プログラミング

プログラミングのプロと出会う。

プログラミングレッスン、C++レッスンなど、プログラミングの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

プログラミングのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なプログラミングのプロをご紹介。

プログラミング関連の人気のサービス

プログラミング関連のサブカテゴリー

プログラミング関連の最新記事

2018/12/28

パソコン資格 必須6選【パソコンスクール講師監修】

文部科学省はプログラミングの学習を2020年度から小学生に対しても必修にします。2020年に小学1年生になる子供は、2037年前後には社会人として働き始めます。パソコンの資格どころか、プログラミングができる習熟度で社会に出てくるということになります。 あなたはパソコンの資格を持っていますか。資格取得を目標にすると合格/不合格で結果がわかるうえ、全く未知の内容でもテキストをみながら勉強する内容や道筋、計画を立てることができますよ。 ここでは、ぜひ取得しておきたいパソコンの資格を6種類紹介します。プロのパソコンインストラクターによるパソコン教室を主催する専門家にも意見をいただきました。 <INDEX> 1:パソコンに関する6種類の資格 2:パソコンに関する6種類の資格の、勉強にかかる費用と受験料 3:資格を取得する意味3つ 白井 潔さま 代田橋(京王線)、東松原・新代田(京王井の頭線)から徒歩10分圏内の主に小中学生を対象とした個別学習指導塾セルモ羽根木教室と、女性向けのパソコン教室(ワルツパソコンスクール)代表。 個別学習指導塾 セルモ羽根木教室では、最新のICT教材や塾専用問題集を使用し、個別カリキュラムで管理・指導。中学・高校の受験対策から、学校の補習授業、先取り学習、戻り学習(学園を戻って学習)等、ご要望に応じて内容を作成している。 女性向けのパソコン教室 ワルツパソコンスクールでは、パソコン初心者の方からMOSの取得を目指す方まで年齢問わず、専門の女性インストラクターによる親切、丁寧な指導に定評がある。 この専門家にパソコン資格のレッスンを依頼する 1:パソコンに関する6種類の資格 1.MOS試験 MOS試験(Microsoft Office Specialist)は、Microsoft社が提供している国際資格です。Word・Excelの他、PowerPoint、Access、Outlookといったアプリケーションの操作スキルに関する資格を取得できます。 資格レベルは二段階で、一般レベルは関数を利用したデータの集計、グラフやテーブルの作成など基礎的な操作スキルが問われます。エキスパートレベルと言われる上級レベルになると、高度な機能を使ったグラフ作成やデータ作成、関数を使ったデータ分析・ビジネス分析といったスキルを取得できます。しかし難易度はそれほど高くなく、高校生からの資格取得にも適しています。 公式試験は全国の指定会場で毎月1~2回ほど実施されるほか、国内のパソコンスクールでも随時試験が行われます。 2.日商PC検定 日商PC検定は、商工会議所が運営している資格です。商工会議所とは、日本の商工業の発展を目的として組織され、様々な業種・業態の企業及び商工業者が加盟している公益経済団体です。 レベルはベーシック(基礎)から1~3級までの四段階あり、ベーシックでは表計算などの基本操作を学び、トップレベルの1級では企業責任者が実務で活用できるパソコンスキルを取得できます。 試験内容には3種類あり、Wordを利用したビジネス文書作成スキル、Excelを利用したデータ作成や分析スキル、もうひとつはPowerPointを利用したプレゼン資料作成スキルです。どれも企業で活躍するには欠かせない能力ですが、自分のレベルや目的に合わせて組み合わせることができます。 資格試験は全国のネット試験会場で随時開催されており、試験の後すぐに合否がわかることがメリットです。 3.Word文書処理技能認定試験、Excel表計算処理技能認定試験 Word文書処理技能認定試験およびExcel表計算処理技能認定試験は、様々な認定試験を運営しているサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が実施している民間の検定試験です。ワードとエクセルのスキルを、ビジネス現場ですぐに活用できるレベルで身に付けることができます。 試験は知識試験と実技に分かれており、実技では実際に仕事で使うような出題項目になっているため即戦力も補えます。試験レベルは1級~3級の三段階で、1級は難易度が高くビジネス図表・ビジネス帳票のデータ分析や、高度なアプリケーション機能を駆使した業務を効率的に処理できるまでに至ります。 試験は、試験会場に指定された全国の教育機関やパソコンスクールで随時実施されています。企業や学校で導入されていることも多いようです。 4.PowerPointプレゼンテーション技能認定試験 初級・上級 様々な認定試験を運営しているサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が実施しているPowerPoint専門のパソコン資格です。実技試験では、実際にビジネス現場で使われるようなプレゼンテーション資料の作成が題材になっており、学んだスキルが業務の効率化に直結します。 試験レベルは初級と上級の二段階で初級は実務のみ、上級は知識問題と実務試験があります。 5.AccessRビジネスデータベース技能認定試験 AccessRビジネスデータベース技能認定試験とは、マイクロソフト社のアプケーションであるAccessのスキルを身につけられる試験で、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が実施している民間認定試験です。 Accessは簡易的なシステムを開発できるデータベースアプリケーションで、エンジニアでなくても、Accessに内蔵されている機能から様々なシステムを構築することができます。資格階級は、1級~3級までの三段階で、1級になるとビジネス現場での高度なデータベース構築ができるようになり、例えばビジネス帳票の効率的な処理システムの構築などに役立ちます。 Accessのスキル保持者はワードやエクセルほど多くないため、就職活動では希少性の高いスキルを持つ人材として評価の対象になるでしょう。 6.VBAエキスパート VBAエキスパートとは、VBAを使ったパソコンスキルを身に付けられる資格です。主催しているのは、日本国内でMOS試験を運営しているオデッセイコミュニケーションズです。この資格以外にも、様々な国際資格を提供している資格の運営管理会社です。 VBAとは、マイクロソフトのアプリケーションに使われているプログラミング言語です。VBAを使いこなせれば、ワードやエクセルにおけるデータを自動入力するシステム構築をはじめ、ビジネル帳票やデータ管理作業のオートメーション化、大量データの一括管理や作業を効率化するシステム開発ができます。就職活動や転職活動の際には、一歩抜きんでたスキルとして他者との差別化も図れます。 試験内容はExcelVBAとAccessVBAに分かれており、それぞれベーシック・スタンダ―ドと2つのレベルがあります。表やグラフに関わるデータの自動入力や一括管理のスキルならExcelVBA、高度なシステムの自動化や品質製造管理に関わるデータベースのシステム構築を行うならAccessVBAで、SEやプログラマーなどのプロフェッショナル向けになります。 パソコンに関する6種類の資格の、勉強にかかる費用と受験料 1.MOS試験の費用と受験料 各出版社でMOS試験を独学で勉強できるテキストや問題集が販売されています。価格は平均2,000円ほどで、価格帯は1,800~2,500円程度です。教材の内容は、フルカラーで丁寧に解説されたもの、本格的な模擬試験を収録したものとさまざまなので、内容を見てわかりやすいものを選ぶとよいでしょう。 講座やパソコン教室に通うなら、MOS試験対策として専門で教えてくれる講座が適しています。講座の平均価格は受講1回あたり2,000円で、価格帯は1,500~3,000円程度です。試験までには8~11単位ほど受けてから試験に臨みます。 受験料はスペシャリストレベル(一般レベル)で受験料10,584円(学割8,424円)、エキスパートレベル(上級レベル)は受験料12,744円(学割10,584円)がかかります。 2.日商PC検定 独学での知識習得には、商工会議所公式の問題集があります。価格は3,240円です。また商工会議所が運営するパソコン教室もあり、1回(50分)の受講は1,000円です。資格対策コースもあります。 もちろん一般的なパソコン教室でも資格対策講座があり、試験に対応できるまでには6単位~11単位あります。1講座の平均価格は2,000円程度で、価格帯は1,500~3,500円程度です。 受験料はレベルによって大きく異なり、1回の受験料は4,120~10,290円かかります。基礎級(ベーシック)受験料4,120円、3級 受験料5,140円、2級 受験料7,200円、1級 受験料10,290円です。 3.Word文書処理技能認定試験、Excel表計算処理技能認定試験 自主学習には、サーティファイが発売している問題集が便利です。過去問題と併せて、パソコンで実施できる模擬試験問題もあります。価格は1,800~2,000円です。 また、テキストでの独学が苦手であればe-ラーニング式の学習プランもあります。eーラーニングは動画を使った講義形式であるため、テキストよりも分かりやすいと感じる人も多いでしょう。購入価格はOfficeバージョンによって異なり10,800円~24,900円です。利用するには問題集も同時購入する必要があります。 […]