テーマ別

テーマ別のプロと出会う。

リノベーション、住宅リフォーム、和室から洋室へリフォームなど、テーマ別の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

テーマ別のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なテーマ別のプロをご紹介。

テーマ別関連の最新記事

2022/12/02
リノベーション(マンション・一戸建て)の費用相場は?安く抑える方法とローンの種類も紹介

リノベーションは、既存の住宅の機能性やデザイン性を向上させ、新たな付加価値をつける工事です。理想のリノベーションを実現するためには、まずは費用相場を把握し、業者と話し合いながらプランを決めましょう。また、費用を安く抑えるためには、減税制度や補助金制度の活用がおすすめです。 この記事では、リノベーションの費用相場や理想のリノベーションを実現するためのポイント、さらに費用を抑える方法やローンについて解説します。リノベーションを検討している方は、ぜひ参考にしてください。 リノベーションとは? リノベーションとは「革新」「刷新」「修復」という意味の言葉です。建物におけるリノベーションとは、既存のマンションや一戸建ての機能を刷新し、新たな価値を与えることを指します。例えば、耐久性を高めるために壁を補修する、間取り変更して子ども部屋を作る、などです。 リノベーションによって、住まいの性能を向上させたり、デザイン性の高い空間を実現できたりします。ライフスタイルの変化や生活環境に合わせて、住まいを自在にアレンジできることから、近年人気の高い工事です。 リノベーションとリフォームの違い リノベーションとリフォームは、似ていますが微妙に意味が異なります。前述のとおり、リノベーションは、間取りや内装などを変更して家の機能を刷新することで、住まいにプラスアルファの価値を与えることです。一方、リフォームは老朽化した家の内装や設備を修繕し、回復させる修繕工事のことを指します。そのため、リノベーションの方がリフォームよりも大規模な工事が必要になるケースが多いです。 とはいえ、リノベーションとリフォームに明確な定義があるわけではありません。使い分けは曖昧になってきており、両者とも広義的に使われています。 フルリノベーションの定義 リノベーションの中でも注目されているのが、フルリノベーションです。フルリノベーションとは、マンションや一戸建て全体をリノベーションすることを指します。例えば、既存の住まいを解体し、間取りを変更する大規模な改修作業はフルリノベーションの1つです。これを、建物の骨組みの状態である「スケルトン」から、スケルトンリノベーションと呼びます。 フルリノベーションでは、多くの場合解体作業を伴います。大きな間取り変更や二世帯住宅への変更などが可能なため、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる工事です。 リノベーションの費用相場 リノベーションにかかる費用は、工事内容や物件によってさまざまです。 最も費用がかかる一戸建ての場合、フルリノベーションにかかる費用相場は600万〜900万円程度です。内装や間取り、素材などにこだわる場合は、1,000万〜1,200万円ほどかかることもあります。 マンションのリノベーションにかかる費用相場は、1平方メートルあたり15万〜20万円です。ただし、相場はあくまでも目安にすぎません。小さい物件の場合、1平方メートルあたりの単価はさらに高くなります。これは、水回りのリノベーションには面積にかかわらず一定の費用がかかるからです。また、内装にこだわってハイグレードな素材を使ったり、高機能な設備を導入したりすると、その分費用も高くなります。 また、工事内容によっても費用は大きく異なります。リビングに多くの収納棚を設置したり、間取りを変更したりなど、リノベーションではさまざまな工事が考えられます。多くの工事を実施するほど費用もかかるため、予算は多めに確保しておきましょう。 さらに、工事費用の10〜20%程度かかるデザイン設計料や諸経費、リノベーション期間中の仮住まい用家賃などが必要です。工事規模によっては、半年近くの工期がかかることもあります。予算を考える際は、工事費用だけでなく、仮住まい用の家賃も考慮しましょう。 リノベーション費用が変動する要因 リノベーションにおける工事費用が変動する要因としては、以下の3つが考えられます。 マンションなのか一戸建てなのか 間取りや内装などのこだわりの有無 依頼する業者 価格が変動する要因について理解しておけば、予算を立てやすくなるのです。ここでは、リノベーション費用が変動する要因について詳しく解説します。 マンションなのか一戸建てなのか リノベーションにかかる費用は、物件のタイプによって異なります。マンションよりも、一戸建てのほうが施工面積が広くなる場合が多いです。施工面積が広ければ、その分資材や設備が必要になり、作業量も増えます。そのため、一般的には一戸建ての方がリフォーム費用が高いです。 また、同じマンションでも高層階の場合は、資材運搬の手間がかかるため、その分費用が高くなります。 一戸建ての場合は、築年数も重要です。特に、築年数が40年以上経過している木造の戸建て住宅の場合は、劣化が進んでいる可能性が高く、施工面積が広くなります。 間取りや内装などのこだわり 間取りや内装、使用する設備などへのこだわりは、費用を左右します。間取りを細かく分けると、壁で仕切る必要があるため、その分費用が必要です。また、リビングに使用する建材を無垢材やグレードの高いものにしたり、キッチンや水回りの設備を機能性が高い最新のものにしたりすれば、費用がかさみます。 逆に、既存の内装や設備を活用することで、工事費用を抑えられるのです。予算内で理想のリノベーションを行うためには、既存部分で活用できるものはないか考えてみましょう。 業者によって価格設定が違う リノベーションを依頼する業者には、地元の工務店・中堅リノベーション会社・大手リノベーション会社があります。業者によって、価格設定が異なるため注意が必要です。 例えば、マンションのリノベーションの費用相場は、業者ごとに以下のように異なります。 地元の工務店 約10万円(1平方メートルあたり) 中堅リノベーション会社 約12万円(1平方メートルあたり) 大手リノベーション会社 約15万円(1平方メートルあたり) 大手リノベーション会社は、広告宣伝費や本社経費などが影響して、価格が高い場合が多いです。また、中堅リノベーション会社は、実際の工事業務を地元の工務店に委託している場合が多く、マージンが発生します。 このように、依頼する業者によって価格設定が大きく異なるため、必ず複数社から見積りをとって比較検討しましょう。 理想のリノベーションを実現するための3つのポイント 理想のリノベーションを実現するためには、以下の3つのポイントを理解しましょう。 完成後のイメージを明確にする 予算に応じてリノベーションの優先順位をつける 業者とイメージを共有する 特に、予算内でなるべく理想に近い工事を行うためには、完成後のイメージを明確にし、予算に応じて工事の優先順位をつけることが大切です。フルリノベーションにすると、どうしてもコストがかかってしまいます。既存の部分で活かせるところはそのまま活用し、必要なリノベーションだけを行いましょう。 完成後のイメージを明確にする まずは、リフォーム・リノベーション後の空間のイメージを明確にしましょう。「リビングの内装はホテルライクにしたい」「間取りは3LDKにしたい」「2階にもトイレがほしい」などのように、実現したい間取りや取り入れたい設備などを考えます。理想のお部屋のイメージを具体的に持つことで、やるべき工事が明らかになるのです。 イメージややりたい工事などは、業者に依頼する際に伝え漏れがないよう、リスト化するのがおすすめです。 予算に応じてリノベーションの優先順位をつける リノベーションにかけられる予算に応じて、優先順位をつけましょう。 やりたいことを書き出したら、「どうしてもこだわりたい部分」「やれたら嬉しい部分」「やれなくても困らない部分」に分け、優先順位を明確にします。 例えば、フルリノベーションを行う予算がない場合は、どうしてもこだわりたい機能・設備と、既存の部分で活かせる設備を考えましょう。「毎日使うシステムキッチンはハイグレードタイプにしたい」「トイレの位置は今のままでもいい」のように、やりたいことの中から優先順位の低いものを省きます。必要なリフォーム・リノベーションだけを行うようにしましょう。 また、予算を業者に伝えることで、予算内でなるべく理想に近いリノベーションが行えるよう、さまざまな提案をしてくれます。 […]

2022/12/02
マンションリフォームの費用相場!注意点や費用を抑えるコツもご紹介

マンションのリフォームを行うことで、これまでの住居のイメージを一新し、住みやすさを向上させられます。しかし、マンションのリフォームは、どれくらい費用がかかるのか、どこまでリフォームが可能なのか、よくわからないという方もいらっしゃるでしょう。 リフォーム可能な範囲や費用相場や費用を抑えるコツ、注意点など、くわしく解説します。マンションのリフォームを検討している方は、この記事を参考にしてください。 マンションのリフォームはどこまで可能? 共有部分はリフォーム不可 戸建てのリフォームと違って、マンションのリフォームには制限があります。マンションには、共有部分と専有部分があり、マンションの所有者がリフォームできるのは、専有部分に限られるからです。 エレベーターや廊下などは共有部分であるとすぐにわかりますが、どこからどこまでが共有部分なのか、わかりにくいケースもあります。また、マンションによって、共有部分の範囲が異なるケースもあるので注意が必要です。個別に説明していきましょう。 玄関ドアや窓ガラスは共有部分となるため、原則としてリフォームや交換はできません。ただし、玄関ドアの内側の仕上げに関しては、リフォーム可能です。サッシの窓ガラスや玄関の鍵についても、マンションによっては変更可能な場合もあります。 配水管・ガス管・電気配線なども共有部分にあたるため、基本的には変更できません。ベランダやバルコニーは、専有部分があったとしても、共有部分になっている場所のあるケースが多いため注意してください。 専有部分はリフォーム可能 部屋の内側の壁紙や床材は、専有部分になるため、基本的にはリフォームできます。また壁や天井のクロス、バス回りの交換工事も可能です。 ただし、マンションによっては使えない素材が指定されているケースもあります。判断がつかない場合には、事前に管理規約の確認や管理会社への問い合わせをしてください。 マンションのリフォームは、構造によって制限される場合もあります。マンションは、建築方法によって大きく2つに分けられます。柱や梁によって建物を支える「ラーメン構造」と、壁によって建物を支える「壁式構造」です。 ラーメン構造のマンションは、柱型や梁型が室内に出ていますが、間取りは自由に変更できます。壁式構造のマンションは部屋の内部に耐力壁と呼ばれる壁があって、建物を支えている場合は壁の撤去はできません。 マンションは構造によって、間取りの変更が制限される場合があることを知っておいてください。このほかにも、キッチンなどの水回りのレイアウトを変更する際に、排水口の位置によって移動できる場所が制限されるケースもあります。 マンションのリフォームの費用相場 マンションのリフォームにかかる費用は、施行面積やリフォームのグレードによって、異なります。一般的にいくらぐらいかかるのか知りたいという方もいらっしゃるでしょう。 マンションのリフォームで、300万円以上の大規模リフォームを行った人を対象にして、2017年にリクルート住まいカンパニーが実施した調査によると、マンションのリフォーム費用の平均金額は、539.9万円となっています。 つまり、マンションのリフォーム費用の目安はおおよそ500万円台です。ただし、金額にはかなりの幅があります。下の円グラフはかかった費用別の割合で表したものです。 リフォーム費用内訳(300万円以上で調査) 費用帯の分布を見ると、もっとも多いのは300万円~500万円で、58.4%と半分以上を占めています。1,000万円以上かけている層が、1割以上いることも特徴的です。設備の選び方によっても金額は変わります。 部分ごとに、しっかり確認して検討することが必要でしょう。 リフォーム部位別費用相場 マンションのリフォームの費用を抑えるためには、部位別に費用相場を見て、細かく検討していくことが有効です。部位を大きく4つに分けて解説します。 水回り(キッチン、トイレ、浴室、洗面所) リビング・ダイニング 和室 フルリフォーム(スケルトンリフォーム) 水回り(キッチン、トイレ、浴室、洗面所) 水回りのリフォームは築年数が10年~20年経ったら、必ずやるべきとされています。毎日使う場所であるため、確実に経年劣化が進むためです。 パイプの劣化や腐食、ひびわれなどが進行すると、やがて壁や床を侵食して住居全体をリフォームしなければならなくなることがあります。早めに水回りのリフォームを行うことが、費用を抑えることにつながる場合もあるのです。 施工内容 水回りのリフォームの主な部位は、キッチン、トイレ、浴室、洗面所の4つです。それぞれのパーツを交換するのが、一般的な方法といえるでしょう。 システムキッチン、トイレ、ユニットバス、シャワーなどを交換します。さらに大がかりに内側を解体して、内装や壁紙などもリフォームする選択もあるでしょう。費用は高くなるため、予算と相談しながら、必要に応じてリフォームすることをおすすめします。 費用相場 キッチン、トイレ、浴室、洗面所をそれぞれ交換した場合の費用相場は、以下です。 施行内容 リフォーム費用相場 キッチンの交換 50〜150万円 浴室の交換 50〜150万円 トイレの交換 15〜50万円 洗面台の交換 10〜50万円 それぞれ、どれくらいのグレードのパーツと交換するかによって、金額が変わります。費用と機能、使いやすさや必要性を考慮して、検討してください。 リビング・ダイニング リビング・ダイニングは、家族の生活の中心ともいえる場所です。食事、テレビ、趣味、育児など、さまざまな目的で家族が集まるため、ライフスタイルに合ったリフォームを考えている方も多いでしょう。 リビング・ダイニングは多様なリフォームの仕方があるため、目的と予算を明確にして、検討することをおすすめします。 施工内容 近年は広い空間を志向する傾向があり、リビングとダイニングを1つの空間にする間取り変更のリフォームも目立っています。壁の撤去、壁のクロスの張り替え、塗り壁への変更、床のフローリング張り替えなどのリフォームが一般的です。 リフォームが大がかりになる場合は、施行期間も長くなるので注意が必要です。 費用相場 リビング・ダイニングのリフォームは、多岐にわたるため、費用の幅も大きくなります。おおよその目安は以下の表のとおりです。 施行内容 […]