語学

語学のプロと出会う。

アラビア語、フィンランド語、スウェーデン語、ドイツ語など、語学の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

語学のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な語学のプロをご紹介。

語学関連の人気のサービス

語学関連のカテゴリー

語学関連の最新記事

2022/01/12

"はい、どうぞ"は英語でなんて言う?微妙に違う使えるフレーズ7選

日本語の「はい、どうぞ」も英語だといろんな表現方法があります。 カジュアルな「はいどうぞ」、丁寧な「はい、どうぞ」。 今回は、職場の同僚に声をかける時や、サービス業でお客様に一言添えるときに使える「はい、どうぞ」という簡単なフレーズをシチュエーション毎に7種類ご紹介します。   使える英語の「はい、どうぞ」フレーズ7選 英語で相手に声をかけるフレーズは、どうしても同じフレーズを連発してしまい、ワンパターンになりがちです。しかし、声がけするバリエーションを増やすだけで、英語の能力だけでなく相手に与えるホスピタリティーも向上することができます。さっそく一つずつ覚えていきましょう。 1.英語で「はい、どうぞ」はHere you are. 物を渡すときの「はい、どうぞ」で代表的なのがHere you are。同僚に物を渡すときはもちろん、目上の人にも使える、中学で習う便利なフレーズです。海外で入国審査をする時、パスポートや関税の書類を渡す際も、このフレーズを一言添えるだけで丁寧さが出ます。 逆に、海外へ出かけた時、相手からHere you areと言われたら、Thank you もしくは少しカジュアルにThanksと答えると、印象が良くなります。 2.英語で距離がある「はい、どうぞ」はThere you go. こちらも、Here you areと同じように「はい、どうぞ」という意味ですが、こちらの方が、目的まで達するのに時間や距離がかかる場合に使われる傾向があるようです。例えば、お客様に食事を提供するためにかなりお待たせした場合、Sorry to have kept you waiting. There you go.「お待たせして申し訳ありません、どうぞお食事を始めてください。」と、料理をサーブするときに使うといいでしょう。 また、相手が悩んでいた時、こちらが説明した末理解した際に、「はいどうぞ!これで仕事が始められるね!」という意味で、問題が解決して進展が望める場合にも使えます。 3.少し距離がある「はい、どうぞ」は英語でThere you are. There you goと同じように、こちらもHere you areより目的まで少し距離がある場合に使われます。両方とも、食事を提供するときなどに使うことができますが、 There you goとThere you areの違いは、There you areのほうが、目的を完全に達成したニュアンスがより含まれているところです。 例えば、There you go は、お待たせしていたお客様がようやく食事を開始することに重点が置かれていますが、There you areは、食事が到着したことに対して重点的に述べています。車で誰かを送っていくとき、ホテルや家に到着した際はThere you are「はい、どうぞ到着しました」という意味で使うことができます。 観光地や駅まで送り届けた後、相手が次の目的地に移動する場合は、There […]

2021/12/29

「そうだよ、そうだね」英語でネイティブがよく使う相づちフレーズ20選!

英会話をするとき、相手の言葉にどんな英語を使って相づちを返していますか?いくつくらいの選択肢が思い浮かびますか?相づちの言葉はバラエティが豊富なので、会話の際にも積極的に使っていきましょう。 同じような言葉を返すより、断然会話も弾んでくるはずです。テキスト本や教材、アプリで学習している人も多いと思いますが、すぐに暗記できるおすすめの言葉を紹介します。 1. Yes 英語で「はい」 日本語でのニュアンス「はい」 かしこまったビジネスシーンや初対面の人には、YESが適しています。但し、YESが続いてしまうと逆に違和感や聞いていない感じがするようなので、はいかいいえで答えるべき時だけ使ったほうがベターです。聞いていますよのときは違う表現を心掛けましょう。日本の相づちの感覚で「聞いてますよ」の姿勢を見せるために使ってしまうとちょっと誤解を招きやすいようです。 2. Yup 英語で「うん」 日本語でのニュアンス「うん」 とてもカジュアルに響きます。仕事や学校で使うと幼稚な印象を与えるようです。友人同士の間で使っていきましょう。 3. Yeah 英語で「そうだね」 日本語でのニュアンス「そう」「そうだね」 こちらもカジュアルな雰囲気があります。友人同士の間で使っていきましょう。 4. Sounds correct 英語で「そのとおりです」 日本語でのニュアンス「はい」「そのとおりです」 相手の言っていることが合っている場合に使えます。例えば、名前や電話番号を確認されるようなとき、フォーマルなシーンで使うことが多いようです。 5. Right 英語で「そうだよ」「そうですね」 日本語でのニュアンス「はい」「そうですね」「私もそう思います」 賛成の意味を表現したいときに使えます。フォーマルな場面では、You are right や That’s right.で略さない言い方がベターかもしれません。 6. It is. (She is/He is) 英語で「ですね」 日本語でのニュアンス「そうですね」「ですね」 相手の言ったことに対して完全同意するときに、言葉のセンテンスの冒頭を強調します。It’s hot today. 「今日は暑いですね」It is.「(ホントにそう)ですね」という感じです。 7. Totally 英語で「まったくその通り」 日本語でのニュアンス「まったくその通り」 カジュアルに強い共感と表す言葉です。ビジネスでは控えたほうがいいようです。また、少し古い表現なので若者言葉ではありません。 8. Sure. 英語で「確かに」 日本語でのニュアンス「いいよ」「もちろん」「確かに」 相手の意見に対して賛成するとき、また、相手からの依頼に対して快く許可や承認の気持ちを含める時に使えます。 使う相手は友人同士のほうが多いようですがビジネスでもよく使われる万能の表現です。 9. I see 英語で「なるほど」 日本語でのニュアンス「そっか」「そうなんですね」「なるほど」 相手の話を理解しましたよという意思表示です。なるほどね、そういうことかと気付いたときや発見したときに使える表現です。 10. […]