フラダンス

フラダンスのプロと出会う。

フラダンスレッスンなど、フラダンスの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

フラダンスのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なフラダンスのプロをご紹介。

フラダンス関連の人気のサービス

フラダンス関連のサブカテゴリー

フラダンス関連の最新記事

2021/03/28

東京都内でおすすめフラダンス教室14選と教室選びのポイントをご紹介

ゆったりと優雅な動きが特徴のフラダンス。女性らしい動きに憧れて、フラダンスを習ってみたいと考える方もいるでしょう。 たくさんのフラダンス教室がある中で、どのような観点から選べばいいか、教室選びで大切な6つのポイントをご紹介します。東京都内でおすすめのフラダンス教室もピックアップしているので、ぜひ参考にしてください。 目次 フラダンスの魅力とは? フラダンスは初心者でも始めやすく、続けやすい! 日頃の運動不足を解消するのに効果的 リラックス効果があり、ストレスを解消できる フラダンス教室を選ぶときの基準は? ダンスの種類で選ぶ:アウアナとカヒコ 時間帯で選ぶ 親子でフラダンスを習えるか ダンスだけでなく、ハワイ語や歴史なども学べるか 大会出場やインストラクター養成に対応しているか レイの制作やメイクアップ講座を受けられるか 東京都内でおすすめのフラダンス教室14選 フラダンス教室もZehitomoで フラダンスの魅力とは? フラダンスには、一体どのような魅力があるのでしょうか。大きく3つのものが挙げられるため、以下で順番に見ていきましょう。 フラダンスは初心者でも始めやすく、続けやすい! まず、最初に紹介するフラダンスの魅力は、「初心者でも気軽に始めやすい」という点です。 見ての通り、フラダンスの動きはゆったりめ。そのため、年齢や身体能力を問わず、誰でも踊りやすいのが特徴でしょう。 踊りの種類は、新しいフラである「現代フラ」と、古代から踊られている「古典フラ」の2種類があり、それぞれ「アウアナ」「カヒコ」とも呼ばれています。いずれもスローテンポの曲が多く、基本の踊りであれば、覚えるのはそこまで難しくありません。 踊りを早く身に付けられることで自信がつき、仲間と楽しみながら長く続けられます。 日頃の運動不足を解消するのに効果的 ゆったりとした動きが特徴のフラダンスですが、実は全身のさまざまな筋肉を使っています。 フラダンスの基本姿勢は、膝を曲げて腰を落とした中腰の姿勢。この状態で腰やお腹を動かしながらステップを踏むため、足の筋肉のほか、身体の深い部分にある「体幹筋」「インナーマッスル」が鍛えられます。 また、腕をなめらかに揺らす動作によって、腕の筋肉も鍛えられるでしょう。 フラダンスは実際に踊ってみると、意外とハードで、息が上がってしまうことも珍しくありません。程よい疲労感で、日頃の運動不足を解消するのにぴったりです。 ほかにも、全身の筋肉を鍛えることで、基礎代謝が上がるという効果が。脂肪を燃焼しやすく、太りにくい身体に近づけます。 リラックス効果があり、ストレスを解消できる フラダンスの基本は、明るい笑顔で踊ること。最初はダンスのために笑顔を作っていても、不思議と気持ちまで明るくなってくるものです。落ち込んでいるときも、笑顔で楽しみながら踊ることで、気持ちが安らぐでしょう。 また、ハワイアンミュージックの心地よい音によって、ストレス軽減の効果が期待できます。フラダンスで使われる曲には、波の音や鳥のさえずりなど、自然の音が入っていることも多いでしょう。自然の音はリラックス効果やヒーリング効果があり、ストレスを解消させることができます。 フラダンス教室を選ぶときの基準は? では、実際にフラダンス教室を選ぶとき、どのような観点から選べば良いのでしょうか。 ここからは、教室を選ぶときに鍵となるポイントを6つ紹介していきます。 ダンスの種類で選ぶ:アウアナとカヒコ まず一つ目は、ダンスの種類で選ぶという選び方。 上述した通り、フラダンスは大きく二つの種類に分けられます。 現在、多くのフラダンス教室で主流となっているのは、現代フラである「アウアナ」。色とりどりのドレスや花を身に付けながら、ギターやウクレレで奏でる音楽に合わせ、ゆったりと笑顔で踊ります。表情を引き立たせるような化粧も印象的でしょう。 一方、古典フラである「カヒコ」は、もともと神々や王族に祈りを捧げるものとして踊られてきた神聖な踊り。アウアナは現代風のハワイアンミュージックに合わせて踊るのに対し、カヒコは独特な打楽器に合わせ、力強く踊るという特徴があります。 また、外見の面でもアウアナとの大きな違いが。アウアナは華やかな装いで踊るのに対し、カヒコは基本的に化粧をせず、地味な格好で踊ります。 フラダンスの原点でもあるカヒコは、どちらかと言うと上級者向け。初心者の場合、まずはアウアナから始めるという方が多いでしょう。また、教室の数でも、カヒコよりアウアナを教える教室の方が多いようです。 時間帯で選ぶ 働いている方や学校に通っているという方は、レッスンできる時間が限られてくるのではないでしょうか。そのような方の場合、時間帯で選ぶのも一つの手です。 例えば仕事帰りや学校帰り、ふらっと立ち寄って踊りたい方は「平日の夜」または「土日」にレッスンしている教室がおすすめ。 また、時間に余裕がある主婦の方であれば「平日の午前〜昼間」に通うのも良いでしょう。レッスンの後、買い物や用事を済ませることができます。 長く続けるためにも、通いやすい時間帯の教室を選ぶのがおすすめでしょう。 親子でフラダンスを習えるか フラダンス教室には、子供向けのクラスがあるということをご存知でしょうか。 子供向けのクラスは「ケイキクラス」「ケイキフラ」と呼ばれ、お子様がいるのであれば、親子でフラダンスを習ってみるのもおすすめ。ケイキはハワイの言葉で「子供」という意味があります。 子供も一緒にフラダンスを習うことで、「身体の健やかな成長につながる」というメリットがあるでしょう。幼い頃から適切な運動をすることで、基礎的な体力がつき、丈夫な身体に育ちやすくなります。 また、他の生徒たちと一緒に習うため、コミュニケーションをとって「社会性を養える」というメリットも。「フラダンス」という共通点があることで、短時間でも仲良くなりやすいでしょう。 ダンスだけでなく、ハワイ語や歴史なども学べるか ダンスだけでなく、その背景にある歴史や文化にも興味を持っている方は多いでしょう。 ハワイアンミュージックで歌われるハワイ語や、現代フラ・古典フラの歴史。教室によっては、こうしたダンス以外の部分についても、レッスンで掘り下げてくれるところがあります。フラダンスの背景について知りたいという方は、こうした教室を選ぶのがおすすめでしょう。 […]

2017/05/01

フラダンスの効果と都内のフラダンス教室5選

2006年に松雪泰子さん主演で、フラガールという邦画がありました。その中ではハワイアンミュージックと本格的なフラダンスショーが描かれており、フラダンスの楽しさ・魅力が伝わってきました。 フラダンスといえばハワイ、女性が髪に飾るプルメリアの花や、首から下げるレイなどを連想できます。色んな年齢層の方が始めやすいダンスとして注目されています。今回はフラダンスの効果とおすすめの都内のフラダンス教室をご紹介します。色んな年齢層の方が始めやすいダンスとして注目されています。今回はフラダンスの効果とおすすめの都内のフラダンス教室をご紹介します。 1.フラダンスとは? 「フラ」はハワイ語でダンスを指す言葉。もともと文字という伝達手段を持たなかった古代ハワイの人々が、神話や伝説を伝えていくために生まれたものです。メレ(歌)などと一緒にフラ(舞踊)として表現され、今日まで受け継がれてきました。フラにもアウアナ(現代風のもの)とカヒコ(神へ捧げる踊りとして生まれた古典的なもの)という異なった種類があります。 ゆっくりとした動きが特徴で怪我をする心配も少なく、初心者にも始めやすいダンスとなっています。 2.フラダンスで得られる効果 健康的で引き締まった身体が手に入る フラはすべての筋肉を使う全身運動。続ければ続けるほど体が引き締まっていきます。インナーマッスルも鍛えられ、まっすぐな姿勢や中腰の姿勢が基本なので、特に下半身の大腰筋などの筋肉が鍛えられ、美しい姿勢が身につきます。また、腕を肩より上に上げて行う動作も多いため肩回りの筋肉がほぐれ、肩こり解消も期待できるとのこと。 ストレス解消 フラダンス独特のゆったりとした動きや、心が穏やかになる音楽のリラックス効果により心が落ち着き、ストレスが解消できます。心と体の癒し効果があるというのは嬉しいですね。 セロトニンが増え心のバランスを保てる フラを踊るとセロトニンが増えると言われています。セロトニンとは、大脳の覚醒レベルを適した状態に保ち、心と自律神経のバランスを整え、姿勢や顔つき・見た目に影響する神経伝達物質の一つです。セロトニンを増やす方法には主に4つあり、日光を浴びる、意識的に呼吸をする、朝食を食べる、リズム運動をすることが適していると言われています。 南の島の大王さまの歌でも「朝日の後に起きる」というような歌詞がありますが、ハワイの人の暮らしのように朝日を浴びて深呼吸をしフラを踊ると、セロトニンが増えそうですよね。 3.フラダンスの技を紹介 カホロ まず習うステップ。左右に二歩ずつ進み、身体を上下させずに地を這うような感じで移動して行きます。コツは足を移動してから、体重移動をします。移動するときには腰は横に8の字を描くように意識するとよいでしょう。 マカニ 風を表現する手の動き。風がすっと吹き抜けるように、両手もしくは片手で頭の上を撫でるように回転させる動き。 4.フラダンスレッスンにおすすめの都内の教室5選 Halau Hula Coco 東銀座駅から徒歩5分の立地です。本場ハワイで学んだ講師が指導をしてくれます。入会金¥8,640、月額¥ 6,200です。体験レッスンには¥1,000で参加できます。 URL:http://www.hula-coco.jp/ ハーラウオリーリーレフア フラダンス・タヒチアンダンス教室 ハワイ、 そしてALOHAを感じられるダンス教室です。キッチンのあるアットホームなフラダンスのスタジオです。渋谷区代々木上原駅近く。入会金¥3,000、月額大人月4回 90分レッスン¥8,000です。無料体験・見学もできますよ。 URL:http://www.lililehua.com/ 花山幸子フラ教室 基礎からきちんと学べます。目黒駅・神田駅から徒歩すぐです。体験レッスン(中学生-30代対象)が¥1,000で参加できます。忙しい方には無料の振り替えレッスンもあります。全世代OKのエンジョイクラスは入会金¥1,500、月額¥4,500です。 URL:http://www.naleikalakupua.com/ NOAダンス教室 銀座校、都立大校、新宿校、秋葉原校があります。いつでも何回でも見学でき、体験レッスンは¥2,000で参加できます。入会金は¥10,000、月額は月二回コースで¥5,000(税別)です。ジャンル・時間問わず、好きな時に好きなレッスンを自由に受けられるフリーレッスン制で、選んだコースの回数だけ予約なしに受講できます。 URL:http://www.noadance.jp ハーラウ カ リコ プア オ カラニアーケア 初心者向けのエンジョイクラスからスタートし、ハワイの大会に出られるまで丁寧に指導してくれます。ハワイ本校と同じレッスンを受けることができます。教室の見学および体験は、¥1,000です。JR新橋駅烏森口徒歩4分にある新橋教室と、JR飯田橋駅徒歩6分/JR市ヶ谷駅徒歩6分の飯田橋に教室があります。入会金は¥10,000、入門クラスは月額¥6,000です。 URL:https://naleiokaipolauae.com/ 最後に フラダンスは体力、年齢にかかわらず始めやすく、楽しんで体力づくりや健康維持ができるというのが魅力です。 趣味で心も体も癒されるなんて、素敵ですよね。習い事としてフラダンスを考えてみられるのはいかがですか?