イベント

イベントのプロと出会う。

バーテンダー、ケータリング、出張DJ、フラワーアレンジメントなど、イベントの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. Zehitomo
  2. イベント

イベントのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なイベントのプロをご紹介。

イベント関連の人気のサービス

イベント関連のカテゴリー

イベント関連の最新記事

2021/11/26

ワインで作るカクテル10種!赤・白・スパークリングワインでも

ワインに炭酸やジュースを加えれば、美味しいカクテルの出来上がり! ワインはちょっと苦手と言う方でも、カクテルなら挑戦しやすいのでは。赤ワインに多く含まれるポリフェノールはアンチエイジングに効果があると言われています。今回は、ワインをベースにした、飲みやすく美味しいワインカクテルを紹介します。 目次 キティ(赤ワイン+ジンジャーエール) オペレーター(白ワイン+ジンジャーエール) スプリッツァー(白ワイン+炭酸水) ミモザ(スパークリングワイン+オレンジジュース) キール・ロワイヤル(スパークリングワイン+クレーム・ド・カシス) キール・アンペリアル(スパークリングワイン+クレーム・ド・フランボワーズ) アメリカン・レモネード(赤ワイン+レモネード) ワインクーラー(ワイン+オレンジジュース+オレンジキュラソー+グレナデンシロップ) サングリア(ワイン+フルーツ) ピーチ・レディ(白ワイン+ピーチツリー+ストロベリーシロップ+ミルク) ジンとウォッカ、テキーラにラム。カクテルの基本となるベースの中でも基本のベース、とされるのがこの4大スピリッツです。 カクテルといえばジントニックやソルティードッグ、モヒートなど馴染みのある聞いたことがあるような名前もありますよね。実はワインのカクテルにも、有名なものはたくさんあります。 シンプルなレシピ付きなので、参考にしてくださいね。 1. キティ(赤ワイン+ジンジャーエール) 材料 赤ワイン…50mlジンジャエール…50ml 赤ワインとジンジャーエールを1対1で割ったカクテルです。材料も少なく、余ったワインで家でも簡単に作れるのが人気の理由。名前の由来は、英語圏の名前「キャサリン」の愛称、または「子猫」という意味なのだとか。 2. オペレーター(白ワイン+ジンジャーエール) 材料 白ワイン…50mlジンジャエール…50mlレモン汁…適量 キティは赤ワインとジンジャーエールを割るのに対し、こちらは白ワインとジンジャーエールで割ります。作る方法は全く一緒で、ワインの種類を変えるだけ。 名前の由来は、飛行機の操縦士達の間で流行った飲み物だからと言う説も。甘口か辛口か、ワインとジンジャーエールどちらでも調節出来るので、自分のお気に入りの組み合わせを探すのも楽しいですよ。 3. スプリッツァー(白ワイン+炭酸水) 材料 白ワイン…80mlジンジャエール…80ml 白ワインを炭酸水で割るだけのシンプルなスタイルですが、本来のワインの味を大きく変えないため、多くの人に愛されるカクテルです。ダイアナ元イギリス皇太子妃が愛飲していたことでも話題になりました。 4.ミモザ(スパークリングワイン+オレンジジュース) 材料 スパークリングワイン…60mlオレンジジュース…60ml スパークリングワインとオレンジジュースを1対1で割った、有名なカクテルです。鮮やかな黄色が、ミモザの花に似ている事から名づけられたと言われています。 花と言えば、花言葉というものがありますね。実はカクテルにもあるんです。ミモザのカクテル言葉は「真心」。真心をこめて、意中の相手にすすめてみるのも良いかもしれません。 5. キール・ロワイヤル(スパークリングワイン+クレーム・ド・カシス) 材料 スパークリングワイン…90mlクレーム・ド・カシス…10ml ワインカクテルで有名なカクテルと言えば、コレを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。スパークリングワインと、クレームドカシスを4対1で割ったカクテルです。 カシスの爽やかな甘さがスパークリングワインを引き立て、カジュアルな味に仕上げます。シャンパングラスでお召し上がり下さい。 6.  キール・アンペリアル(スパークリングワイン+クレーム・ド・フランボワーズ) 材料 スパークリングワイン…120mlクレーム・ド・カシス…30ml こちらは、キール・ロワイヤルのクレームドカシスを、フワンボワーズリキュール(木いちごのリキュール)に変えたもの。キール・ロワイヤルが「王様」であるのに対し、こちらは「皇帝」の名がつけられています。 甘さは控えめになりがちなので、リキュールの量を増やすなどで調整すると良いでしょう。 7. アメリカン・レモネード(赤ワイン+レモネード) 材料 赤ワイン…30mlレモネード…40ml アルコールの比重を利用した、フロートと呼ばれるスタイルの見た目にも美しいカクテルです。レモネードの上に、ゆっくりと赤ワインを注いだこのアメリカン・レモネードは、幻想的な雰囲気さえ漂う、オシャレなカクテルです。 8. ワインクーラー(ワイン+オレンジジュース+オレンジキュラソー+グレナデンシロップ) […]

2021/11/24

ジンで作るカクテル10選!ジンベースのカクテルは有名なものばかり

世界4大スピリットとして有名な「ジン」。普段からカクテルを飲む人なら、知らない人はいないくらい定番のお酒です。大麦やライ麦、ジャガイモを原料とした蒸留酒で、その独特の香りが、世界中のジンファンをとりこにしています。 そんなジンをベースにした豊富な種類のカクテルの中から、おすすめをご紹介します。 目次 ジンで作れるカクテルの種類 ジントニック マティーニ シンガポールスリング ブルームーン ピンクレディ トムコリンズ オレンジ・ブロッサム セブンス・ヘブン アラウンド・ザ・ワールド ブラッディ・サム カクテルについて、ほかの記事も読んでみる? あなた専用のジンのカクテルをバーテンダーに作ってもらう ジンで作れるカクテルの種類 1.ジントニック レシピ・ドライ・ジン 30ml・トニックウォーター 120ml・ライムまたはレモン ジンをベースにしたカクテルの中でも、真っ先に思い浮かぶのがこのカクテルではないでしょうか。 熱帯にあるイギリスの植民地で、健康飲料として人気だったトニックウォーターと、こちらもまた人気だったジン。このふたつを合わせて飲んでみたら、驚くほどおいしかったというのが、始まりと言われています。今では世界中で愛される定番のカクテルです。 そのシンプルで簡単なレシピから、ジンやトニックウォーターの分量に変化をもたせたり、生のライムを使うかライムシロップを使うかなど、バーテンダーやそのお店により味やレシピに変化が生まれています。 ちなみに、トニックウォーターをジンジャエールにすると「ジンバック」、コーラにすると「ジンコーク」というカクテルになります。 2.マティーニ レシピ・ドライ・ジン 45ml・ドライベルモット 15ml・オリーブ マティーニは、ドライジンと、ドライベルモット(香草の香りのするワイン)を材料とするカクテルで、そこにオリーブを添えただけのシンプルなカクテルです。数あるカクテルの中で、マティーニは別格、カクテルの王様とも呼ばれています。   時にバーでは、客同士、どこのマティーニがおいしいか、作り方や材料の種類などを巡って、「マティーニ論争」が起こることは、お約束のひとつとも言われています。それだけ、1杯のカクテルに多大なこだわりをもち、通な人間であることを誇示したいという思いがあるようです。   また、バーテンダーにとっても力量が試される特別なカクテルで、「マティーニに始まり、マティーニに終わる」という言葉が残るほどです。 3.シンガポール・スリング レシピ・ドライ・ジン 45ml・チェリー・ブランデー 15ml・レモン・ジュース  20ml・砂糖・ソーダ水 その名の通り、シンガポールで作られたカクテルです。ジンにチェリーブランデーの甘味とレモンジュースの酸味を加えて、ソーダ水で割ったもので、南国の雰囲気たっぷりのトロピカルカクテルです。グラスにパイナップルを飾る仕上がりが多く見られます。 4.ブルームーン レシピ・ドライ・ジン 30ml・バイオレット・リキュール 15ml・レモンジュース 15ml 青い月という名前の通り、薄紫色の美しいカクテルです。色の美しさで数あるカクテルの中でも、トップクラスです。ジンとすみれのリキュールと、レモンジュースを加えてシェイクします。見た目の美しさに劣らず、レモンの酸味とジンのほろ苦さがマッチしつつ、すみれの香りにうっとりとしてしまうようなカクテルです。 5.ピンクレディ レシピ・ドライ・ジン   45 ml・グレナデン・シロップ   20ml・レモン・ジュース  20ml ・卵白 1個分 1912年のロンドンで大ヒットした舞台「ピンクレディ」を記念して生まれたカクテルです。美しいピンク色は、ザクロから作られたグレナデンシロップのもの。ジンのほろ苦さをシロップの甘味がやさしく包みます。 6.トムコリンズ レシピ・ドライ・ジン 45 ml・レモン・ジュース 20 ml・シュガー・シロップ 20 ml・ソーダ 19世紀終わりごろ、イギリスでジョン・コリンズという人物が最初に作ったと言われています。当初、ジョン・コリンズと呼ばれていましたが、オールド・トム・ジンを使うようになってから、トム・コリンズと呼ばれるようになりました。レモン果汁とソーダ水でジンを割ったもので、飲みやすい口当たりになっています。このカクテルにはマラスキーノチェリーを飾ります。 […]