生活・文化

生活・文化のプロと出会う。

ベーカリー・デザート、園芸・ガーデニング、料理、手芸・工芸など、生活・文化の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. ゼヒトモ
  2. 習い事
  3. 生活・文化

生活・文化のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な生活・文化のプロをご紹介。

生活・文化関連の人気のサービス

生活・文化関連のカテゴリー

生活・文化関連の最新記事

2022/05/27

スムージーにおすすめの野菜と材料~体にいいレシピ20選

スムージーとは、野菜やフルーツを水分と一緒にミキサーにかけたものです。とても簡単に作ることができます。水分を水から牛乳にしたり豆乳にしたり、ヨーグルトにしてみたりと味のバラエティもたくさんあり、自分の好みに合わせて作ることができます。 ジューサーで作るジュースとは違い、野菜と果物の食物繊維を始めビタミンやミネラルなどの栄養素を余すことなく豊富に摂取できます。また食欲のないときでも簡単にエネルギー補給ができます。 スムージーの具体的な効果とレシピを紹介します。本記事は栄養士資格を持ったライターが執筆しております。 近くの料理のレッスンを見る>> スムージを飲むと得られる体にいい効果5つ 1.スムージのビタミン・ミネラルで美肌効果がある! 美肌には野菜や果物を摂取することが大切です。なぜなら野菜や果物には豊富なビタミン・ミネラルが肌の調子や含まれています。スムージーは『生の』野菜やフルーツを使うので、ビタミン類をダイレクトに摂取することが出来るのです。 2.スムージーで不足しがちな栄養を摂取ができる 現代の世の中は24時間お金を出せばいつでもおいしいお弁当が買えるようになりました。そのため外食やインスタント食品の食事が当たり前の人も多いのではないでしょうか。そういった食事は糖質・タンパク質・脂質に偏ってしまい、代謝を促す効果があるビタミン・ミネラル・食物繊維などが不足してしまいがちです。その結果、脂肪を蓄えやすい身体になり生活習慣病など様々なリスクが生まれます。 スムージーはそういった不足しがちな栄養素を手軽に効率よく摂取できます。そして身体のメンテナンス機能を正常に保ち、脂肪を蓄えにくい身体にしてくれます。 3.スムージーで生酵素を補える スムージーは生の野菜や果物を丸ごと使って作るので、食物酵素を補うことができます。また人間は生まれながらに持つ消化酵素と代謝酵素があります。 これらのバランスが崩れ酵素が不足してしまうと、疲れやすかったりアレルギー症状が出る、肌つやがなくなったりダイエットをしていてもなかなか体重が減らないなどの不調が出てきてしまいます。スムージーにして摂取すると食べ物を細かくする作業が省け、酵素の節約もできます。 消化酵素:口から摂取した食べ物の栄養を吸収しやすいようにスムーズに消化・分解し、身体を動かすエネルギーに変える酵素 代謝酵素:消化酵素によって体内に吸収されたエネルギーを実際のすべての生命活動に使う。呼吸をしたり、身体を動かしたり、ウイルスと闘ったり、肌の新陳代謝や発汗なども司る酵素 食物酵素:食物酵素は生の食物や発酵食品に含まれる酵素ただし48度以上の熱、酸やアルカリの強い場所では働きが失われます高温で調理された弁当や加工食品からは摂取できず、生で摂取する必要があります。食物酵素がふんだんに含まれた食事をすると、消化の手伝いをしてくれます。 4.スムージの野菜やフルーツの食物繊維が便通の改善 便秘の主な原因は食物不足です。食物繊維には不溶性と水溶性の2種類ありますが、水溶性食物繊維は水分を含むことでゲル状になり、便を柔らかくしてくれます。一方の不溶性食物繊維は便のかさを増やし腸を刺激してくれるので、便意を促してくれます。 スムージーは野菜とフルーツをミキサーにかけ撹拌し飲むものなので、簡単に食物繊維が摂取できます。また便秘の解消によりダイエット効果も見られるでしょう。 5.スムージの抗酸化力でアンチエイジングに期待! 人間は年を取ることを止めることはできませんが、食べ物で老化の速度をコントロールすることは可能です。人が老化していくのは、身体が酸化・糖化してしまうからです。この2つの働きを防ぐ、抗酸化作用がある野菜や果物を摂取することがアンチエイジングには非常に大切です。 注目すべきは野菜や果物に含まれるフィトケミカルです。強い抗酸化力をもち、活性酸素を除去するだけでなく、免疫力も高めてくれます。フィトケミカルの中でも一番の抗酸化力を誇るのはアントシアニンやカテキンなどのポリフェノールです。ブルーベリーやラズベリー。人参やトマトなどが豊富に含まれています。 スムージーにおすすめの野菜と材料~体にいいレシピ20選 簡単で美味しいおすすめのスムージレシピ20選です。スムージーの材料(野菜や果物)を掲載しています。 甘さが足りない時ははちみつやラクト・オリゴ糖などを追加すると、血糖値があがりにくく体にやさしいスムージーになります。 1.パセリとキャベツのすっきりスムージー レシピは水100ml・キウイ1個・キャベツ1枚・パセリ10g・はちみつ10gです。 パセリとキャベツとキウイのビタミンC豊富な食材で美肌効果抜群です。やや癖があるパセリですが、はちみつを入れることでまろやかな味になり飲みやすいです。 2.ソイバナナスムージー レシピは豆乳100ml・バナナ1/2本・ミニトマト5個・小松菜3株です。 カリウムと食物繊維が豊富なバナナ、トマトに含まれるリコピン、小松菜のビタミンAと豆乳のイソフラボンでタンパク質も一緒に摂取できます。 3.フレッシュスムージー レシピはパイナップル100g・りんご1/4個・チンゲンサイ1株・水100mlです。 豊富に含まれるペクチンが腸の動きを活発にし消化吸収を助け、また腸内の乳酸菌を増やし、悪玉菌の活動を抑えてくれる働きをします。またパイナップルは肉を柔らかくする働きをするなど豊富な酵素が含まれています。 4.便秘解消スムージー レシピはバナナ1/2本・小松菜3枚・リンゴ3/4個・無糖ヨーグルト100gです。 腸内環境を整える代表的な食材と言えばヨーグルトです。ヨーグルトには、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれています。また善玉菌は腸の消化吸収を促してくれます。ただ乳酸菌が生きて働くためには、オリゴ糖が必要です。そのオリゴ糖はバナナに含まれているので、便秘解消の最強スムージーです。 5.若返りスムージー レシピは赤パプリカ1/2個・ミニトマト5個・冷凍ブルーベリーひとつかみ・アボカド1/2・水100ml・はちみつ小1です。 ビタミンCと肌の老化を防ぐルテインが豊富で、β-カロテンやビタミンC、ビタミンE、赤パプリカにはβ-カロテンよりも高い抗酸化作用があるカプサイシンやビタミンCと肌の廊下を防ぐルテインが多く含まれています。アボカドにはビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、カルシウム、貧血に効く鉄分などがバランスよく含まれています。オレイン酸やリノール酸によるデトックス効果も期待できます。 6.小松菜とりんごとパセリのスムージー 3つの材料を好きなだけ入れて、水を半カップ程度入れます。 どの材料も、1年中スーパーで購入できるので毎日続けることのできるレシピです。小松菜はクセが少ないので、ほうれん草が苦手な人でも飲めますよ。 7.りんごとにんじんのスムージー 2つの食材は好きなだけ入れて、水を半カップ入れます。 この材料も1年中スーパーで購入できるので、毎日続けることのできるレシピです。りんごもにんじんも、有機農法で育ったものであれば皮ごと入れてください。 8.りんごとキャベツのスムージー 材料は好きなだけ、水も半カップ入れてください。 毎日続けられる簡単な2種類の食材だけで作るスムージーです。味にクセもないので、老若男女楽しめます。キャベツにはビタミンUが含まれ、胃炎や潰瘍に効果があると言われています。 9.りんごと春菊のジュース 春菊は茎の部分が気なるようであれば入れなくてもいいです。春菊は癖のある風味の食材で、好き嫌いが分かれるスムージーです。しかし春菊はビタミンだけでなくカルシウムや鉄も含む葉物野菜なので、鉄分不足に陥りやすい方は積極的に摂取したい野菜です。 10.メロンとセロリのスムージー メロン1/4とセロリ20cmをミキサーにかけます。 セロリの食物繊維と、独特の香りはメロンで抑えられます。網目模様のメロンにはカリウム、赤い果肉のメロンにはカロテンが含まれます。メロンはどの種類でも好きなものを使ってください。タネは取り除いて使います。 11.きゅうりのグリーンスムージー […]

2022/04/04

【体験レポート】初心者でも上手にできる!?フラワーアレンジメント教室で心豊かな時間を

取材協力・記事監修いただいた専門家 齋藤亜希子さん 都内を中心(対面レッスン)に「ハンドメイドサロン*HANA」を主宰。海外での文化活動もあり、大手フラワースクールでの指導経験は20年、生徒数は延べ2,000人以上となり、お花の講師歴24年の齋藤さん。現在はオンラインレッスンやワークショップ、子供花育、企業講座など幅広く活躍中です。スクールは、空気をキレイにしてくれるお花「空気触媒のお花」の認定校にもなっています。 目次 ■フラワーアレンジメントで花のある暮らしを■【体験レポート】生花を使ったフラワーアレンジメントに挑戦■【インタビュー】フラワーアレンジメント教室に関して、教えてください■自分のニーズに合うフラワーアレンジメント教室を探そう フラワーアレンジメントで花のある暮らしを コロナ禍の影響もあり、おうち時間の大切さを実感する昨今。リビングにお花を飾るなど、生活に緑を取り入れている方も多いのではないでしょうか。色とりどりの可愛らしいお花たちは、見ているだけでも心が豊かになります。 そこで今回は、習い事としても人気の高い「フラワーアレンジメント」に注目し、実際のレッスンの様子を体験してきました!技術が必要で難しそう、というイメージを抱きがちなフラワーアレンジメントですが、基本を習得すれば自宅でも気軽に楽しむことができる、その魅力をたっぷりお伝えします。 まずは知っておこう!フラワーアレンジメントとは フラワーアレンジメントは、深さのある花器に置いた吸水スポンジに花材を挿していき、デザインしながら飾りつけをしていくもの。さまざまなお花やグリーンを使って作り上げますが、お花の種類はもちろん、サイズのバリエーションも豊富です。手に収まる小ぶりなものから、結婚式などで飾られるような大きなものまで作成できます。 フラワーアレンジメントで扱う花材 ・香りや触感なども楽しめる「生花」・本物の花を加工している「プリザーブドフラワー」・生花をリアルに再現している「アーティフィシャルフラワー」・ハンドメイドサロン*HANAならでは!空気をキレイにしてくれるお花「空気触媒のお花」 どの花材を使うかでアレンジメントする際の楽しみ方や仕上がりも変わってきます。特にアーティフィシャルフラワーなどは、生花と違って表現や扱いも難しくなく、初心者向きです。目的や用途に合わせ、自分好みを選んで楽しんでくださいね。 【体験レポート】生花を使ったフラワーアレンジメントに挑戦 こんにちは。フラワーアレンジメントは初体験!自称お花好き・Zehitomo編集部の私が、レッスンの様子をレポートします。 今回体験したのは、都内を中心に対面レッスンを実施している「ハンドメイドサロン*HANA」です。講師の齋藤さんは、オンラインレッスンやワークショップ、子供花育、企業講座など幅広く活躍中。バリバリ働いている姿が印象的だったのでキビキビした方だと思っていましたが、お会いすると穏やかで笑顔が素敵な先生です。多くの生徒さんに信頼されているのが、第一印象からも伝わります。 編集部:本日は楽しみにしてました。よろしくお願いいたします! 齋藤さん:はい、楽しい時間になれれば嬉しいです。よろしくお願いします。 では、ワクワクしながら早速スタートです! まずはフラワーアレンジメントで使う花材や道具が揃っているか、確認しましょう テーブルの上にレッスンに使うお花やグリーン、道具を準備していきます。 ●本日のお花(生花) バラ(ピンク)ソフィアローレン・トルコキキョウ・スイートピー・ナデシコ・リューカデンドロン・ヒペリカム・ユーカリポポラス・サンデリアーナ・ハラン・レモンリーフ ●アレンジメントに使う道具 ・吸水性フォーム(吸水スポンジ)・花器・ワイヤー・フローラルテープ・切り花用はさみ・モス・リボン(カーリーオーガンジー) 編集部:必要な道具がこちらですね。すごく素敵なお花!いい香り♡レッスン時のお花は齋藤さんが決めているのですか? 齋藤さん:他の花材の時は生徒さんに選んでもらったりしますが、生花の場合はそうですね。生花を選ぶ際は季節をふまえてテーマを決めます。今日は「春っぽさ」です。 色合いやお花の種類などがテーマに合うように選んでますね。あと、こだわりとしては「手軽に手に入らないような、珍しくて喜んでもらえる花材」を入れるようにしています。 編集部:そうなんですね。お花選びって難しいですよね。お花単体が素敵なのはもちろんですが、組み合わせも結構大事だなと。 齋藤さん:そうですね、フラワーアレンジメントなのでお花やグリーンの組み合わせも大事ですが、花器なども含めて、全体のイメージは持っていた方がいいですね。 花材や道具の確認ができたらレッスン開始! 1.フラワーアレンジメントで使うお花について丁寧に説明 最初に本日用意したお花に関して、選んだ理由やお花の名前の由来など、1つ1つ丁寧に説明してくれます。お花の知識を学ぶことで、新たな発見がたくさん!ますます興味がわいて、一気に話に惹きこまれました。 2. フォーカルポイントとなるメインのお花を決める 齋藤さん:花材の中からメインになるお花を決めます。目立たせたいとか、このお花がメインかなと思うものを選んでください。 編集部:メインのお花!大きさは関係ありますか? 齋藤さん:大きさもありますし、色合いとか雰囲気も関係ありますね。 編集部:そうなると、メインはピンクのバラですかね♡でも一番好きなのは赤色のバラだったり。悩みます〜。 齋藤さん:大丈夫です!じゃあまずはピンクのバラを挿していきましょう。大きくて丸い形のものを、一輪選んでください。フォーカルポイントと言って、メインになるお花は、パッと見た時に中心になるようなお花にしたいと思います。 ということで、メインのお花はこちらのバラ・ソフィアローレンに決定。ロマンチックなピンク色で大ぶり、まさに「主役」にピッタリです。 ちなみにアレンジメントの形は自由な発想が可能。正面・裏面を意識するのもいいですし、360度すべての面から楽しめるように作っても良いのだそう。 3. 器とのバランスで高さを決め、適当な長さで切ります まず、最初のお花の長さを決めます。 実はこの作業は、出来栄えが大きく変わるポイントでもあります。この1本目を高くしすぎると、ぜんぶお花を埋めたときにスカスカに見えることも。最後の仕上がりをイメージしながら、長さを決めていきましょう。 ちなみに用意している花材は無理に全て使わなくてもいいとのこと。余ったら別で使ってくださいね。 齋藤さん:切りたい長さの測り方ですが、お花を上下逆さにして、完成形の高さを想像します。そして、その高さ部分より+2~3cmほど長めのところを切るようにします。 編集部:2~3cmほど長めですか? 齋藤さん:吸水スポンジに挿す深さを2~3cm程度で考えます。茎を斜めに切って、挿しやすいようにしましょうね。 編集部:そもそも完成形の高さがどのくらいだとかわいいんだろう・・ 齋藤さん:そうですね、今回のお花と花器の場合、おそらくスカスカよりもキュッとしてた方がかわいいと思うので、あまり高さを出すよりは、詰まってる感がある方がいいと思います。 齋藤さん:お花の茎を切る際の注意点なんですが、まっすぐ切らずに斜めに切ってください。お花は斜めに切ることによって挿しやすくなり安定し、断面部分の面積も広くなることで給水しやすくなり、お花の持ちが良くなります。 編集部:なるほど! 齋藤さん:また切る際は、刃先が当たって手を切らないように、花を自分側、茎を向こう側にして、切るようにしてくださいね。 […]