大規模工事

大規模工事のプロと出会う。

職種別、工事、塗装など、大規模工事の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. Zehitomo
  2. 住宅
  3. 大規模工事

大規模工事のプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な大規模工事のプロをご紹介。

大規模工事関連の最新記事

2021/09/23

【2021年版】断熱リフォームの補助金をチェック!制度を理解して賢く使おう

リフォームをする際に活用できる補助金や助成金、減税制度の種類は様々です。国が行っているものもあれば、地方自治体が独自に行っているものもあります。また、バリアフリーや省エネ、耐震などリフォームの目的が違えば、適用される制度も変わります。今回は、エコや省エネを目的とした断熱リフォームに関する補助金について説明します。 目次 断熱リフォームの補助金とは? 国の補助金制度 既存住宅における断熱リフォーム・ZEH化支援事業 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 集合住宅の省CO2化促進事業 長期優良住宅化リフォーム推進事業 次世代省エネ建材の実証支援事業 地方自治体の補助金制度 その他の補助制度 リフォーム減税 グリーン住宅ポイント制度 補助金申請の流れ 補助金を申請するときの3つのポイント Zehitomoから断熱工事・断熱リフォームを依頼してみる 断熱リフォームの補助金とは? 補助金を設けてまで断熱リフォームが推奨されているのは、基本的に省エネ化・省CO₂化を推進するためです。断熱リフォームが該当する補助金には、国と地方自治体が行っているものがあり、減税の対象になることもあります。ここからは、国、地方自治体、その他の3つに分けて具体的な制度をご紹介します。 国の補助金 主に国の補助金制度を運営しているのは、環境省と国土交通省と経済産業省の3つです。事業内容については、断熱リフォームに関する部分を抜粋して紹介しますので、それ以外の内容に関しては各省庁のホームページから確認してください。 既存住宅における断熱リフォーム・ZEH化支援事業 環境省が行っている事業です。現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるため、断熱リフォームを支援しています。 一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる、断熱材や窓などの高性能な建材を用いたものが対象です。ZEHの普及による災害時の対応力向上も目的に含まれています。 ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、「外側の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」のことです。(資源エネルギー庁より引用) 事業内容 既存戸建住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり120万円です。蓄電池、電気ヒートポンプ式給湯機、熱交換型換気設備等には別途補助があります。 既存戸建住宅の断熱リフォームに既存集合住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり15万円です。熱交換型換気設備等に別途補助があります。 例①)開口部の断熱改修(内窓の設置、外窓の交換など)例②)外壁・屋根・天井または床の断熱改修 事業情報 令和2年度3次補正予算:4,500百万円(45億円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者(個人、管理組合代表者) 実施期間:令和3年度 間接補助事業とは、環境省が執行団体を通じて支援を行う事業のことです。他には、環境省が直接支援を行う直接補助事業と、実証・支援・技術開発等の事業である委託事業があります。 補助要件 執行団体である北海道環境財団(公共財団法人)に登録さている未使用品が対象になります。対象製品は財団のHPから確認しましょう。 窓やガラスの製品に関しては、使用する製品のグレードによって窓面積あたりの補助金額が変わります。使用する製品のグレードが高い方が、助成金額も高いです。 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 環境省が経済産業省、国土交通省と連携して行っている事業です。エネルギーの自給自足により災害にも強く、ヒートショック対策にもなるZEH(ゼッチ)の普及の推進。また、現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるための断熱リフォームの推進も目的の1つになります。 事業内容 既存戸建住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助します。上限は1戸あたり120万円です。蓄電池、電気ヒートポンプ式給湯機、熱交換型換気設備等には別途補助があります。 事業情報 令和3年度予算:6,650百万円(65億5千万円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者 実施期間:平成30年度~令和7年度 集合住宅の省CO2化促進事業 環境省が経済産業省と連携して行っている事業です。現行の省エネ基準に適合しない既存住宅の断熱性を向上させ、省CO₂化を促進させるため、断熱リフォームを支援しています。ZEHの普及による災害時の対応力向上も目的に含まれています。 事業内容 戸建住宅において、ZEHの交付要件を満たしている住宅を改修する際に、1戸当たり上限60万円で補助します。既存集合住宅の断熱リフォームにかかる費用の1/3を補助。上限は1戸あたり15万円です。例)断熱窓への交換 事業情報 令和3年度予算:4,450百万円(44億5千万円) 事業形態:間接補助事業 補助対象:民間事業者 実施期間:平成30年度~令和5年度 […]

2021/06/23

外構工事で人気のインターロッキングとは?施工方法や費用を解説

自宅の外構をおしゃれにしたいという方におすすめなのが、公園や歩道などで目にすることの多いインターロッキング舗装です。デザイン性の高さや使い勝手の良さから、最近では住宅の外構としても多く使用されるようになりました。 今回は、インターロッキングの特徴や施工方法、費用の相場などを詳しく解説していきます。インターロッキングを詳しく知らない方にもわかりやすく解説しますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。 目次 インターロッキングとは ・インターロッキングブロックの種類 インターロッキングのメリット・デメリット ・メリット ・デメリット インターロッキングの施工方法 インターロッキングの施工費用 DIYでインターロッキング舗装はできる? 依頼するときに気を付けること ・実績のある業者を選ぶ ・複数の業者に見積もりをもらう Zehitomoからインターロッキング舗装を依頼する インターロッキングとは インターロッキングとは、様々な色や形をしたコンクリートブロックを並べ、隙間の目地に砂を入れて仕上げる舗装方法です。使用されるブロックはインターロッキングブロックと呼ばれ、砕石・敷砂・インターロッキングブロックの3層構造となっています。 インターロッキングには「かみ合わせる」という意味があり、ブロック同士のかみ合わせ効果によって荷重を分散するのが特徴のひとつ。また、一部のブロックはリサイクル材が使われており、壊れていないブロックは再利用できることから、環境に配慮した舗装方法とも言えるでしょう。 インターロッキングブロックの種類 インターロッキングブロックの厚さは6cm・8cm・10cmの3タイプがあります。この中で、主に住宅の外構・エクステリアに使われるのは6cmか8cmのタイプです。また、色は暖色系から寒色系まで様々な色があり、組み合わせ次第で多様なデザインが楽しめるでしょう。中には天然石で加工されたブロックや、アンティーク加工されたブロックもあるようです。ブロックの種類を大まかに分けると、以下の3タイプに分類されます。 長方形のレンガタイプ インターロッキングの定番とも言えるブロックで、レンガならでは落ち着いた風合いが特徴的です。ブロックの側面が直線のものあれば、ズレ防止のためにギザギザになっているものもあります。住宅街の歩道や公園、ショッピング施設など、様々な場所で見かけることが多いでしょう。規則性がある形のため、一見個性を出しにくいようにも見えますが、組み合わせるブロックの色合いによって様々な表現を楽しめます。 正方形の平板タイプ レンガタイプよりもサイズが大きめなブロックです。素材はコンクリートのほか、天然石を使うことも多く、天然石のブロックは色あせしにくいのが特徴的。幅が広めな歩道や玄関アプローチ、駐車場のアクセントとして使われることが多くなっています。長方形タイプのブロックと組み合わせることで、より幅広いパターンのデザインが楽しめるでしょう。また、ドット絵の要領で地面にマークを描くようなデザインも可能となっています。 ランダムタイプ 上記の2つに該当しない、大きさや形状がランダムなブロックです。中には天然石をそのまま割ったような形状をしたブロックもあります。規則性がないからこそ、オリジナリティのあるおしゃれなデザインにできるでしょう。他と被らないようなデザインの外構を作りたい方におすすめのブロックです。 インターロッキングのメリット・デメリット ここからは、インターロッキングのメリットとデメリットについて説明していきます。 メリット 耐久性が高くメンテナンスしやすい インターロッキングは、かみ合わせ効果で荷重が効率よく分散されるため、耐久性や柔軟性に優れています。アスファルトやコンクリートと比べて地面の変化に強く、ひび割れが起きにくいでしょう。 また、一部が破損してしまった場合も、隙間を空けてブロックを敷き詰めているため部分的な補修がしやすいというメリットがあります。小規模な補修で済みやすい分、他の舗装方法と比べてメンテナンス費用が抑えられるでしょう。 様々なデザインを楽しめる ブロックの組み合わせ方次第で自由にデザインを楽しめるのは、インターロッキングならではのメリットでしょう。ブロックの素材や色、形、サイズには様々なものがあるため、周辺環境に合わせて住宅に馴染むようなデザインができます。洋風なイメージが強いインターロッキングですが、組み合わせ次第では日本家屋に馴染ませることも十分可能。暖かみのある雰囲気やシックな雰囲気など、アイデア次第で理想の住宅を作ることができるので、好みの施工事例がないかぜひ探してみてください。 透水性が高く水はけが良い 雨が降ってもブロックとブロックの隙間に水が浸透し、地下へと流れていきます。水はけが良いため水たまりができにくく、雨で滑りやすくなることも防げるでしょう。 また、保水性を持ったブロックの場合、吸収した雨水を晴天時に水蒸気として放出し、路面温度を低下させることができます。加えてインターロッキングブロックは照り返しが少ないという特徴があるため、夏場の暑い時期も熱を持ちにくく、涼しさを保てるでしょう。 雑草対策になる インターロッキングでは地面をブロックで覆うため、ブロック部分の雑草が生えてくることはありません。これまで雑草に悩まされていたという方は、草むしりの手間が省けるでしょう。また、雑草は害虫の原因でもあり、雑草を減らすことは害虫を減らすことにもつながります。 ただし、施工から年月が経つと目地の部分から雑草が生えてくるため、生えた部分の雑草は抜かなければいけません。とはいえ、施工前と比べて草むしりの量は格段に減らせるでしょう。ちょっとした雑草も気になるという方は、目地の砂として雑草を防ぐ防草砂を利用するのがおすすめです。 デメリット 施工に手間と時間がかかる 他の舗装方法よりも細かく丁寧に作業を行わなければならないため、どうしてもインターロッキングの施工には時間がかかってしまいます。材料を流し固めるコンクリートや敷き均しを行うアスファルトの場合、乾燥が必要なものの、作業自体にそれほど時間はかかりません。一方、インターロッキングの施工ではブロックを1つずつ手作業で敷き詰めていく必要があります。 また、整った外観と強度を保つには丁寧な下地づくりが必須であり、これも施工に時間がかかる原因でしょう。工期が長くなりやすいため、外構工事を考えている方は前もって工事の計画を立てる必要があります。 導入コストが高い 施工に手間と時間がかかる分、人件費もかかってくるため、施工費用は他の舗装方法と比べて高くなってしまいます。また、面積が広くなったり特殊なブロックを使ったりすると、その分費用が高くなるでしょう。 ただし、修繕費は抑えられるので、長い目で見ると経済的な施工方法とも言えます。施工後、およそ20年でアスファルト舗装と合計費用が同じになり、40年後には6~19%の費用が削減できると言われています。 経年劣化によって色褪せする 施工したてのうちは綺麗な外観を保っているものの、年月が経過すると共に色褪せしてしまいます。色褪せもいい味になると言えますが、いつまでも真新しい外構のままがいいという方にとってはデメリットでしょう。 なお、顔料を使用していない天然石でできたブロックや、色落ちの対策が施されているブロックであれば色褪せを防げます。できるだけ色を長持ちさせたいという方は、こうした色褪せしにくいブロックを使うのがおすすめです。 日陰だと苔が生えてくる 日陰の部分にインターロッキング舗装を行う場合、目地の部分から苔が生えやすいというデメリットがあります。苔を放置しておくとヌメリが出てきて、足を滑らせる原因になりかねません。また、苔が生えていると見栄えも悪くなってしまうでしょう。対策として、定期的に高圧洗浄によるメンテナンスを行うか、できるだけ日陰部分には施工しないようにするのがポイントです。 インターロッキングの施工方法 ここからは、インターロッキングの施工方法を説明していきます。インターロッキングは、上に何が通るかによって層の厚さが変わるため、最初に用途を決定しなければいけません。歩道よりも車道の方が荷重が大きくなる分、層の厚さは厚くなるでしょう。ここでは、駐車場のように車が乗ることを想定した場所の施工方法について説明します。 不要な土を除去する […]