リフォーム

リフォームのプロと出会う。

フローリング・床、タイル、介護リフォーム、キッチンなど、リフォームの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. Zehitomo
  2. 住宅
  3. リフォーム

リフォームのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なリフォームのプロをご紹介。

リフォーム関連の人気のサービス

リフォーム関連のカテゴリー

リフォーム関連の最新記事

2021/10/06

自宅に庭を作りたい!快適に過ごすためのポイント

庭づくりのポイント、ご存知でしょうか?この記事では、芝生や砂利など、代表的な4つの庭のメリットや費用をご紹介します。 目次 【場所別】庭の呼び方 一軒家に庭がある5つのメリット 代表的な庭の種類4選 芝生 砂利 タイル コンクリート 庭を作るときの3つのポイント Zehitimoから庭のリフォーム・工事を依頼してみる 【場所別】庭の呼び方 一軒家の庭は敷地のどこに位置するかによって呼び方や役割が変わります。 主庭(しゅてい) 文字通り、家のメインとなる庭のことです。一般的に日当たりを考慮して、敷地の南側に位置することが多く、リビングに面した大きな庭になります。自然と目にしたり、使用したりする頻度が高くなるため、デザイン性のみならず、機能性も重視したいところです。 前庭(まえにわ) 家の前に位置する庭になります。玄関前のちょっとした空間であることが多いですが、外から見たときの家の印象を左右するので、意外と大事です。住む人の好きなように趣向を凝らしてアレンジすることができます。 中庭(なかにわ) コの字やロの字のように壁や植栽で三方か四方を囲まれた庭のことです。建物に囲まれている場合がほとんどで、周囲の目を気にする必要がありません。また、住居への採光と通風を確保するという機能的な面も持ち合わせています。 裏庭(うらにわ) バックヤードと呼ばれることもあります。主庭とは逆で北側のあまり人目につかないところに位置することが多いです。台所や浴室に面していて、大抵の場合、物置やゴミ置き場として使用されます。 坪庭(つぼにわ) 中庭の1つです。明確な基準はありませんが、一般的な中庭よりも小さい庭のことを言います。狭いスペースになるので、何かをするというより観賞用として作られることが多いです。もちろん、中庭と同様の機能も持ち合わせています。 一軒家に庭がある5つのメリット 住み心地が良くなる 庭があることで家の周りに余裕ができて解放感が生まれるため、住み心地が良くなります。近隣の住宅ともスペースができるので、日当たりや風の通りを向上させることが可能です。また、庭はアレンジの自由度が高いため、家に特徴を出したり、外観の印象を良くしたりしてくれます。 ガーデニングができる 家の中や植木鉢などでは育てられない花や木も、庭があれば育てることができます。季節ごとに植える花を変えたり、自分の好きな花を時間をかけて栽培したりすることで、季節の変化を楽しむことができるのも魅力です。長い年月をかけてお気に入りの木を育てると、成長の喜びを感じることができるでしょう。 家庭菜園ができる プランターよりも広い面積で効率的に家庭菜園ができます。慣れてきたら、面積を広げたり、一度に栽培する種類を増やしたりすることができるのも庭の良いところです。ただし、土壌を準備するために、最低でも20㎝程度は地面を掘り返すことになるため、水道管が下にある場合は注意しましょう。 子供・ペットの遊び場になる ある程度の広さがあれば、子供やペットの遊び場として利用可能です。外で遊ぶなら公園で十分という方もいるかもしれませんが、自宅の庭なら小さいお子さんでも安心して遊ばせることができます。 ペットも自由に動き回ることができるので、ストレスが溜まりにくいです。ペットのために洗い場や水飲み場を作ってあげるとより快適な空間になります。 BBQ・物置スペースになる 3坪(約10m²)前後の広さがあれば、BBQやホームパーティーをすることができます。配置次第ではリビングの延長として使うこともできまるため、場面に応じて様々な使い方が可能です。 また、物置を設置することで、アウトドア用品のように家の中に置いておくとかさばるものや頻繁に使わないものを収納しておくこともできます。 代表的な庭の種類4選 庭の種類として代表的なこの3つについて詳しくご紹介します。 芝生 芝生の種類は天然芝と人工芝の2つです。まず両方に共通するメリットとデメリットを紹介した後にそれぞれの違いについて説明します。 芝生のメリット・デメリット 美しい芝生は見る人の心を癒してくれますし、クッション性があるため、子供やペットが安心して遊ぶことができます。ただし、天然芝も人工芝も手入れが必要です。天然芝に比べると人工芝の方が手入れの頻度は少ないですが、定期的に手入れをしないと美しい状態を保つことができません。 天然芝と人工芝のメリット・デメリット 天然芝は本物の植物が持つ温もりを感じることができますし、夏場は土やコンクリートと違って熱が溜まりにくいので、地表の温度を低く保つことができます。しかし、その分手入れが大変です。きれいな状態を維持するには、定期的な水やりや刈り込みが必要ですし、剥げてしまった部分は補修しなければいけません。 人工芝は樹脂などで作られているので、定期的な水やりや刈り込みは必要ないですし、劣化の具合に合わせて5~10年程度に1回張り替えればきれいな状態を維持できます。しかし、夏場に日光が当たると思いのほか高温になることがあるため、水をまくなどの対策が必要です。 天然芝と人工芝の費用 天然芝も人工芝も工事費用はどちらも同じくらいですが、本体価格は天然芝の方が安いです。人工芝は5~10年を目安に張り替える必要がありますが、天然芝はしっかりと手入れをしていれば張り替えの必要がありません。 給水設備の設置や芝刈り機の購入などメンテナンスには追加で費用がかかりますが、長い目で見ると天然芝の方が安いと言えるでしょう。逆に、多少高くても手間がかからない方がいいという人には人工芝がおすすめです。 砂利 砂利は基本的に敷き詰めるだけでいいので、狭いところや角のない庭でも手軽に使用することが可能です。他にもメリットやデメリットがあるので紹介していきます。 砂利のメリット・デメリット 砂利の上を歩くと音がなるため、仮に誰かが侵入してきてもすぐに気づくことができますし、砂利があるだけで侵入者に対する抑止力になります。また、砂利が地面を覆うので、雑草が育ちにくくなり手入れが楽です。 砂利や色や大きさなど様々な種類があるため、庭のデザインに合わせて好きなものを選ぶことができます。ただし、雨で砂利が流されてしまったり、落ち葉が隙間に入り込んだりするので掃除が大変です。 砂利の費用 芝に比べると費用を抑えられます。砂利は人工芝よりも種類が豊富なので、デザイン性の高い庭や家との統一感を重視する方におすすめ。DIYをして費用を抑える場合は、専用の道具などが必要になります。 […]

2021/09/23

【2021年版】断熱リフォームの補助金をチェック!制度を理解して賢く使おう

リフォームをする際に活用できる補助金や助成金、減税制度の種類は様々です。国が行っているものもあれば、地方自治体が独自に行っているものもあります。また、バリアフリーや省エネ、耐震などリフォームの目的が違えば、適用される制度も変わります。今回は、エコや省エネを目的とした断熱リフォームに関する補助金について説明します。 目次 断熱リフォームの補助金とは? 国の補助金制度 既存住宅における断熱リフォーム・ZEH化支援事業 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 集合住宅の省CO2化促進事業 長期優良住宅化リフォーム推進事業 次世代省エネ建材の実証支援事業 地方自治体の補助金制度 その他の補助制度 リフォーム減税 グリーン住宅ポイント制度 補助金申請の流れ 補助金を申請するときの3つのポイント Zehitomoから断熱工事・断熱リフォームを依頼してみる 断熱リフォームの補助金とは? 補助金を設けてまで断熱リフォームが推奨されているのは、基本的に省エネ化・省CO₂化を推進するためです。断熱リフォームが該当する補助金には、国と地方自治体が行っているものがあり、減税の対象になることもあります。ここからは、国、地方自治体、その他の3つに分けて具体的な制度をご紹介します。 国の補助金 主に国の補助金制度を運営しているのは、環境省と国土交通省と経済産業省の3つです。事業内容については、断熱リフォームに関する部分を抜粋して紹介しますので、それ以外の内容に関しては各省庁のホームページから確認してください。 既存住宅における断熱リフォーム・ZEH化支援事業 環境省が行っている事業です。現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるため、断熱リフォームを支援しています。 一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる、断熱材や窓などの高性能な建材を用いたものが対象です。ZEHの普及による災害時の対応力向上も目的に含まれています。 ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、「外側の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」のことです。(資源エネルギー庁より引用) 事業内容 既存戸建住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり120万円です。蓄電池、電気ヒートポンプ式給湯機、熱交換型換気設備等には別途補助があります。 既存戸建住宅の断熱リフォームに既存集合住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり15万円です。熱交換型換気設備等に別途補助があります。 例①)開口部の断熱改修(内窓の設置、外窓の交換など)例②)外壁・屋根・天井または床の断熱改修 事業情報 令和2年度3次補正予算:4,500百万円(45億円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者(個人、管理組合代表者) 実施期間:令和3年度 間接補助事業とは、環境省が執行団体を通じて支援を行う事業のことです。他には、環境省が直接支援を行う直接補助事業と、実証・支援・技術開発等の事業である委託事業があります。 補助要件 執行団体である北海道環境財団(公共財団法人)に登録さている未使用品が対象になります。対象製品は財団のHPから確認しましょう。 窓やガラスの製品に関しては、使用する製品のグレードによって窓面積あたりの補助金額が変わります。使用する製品のグレードが高い方が、助成金額も高いです。 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 環境省が経済産業省、国土交通省と連携して行っている事業です。エネルギーの自給自足により災害にも強く、ヒートショック対策にもなるZEH(ゼッチ)の普及の推進。また、現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるための断熱リフォームの推進も目的の1つになります。 事業内容 既存戸建住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり120万円です。蓄電池、電気ヒートポンプ式給湯機、熱交換型換気設備等には別途補助があります。 事業情報 令和3年度予算:6,650百万円(65億5千万円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者 実施期間:平成30年度~令和7年度 集合住宅の省CO2化促進事業 環境省が経済産業省と連携して行っている事業です。現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるため、断熱リフォームを支援しています。ZEHの普及による災害時の対応力向上も目的に含まれています。 事業内容 戸建住宅において、ZEHの交付要件を満たしている住宅を改修する際に、1戸当たり上限60万円で補助します。既存集合住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助。上限は1戸あたり15万円です。例)断熱窓への交換 事業情報 令和3年度予算:4,450百万円(44億5千万円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者 実施期間:平成30年度~令和5年度 […]