職種別

職種別のプロと出会う。

インテリアデザイナー、工務店・施工会社、大工・職人、左官業など、職種別の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

職種別のプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な職種別のプロをご紹介。

職種別関連の最新記事

2021/06/11

インテリアをおしゃれにするなら、プロに依頼。費用の相場や注意点を解説

自宅やオフィス、店舗などをおしゃれな空間にしたいなら、インテリアコーディネーターやインテリアデザイナーに依頼してみてはいかがでしょうか。「リビングを北欧風の雰囲気にしたい」「サロンをもっとエレガントな雰囲気にしたい」など、さまざまな要望が叶えられます。 今回の記事では、依頼するときの費用相場や依頼の流れ、注意点などについて解説していきます。お部屋のコーディネートをプロに相談したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 目次 インテリアコーディネーターとは インテリアコーディネーターの種類 個人(フリーランス) 企業 依頼にかかる費用の相場 インテリアコーディネートの流れ 依頼するときの注意点 依頼の目的を明確にする 具体的なイメージを伝える 最初に予算を決めておく 過去の事例を確認する Zehitomoでインテリアコーディネートを依頼してみる インテリアコーディネーターとは インテリアコーディネーターとは、家具やカーテン、照明、壁紙といったインテリア用品の提案・アドバイスを行う仕事です。依頼人と何度も打ち合わせをし、要望をヒアリングしながら空間のコーディネート計画を立て、理想イメージを具体的な形に導きます。 「壁はこんな色にしたい」「ソファはこの家具を使いたい」といったバラバラな要望を、空間全体の一体感や使い勝手を考えながら、総合的にまとめて提案します。 また、単に空間のコーディネートを行うだけではありません。必要なインテリア用品を調達したり、現場の施工業者へ指示したりするのもインテリアコーディネーターの仕事です。 インテリアデザイナーとの違い インテリアコーディネーターと似た仕事で、インテリアデザイナーという仕事があります。インテリアデザイナーとは、空間そのものをゼロからデザインする仕事のこと。何もない真っさらな空間に対し、照明や家具、壁紙、床材などをデザインしていきます。 既存の空間に合わせてコーディネート計画を立てるか、空間をゼロから設計するかが両者の違いと言えるでしょう。 また、時には建物全体や家具のデザインも手掛けるというように、建築的な要素を備えているのもインテリアデザイナーの特徴。したがって、一般的にはインテリアデザイナーの方がより高度なスキルや経験が必要と言えます。 インテリアコーディネーターの種類 インテリアコーディネーターには、個人で活動している人と企業に所属している人の2種類がいます。それぞれに依頼する場合の特徴について、以下で確認していきましょう。 個人(フリーランス) 個人で活動しているインテリアコーディネーターに依頼するメリットは、柔軟に対応してもらいやすいことです。近い距離感で相談に乗ってもらえたり、融通を利かせてもらえたりするのは、個人で活動しているからこその利点でしょう。 また、コーディネートに使う家具ブランドやメーカーに制限はなく、様々な家具の中から最適なものを提案してもらえます。 ただし、個人である分、仕事のクオリティに差があるという面は避けられません。また、相性が合わない可能性も考えられるでしょう。事前にポートフォリオやSNS、ホームページなどを確認して、自分に合う人なのかを見極める必要があります。 企業 企業に依頼するメリットとして、依頼から提案、施工までの流れが体系化されているという点が挙げられるでしょう。ナレッジの積み重ねがある分、様々な依頼に対応してもらうことができ、滞りなく計画を進めてもらえます。 また、企業の看板があるため、仕事のクオリティもある程度保証されているでしょう。一方、提案してもらえる家具ブランドやメーカーが限られていたり、個人に依頼するよりも費用が高ついたりする場合があるようです。 なお、インテリアコーディネートを手掛ける企業は、大きく「インテリアコーディネートの専門会社」「インテリアショップ」の2種類に分類することが可能。それぞれ、3つずつ代表的な企業を紹介していきます。 インテリアコーディネートの専門会社 お部屋改造計画 自宅におけるインテリアコーディネートや模様替え、店舗・オフィスのトータルプロデュースを行う会社です。20年以上の実績があり、ワンルームコーディネートのパイオニアとして業界をリードし続けてきました。最大の特徴は、依頼人の部屋を3回訪問するという手厚い対応。一人一人に寄り添い、提案から商品の発注・配置まで行ってもらえます。 なお、依頼には基本料金の5万円と家具の購入代金が必要です。基本料金には、プランニング料・買付け等代行料・スタイリング料が含まれます。ただし、部屋の広さに伴う追加料金や、東京23区外の方には別途出張手数料が発生するため注意してください。 COSIC 採用率5%という狭き門を乗り越えたプロにより、質の高いインテリアコーディネートを提供してもらえる会社です。相談から家具の購入に至るまで、全ての工程をオンラインで完結できるのが特徴。オンライン上のやり取りのみで済む分、費用が抑えられるというのがメリットです。 また、500以上のブランドから数十万点以上の家具を選ぶため、様々なスタイルを提案してもらえます。リアルな3Dシミュレーションによる提案で、仕上がりのイメージも湧きやすいでしょう。 1部屋2万円〜で依頼することができ、納期も約2週間というスピーディーさが嬉しいポイントです。AIによる無料相談もできますので、気になる方は試してみてください。 INTERICO 上記の会社と同様、オンラインでインテリアコーディネートを提案してもらえる会社です。要望に合わせて適切なインテリアコーディネーターとマッチングし、LINEで詳しいやり取りができます。 ただし、オンライン相談という性質上、部屋の寸法を自分で測る必要があるため注意してください。提案された家具は、すぐにその場で購入することができます。 なお、ヒアリングからプランニングまで、1部屋1万6千円で依頼することが可能です。部屋の広さが18畳以上になると1万9千円になり、1部屋追加する場合は1万2千円かかります。1回までであれば修正に対応してもらえるのが親切でしょう。 インテリアショップ 無印良品 シンプルでおしゃれな雑貨が有名な無印良品です。ライフスタイルや間取りを考慮した商品選びから家具の配置まで、3Dシミュレーションを活用しながら相談に乗ってもらえます。 店舗での対面相談だけではなく、Zoomを使用したオンライン相談もでき、用途に合わせて選べるのが嬉しいポイント。事前予約が必要ですが、60分間無料で相談できます。 ニトリ 「お値段以上」でお馴染みのニトリです。インテリアコーディネートの内容として、「カーテンの相談」「家具の相談」「3Dプランニング」「トータルコーディネートの相談」の4種類があります。オンラインでの相談はできないため、事前に予約した店舗で相談するようにしましょう。相談料は無料です。HPで提案事例を確認することができますので、気になる方はチェックしてみてください。 IKEA スウェーデン発祥の北欧家具で有名なIKEAです。家具に限らず、カーテンや照明、アートフレームなどを総合的にアドバイスしてもらえます。事前予約制で店舗での相談となっており、事前に寸法の入った間取り図面を送る必要があるため注意してください。相談料が4千9百円かかりますが、10万円以上商品を購入すると4千9百円分のギフトカードをもらえますので、実質無料となっています。 ただし、こちらのサービスは IKEA […]

2021/04/05

【単価表つき】左官工事とは?種類や業者の選び方を詳しく解説

左官工事とは、コテを使って壁に塗装していく工事のことです。左官工事によって仕上げられた壁は「左官壁」と呼ばれます。素材や塗り方次第で壁に表情が出るという魅力から、壁紙を貼るのではなく、左官壁を採用することも増えているようです。とはいえ、壁塗りの種類や工事の料金についてはあまり知らないという方がほとんどでしょう。 そこで今回は、左官工事の内容や料金、工事を依頼する業者の選び方などを詳しく解説していきます。 目次 左官工事とは:「左官」の意味って? 左官壁のメリット 耐久性に優れている 調湿性・断熱性・吸音性を兼ね備えている 壁の表情やデザインを楽しめる アレルギーを防ぐことができる 継ぎ目ができない 左官壁のデメリット 工事費用が高くなる 職人の腕によって、出来上がりの差がある メンテナンスが必要 左官工事の流れ 左官仕上げ:素材の種類と特性 左官工事の単価表:料金相場はいくら? 左官工事業者の選び方 左官工事を依頼するときの注意点 まとめ 左官工事とは:「左官」の意味って? 冒頭でも説明した通り、左官工事とはモルタルや漆喰、珪藻土といった壁材を壁に塗っていく工事を指します。左官工事を行う職人は「左官」と呼ばれ、内装・外装の壁塗りに限らず、家の床や駐車場、玄関アプローチの下地作りでもその技術を発揮。なお、左官工事は仕上げ塗りまで行う場合(左官仕上げ)と、下地を塗った上からタイルを貼り付けて完成とする2種類に分かれます。左官仕上げはもちろん、表からは見えない下地作りにおいても、左官の腕前によって壁の仕上がりに大きな違いが出るでしょう。 左官壁のメリット 見栄えのみならず、機能性の観点からも左官壁には様々なメリットがあります。どのようなメリットがあるのか、以下で確認していきましょう。 耐久性に優れている 一般的な壁紙として使用されるビニールクロスに比べ、左官壁は耐久性に優れているという強みがあるでしょう。 左官壁に使用される天然素材はいずれも長持ちし、正しくメンテナンスを行うことで100年以上は持つと言われています。その理由は、期間が経てば経つほど硬化するという性質。歴史的建造物にも左官壁が用いられていることから、その耐久性は明らかです。 また、左官壁では耐火性が高い素材が多く用いられるため、建物の防火性能がアップするというメリットも。万が一火災が発生した場合も、延焼のスピードを抑えられるでしょう。 調湿性・断熱性・吸音性を兼ね備えている 左官壁には、使われる素材や塗り方の特徴から、調湿性・断熱性・吸音性の3つが備わっています。 左官壁に用いられる天然素材の表面には、数えきれないほどの小さな穴が存在。その穴から湿気の吸収・放出が行われています。湿度が高くなると余分な湿気を吸収し、反対に空気が乾燥したときは湿気を放出するため、常に快適な湿度を保つ効果があるでしょう。湿度を適度に保つことで、建物全体の劣化を防ぐことにもつながります。 また、左官壁の特徴といえば壁材を繰り返し塗り重ねていくという工法。何層にも重ねるため断熱性に優れており、素材によっては吸音性も期待できるでしょう。 壁の表情やデザインを楽しめる コテの種類や塗り方によって、壁の表情やデザインの違いを楽しめるのも左官壁ならではでしょう。 素材はもちろんのこと、左官には様々なコテの種類があり、それを用いて多様なパターンを作り上げることができます。フラットなパターンであれば静かな雰囲気で、動きがあるパターンであればカジュアルな雰囲気になり、塗り方次第で部屋の雰囲気は大きく変わるでしょう。 また、パターンの中にはランダムな模様で洋風に仕上げる「スパニッシュ仕上げ」や、ヨーロッパの壁をイメージした「スタッコ調仕上げ」なども。和風なデザインのみならず、洋風でモダンなデザインも作り上げられるのが、左官壁の魅力です。 アレルギーを防ぐことができる 左官壁で使用する素材はいずれも天然素材のため、アレルギーを防げるというメリットがあります。 近代の建築では、内装材に防腐剤を使用している場合がほとんど。防腐剤の中にはアトピーやシックハウス症候群などのアレルギーの原因となる有害な物質=ホルムアルデヒドが含まれています。そのため、壁の防腐剤が原因でアレルギー反応が起きてしまうことも。 一方、左官壁で使用するのは珪藻土や漆喰といった天然素材です。そのため、有害な物質を含まない健康壁として用いることができるでしょう。 継ぎ目ができない 壁紙を貼るのとは違って、継ぎ目ができないため、複雑な構造をした家屋であっても美しい壁に仕上げることができます。 継ぎ目が目立つと、おしゃれなデザインであってもどうしても見栄えが悪くなってしまうものです。左官壁であれば形状に合わせて壁材を塗っていくため、継ぎ目ができるという心配がありません。 左官壁のデメリット 上記では、左官壁のメリットについて紹介してきました。しかしながら、左官壁にはいくつかのデメリットも存在します。どのようなものが挙げられるか、以下で確認していきましょう。 工事費用が高くなる 左官壁の場合、工事にかかる費用が高くなってしまうというデメリットがあるでしょう。 壁紙を貼る工事と比べ、その費用差は2〜4倍にも広がり、初期費用が高くなってしまうのはどうしても避けられません。 とはいえ、メリットの部分で紹介したように、左官壁は非常に高い耐久性を持っています。一般的な壁紙は5〜15年で寿命を迎えるため、長い目で見ると決して損とはならないでしょう。 また、左官壁は調湿性・断熱性に優れているという特徴があるため、夏場や冬場の冷暖房費を抑えられるという面もあります。 初期費用は高つくものの、中長期的にはランニングコストを節約できるのではないでしょうか。 職人の腕によって、出来上がりの差がある 左官壁の仕上がりは、職人の腕次第。職人によって出来上がりにどうしても差が生まれるため、依頼するときには注意が必要です。 同じ素材やコテを使用したとしても、仕上がりの印象は職人の技術に左右されるでしょう。また、未熟な職人だと耐用年数が少なくなってしまうことも。 できるだけイメージ通りの仕上がりにするためには、職人としっかりコミュニケーションを取ることがポイントです。 […]