ピラティス

ピラティスのプロと出会う。

ピラティスレッスンなど、ピラティスの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

ピラティスのプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適なピラティスのプロをご紹介。

ピラティス関連の人気のサービス

ピラティス関連のサブカテゴリー

ピラティス関連の最新記事

2021/05/17

ピラティス2種類を詳しく解説!資格が取れるおすすめスクールもご紹介

最近ではダイエットや美容、健康を目的に、ピラティスを始める方が増えています。ピラティスは初心者でも始めやすく、運動が苦手という方や、気軽に運動不足を解消したい方にとって最適なエクササイズでしょう。しかし、実はピラティスは2種類に分かれており、それぞれで特徴や得られる効果が異なるということをご存知でしょうか。 今回の記事では、上記で述べたピラティス2種類について、その違いを詳しく解説していきます。また、ピラティスに関する資格や資格を取れるスクールについても紹介しますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。 目次 ピラティスとは ピラティスは「マットピラティス」「マシンピラティス」の2種類 マットピラティスの特徴 自宅でも気軽にできる 全身を鍛えられる 器具を使ったエクササイズもある マシンピラティスの特徴 部分的に鍛えられる インナーマッスルを鍛えることができる 運動負荷を調整できる ピラティスの資格 インストラクターになるため資格は必須? おすすめのスクール&資格6選 BASIピラティス PHI Pilates JAPICA日本ピラティス指導者協会 STOTT PILATES FTP Japan Peak Pilates まとめ ピラティスとは ピラティスとは、1920年代、ドイツ人の従軍看護師であったジョセフ・ピラティスが開発したエクササイズのこと。第一次世界大戦中に負傷した兵士のリハビリを目的に、負傷者でも行えるエクササイズとしてピラティスが考案されました。 インナーマッスルや体幹を中心に身体を鍛えることができ、現在ではダイエットや美容を目的としたレッスンが多く開講されています。 怪我をしていても無理なく運動できるよう、座ったり寝たりした姿勢でもエクササイズできるのがピラティスの特徴。実際、リハビリの一環として、理学療法士や作業療法士がピラティスを行うこともあるようです。また、胸式呼吸を意識してエクササイズを行うため交感神経が活発になり、頭がすっきりするという効果も得られます。 ピラティスは「マットピラティス」「マシンピラティス」の2種類 ピラティスは、大きく「マットピラティス」「マシンピラティス」の2種類に分けることができます。どちらも身体を鍛えられるエクササイズですが、やり方や効果にはやや違いが。それぞれの特徴について、以下で確認していきましょう。 マットピラティスの特徴 マットピラティスとは、その名の通りマットの上で行うピラティスのことを指します。ヨガマットを使い、呼吸を意識しながら流れるように様々なポーズをとるのが基本のエクササイズ。マットピラティスの効果や特徴について、以下で紹介していきます。 自宅でも気軽にできる マットピラティスは、基本的にヨガマットのみを使用して行うエクササイズです。自分の体重を負荷とするため、特別な道具は必要ありません。そのため、自宅でも気軽に行えるのがマットピラティスの特徴と言えるでしょう。 もちろんレッスンを受けることもできますが、ヨガマットさえあればDVDやYouTubeの動画だけでもエクササイズを楽しめます。 また、マシンピラティスの場合はピラティス専用のマシンが必要となることから、ジムやフィットネスクラブに通う場合がほとんど。マットピラティスは自宅でも行えるため、マシンピラティスと比べてリーズナブルなのも魅力的です。 全身を鍛えられる マットピラティスでは、全身をバランス良く鍛えることができます。インナーマッスルや体幹を中心に身体全体を鍛えることで、ボディラインが全体的に引き締まるでしょう。筋肉量がアップすることにより基礎代謝が向上して、痩せやすい身体にもなります。 また、流れるように様々なポーズをとっていくため、筋肉だけでなく骨格の柔軟性が高まるのも嬉しいポイント。筋力と柔軟性が高まることで、姿勢も自然と正され、血流や自律神経が整えられます。 器具を使ったエクササイズもある 基本的なエクササイズはヨガマットのみで行えますが、マットピラティスには以下のような器具を使ったエクササイズもあります。 ・フォームローラー・ゴムベルト・ピラティスボール・パワーサークル こうした器具を使用し、部分的に鍛えたり、動作の支えとしたりすることで、よりエクササイズの効果を高めることができるでしょう。 マシンピラティスの特徴 マシンピラティスとは、その名の通りピラティス専用のマシンを使ったエクササイズのこと。具体的に、以下のようなマシンを使用してエクササイズを行います。 リフォーマー:ベッドが原型となっており、寝た状態で様々な動作を行うマシンペッドオープル:不安定な箇所に設置されたスプリングを引っ張るマシンキャデラック:ベッドのような形状で、スプリングやバーを使いエクササイズを行うマシンバレル:樽のような形をした部分を利用し、上半身の柔軟性を高めるマシンチェアー:椅子が原型で、可動式のペダルを使いながら座位や立位、寝た状態でエクササイズを行うマシン 専用マシンを使用することから、自宅よりもジムやフィットネスクラブといった場所で行うのが主流。マシンピラティスの特徴や効果について、以下で紹介していきます。 部分的に鍛えられる マットピラティスでは、全身をバランスよく鍛えられると紹介しました。一方、マシンピラティスでは、使用するマシンやマシンの使い方によって、狙った部分をピンポイントで鍛えることができます。 ・チェアーに座りながら足をペダルで押すことで、下半身の筋肉を鍛える・床に座りチェアーのペダルを手で押すことで、大胸筋を鍛える・バレルを使って反り返るような姿勢をとることで、背筋を鍛える このように、マシンピラティスといってもマシンの種類や使い方次第で鍛えられる部分は異なります。マシン選びやその使い方を工夫することで、鍛えたい部分を鍛えられるのがマシンピラティスのいいところでしょう。 インナーマッスルを鍛えることができる […]

2021/05/13

ピラティスとは?エクササイズの種類やヨガとの違いを解説

最近、特に女性の間で話題となっているピラティス。テレビや雑誌で取り上げられる機会も多く、始めてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ピラティスの特徴についてご紹介します。よく疑問に挙げられる「ヨガとピラティスの違い」についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。 目次 ピラティスとは ピラティスの種類 マットピラティス マシンピラティス ピラティス・プログラムの種類 ボディメイクピラティス マタニティピラティス シニアピラティス ヨギラティス ヨガとは ヨガの種類 ハタヨガ アシュタンガヨガ パワーヨガ ホットヨガ ヴィンヤサヨガ ピラティスとヨガの違い 目的 トレーニング法 効果 ピラティスとヨガの共通点 ピラティスが向いている人 まとめ ピラティスとは ピラティスとは、呼吸に意識を向けながらインナーマッスルや体幹を鍛え、身体をバランスよく整えるエクササイズのことです。1920年代、ドイツ人の軍看護師であるジョセフ・ピラティスが、第一次世界大戦中の兵士のリハビリとしてピラティスを開発しました。 怪我人でも可能な筋力増強のためのエクササイズが、ピラティスの起源とされています。現在はリハビリのみならず、ダイエットや美容効果を得られるエクササイズとして広がりを見せてきました。運動強度はさほど強くなく、老若男女を問わず安心して行えるのがピラティスの魅力。そのため、リハビリの一環として、ピラティスがリハビリの現場で取り入れられることもあるようです。 ピラティスの種類 ピラティスは、エクササイズの内容によって、大きく「マットピラティス」「マシンピラティス」の2種類に分類されます。それぞれどのようなエクササイズか、以下で見ていきましょう。 マットピラティス マットピラティスとは、その名の通り、マットの上で行うピラティスのこと。必要な道具はヨガマットのみなため、自宅でも気軽に行えるピラティスとして人気があります。 重力に逆らい、自分の体重をうまく使いながら行うエクササイズが多く、全身をバランスよく鍛えることができるでしょう。 なお、基本的にはヨガマットのみで行いますが、フォームローラーやゴムベルト、ピラティスボールといった道具を使うことも。身体の中で集中して鍛えたい部分がある場合、こうした道具も活用することで、よりピラティスの効果を高めることができます。 マシンピラティス マシンピラティスとは、専用の器具を使い、身体にかかる負荷を調整しながら行うピラティスです。専用の器具を必要とすることから、自宅よりもジムやフィットネスクラブで行われることが多いでしょう。 リフォーマーやキャデラック、バレルといった器具を使用して行い、器具によって鍛えられる部位は異なります。 器具を使ったピラティスと聞くと、難しいように感じられるかもしれません。 しかし、自分に適した負荷に調整してエクササイズを行うことで、初心者でも十分効果を得ることができます。身体がうまく使えないという方も、負荷をかけることで、インナーマッスルや体幹に刺激を与えながらエクササイズができるでしょう。 ピラティス・プログラムの種類 全国のジムやフィットネスクラブでピラティス・プログラムが開講されており、内容によって大きく下記の4種類に分けられます。 ・ボディメイクピラティス・マタニティピラティス・シニアピラティス・ヨギラティス それぞれの内容について、以下で見ていきましょう。 ボディメイクピラティス ボディメイクピラティスとは、理想のスタイル作りを目的としたオーソドックスなピラティスのこと。ボディラインを整え、健康的かつバランスが取れた身体を作ります。 なお、ダイエットを中心としたプログラムや呼吸に意識を向けたプログラム、ヒップアップのためのプログラムなど、施設によって様々な内容があるようです。 名称は施設ごとに異なる場合もあり、主に美容やダイエットをテーマにしたプログラムがボディメイクピラティスに該当すると言えるでしょう。 マタニティピラティス マタニティピラティスは、妊婦の方を対象に、妊娠中でも行えるメニューで構成されたピラティスのことを指します。マタニティピラティスによって得られる効果は以下の通り。 ・出産に必要な柔軟性や筋力のトレーニング・姿勢や呼吸の改善・体重管理の補助・体力作り・ストレス解消 いずれも妊婦の方にとって嬉しいメリットばかりで、妊娠期間だけでなく、産後の母体回復にも効果的です。 なお、身体的なケアだけでなく、軽く身体を動かすことにより精神的なケアもできるのがマタニティピラティスの魅力。妊娠中は誰しもストレスを抱えるものですが、ストレスが大きくなりすぎると、身体に影響が出てしまう可能性もあるでしょう。マタニティピラティスではストレスを軽減し、身体も心もリラックスさせることができます。 シニアピラティス シニアピラティスとは、高齢の方を対象に、加齢によって衰えた身体機能の維持・回復を目的としたピラティスのこと。それぞれの健康状態に応じて身体にかかる負荷やメニューが調整され、高齢の方でも無理なく行えるエクササイズとなっています。 高齢の方に多いのが、身体を動かさずにいるせいで筋力が衰えてしまい、歩行バランスが崩れて起こる転倒事故。シニアピラティスでは負荷が少ないプログラムを中心に行い、日常生活に必要な身体の筋力をつけていきます。身体を適度に動かすことで認知症や寝たきりを防ぎ、長く健康的に過ごすことができるでしょう。 […]