アート・芸術

アート・芸術のプロと出会う。

書道・カリグラフィー・習字、絵画、デザイン、写真撮影など、アート・芸術の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. ゼヒトモ
  2. 習い事
  3. アート・芸術

アート・芸術のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なアート・芸術のプロをご紹介。

アート・芸術関連の最新記事

2022/07/04
芸術の秋。東京都内のおすすめ絵画教室10選

芸術の秋。アートをその道のプロに学んでみませんか?今回の記事では、絵画教室を選ぶ上で重要なポイントをご紹介します。 後半では東京都内のおすすめ絵画教室をご紹介。オンラインでレッスンを行っている教室もありますので、ぜひチェックしてください。 目次 絵画教室を選ぶ上で重要な6つのポイント 目的・目標で選ぶ ジャンル・カリキュラムで選ぶ 通いやすさで選ぶ 料金で選ぶ 教室の規模や雰囲気で選ぶ 講師との相性で選ぶ 東京都内の絵画教室おすすめランキング10選 ゼヒトモで絵画・デッサンレッスンを受けてみる 絵画教室を選ぶ上で重要なポイント 目的・目標で選ぶ 教室を選ぶ前に、まずは絵画教室に通う目的や目標を考えます。 本格的に絵がうまくなりたい(美術系学校受験のため) 楽しく絵を学びながら描きたい(趣味) 絵を描いてリフレッシュしたい(娯楽) 本格的に絵を学びたい中・上級者の方は、有名美大出身で技術力が高く、美術予備校などで指導経験のある講師から学んだ方がいいでしょう。じっくりと集中して絵を描ける環境が整っている教室がおすすめです。 逆に楽しく絵を描きたい方は、集中できる環境というよりも、リラックスして描くことができるかどうかを重視しましょう。同じ趣味の人と交流したい場合は、ワークショップのように、気軽に周りの方とお話できるような教室がおすすめです。 ジャンル・カリキュラムで選ぶ 教室によって学ぶことができる絵画のジャンルは様々です。目的や目標と少し重なる部分もありますが、自分が何を学びたいのかを考えて選びましょう。 一口に絵画と言っても、アクリル・水彩・油彩・日本画などのジャンルがあります。本格的に絵を学んだことがなく、いろいろな絵具を使ってみたいという方には、絵画を総合的に学べるコースがおすすめです。 教室によっては水墨画など、マニアックなジャンルを学べることも。 どんなことが学べるのか?気になる方は、こちらの体験レポートをぜひご覧ください!水墨画を初心者が体験!墨絵は簡単で奥深い大人の趣味だった。 通いやすさで選ぶ 物理的な通いやすさも重要なポイントです。 選ぶジャンルによっては画材が大きくかさばることがあるので、それを家から教室まで運ぶとなると一苦労です。離れた教室に通うときは、作品の保管スペースを提供してくれるかどうかも確認しておきましょう。 オンラインレッスンも増えているので、通うのが難しい場合は、検討するのも良さそうです。 料金で選ぶ 料金はレッスン形態や料金形態によって異なります。レッスン形態は対面かオンライン、グループかマンツーマンなど様々。料金形態が月謝制か回数制かでも変わります。 また、画材を持っていない初心者の方は、通う教室で画材のレンタルや販売を行っているのかも確認しましょう。画材を一式揃えるのはなかなかの出費です。レッスン料が多少高くても、画材をレンタルできれば、自分で購入してから通うよりも安くなることがあります。 絵画教室の料金相場 入会金:約10,000円 レッスン料:10,000~13,000円/月(1回約90~120分のレッスン×4) 絵画教室の料金の目安は以上の通りです。ジャンルによっては、画材に費用がかかったり、モデルが必要だったりするため、さらに高くなることもあります。また、入会金とは別に更新料が発生することもありますし、人によっては作品を保管しておくための費用や画材のレンタル代がかかることも。詳細は教室によって異なるので、事前の確認が必要です。 教室の規模や雰囲気で選ぶ 美術系予備校や多くの講師が在籍している大規模な教室では、様々なカリキュラムのコースがあるため、予定を調整しやすく、自分の希望にあったレッスンを受けやすいです。 しかし、毎回同じ講師に指導してもらえるとは限りません。アットホームな環境で絵を学びたい方は、小規模な教室の方がいいでしょう。講師との距離が近い分、充実した指導を受けることができますし、わからないことも気軽に聞きやすいです。 また、グループレッスンを受ける場合は、周りの生徒の雰囲気の確認も忘れずに。他の生徒と合わない部分が多ければ、無理して通わずに教室の変更を検討しましょう。自分にあった環境を選ぶことが重要です。 講師との相性で選ぶ 絵画教室を選ぶ上で、講師との相性は大切です。講師によって得意なジャンル、好きな絵の雰囲気は異なりますし、絵に対する考え方や評価も違います。自分と感覚のかけ離れた講師から教わっても、ストレスになるでしょう。 また、講師の指導方針も大事です。 講師との相性を見極めるには実際に通ってみるしかありません。気になったら積極的に体験レッスンなどに参加してましょう。 ゼヒトモから絵画・デッサンレッスンの依頼を出すと、事前に講師の方とチャットでやりとりすることができます。その際に相性の良し悪しを判断することができるので、レッスンを受けた際のミスマッチの確率が低くなりますよ。 東京都内の絵画教室おすすめランキング10選 東京都内でおすすめの絵画教室をピックアップして紹介します。絵画やデッサンのレッスンを受けてみたい方は、自分の目的に合った教室や、自宅から通いやすい教室があるかどうかチェックしてみてください。 1. あまね美術教室 東京都荒川区 東京藝術大学美術学部彫刻科に在学中の谷口笙子さんが講師を務めている美術教室です。谷口さんは高校時代に油画科から彫刻科に転科されているため、デッサンや油絵に関しての知識も豊富。現在までに都内の美術予備校で、児童・美術高校/美術大学受験生・一般コースでのご指導経験があります。 さらに、小学受験対策の幼児教育系企業でもお仕事をされているため、趣味で絵を学びたい方から本格的に絵を学びたい方まで、年齢を問わず幅広い方に対応可能です。 あまね美術教室のページはこちらから 2. 極小美術学院 […]

2022/07/02
カリグラフィーでオリジナルアイテムを作ろう!

カリグラフィーって知ってる? 独特で美しい雰囲気を持つ文字「カリグラフィー」をご存じですか?様々なアイテムに活用されたり、DIYを楽しむ方も増えてきています。今回は、そんなカリグラフィの基本情報や、実際に筆者が作ったことがある活用例をご紹介します。 目次 カリグラフィーとは 自分で描けるようになるの? 自分で描いたカリグラフィーで作るアイテムアイデア プロに習ってみたい方は カリグラフィーとは カリグラフィーとは、ギリシャ語で「美しい書き物」を意味し、西洋や中東などにおいて文字を美しく見せるための手法のことを言います。字を美しく見せる書法という面では、日本でいう「書道」に近いもの。実際に書道は英語で表すと「Japanese Calligraphy(ジャパニーズカリグラフィー)」に。カリグラフィーにはゴシック体やイタリック体、カッパープレート体といった文字の種類がありますが、その点においても、行書、草書、隷書がある書道に似ていますよね。ただ、カリグラフィーの場合は筆ではなく筆記やペン、またそれに類する道具を使って表現することで、筆とは違った線の美しい文字を描くことができます! カリグラフィーの起源と歴史 カリグラフィーは非常に古い歴史があり、一般的に起源とされているのは、1世紀後半から2世紀にかけての古代ローマ時代に碑文に使われいた「ローマンキャピタル」という文字。2000年以上経った今でも、大文字活字の基本として使われるほど、美しいプロモーションをもつこの文字は、カリグラフィーの中でもかなり重要な書体になります。ちなみに当時のアルファベットには小文字はなく、文章は全て大文字で綴られていたそうです。 この投稿をInstagramで見る Keiko NAITO(@n.k._graphy)がシェアした投稿 ↑こちらが「ローマンキャピタル」 現在のカリグラフィー 歴史や文化の移り変わりによって新しい書体が生まれては消え、さらに印刷技術の発展により、一時は手書き文字の必要性も低下し、カリグラフィーそのものが衰退した時期も。その後イギリスで復活したカリグラフィーですが、現代では特にデザイン性の高いモダンカリグラフィーが人気となり、世界各地にファンがたくさんいる状況になっています。 今大人気の「モダンカリグラフィー」 カリグラフィーの多くの書体には、決まりが定められているものもあるのですが、モダンカリグラフィーは、そういう決まりも大切にしながらも、書く人ならではの個性を自由に表現できるものになっています。自由度も高く、アート的な側面も持ち合わせた文字となります。 自分で書けるようになるの? カリグラフィーを描いてみたい!と思った時に考える選択肢としては教室やワークショップ、通信教育などで教えてもらったり、書籍や動画配信(YouTubeなど)など独学で学ぶ方法があります。最近だと様々な方法で情報収集もできますし、初心者のためのスタートセットなどもありますので気になる方は調べてくださいね。 基本的な道具 カリグラフィーに使われるのは、カリグラフィー専用のペンやインク。 ペン先が金属製で平らな形に加工されているため、家庭用のペンで代用するのは難しいかも。カリグラフィーには様々な書体があるので、書体によってはペン先を変えることが必要になってきます。ちなみに最近では、ペン先にインクを含ませる必要がないマーカーなども多数販売されているので、手軽に楽しめるようになっていますよ。 100均で見つけた!カリグラフィーマーカー カリグラフィーペンは価格幅が広いため、本格的にこだわった道具を用意したい時はそれなりの値段になりますが、ちょっとお試しで楽しんでみたい、という人には格安のマーカーペンがおすすめ。特に100円ショップダイソーで販売している「カリグラフィーマーカー」は2本入りで110円ととってもお得です。 この投稿をInstagramで見る 100均調査隊・Ami(@100yen_ami)がシェアした投稿 お店によってはなかなか手に入らない、という人気商品のため、見つけたらぜひゲットしてください。とても描き心地もよく、優秀!との口コミも。コスパ最強アイテムです。 この投稿をInstagramで見る うさっぴ(@usappi_222)がシェアした投稿   書き方 カリグラフィーの基本が線のコントラストです。ペン幅を考えながら、線の細い部分と太い部分を使い分けることにより美しい文字を描いていきます。用途によっては墨や絵の具、カラフルなインクを用いたり、グラデーションなどを楽しんだりもします。 自分で描いたカリグラフィーで作るアイテムアイデア 実際に自分でカリグラフィーが描けるようになったらどんなアイテムを作ったりできるのか、アイデアをまとめましたのでぜひ参考にしてください。 ①基本のペーパーアイテム この投稿をInstagramで見る yuz.design 元住吉(@yuz.design)がシェアした投稿 定番だけど外せない、季節イベントのポストカードやメッセージカードのデザインに。用意するのはポストカード用紙だけ。こんなに可愛いカードなら、額に入れて飾ったりそのまま壁にペタペタ貼あるだけでも、素敵なインテリアになりそうです。 この投稿をInstagramで見る Ai 💕ブーケデザイナー・講師/カリグラフィー/大阪神戸(@ai_honey_flowerdesign)がシェアした投稿 季節の訪れをしおりにして。立体感のあるお花との組み合わせがとてもおしゃれです。 この投稿をInstagramで見る 𝚃𝚜𝚞𝚋𝚊𝚜𝚊|カリグラファー/英日翻訳家(@tsubasa_calligraphy)がシェアした投稿 お正月やお祝い事など、ちょっと特別な時に使う「寿お箸」にアレンジを加えたアイデア。カリグラフィーが入ることで、洗練された印象になりおしゃれ度もアップ。お祝い事に関連したメッセージなどが入っているとさらに印象も上がりますね。 ②小技を効かせたインテリアに この投稿をInstagramで見る Yayoi Maeda(@yayoi.maeda.39)がシェアした投稿 自分が思いついた好きな言葉をポエムにしたり、誰かの名言をカリグラフィーで描いて額縁ボックスに。壁に飾るだけでセンスのいい、おしゃれなインテリアになります。 この投稿をInstagramで見る […]