学習

学習のプロと出会う。

コミュニケーション、数学、受験対策・受験勉強など、学習の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

学習のプロをカテゴリーから探す

Zehitomoに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な学習のプロをご紹介。

学習関連の最新記事

2018/12/17

小学生の塾選び、家庭教師選びのポイント4点【専門家監修】

小学生の塾選びに際して、先生の選び方を解説します。また、小学生の勉強方法には、塾がいいのか?家庭教師がいいのか?、中学受験とは何か?公立中学校と私立中学校の違いは何か?と、小学生の勉強を取り巻く状況を解説しています。 多くの子供に指導をしている専門家にも意見をいただいています。ぜひ、大切な家族の勉強や受験について、真剣に考える際の検討材料にしてください。 坂尾 千春さま コールセンターで接遇についての講師を10年以上担当するほか、採用担当も兼任。日本人向けのビジネスレッスンとして、ビジネス文書の添削、模擬面接指導/練習、ビジネス会話(敬語)、接遇について話し方、しぐさ等含めトータルで指導。 これから働く日本人学生はもちろん、日本で働く外国人へ日本語のレッスンも行っている。 他の「家庭教師」関連記事も読む <INDEX> 1:中学受験の先生を選ぶポイント4つ 2:塾と家庭教師の費用の比較 3:中学受験とは 4:中学校の学費の比較 1:中学受験の先生を選ぶポイント4つ 1.先生の実績を知る 先生自身の出身校や指導経験年数、指導科目などのプロフィール的な実績だけでなく、中学受験の指導経験、自分の子供と同年齢の生徒を教えた経験、さらには教え子がどんな中学を受験し、その合格率はどうだったかなど一歩踏み込んだ実績を知ることが大切です。 私立中学と公立中高一貫校は受験(受検)内容が異なり、私立でも最近は思考型と呼ばれる試験を実施する中学も増えており、中学受験と言っても志望校によりその対策が異なるためです。 先生自身に中学受験経験があり、かつ子供の志望校出身者か難関中学出身者ですと経験を生かし子供の気持ちを汲んだ指導が期待できます。 大手学習塾は、一人ひとりの先生の個性や実績うんぬんの前に、塾の方針が影響してしまいます。まずは塾としての中学進学実績や在籍生徒の偏差値を確認するとともに、先生の採用方針や先生を研修するシステムがあるかなどを確認します。 必ずしも「先生自身に中学受験経験があり、かつ子供の志望校出身者か難関中学出身者ですと経験を生かすことができる」と言えるわけではありません。 最近は学校の方針が替わったり、女子高が共学になったりと少子化などに伴う変化が多いです。 「私のころはこうだった」というのを押し付けない先生というのが最も良いですよ。 「大手学習塾にはまず塾の方針が影響する」とは言いきれません。 確かにカリキュラムに沿って授業をされることも多いですが、例えば最難関を目指すことで有名な某進学教室では、ある程度先生の個性を活かした授業をされています。 同じ校舎の同じ科目でも先生によって全く違う印象の授業をしている、ということは良くあります。 2.費用を比較する 学習塾にかかる費用は、年間合計で小学4年生が約39~55万円、5年生が約64~79万円、6年生約80~130万円です。入塾時に入学金が約21,000円程度です。 6年生は通常クラスに加え、オプションですが志望校対策の特別講習や春・夏・冬期講習などが加わるため高額になります。 経験値が高く、生徒のデータや過去問などが蓄積されているので志望校や併願校を決める参考情報が充実し、対策が練りやすい環境です。集団学習が一般的ですが、レベル別の授業を実施していることが多く、競争心が高まりつつ励みにもなる友達ができます。1日に数科目の授業を受けるため帰宅が遅くなることもあり、交通や夜道の心配があります。 家庭教師にかかる費用は、1時間あたり約1,500~3,500円が相場ですが、中学受験を行う場合の授業では約3,000~6,000円と上がります。先生の交通費は家庭にて実費負担するのが通常です。 曜日や時間の希望に応じてもらいやすいため習い事との両立ができ、振り替えが可能なこともあります。最初によく話し合い取り決めておくことが重要です。 家庭教師派遣センターなどに登録して先生を探す場合は、登録料が2万円程度発生し、交通費負担や振り替えなどは会社により取り決めが異なります。 自宅や行きなれた図書館などで勉強をするため落ち着いて学習でき、一般的に1日あたりの授業時間は塾より短いですが、先生とかかわる時間は塾よりも長いです。マンツーマンで理解レベルに合わせて勉強を進められる一方、家庭教師の提供するサービスによっては子供のレベル把握や進路指導を受けづらいこともあります。 それを補うために、模擬試験や夏期講習などで単発的に塾を利用することになることも多いため、家庭教師に授業を依頼して塾に通塾せずとも、同時に塾の動きを意識する必要があります。 また、先生の急な都合で授業ができない時に代わりの先生による授業は約束されません。 3.先生の人柄 実績が素晴らしい先生でも、その人柄に問題があれば有効な学習はできません。親だけで先生を決めず、体験授業などを受けて、子供との相性や人柄をみることが重要です。 塾の場合は地域の人などから評判や口コミを探しやすく、授業を受けている子供達の様子を見れば先生の人柄にも見当がつきます。 ただし授業が楽しいからと言って先生としての力が優れていたり、子供との相性が良いとも限りません。 子供が好きな先生であっても成績に問題が見られたり、自分で勉強する習慣がつかないようでは意味がありません。 中学受験成功という目標に向かって子供はもちろん保護者とも三位一体となって取り組む高い志が保護者から見て感じられること、子供との相性が良いことが大切です。 4.スケジュールの自由度 集団授業を行う塾は、コース受講(受験科目全てを時間割で振り分けられたクラスで学習する)が基本ですが、特定の科目だけ単科受講したり、春・夏・冬期の講習にだけ参加したりすることが可能な場合もあります。 個別学習塾は、都合に合わせた曜日・時間で通塾できます。ただし先生や席の空き具合によるためどのくらい希望が通るかは事前に確認が必要です。 家庭教師は双方の都合を合わせてスケジュールを立てることができますが、他の生徒との掛け持ちの場合もあるため、完全に要望に応えることができるかどうかは先生次第です。 2:塾と家庭教師の費用の比較 塾 学年が上がるにつれ費用も上がるのは、授業時間や試験などが増えるためです。小学6年生でかかる費用を見ると、大手進学塾の平常授業の月謝は5万円台ですが、9月から7~8万円台に上がることが一般的です。 通常授業がない8月は月謝はかかりませんが、代わりに夏期講習が16~17万円台、さらに夏休み中には志望校に合わせた特別講座や合宿などがあるため、それらに参加すると6~7万円程度が上乗せになります。 他に春・冬期講習がそれぞれ4~6万円台、正月特別特訓に1~5万円台です。教材費が月謝に含まれていないと教材費が年間で4万円程度かかることがあります。志望校判定や模擬試験などのテストが年に6~9回程度行われますが、その費用は月謝に含まれていないことが多く、試験毎に4800~5300円程度かかります。 新6年生と呼ばれる5年生の2月から6年生の1月までの1年間にかかる費用は、通常授業料は約65~75万円ですが、季節講習や特別講座、テストなど全てに参加すると塾費用合計は約120~130万円です。 同じように見ると、地元に密着した個人塾はかかる費用が相場より低いのが一般的です。例えば、平常授業の月謝が8000円程度、季節講習や模擬試験など全て参加すると年間合計で約25万円です。 ただし平常授業時間数が大手進学塾より少ないため、それを補うために平常授業に並行して同じ塾でマンツーマン指導を受けたり、小規模塾だからこそ個別に対策をとってもらったりできることもあり、その分の費用は上乗せになります。 また、合格力判定や志望校対策などのみ大手進学塾を利用する際は、それらの費用も考える必要があります。 家庭教師 家庭教師派遣センターのような企業を通すと、個人契約より入会金や登録料、サポート費用などが余分にかかります。しかし在籍教師数が多いため選択肢が広いことに加え、教師と家庭の間に企業が入っていることの安心感や利便性が大きいことから利用する家庭が増えています。 […]

2018/12/10

高校生の塾選び、先生選びのポイント4点【専門家監修】

高校生の塾選びに際して、先生の選び方や勉強方法は?という視点で解説します。 「大学受験とは何か?」というポイントから、大学受験のタイミングで一気に広がる進路の選択肢について、どのような大学があり、どんな特色があるのかも理解しましょう。 高校生の3年間はすぐに過ぎます。高校入学と同時に大学受験のことを考えてもいいぐらいです。 これまで数多くの大学受験をサポートした実績のある専門家にも意見をいただいています。 前山 大さま 三鷹個別学習会高校生教室 株式会社Stepping Stone代表。東京都調布市にあり、これまでの9年間に300名以上の生徒の大学受験を見事に突破させ、地元のみならず、京王線沿線で大学受験のために塾や予備校をお探しの高校生・既卒生から支持されている個別学習会で研鑽をつみ、その実績から新たに教室長として三鷹個別学習会を開校。 開校初年度から結果を出し、2018年、独立。「生徒を伸ばすことにこだわる塾」として、日々一人ひとりの生徒と向き合っている。 生徒の合格実績の表記は、よくある「合格者数の延べ表記」は行わず、一人一校表記で「一人の塾生が複数の学校に合格しても、その塾生の進学先のみを掲載」するなど、塾選びや塾の合格実績を正しく知りたい受験生や保護者に誠意を持って教室を運営している。 この専門家に大学受験の勉強を相談する 大学受験の先生を選ぶ際のポイント4つ 1.個別指導か、集団指導か まずは、生徒には個別指導の方が合うのか、集団指導の方が合うのかを考えます。 集団指導や映像指導には、生徒が先生に合わせていかないといけません。先生たちは「より多くの生徒がわかりやすい授業を行う」という能力がある方々です。なので「生徒に合わせて指導法を調整してもらう」という調整は難しいです。生徒側にも、先生の授業についていく能力が必要です。 逆に個別指導塾は「生徒に合わせて指導してくれる」という側面が強くなりますが、それも塾や会社の経営方針によって異なります。今、個別指導塾は非常に増えていおり、選ぶのも大変です。 個別指導の先生を選ぶときは、直接生徒に指導を行う先生が「この生徒が第一志望の大学にいくために、いつまでに、何をどうするのか?」ということを理解していて、答えることができるかということも大切です。 「生徒に必要そうなことを、指示されるままに生徒に教えている個別指導」のではなく「生徒にはいつまでにこれが必要である」と教える側が理解して主体的に教えているかどうかが、「本当の意味での個別指導ができているか」という点を理解する指標になります。 塾に早くから行くとして、受験を目的として考えるならあれこれと科目をとらず、時間がかかる科目1科目にしぼって、早くから得意科目にできるようにしましょう。また、学校の成績をあげていくことを考えるなら、定期テストのために幅広い教科に対応できる塾を探してください。 2.先生の実績を知る 今までその先生が生徒をどの大学にどれだけ進学させたことがあるかというのは、先生選びの重要なポイントのひとつです。 特に、独自の入学試験を課している私立大学を志望している学生や、専門性の高い大学を志望している学生は、その大学に進学をさせた経験の多い先生のほうが、傾向や対策などのノウハウの蓄積が多く、的確なアドバイスをもらえるでしょう。 また逆に、国公立大学を志望しているのであれば、センター試験対策をしっかり行える先生を選べば、より自分にあった授業を受けることができるでしょう。 大学受験をするときに、どうやって塾を選ぶのでしょうか。多くの学生が「大手予備校、地域の塾、映像授業」という3つの選択肢を考えます。しかし大手予備校と映像授業で授業をしている先生の実績を知ることは難しいです。教科単位で教えていたり、数多くの生徒を受け持っているため、先生個人の実績の出し方も難しいためです。 3.費用を比較する 大学受験の先生は、大きく分けて予備校や大学受験塾などでの集団指導と、家庭教師や個別指導塾などの個人指導に分けられます。 集団指導は同じ志望校の友人やライバルと励ましあって勉強できる、実績のある人気の先生にも指導を受けやすい、多くの生徒に対して先生が1人なので自分から積極的に質問をしていくことが必要、などの特徴があります。多くの集団指導が、塾が用意した参考書をもとに学習を進めていきます。 個別指導は先生1人に対して生徒が1人~数人と少人数制であるため、生徒はより直接的な指導を受けることができます。 集団指導が合わない学生や、集団指導が物足りなくよりハイレベルな指導を望んでいる学生に向いています。最初に用意される参考書のほか、生徒の理解度や進み具合に応じて参考書を変えたりオリジナルのテキストを用意したりと、自由度の高い指導をする先生もいます。 費用を比較すると、集団指導の場合は年間50~70万程度、個別指導の場合は年間60~80万程度と、比較的個別指導のほうが高額となる傾向にあります。 費用は、通年の通塾費用や授業代だけではなく、テストや夏休み冬休みの時期に行われる、期間講習の特別授業の料金も含めて考えてください。 また、費用がいくらかかるのかを明確に出している塾と出していない塾があります。費用を明示している塾や家庭教師は「信用しやすい」と、選ぶ目安として考えていいでしょう。 「費用を最も重視している」というご家族はあまりいらっしゃいません。やはり「お子様にとって合う塾か?先生か?」という点をみなさん気にかけていらっしゃいます。 4.先生の人柄 先生の人柄も、先生を選ぶ際に重要となるポイントのひとつです。先生の生徒に対する態度や教えるスタイル、熱意などはそのまま生徒のモチベーションに直結します。実績の高い人気の先生でも、相性が悪ければその期待する結果が得られないということにもなります。 多くの塾や家庭教師は、体験授業を行います。体験授業を受けて先生の人柄が自分に合うかをチェックしましょう。しかし体験授業では塾側、先生側もいい印象を与えようとします。そのため入塾後に「体験授業と違う」など違和感を感じたら、その塾や先生はやめたほうがいいでしょう。 大学受験とは 大学入試は国公立大学、私立大学共に、大きく一般入試、推薦入試、AO入試に分けられます。一般入試は、国公立大学では独立行政法人大学入試センターが各大学と共同で実施する、大学入試センター試験(以下センター試験)を受験することになります。 私立大学は、各大学独自の試験と、センター試験の成績を利用する方法があります。 推薦入試は、出身高校校長の推薦に基づき学力調査を免除された入試で、調査書と学力以外の試験結果を主な判断材料とされます。試験内容には小論文や面接などがあり、面接時には専門的な知識を口頭で問われることもあります。 AO入試はアドミッション・オフィスの略で、アドミッション・オフィスという部署が選抜していたことからそのように呼ばれるようになりました。AO入試ではエントリーシートなど受験生の提出書類と面接が判断材料とされ、他の入試方式よりも、学生の意欲や目的意識を高く評価する傾向があります。そのため、面接では論文やプレゼンテーションを課す大学もあります。 私立大学とは 私立大学とは、国や自治体ではなく、独立した学校法人が運営している大学です。日本では、大学全体の3/4が私立大学といわれています。 早稲田大学、慶應義塾大学や立命館大学などが私立大学の中でも有名です。東京箱根間往復大学駅伝競走(通称、箱根駅伝)に出場するのもほとんどが私立大学です。多くの私立大学が国公立大学と比較して受験科目が少ないです。 独立した法人組織であるため、国公立大学と比較して、個性や専門性が強く、宗教、強い理念など特定の目的やブランドイメージに基づいて運営されています。 したがって、自分の学びたいことや個性、将来の目的に合致した大学であれば、私立大学は大きな学びの場となります。入試方式もセンター試験ではなく、独自の試験方式を採用する大学も多くあります。 文部科学省が、私立大学が入学定員を1名でも超えた場合に助成金を減額するなどの罰則を強化すると取り決めたことで、2018年に多数の浪人生が出他だけでなく、受験生は多数の私立大学、学部を受験しました。しかしこの罰則強化を「当面」見送るとしました。(2018年12月現在) このように受験生を取り巻く環境がその時々で変わっているため、生徒と一緒に家族も受験の流れを調べて、サポートしてあげてください。 国公立大学とは 国公立大学は、国立大学法人という法人が運営している大学です。国立大学法人は国立大学法人法によって定められた独立行政法人であり、公的な特色の強い大学です。 私立大学と比較して受験科目が多い(国数英理社の5教科)、ひとつの大学の中に様々な学部や学科が存在するなどの特徴があります。多くの学科が混在するため、集まる学生も様々な個性を持った人が多いです。 国公立大学によって科目によってのバランスがかなり違うため、センターと二次試験の割合を考えた戦略的な作戦を考えることが必要です。また、2020年には現在の「大学入試センター試験」は「大学入学テスト」として変わります。 海外の大学で学ぶ 日本の大学に進学し、留学をする […]