習い事

習い事のプロと出会う。

生活・文化、ダンス、スポーツ、語学など、習い事の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. ゼヒトモ
  2. 習い事

習い事のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な習い事のプロをご紹介。

習い事関連の人気のサービス

習い事関連のカテゴリー

習い事関連の最新記事

2022/12/06
もうすぐクリスマス!日本でも人気上昇中【アドベント】の楽しみ方

街の中のイルミネーションやクリスマスリースなどのデコレーションを見かけるようになるとワクワクとした気持ちになりますね。そんな時期をさらに盛り上げるためにも今年はクリスマスの準備期間「アドベント」からクリスマスを楽しんでみませんか? ヨーロッパを中心に根付いている「アドベント」は近年日本でも楽しんでいる人が増加中!今回はクリスマスマーケットでも有名なドイツのアドベントの楽しみ方をご紹介します。 アドベントについて知ろう 日本でも段々と浸透してきているアドベント。でもまだまだアドベントとは何なのか、何をするのか、知らない人も多いはず。まずは、アドベントについて知りましょう。 そもそもアドベントって何? アドベント(Advent)は、日本では待降節(たいこうせつ)または降臨節(こうりんせつ)と呼ばれています。欧米にとってクリスマスは、キリストの降誕を祝う、一年の中でもとても大切な日。そのキリストの誕生を祝うための準備期間を「アドベント」と言います。 アドベント期間はいつからいつまで アドベントの期間は、クリスマスまでの約1ヶ月。毎年同じ日から始まるのではなく、12月25日から4週分遡った日曜日が始まりとなります。 毎年だいたい11月末か12月初めがスタートとなり、最初の日曜日を第1アドベントと呼び、その次が第2アドベント、そして第3、第4と続き、終わりの日はクリスマスイブの12月24日です。 ちなみに2022年のアドベント期間は、【11月27日(日)〜】となります。 クリスマスまでのカウントダウン!アドベント期間は何をするの? クリスマスの準備をするための約1ヶ月。キリスト教が主な宗教であるドイツでも、この期間は家の中でも外でもさまざまな準備やイベントがおこなわれ、大人も子供もみんなクリスマスを待ち侘びながら過ごします。 クリスマスマーケットでお買い物 ドイツの冬の観光目的としても有名なのは「クリスマスマーケット」。 ドイツではアドベント期間に入ると、街中でも広場にひときわ大きなクリスマスツリーが飾られ、屋台小屋が立ち並び、クリスマスマーケットがオープンします。 クリスマスマーケットでは、クリスマスのお菓子やおもちゃ、手工芸品などが揃っていたり、寒い冬に外で飲むと体が温まるグリューワイン(ホットワイン)を楽しむことができます。 グリューワイン(ホットワイン)が入ったカップは、毎年デザインが変わったり、マーケットごとにデザインが違うので、記念に持ち帰る人も多くいます。 シュトレンなどのお菓子をじっくり楽しむ 日本でもちょくちょく見かけるようになった「シュトレン」。 ドライフルーツやナッツ、そしてたっぷりのバターを練り込んだパン生地を細長いかたちに形成して焼いた後、真っ白の粉砂糖をまぶします。 諸説ありますが、この細長くて真っ白の見た目のシュトレンは、おくるみに包まれたイエス・キリストをあらわしているとも言われています。 シュトレンは日持ちがするので、薄くカットしながら家族で楽しんだり、このシーズンの来客者に振る舞うことも。最初はさっくりとした食感ですが、次第にバターが馴染んでしっとりとしてくるので味の変化を楽しむのも醍醐味です。 他にもシナモンなどのスパイスを使ったお菓子レープクーヘン(Lebkuchen)やさまざまな種類のクリスマスクッキー、プレッツヒェン(Plätzchen)をたくさん焼いて食べます。 家族みんなで約3キロのクッキー生地を作って、一日がかりでプレッツヒェンを作るという家庭もあるくらいです。 アドベントカレンダーでクリスマスまでをカウントダウン 19世紀初頭、ドイツ発祥とも言われている「アドベントカレンダー」。 12月1日から24日までの数字が窓になっていて、毎朝その日付の入った窓を開けて、クリスマスに関するイラストなどを楽しむものです。 子供がいる家庭では特に、アドベントカレンダーはアドベント期間を楽しむのに欠かせないもの。日本でも気軽に取り入れやすいことから、最近では雑貨店やお菓子屋さんなどでもアドベントカレンダーが売られているのを見かけるようになりました。現在では、多くのお菓子メーカーがアドベントカレンダーを販売しており、とりわけチョコレートが入っているものは子供、大人問わず人気。 また、親が子供のために毎年、数字の書かれた小さな袋の中にお菓子などを入れて、壁にぶら下げ、オリジナルのアドベントカレンダーを手作りしている家庭もあります。 【あわせて読みたい!】 アドベントカレンダーの作り方はこちらをチェック>>> アドベントクランツ(アドベントリース)を飾る クランツ(Kranz)とはドイツ語で輪、花輪を意味します。 アドベントクランツ(アドベントリース)は、もみの木や松などで輪を作ったものに、4本のロウソクが立てられています。アドベント期間中は、4回日曜日がやってきますが、その日曜日ごとに1本ずつ火を灯すロウソクを増やしていきます。 通常クリスマスのリースはドアに掛けられているイメージですが、アドベントクランツ(アドベントリース)は、食事のテーブルや棚の上など平らなところに置いて飾ります。 教会でもアドベント期間は、毎週日曜のミサのごとにアドベントクランツ(アドベントリース)に飾られたロウソクの火が一つずつ増え、近づくクリスマスの時を待ちます。 気軽に取り入れやすいアドベントリースを作ってみよう! 西洋の本格的なお菓子やカレンダーを作るのは少しハードルが高い、と思うかもしれませんが、アドベントリースなら、場所も取らずにクリスマスムードを演出できるので、誰でも簡単に取り入れやすいです。 壁に飾るクリスマスリースも素敵ですが、今年は置き型のアドベントリースを作ってみませんか。 ①土台となるリースを作る 用意するもの リング状の土台 もみの木や松の木などの枝や葉 ワイヤー 園芸用のハサミ 土台に枝や葉をワイヤーを使って巻き付ける お好みでユーカリの葉や赤い実をポイントであしらってもキレイです。 最近では、フラワーアレンジメントの教室でもクリスマスシーズンはクリスマスリースやスワッグを作ることもあるので、この機会に参加してみてはいかがでしょう。また、日本のフラワーショップでもクリスマスリースを売っているお店も多くなってきたので、もちろんリースは購入してもOK。 ②デコレーションを飾りつける 用意するもの(デコレーション一例) 木の実や松ぼっくり ドライフラワー 乾燥オレンジやリンゴ オーナメントボール リボン […]

2022/12/06
今からでも!【アドベントカレンダー】でクリスマスまでのカウントダウンを楽しもう

12月に入りクリスマスプランを考えたりお家の中をデコレーションしたり、クリスマスの準備を本格的に始めている人も多いですよね。 近年、日本でも人気となっている「アドベントカレンダー」を知っていますか? 今まさに楽しんでいる最中の人もいると思いますが、今から始めてもきっと盛り上がるはず!アドベントカレンダーがあれば、クリスマスまでの期間を子供も大人もワクワク気分で過ごせるので、ぜひ今回の記事を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。 子供やパートナーも喜ぶ「アドベントカレンダー」とは? 「アドベント(Advent)」とは、イエス・キリストの誕生を待ち望むための準備期間を意味します。そして、アドベントカレンダーとは、12月1日からクリスマスを迎える24日までの日数を毎日数えるためのカレンダーです。 アドベントカレンダーの起源は、19世紀初頭のドイツのルーテル教会がクリスマスまでの日数を数えるためにドアに印を書いたことが始まり(諸説あり)と言われていますが、その後、カード状のカレンダーの窓を毎日開けて出てくるイラストを楽しむものや、お菓子が入っているものが出てくると、宗教的な意味よりも子供や大人が楽しめるものへと変化していきました。 現在ではたくさんの種類のアドベントカレンダーがあります。 カードタイプ この投稿をInstagramで見る FestSpielerei_wunstorf(@festspielereiwunstorf)がシェアした投稿 カードタイプのアドベントカレンダーは、例えば建物の窓を開けると、子供の絵が出てきたり、楽しい仕掛けがいっぱいです。 置き型タイプ この投稿をInstagramで見る Micha & Toby(@wuid.flauschig)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る Peaches(@peaches_llama)がシェアした投稿 袋に入れて、箱に詰めたり、引き出しになっているものも。日付がランダムに配置されていることもあるので、今日の日付を探すのも楽しいですね。 吊り下げタイプ この投稿をInstagramで見る Laura von lauraundkids(@lauraundkids)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る 𝗋𝗂𝗂(@jarr_daisuki)がシェアした投稿 ポケットつきのタペストリーや袋に紐をつけてぶら下げるタイプのアドベントカレンダー。たくさんぶら下げるとごちゃごちゃしそうですが、色味をナチュラルカラーで統一していると優しい雰囲気になりますね。 こんなアドベントカレンダーが家にあったら、子供やパートナーも毎日、朝からご機嫌になりそう。 【あわせて読みたい!】 カレンダーの他にもある!アドベントの楽しみ方はこちらもチェック>>> \ アドベントカレンダーに手作りお菓子を入れるなら! / 日本でも人気上昇中!2022年のアドベントカレンダー 最近では日本でも輸入食品店やコスメブランドでアドベントカレンダーを販売するようになってきました。 この投稿をInstagramで見る カルディコーヒーファーム 公式(@kaldicoffeefarm)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る CEREST(セレスト)(@cerest_shop)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る ロイズ Royce’_official チョコ/スイーツ(@royce_jp)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る SABON Japan(サボン ジャパン公式)(@sabon_japan)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る ロクシタン | L’OCCITANE en Provence(@loccitane_jp)がシェアした投稿 どれも可愛くて、毎日開けるのが楽しみになりますよね! でも毎年人気商品で数に限りがあるので、今年は乗り遅れた…という方や、もっとオリジナルのアドベントカレンダーが欲しい、という方は、手作りしてみてはいかがでしょうか? […]