習い事

習い事のプロと出会う。

生活・文化、ダンス、スポーツ、語学など、習い事の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. Zehitomo
  2. 習い事

習い事のプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な習い事のプロをご紹介。

習い事関連の人気のサービス

習い事関連のカテゴリー

習い事関連の最新記事

2021/10/22

映える(ばえる)写真の撮り方!初心者でもすぐできる、カメラ撮影のポイント

目次 写真で気を付けること-基礎編- 映え写真の特徴 テーマ別映え写真の撮り方 カメラ撮影のポイント 映え写真の撮影に役立つグッズ 映え写真にするための編集ツール おすすめの写真レッスン 綺麗な写真を撮影するには? 思い出に残る写真は、せっかくなら素敵に残したいですよね。そして、せっかくなら誰もが目を見張るような「映え(ばえ)」る写真が撮れたら最高! そこで今回は、おしゃれな写真を撮るための方法や、おすすめグッズを紹介します。カメラを使ったことがない方、もっと綺麗な写真を撮りたい方、初心者向けのコツが盛り沢山です。写真を撮る際にぜひ活用してみてください。 写真を撮るときに気を付けること 写真の基本は明るさと構図です。 この2点に気を付けながら写真をとることで映え写真が撮れます。 ①明るさ まずは明るさです。明るい写真は爽やかさ、暗い写真は重厚感を与えます。明るい写真を撮りたい時は窓際やベランダなど太陽光の当たる場所を選びます。特に自然光は柔らかさを表現できます。印象的な写真を撮りたい時は、木漏れ日がおすすめです。カフェなどであれば窓際がおすすめです。ガラスで光が分散し、より柔らかい光で撮ることが出来ます。 その場で明るさを変えるのが難しい時は編集で調整するのも1つの策です。全体のバランスを考慮して、伝えたい物や雰囲気が伝わるように明るさを調整してみてください。 ②構図 次に構図です。写真は“何を見せたいか”を重視しイメージを考えることが重要で、この時に必要なのが構図です。写真が美しく見える構図の例として、「日の丸構図」「三分割構図」「対角線構図」「C/S構図」があります。 ②-1 日の丸構図 日の丸構図は、写真の中心に見せたいものを配置する構図です。この方法は、構図が決めやすいだけでなく、見た人に対象物が伝わりやすいです。初心者の方は、まず日の丸構図を活用しておしゃれな写真を撮ってみるのも良いですね。 日の丸構図は、写真の中心に見せたいものを配置する構図です。この方法は、構図が決めやすいだけでなく、見た人に対象物が伝わりやすいです。初心者の方は、まず日の丸構図を活用しておしゃれな写真を撮ってみるのも良いですね。 ②-2 三分割構図 三分割構図は、三分割線の線上に被写体を置く方法です。写真の仕上がりが安定し、写真のおしゃれ度がアップします。 ②-3 対角線構図 対角線構図は、被写体を対角線上に置いて撮影する方法です。この方法を使うと、奥行きや躍動感を出て、全体的な「写真のバランス」を整えられます。背の高さが違うリップなどを並べて、対角線構図を活用するとおしゃれな写真になります。 ②-4 S/C字構図 S字構図は景色の中にS字カーブのある線を納めます。この方法ではまとまり感、流れや悠久さを表すのに適しています。川、道の連なりなど景色を撮るときに使います。景色の中に線を探し、線を明確にして撮影すると、その線上に配置される被写体が主題になります。 C字構図は対象物にC字カーブのある線を納めます。料理などのテーブルフォトで使われます。お皿を見切れて撮ることで物を大きく見せることができます。 映え写真の特徴 映え写真の特徴は主に3つあります。それぞれの特徴を知って、映え写真を撮りましょう。 ①非日常 非日常性を表せる場所には観光地、テーマパークがあります。また人が興味を持ちやすい写真には大きさや色などギャップやインパクトが大きいものです。さらにストーリー性があるとなおよいです。作品の舞台、旅行先にまつわる話など聞いて実際に行ってみたくなるような写真を載せましょう。 ②背景 背景を選ぶ  被写体と同系色にならないように注意し、生活感のない素材のラグや壁紙を選びます。また、100均では敷くだけでおしゃれな写真が撮れるシートが販売されています。背景で写真全体の印象が変わるので意識をしてみてください。 背景をぼかす メインの被写体にピントをあわせて背景をボカすことで被写体が目立ちます。一方で、メインで写すものと背景をしっかり決めてピントを調節しないと全体がぼやけるので気を付けましょう。 ③余白 写真に余白をとることで、より被写体がくっきりと見え、落ち着いた印象を与えます。写したい物をあえて端に置き空間を作る方法もあります。また、インスタグラムのギャラリー自体に統一感を出すなら、写真に余白をつけるのも簡単な方法です。最近ではアプリで簡単に余白を作れるので、写真に余白を作り洗練された雰囲気にしてみましょう。 テーマ別映え写真の撮り方 人物、食べ物、景色で基本的な撮り方をご紹介します。 ①人物(1人) 人物が被写体の場合、アングル(角度)に注意して撮影します。 被写体の腰の高さにかがむと視線がカメラとぴったり合います。全身を写す場合は、下アングルから撮影することで足は長く、顔が小さく見えます。また、上半身や顔だけを写す場合、上アングルから撮影するとより目を大きく、顎を細く見せることができます。 ①-2 大人数 3〜4人の少人数グループで撮る時は三角形の構図を意識します。顔を真ん中に寄せ、足を外側に出すと全体的なまとまりが出ます。大人数グループの場合は撮影者だけが高い位置に登って撮ると顔が見やすくなります。 ②食べ物 食べ物は、写真で美味しさを伝えることがポイントです。立体感やツヤを際立たせましょう。 具体的には、逆光で写真を撮影すると被写体に光が当たり、ツヤが出ます。逆光で撮ると被写体の上側が明るくなり手前側が暗くなるため、「立体感」も同時に演出できます。 […]

2021/10/21

紅葉で映える!写真の撮り方8パターン

目次 紅葉を綺麗に撮るコツ!8つのポイント1.逆光を利用する2.背景を意識する 3.紅葉を背景として魅せる4.根本から見上げて撮る5.シルエットを魅せる6.落ち葉を撮る 7.水面に浮かぶカエデを撮る 8.ライトアップは日没直後に撮る   画像編集の基本ポイント 1.明るさを調整する 2.鮮やかさを調整する 3.ホワイトバランスを調整する 紅葉を綺麗に撮るためのコツ 紅葉を季節、せっかくなら素敵な写真を残したいですね。この記事では、綺麗に撮るための8つのポイントをご紹介。すぐに実践できる簡単な物なので、ぜひ取り入れてみて下さい! 逆光を利用する 多くの人は、紅葉を撮ると「なんか暗い、よどんでいる」と感じて、紅葉を撮るのを諦めてしまいます。その原因は、順光(カメラの後ろに光がある状態)で撮影しているからです。 逆光(カメラの向けている方向に光がある状態)を利用して紅葉を撮ると、光が紅葉を通過して映るので、かなり鮮やかに美しく撮ることができます。 背景を意識する 「紅葉を撮るぞ」となると、紅葉だけに目がいきがちですが、背景を意識することも大切です。背景を意識するだけで同じ紅葉の写真でも、全く違う雰囲気を表現することができます。 背景が青 紅葉の「赤」と空の「青」のコントラストが映えます。 背景が黒 厳かな雰囲気漂う写真を撮ることができます。 背景が白 赤い紅葉を際立たせることができます。 背景が黄色 全体的に明るく、華やかな雰囲気を表現することができます。 紅葉を背景として魅せる 紅葉をメインの被写体にするのではなく、紅葉を背景として撮る技もあります。こうすることで、紅葉の色合いを引き出しつつ、メインの被写体を際立てることができます。このように、紅葉を背景とすることで、写真のバリエーションをぐっと広げることができます。 根本から見上げて撮る 今度は、紅葉を撮るアングルを変える技です。下から撮影することで、ダイナミックさを表現することができます。また、カエデの「赤色」と空の「青色」とのコントラストをも表現することができます。 シルエットを魅せる カエデはその形がとても特徴的です。シルエットを撮影することで、カエデの特徴的な形を美しく表現することができます。 シルエット撮影の方法: ・日中=逆光状態で、大幅にマイナス補正・日没直後=空を背景にする(マイナス補正しなくてもシルエットになります) 落ち葉を撮る 上の紅葉ばかり見がちですが、下の紅葉も実は撮影ポイントです。落ち葉は、茶色い枯葉、赤いカエデの葉、黄色いイチョウの葉など、色とりどりです。これら様々な落ち葉の色のコントラストを利用することで、真っ赤なカエデを際立たせて撮影することができます。 また、落ち葉を撮るときに、少しマイナス補正をすると、重みのある雰囲気を表現することができます。一方、プラス補正をすると、全体的に明るくなりすぎて(背景の地面が暗いから)、締まりがなくなります。 水面に浮かぶカエデを撮る 下の紅葉は地面上だけではありません。水面の上でも起こっています。水面の反射、水面の揺れ、水中の景色などを利用することで、いつもとは違った雰囲気の写真を撮影することができます。 ライトアップは日没直後に撮る ライトアップされた紅葉を美しく撮影するのはかなり難しいです。というのも、日中に比べて光が圧倒的に不足しており、手振れしやすく、ライトの当たっている箇所と当たっていない箇所との明るさの差が大きすぎるからです。 そこで、ライトアップされた紅葉を撮影するのであれば、まだギリギリ明るい日没直後を狙います。そうすれば、明るさの差を抑え、自然な見た目の写真を撮影することができます。 画像編集のポイント 画像編集のポイントは以下の3点です。 ・明るさの調整 ・鮮やかさの調整 ・ホワイトバランスの調整 明るさを調整する 明るさを変えると、写真の持つイメージが大きく変わります。 実際の見た目よりも暗くすれば、重厚感を持たせることができます。 また、実際の見た目よりも明るくすれば、ポップな華やかさを持たせることができます。 鮮やかさを調整する 紅葉の醍醐味は真っ赤な色です。 色の鮮やかさは、スマートフォンであれば「彩度」で調整することができます。一眼レフであれば、「ピクチャーモード」などから調整することができます。 ホワイトバランスを調整する ホワイトバランスとは、光源(太陽の光や蛍光灯の光など)そのものが持つ色を補正してくれる機能のことです。つまり、写真の色味を調整して、写真の雰囲気を変えてくれます。 […]