手芸・工芸

手芸・工芸のプロと出会う。

木工レッスン、レザークラフトレッスン、ポリマークレイレッスン、フェイクスイーツレッスンなど、手芸・工芸の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

手芸・工芸のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な手芸・工芸のプロをご紹介。

手芸・工芸関連の最新記事

2022/06/03

東京の生花教室・生け花スクール10選。流派や値段、初心者向け選び方ポイントは?

社会人になってから始める趣味として、人気が高い生け花。日本の伝統芸術であり、「心が洗われる」「教養のひとつとして学びたい」という理由から、生け花に興味を持つ方が多いようです。しかし、初心者の方にとって難しいのは生け花教室・生花スクールの選び方。 今回の記事では、初心者の方に向けて、生け花教室を選ぶ上での重要ポイントと東京都内でおすすめの教室を紹介していきます。 目次 生け花(華道)教室・スクール選び。初心者向け4つのポイント ポイント1:生け花教室・生け花スクールにはどんなコースがあるのか? ポイント2:どの流派で生け花を習いたいか ポイント3:免状の取得はできるかどうか ポイント4:お稽古の料金で選んでみる 生け花に必要な基本の道具は? 東京都内でおすすめの生け花(華道)教室10選 まとめ:生け花(華道)教室もZehitomoで! 生け花(華道)教室・スクール選び。初心者向け4つのポイント 生け花教室を選ぶ上で重要なポイントは、4つ。それは、「コース」「流派」「免状取得の可否」「稽古の料金」です。 それぞれの具体的な内容について、以下で確認していきましょう。 ポイント1:生け花教室・生け花スクールにはどんなコースがあるのか? まず始めにチェックすべきポイントは、生け花教室やスクールに設けられているコースです。 生け花を始めるにあたり「自分がどんなスタイルで生け花を習いたいか」を考え、そのスタイルに合うコースがあるかチェックしましょう。 具体的に、「場所」「規模」「時間帯」「対象」「生け花のスタイル」という観点で、教室を見るのがおすすめです。 場所:教室・出張レッスン・通信コース 規模:個別指導・少人数・大人数 時間帯:平日/休日・昼間/夜間・フリータイム 対象:全ての方向け・男性のみ・子供のみ 生け花のスタイル:伝統的な生け花・現代風の自由な生け花 このように、生け花教室のスタイルは様々です。自分の希望に沿ったコースを選ぶと良いでしょう。 ポイント2:華道のどの流派で生け花を習いたいか 本格的に生け花を極めたいという方は、流派にもこだわるのがおすすめです。 流派ごとに生け花のスタイルが異なるため、自分好みの流派を選ぶと良いでしょう。 以下では、生け花における流派のうち、おすすめ7つをピックアップして紹介していきます。 池坊 池坊は、生け花における三代流派のひとつであり、日本最古の流派です。圧倒的な会員数を誇り、数多くある流派の中で、頭一つ抜けている存在だと言えるでしょう。 その特徴は、ありのままの草木に美しさを見出すこと。池坊は、春になって芽生えた新芽や冬になって枯れてしまった枝、すべてに美を見出すことを理念としています。 時代の変化とともに進化してきた池坊のスタイルは、以下の通り。 ・池坊の原点であり、多種多様な草木によってこの世の森羅万象を表現する「立花」 ・1〜3種類の花材を使って、懸命に生きる草木を表現する「生花」 ・決まった型はなく、自由に花を生けることで幅広い表現ができる「自由花」 伝統ある生け花から現代に即した生け花まで、様々なスタイルの生け花を学びたい方におすすめでしょう。 小原流 小原流は19世紀末、「盛花」という新たなスタイルの生け花を生み出したことによって、近代いけばなの道を開いた流派です。また、池坊と並んで三代流派のひとつともされています。 小原流の特徴である「盛花」は、浅く口が広がっている器に、材料を盛るかのようにして花を展開させていくというスタイル。ひらかれた形が特徴的で、今では定番となっている水盤と剣山を使った生け花のスタイルは、小原流が先駆けたものです。 芸術性が高く、大胆な生け花にチャレンジしたいという方にはぴったりの流派でしょう。 草月流 三代流派における最後のひとつが、草月流です。誕生のきっかけは、初代家元である勅使河原蒼風が、形式ばった生け花に疑問を抱いたこと。型にとらわれることのない自由な表現を求め、草月流の生け花が生まれました。 「いつでも、どこでも、だれにでも」を理念とし、いかなる素材でも生けられる、という斬新なスタイルが草月流の特徴。 時代とともに変化を遂げる草月流の生け花は、家庭だけでなく舞台美術、ホテルロビー、パーティー会場など、あらゆる空間に華を添えてくれます。 生け花を通じて自己表現がしたい、という方におすすめの流派でしょう。 嵯峨御流 平安時代、自然を慈しむ嵯峨天皇が、菊ヶ島で菊を自ら花瓶に挿したことで、嵯峨御流が誕生するきっかけとなりました。 嵯峨御流の生け花は、「伝承花」「心粧華」の2種類に大きく分けることができます。 伝承花とは、嵯峨御流が生まれてから、代々伝えられてきた式例を大事にした様式。心粧華は、生け花を通して心にある趣を表現するという、伝承花を進展させた新感覚の様式です。 伝承花には4種類、心粧華には3種類のスタイルがあり、ひとつの流派で様々な表現技法を楽しみたいという方におすすめでしょう。 雪舟流 雪舟流は、増野雪舟によって昭和6年に生み出された流派です。 その由来は、水墨画で有名な雪舟によって作られた雪舟庭。雪舟庭の石の組み方を生け花に応用しようとしたことより、雪舟流と名付けられました。 雪舟流の特徴は、個性を重んじた生け花であることです。花を生ける人、花、空間全ての個性を融合し、美しさを表現するスタイルが特徴的。 その特徴から、雪舟流の空間演出における華やかさが評価され、公共施設やコンサートなどにおいて展示・舞台装飾を行っています。 […]

2022/04/04

【体験レポート】初心者でも上手にできる!?フラワーアレンジメント教室で心豊かな時間を

取材協力・記事監修いただいた専門家 齋藤亜希子さん 都内を中心(対面レッスン)に「ハンドメイドサロン*HANA」を主宰。海外での文化活動もあり、大手フラワースクールでの指導経験は20年、生徒数は延べ2,000人以上となり、お花の講師歴24年の齋藤さん。現在はオンラインレッスンやワークショップ、子供花育、企業講座など幅広く活躍中です。スクールは、空気をキレイにしてくれるお花「空気触媒のお花」の認定校にもなっています。 目次 ■フラワーアレンジメントで花のある暮らしを■【体験レポート】生花を使ったフラワーアレンジメントに挑戦■【インタビュー】フラワーアレンジメント教室に関して、教えてください■自分のニーズに合うフラワーアレンジメント教室を探そう フラワーアレンジメントで花のある暮らしを コロナ禍の影響もあり、おうち時間の大切さを実感する昨今。リビングにお花を飾るなど、生活に緑を取り入れている方も多いのではないでしょうか。色とりどりの可愛らしいお花たちは、見ているだけでも心が豊かになります。 そこで今回は、習い事としても人気の高い「フラワーアレンジメント」に注目し、実際のレッスンの様子を体験してきました!技術が必要で難しそう、というイメージを抱きがちなフラワーアレンジメントですが、基本を習得すれば自宅でも気軽に楽しむことができる、その魅力をたっぷりお伝えします。 まずは知っておこう!フラワーアレンジメントとは フラワーアレンジメントは、深さのある花器に置いた吸水スポンジに花材を挿していき、デザインしながら飾りつけをしていくもの。さまざまなお花やグリーンを使って作り上げますが、お花の種類はもちろん、サイズのバリエーションも豊富です。手に収まる小ぶりなものから、結婚式などで飾られるような大きなものまで作成できます。 フラワーアレンジメントで扱う花材 ・香りや触感なども楽しめる「生花」・本物の花を加工している「プリザーブドフラワー」・生花をリアルに再現している「アーティフィシャルフラワー」・ハンドメイドサロン*HANAならでは!空気をキレイにしてくれるお花「空気触媒のお花」 どの花材を使うかでアレンジメントする際の楽しみ方や仕上がりも変わってきます。特にアーティフィシャルフラワーなどは、生花と違って表現や扱いも難しくなく、初心者向きです。目的や用途に合わせ、自分好みを選んで楽しんでくださいね。 【体験レポート】生花を使ったフラワーアレンジメントに挑戦 こんにちは。フラワーアレンジメントは初体験!自称お花好き・Zehitomo編集部の私が、レッスンの様子をレポートします。 今回体験したのは、都内を中心に対面レッスンを実施している「ハンドメイドサロン*HANA」です。講師の齋藤さんは、オンラインレッスンやワークショップ、子供花育、企業講座など幅広く活躍中。バリバリ働いている姿が印象的だったのでキビキビした方だと思っていましたが、お会いすると穏やかで笑顔が素敵な先生です。多くの生徒さんに信頼されているのが、第一印象からも伝わります。 編集部:本日は楽しみにしてました。よろしくお願いいたします! 齋藤さん:はい、楽しい時間になれれば嬉しいです。よろしくお願いします。 では、ワクワクしながら早速スタートです! まずはフラワーアレンジメントで使う花材や道具が揃っているか、確認しましょう テーブルの上にレッスンに使うお花やグリーン、道具を準備していきます。 ●本日のお花(生花) バラ(ピンク)ソフィアローレン・トルコキキョウ・スイートピー・ナデシコ・リューカデンドロン・ヒペリカム・ユーカリポポラス・サンデリアーナ・ハラン・レモンリーフ ●アレンジメントに使う道具 ・吸水性フォーム(吸水スポンジ)・花器・ワイヤー・フローラルテープ・切り花用はさみ・モス・リボン(カーリーオーガンジー) 編集部:必要な道具がこちらですね。すごく素敵なお花!いい香り♡レッスン時のお花は齋藤さんが決めているのですか? 齋藤さん:他の花材の時は生徒さんに選んでもらったりしますが、生花の場合はそうですね。生花を選ぶ際は季節をふまえてテーマを決めます。今日は「春っぽさ」です。 色合いやお花の種類などがテーマに合うように選んでますね。あと、こだわりとしては「手軽に手に入らないような、珍しくて喜んでもらえる花材」を入れるようにしています。 編集部:そうなんですね。お花選びって難しいですよね。お花単体が素敵なのはもちろんですが、組み合わせも結構大事だなと。 齋藤さん:そうですね、フラワーアレンジメントなのでお花やグリーンの組み合わせも大事ですが、花器なども含めて、全体のイメージは持っていた方がいいですね。 花材や道具の確認ができたらレッスン開始! 1.フラワーアレンジメントで使うお花について丁寧に説明 最初に本日用意したお花に関して、選んだ理由やお花の名前の由来など、1つ1つ丁寧に説明してくれます。お花の知識を学ぶことで、新たな発見がたくさん!ますます興味がわいて、一気に話に惹きこまれました。 2. フォーカルポイントとなるメインのお花を決める 齋藤さん:花材の中からメインになるお花を決めます。目立たせたいとか、このお花がメインかなと思うものを選んでください。 編集部:メインのお花!大きさは関係ありますか? 齋藤さん:大きさもありますし、色合いとか雰囲気も関係ありますね。 編集部:そうなると、メインはピンクのバラですかね♡でも一番好きなのは赤色のバラだったり。悩みます〜。 齋藤さん:大丈夫です!じゃあまずはピンクのバラを挿していきましょう。大きくて丸い形のものを、一輪選んでください。フォーカルポイントと言って、メインになるお花は、パッと見た時に中心になるようなお花にしたいと思います。 ということで、メインのお花はこちらのバラ・ソフィアローレンに決定。ロマンチックなピンク色で大ぶり、まさに「主役」にピッタリです。 ちなみにアレンジメントの形は自由な発想が可能。正面・裏面を意識するのもいいですし、360度すべての面から楽しめるように作っても良いのだそう。 3. 器とのバランスで高さを決め、適当な長さで切ります まず、最初のお花の長さを決めます。 実はこの作業は、出来栄えが大きく変わるポイントでもあります。この1本目を高くしすぎると、ぜんぶお花を埋めたときにスカスカに見えることも。最後の仕上がりをイメージしながら、長さを決めていきましょう。 ちなみに用意している花材は無理に全て使わなくてもいいとのこと。余ったら別で使ってくださいね。 齋藤さん:切りたい長さの測り方ですが、お花を上下逆さにして、完成形の高さを想像します。そして、その高さ部分より+2~3cmほど長めのところを切るようにします。 編集部:2~3cmほど長めですか? 齋藤さん:吸水スポンジに挿す深さを2~3cm程度で考えます。茎を斜めに切って、挿しやすいようにしましょうね。 編集部:そもそも完成形の高さがどのくらいだとかわいいんだろう・・ 齋藤さん:そうですね、今回のお花と花器の場合、おそらくスカスカよりもキュッとしてた方がかわいいと思うので、あまり高さを出すよりは、詰まってる感がある方がいいと思います。 齋藤さん:お花の茎を切る際の注意点なんですが、まっすぐ切らずに斜めに切ってください。お花は斜めに切ることによって挿しやすくなり安定し、断面部分の面積も広くなることで給水しやすくなり、お花の持ちが良くなります。 編集部:なるほど! 齋藤さん:また切る際は、刃先が当たって手を切らないように、花を自分側、茎を向こう側にして、切るようにしてくださいね。 […]