料理

料理のプロと出会う。

お弁当教室、韓国料理レッスン、アスリートフード料理レッスン、イタリア料理レッスンなど、料理の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

料理のプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な料理のプロをご紹介。

料理関連の最新記事

2021/09/17

東京都内のおすすめ料理教室10選。選び方のポイントもご紹介

料理は独学でも上達することは可能ですが、料理教室に通ってプロから指導を受ければ、短期間で正確な技術を身につけることができます。 今回は、料理教室を選ぶ上で重要な5つのポイントと、東京都内のおすすめ料理教室10選をご紹介。オンラインレッスンや出張レッスンを行っている教室もあるので、ぜひ最後までチェックしてください。 目次 料理教室を上で重要な5つのポイント 一回完結型か、継続型かで選ぶ デモ形式か実践形式かで選ぶ 作りたい料理のジャンルで選ぶ 大手の教室か、個人の教室かで選ぶ 参加人数で選ぶ 東京都内のおすすめ料理教室 Table style plan Utsuwa 山口正憲さま JJ kitchen in Tokyo 村田洋祐さま online cooking studio aube takahirotorigai B2 kitchen 美近な UC kitchen プランドシトロン Zehitomoで家庭料理料理レッスンを受けてみる 料理教室を上で重要な5つのポイント まずは、料理教室を選ぶ上で、重要なポイント5つをチェックしてみましょう。 一回完結型か、継続型かで選ぶ 料理教室の受講形式は、 ・一回完結型・継続型 の2種類あります。 一回完結型:好きな時に1レッスンだけを受けることができます。かかる費用は、レッスン料のみの場合が多く、3,500円~5,000円が相場です。 関心が高い料理だけを安い費用で、単発で学びたい人にはおすすめの受講形式です。 継続型:料理教室によって違いますが、月に2~4回程度のレッスンがあります。一回完結型よりも費用・スケジュールに余裕がある場合におすすめです。 料金体系は月謝制を採用している所が多く、大体6,000円〜10,000円程度が相場です。教室によっては、入会費も払う場合があることは留意しておきましょう。 継続型は、過去のレッスンで分からないことがあった時に、先生に気軽に質問することができたり、自分の調理技術を把握した上で的確なアドバイスをもらえるような、独自のメリットがあります。 先生の意見を取り入れながら本格的に料理を学びたい人には、継続型が合っているでしょう。 デモ形式か実践形式かで選ぶ 料理教室の指導法は、一般的に ・デモ形式・実践形式 の2種類に分かれます。 デモ形式:先生が調理をしながら、各工程のポイントを説明します。受講者はメモを取ったり、質問をしたりと、講義形式での参加が特徴です。 実践形式:先生のデモンストレーションを見た後に、自分でも調理を行います。理論から調理まで一連の流れでできるので、実用性があります。また、実践形式はデモンストレーションなしで、先生のアドバイスをもらいながら、自分の手で調理する場合もあります。 「調理工程をしっかり観察することがメインで、家で料理を作ってみたい」場合はデモ形式、「レッスン中にすぐ自分の手で調理したい」場合は、実践形式を選ぶようにしましょう。 作りたい料理のジャンルで選ぶ 料理にも様々なジャンルがあり、中華・フレンチ・イタリアン・和食・メキシカン・インド料理など、数えたらきりがありません。 例えば、小麦粉からパスタ作りに挑戦したい場合はイタリアン、 出汁を活用した伝統的な料理を作りたい場合は和食を選ぶなど、興味があるメニューから教室を選ぶと良いでしょう。 […]

2021/09/11

きのこの種類と栄養素。おすすめレシピ7選もご紹介

きのこには、シイタケやマイタケのような種類がありますが、どれもビタミンやミネラル・食物繊維・βーグルカンなどの様々な栄養が含まれています。 これらの栄養素は、免疫力向上、生活習慣病の予防できる効果を持っているため、健康増進を目的にきのこを食べるようにしてみてはいかがでしょうか。 きのこを使った簡単なレシピを紹介しているので、ぜひ作ってみてください。 目次 きのこの種類 シイタケ マイタケ エリンギ エノキ マツタケ ナメコ シメジ きのこに含まれる栄養 ビタミンb1 ビタミンb2 ビタミンD ミネラル 食物繊維 β-グルカン きのこを活用したレシピ7選 鶏もも肉とマイタケのクリーム煮 エリンギの香草パン粉焼き シイタケの肉詰め えのき炊き込みご飯 ホタテとマツタケと桃のバターソテー ナメコ豆腐 シメジとジャガイモのマヨネーズ炒め Zehitomoで家庭料理レッスンを受けてみる きのこの種類 きのこには、日本だけでも何千種類も存在しています。ここでは、その中でも一般的に食用として認知されているきのこを7種類紹介します。 シイタケ シイタケは椎の木の幹に、多く生息しています。大きい傘の部分は焦げた茶色で、柄の部分は白色です。 他のきのこよりも、身が肉厚で歯ごたえがあるため、炒め物やグリル料理との相性が良いです。 マイタケ マイタケは、日本の広葉樹林や中国、ヨーロッパ、北ヨーロッパの広葉樹林に多く生息しています。 傘の部分は、花びらのように舞っていることが特徴的で、色は全体的に黄土色です。マイタケは、歯ごたえがあり、香りが強く、火を通すと旨味が引き出されます。そのため、炒め物や揚げ物の料理に使われることが多いです。 エリンギ エリンギは、日本・アジア・地中海ヨーロッパ・中東・北アフリカなど、様々な地域に生息しています。傘の色は茶色で平たく、柄の部分は白色で太いのが特徴です。 肉厚で歯ごたえが良いので、ベジタリアンやビーガン料理で肉の代わりに使われることが多いです。 エノキ エノキは、日本の全国各地で生息しています。傘と柄の部分は白色で細長いことが特徴です。 適度に歯ごたえとみずみずしさがあるため、スープ料理やサラダに使われることが多いです。 マツタケ マツタケは、日本を含めたアジアやヨーロッパ、北米などで生息しています。しかし、限られた地域でしか採れないため、希少性が高く、高値で取引されています。 傘の部分は、黒茶色で鱗のようなものに覆われており、柄の部分は白色で少し湾曲しているのが特徴です。 マツタケの香りは芳醇であることから、汁物や煮物に使われることが多いです。 ナメコ ナメコは、日本や台湾などのアジア圏で生息しています。傘と柄の部分はオレンジ色。1~2cm程度の長さで、ぬめりがあるのが特徴です。 火を十分に通して食べる必要があるため、味噌汁を始めとした汁物料理で使用されることが 多いです。 シメジ シメジは、主に東アジアや北ヨーロッパに生息しています。傘は茶色で小さく、柄の部分は白く細長いのが特徴です。 歯ごたえが良く、味に癖がないので、炒め物やスープ・パスタなど様々な料理に使われています。 きのこに含まれる栄養 きのこには、様々な栄養が含まれています。ここでは、具体的にきのこが持っている栄養素について紹介します。 […]