げてしまった部分は補修しなければいけません。 人工芝は樹脂などで作られているので、定期的な水やりや刈り込みは必要ないですし、劣化の具合に合わせて5~10年程度に1回張り替えればきれいな状態を維持できます。しかし、夏場に日光が当たると思いのほか高温になることがあるため、水をまくなどの対策が必要です。 天然芝と人工芝の費用 天然芝も人工芝も工事費用はどちらも同じくらいですが、本体価格は天然芝の方が安いです。人工芝は5~10年を目安に張り替える必要がありますが、天然芝はしっかりと手入れをしていれば張り替えの必要がありません。 給水設備の設置や芝刈り機の購入などメンテナンスには追加で費用がかかりますが、長い目で見ると天然芝の方が安いと言えるでしょう。逆に、多少高くても手間がかからない方がいいという人には人工芝がおすすめです。 砂利 砂利は基本的に敷き詰めるだけでいいので、狭いところや角のない庭でも手軽に使用することが可能です。他にもメリットやデメリットがあるので紹介していきます。 砂利のメリット・デメリット 砂利の上を歩くと音がなるため、仮に誰かが侵入してきてもすぐに気づくことができますし、砂利があるだけで侵入者に対する抑止力になります。また、砂利が地面を覆うので、雑草が育ちにくくなり手入れが楽です。 砂利や色や大きさなど様々な種類があるため、庭のデザインに合わせて好きなものを選ぶことができます。ただし、雨で砂利が流されてしまったり、落ち葉が隙間に入り込んだりするので掃除が大変です。 […]

2022/10/04
芝刈り機のエンジンがかからない!原因と対処法を解説

いざ使おうと思ったら、草刈り機のエンジンがかからない!と困ったことはありませんか。エンジンがかからない原因には、燃料やチョークの不具合などが挙げられます。症状によってはスパークプラグの清掃や分解作業が必要です。 今回は、草刈り機のエンジンがかからない原因と、対処法を詳しく解説します。草刈り機の不調でお困りの方は、ぜひ参考にしてください。 芝刈り機のエンジンがかからない原因と対処法 芝刈り機のエンジンがかからない主な原因は、以下の7点が挙げられます。 燃料が古くなっている 燃料かぶりが起きている 燃料が切れている 燃料が間違っている チョークを使っていない スターターの紐に異常がある 吸気口やマフラーが詰まっている エンジンがかからず困ったときは、これらの原因をチェックしてみてください。ここでは、原因ごとの対処法も紹介します。専門業者への修理依頼が必要になる場合もあるため、無理をして状態を悪化させないように注意しましょう。 原因(1)燃料が古くなっている 古い燃料をそのままにしておくと、エンジン不良や内部の腐食の原因になります。特に、前シーズンに使った燃料を入れたまま保管していた場合は、要注意です。 内部で燃料が酸化し、エンジンがかかりにくくなっているのかもしれません。 このような不調を引き起こさないためにも、長期間草刈り機を保管するときは燃料を使い切るのがおすすめです。 対処法:新しい燃料に入れ替える 古い燃料を使っている場合は、新しい燃料に入れ替えましょう。交換してもエンジンがかからない場合は、燃料が内部で固まっている可能性があります。 この場合は、素人では難しい分解作業が必要です。無理に自分で対応しようとせず、業者へ修理を依頼してください。分解に失敗すると、さらに症状を悪化させる恐れがあります。 原因(2)燃料かぶりが起きている エンジンに点火する、スパークプラグ内で燃料漏れしている状態は「燃料かぶり」と呼ばれます。燃料かぶりは、チョークを閉じたまま何度もスターター紐を引くことで発生する症状です。 燃料かぶりが起こると、スパークプラグから火花が出ないためエンジンはかかりません。そのまま何度もスターター紐を引くと、故障の原因になります。 対処法:スパークプラグを清掃する 燃料かぶりが原因であれば、スパークプラグの清掃でエンジンがかかる可能性があります。スパークプラグは、いったん取り外してから清掃してください。細かい部分には、ウエスやブラシなどを使用します。 清掃後、何度も燃料かぶりが発生する場合は、内部が故障している可能性があります。メンテナンスしても症状が改善しないときは、専門業者に修理を依頼してみてください。 原因(3)燃料が切れている 気付かない間に、うっかり燃料を切らしてはいないでしょうか。燃料がなければ、もちろんエンジンはかかりません。エンジン式の草刈り機であれば、ガソリンや混合ガソリンが必要です。 燃料が足りないまま草刈り機を使うと、故障の原因になるため気を付けましょう。特に、長時間草刈り機を使用していると、燃料切れに気付かない可能性があります。 対処法:燃料を入れる 燃料切れが原因の場合は、燃料を補充すれば不具合が解消されます。このとき大切なのは、燃料の種類をきちんと調べておくことです。間違った燃料を入れると、後述する4つ目の原因へとつながります。 また、草刈り機のなかには、ガスやガソリンのほか、コンセントでチャージするタイプの機種があります。エンジンがかからない場合、チャージから時間が経ち放電してしまっているのかもしれません。この場合、一度フルチャージしていたとしても再度充電が必要です。 原因(4)燃料が間違っている 燃料が間違っている場合も、エンジンはうまくかかりません。草刈り機に使用する燃料は、ガソリンと混合ガソリンに限られます。灯油や軽油は使用できないため、注意してください。 間違ったまま使用していると、エンジンが焼き付き破損する可能性があります。 焼き付きとは、ピストンやシリンダーが故障してしまうことです。この場合、修理費などが高額になる可能性があります。 対処法:専門の業者に修理してもらう 燃料間違いでエンジンが焼き付いている場合は、部品交換や修理が必要です。自分での修理は困難なため、専門の業者に修理を依頼しましょう。 修理の専門業者には、草刈り機を取り扱う農機具店が挙げられます。草刈り機の専門知識を有し、刃物の研磨をおこなう金物屋もおすすめです。修理に出す前は、どんな燃料を間違って使ったか確認しておいてください。 原因(5)チョークを使っていない チョークの使用は必須ではありませんが、寒い時期などはチョークがONになっているか確認してみましょう。エンジンの始動性を高めるチョークを使用しないと、エンジンがかかりにくい場合があります。 特に、長年使っている草刈り機はチョークの使用がおすすめです。燃料と空気の濃度が上がり、エンジンスタートがスムーズになります。 対処法:チョークを使ってエンジンをかける 燃料に問題がないのにエンジンがかからないときは、チョークの切り替えで症状が改善する可能性があります。チョークがOFFになっている場合は、ONに切り替えてエンジンを始動してみましょう。 ここで気を付けたいのが、いつまでもチョークをONにしないことです。そのまま使用すると故障の原因になるため、エンジンがかかったらチョークをOFFに戻します。 原因(6)スターターの紐に異常がある 草刈り機のエンジンをかけるときは、スターターの紐を勢いよく引っ張ります。そのため、草刈り機を長年使用しているとスターターの紐が劣化しがちです。 燃料やチョークに問題がない場合は、スターターの紐に異常があるのかもしれません。紐が引っかかるなど、不具合が起きていないか確認しましょう。引っ張った紐が戻らないときは、修理や交換が必要です。 対処法:紐を修理または交換する スターターの紐の絡まりがほどけそうな場合は、自分で対処が可能です。ほどけないほど絡まっている場合は、業者へ修理を依頼しましょう。紐が切れている場合は紐部分を交換します。 紐の交換は簡単に思われがちですが、実際は草刈り機に関する専門知識が必要です。分解作業を伴うなど、素人では対処できない可能性があります。 原因(7)吸気口やマフラーが詰まっている 吸気口やマフラーの詰まりは、長期間使っていない草刈り機に見られる症状です。この場合、一度エンジンがかかってもすぐに止まってしまいます。 吸気口やマフラーに詰まるのは、ゴミだけではありません。長年使用していると、カーボンが詰まる可能性があります。 カーボンとは、燃料が燃え残った炭のような固形物のことです。草刈り機に合った燃料でも、長期間使用しているとどうしてもカーボンが付着してしまいます。 対処法:詰まりを解消する […]