音楽

音楽のプロと出会う。

ボイストレーニング、音楽制作、楽器、楽器など、音楽の「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

音楽のプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な音楽のプロをご紹介。

音楽関連の人気のサービス

音楽関連のカテゴリー

音楽関連の最新記事

2022/07/05
クラリネット初心者向け!基本の吹き方と練習方法

クラリネットは、ただ息を吹き込んでも音が出ません。クラリネットの吹き方で大切なのは、口の形と息の使い方を調節してリードを振動させることです。 今回はクラリネット初心者の方に向けて、基礎知識から基本の吹き方、練習方法などを詳しく説明していきます。  腹式呼吸を意識しながら息を入れてリードを振動させると、クラリネットの音が綺麗に鳴ります。さらに上達させるには、ロングトーンやタンギング、音階練習といった基礎練習を積み重ねていく必要があるでしょう。 目次 クラリネットの基本情報 クラリネットの4つの種類 B♭クラリネット E♭クラリネット アルトクラリネット バスクラリネット 初心者におすすめのクラリネット B♭クラリネット 目的に合った材質 信頼できるメーカーから選ぶ クラリネットの基本的な吹き方 初心者がクラリネットを吹けるようになるためのコツと練習方法 本体を組み立てる リードをつける 音を出す 音の長さをコントロールする 音階を吹く 曲を演奏する クラリネット初心者が注意すべきポイント クラリネット初心者におすすめの練習曲5選 初心者におすすめなクラリネットの上達法 まとめ クラリネットの基本情報 クラリネットとは、縦長の形をした木管楽器のこと。マウスピース、バレル、上管、下管、ベルで構成されており、「グラナディラ」という黒く堅い木を使用したものが広く使われています。 「リード」と呼ばれる葦でできた薄い板をマウスピースに装着し、息を吹き込んでリードを振動させると音が出る仕組みです。木材で作られているため、気温や湿度、直射日光などには気をつけて管理しなければいけません。 音域は4オクターブと広く、管楽器の中では最も幅広い音域だと言われています。木管楽器ならではの柔らかい音色で、メロディーラインや伴奏など、様々な役割を発揮してくれる楽器です。 クラリネットが使用される音楽 持ち前の音色と音域の広さを活かし、クラリネットは幅広い音楽ジャンルで使用されてきました。クラシックをはじめ、ポップス、ジャズなど、様々なジャンルの楽曲でクラリネットは活躍しています。 見せ所として、クラリネットのソロやアンサンブルパートがある楽曲も多いでしょう。多様な楽器が登場する中でも、唯一無二の存在感を放っています。 クラリネットの4つの種類 クラリネットは大きさと音域によって大きく4種類に分類することができ、それぞれ必要とする音域で使い分けられます。それぞれの特徴を確認し、自分が演奏したいクラリネットはどの種類なのか考えてみてください。 B♭クラリネット 通称「ベークラ」と呼ばれるクラリネットで、一般にクラリネットというとB♭クラリネットのことを示します。ソロやオーケストラ、吹奏楽、ジャズなど様々なジャンルのメロディーラインで使われており、明るく豊かな響きが特徴的。クラリネットを初めて演奏する方やソロで演奏する方、幅広い楽曲に挑戦したいという方におすすめです。 E♭クラリネット 通称「エスクラ」と呼ばれ、B♭クラリネットよりも音域が高くサイズが小さいクラリネットです。音色が鋭く甲高いため、難易度が高めな楽器。曲中の印象的なフレーズを演奏することも多く、演奏に華を添えてくれます。オーケストラやバンドの中で、目立つフレーズを演奏したい方におすすめです。 アルトクラリネット B♭クラリネットよりも音域が低く、全長も長くなったクラリネットです。B♭クラリネットやE♭クラリネットのような華やかさは物足りないかもしれませんが、美しい和音を奏でる上では欠かせません。 安定感のある落ち着いた響きで、オーケストラやバンド、アンサンブルのサウンドをより豊かにします。目立つような演奏というよりも、他の楽器と調和しながら充実したハーモニーを奏でたいという方におすすめです。 バスクラリネット アルトクラリネットよりも更に音域が低く、重厚感のある音色が特徴のクラリネットです。厳粛な中にもどこか温かみのある音色で、ハーモニーの低音域をしっかりと支えます。サウンドに厚みを加える存在として欠かせません。 また、時には曲中のソロを担当することもあり、厚みのある音色が豊かな表情を見せてくれます。オーケストラやバンドの低音担当として、深みのある演奏がしたい方におすすめです。 (参照限情報:YAMAHA、コーポレートサイト、2022年5月16日現在時点情報。) 初心者におすすめのクラリネット ひとえにクラリネットと言っても、種類は様々。どのクラリネットを選べばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。そこで、初心者におすすめのクラリネットのポイントを紹介します。 1. B♭クラリネット クラリネットの中で最もスタンダードなのが B♭クラリネット 。息の吹き方次第で様々な音色を表現でき、メロディを奏でるときにも、他の楽器と演奏するときにも幅広く活躍します。 2.目的に合った材質 クラリネットは、主に木材かプラスチックによって作られています。それぞれに特徴があるため、自分の目的に合った材質を選ぶようにしましょう。 […]

2022/06/28
エレキギターは独学だと難しい?初心者でも実践できる練習方法

エレキギターを弾けるようになるには、ポイントを抑えた練習が大切です。今回の記事では、初心者でも実践できるエレキギターの練習方法をご紹介します。独学で上達するために必要な知識もお伝えしていくので、ぜひチェックしてみてください。 目次 エレキギターとは エレキギターを独学で習得することは可能? エレキギターを独学で上達させるための心構え 練習を始める前に知っておくべき基礎知識 独学でできるエレキギターの練習方法 音階を弾いてみる コードを弾いてみる ストロークの練習をする 簡単な楽曲を弾いてみる エレキギター初心者向けのおすすめ教則本4選 できる DVDとCDでゼロからはじめる エレキギター超入門 DVDで今日から弾ける! かんたんエレキ・ギター new edition ギター・マガジン ギター基礎トレ365日! ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール エレキギターをさらに上達したいなら エレキギターとは エレキギターは、シールド(コード)でアンプとつなぎ、音を出すギターのこと。そのまま弾いても音は出るものの、音量が小さいため、人前で演奏する目的であればアンプにつながなければいけません。ピックアップと呼ばれるボディ内の装置が、弦の振動を電気信号に変換し、シールドを通った電気信号がアンプで音として出る仕組みです。 似たような楽器でアコースティックギターもありますが、エレキギターと違い、アコースティックギターはアンプを必要としません。本体のみでも十分音が出るため、アンプなしで演奏することができます。また、エレキギターは弦の太さが細く軟らかいのに対し、弦が太く硬いというのも、アコースティックギターの特徴でしょう。 エレキギターを独学で習得することは可能? エレキギターは独学でも習得が可能です。 不安に思う方もいるかと思いますが、初心者向けの教則本を参考に練習すれば着実にスキルを高められます。 また、近年では教則本だけでなく、YouTubeやウェブサイトなどで練習方法を調べることもできるでしょう。動画や図解でわかりやすく説明されているものが多く、インターネットだけで十分すぎるくらいの情報を得ることができます。 このように、独学でも練習できる環境が整っているため、音楽教室に通わなくともある程度のレベルまで上達させられるでしょう。 どれくらい独学で練習すれば上達する? 楽器に関わらず、スポーツなどにも言えることですが、何事もすぐに上達するものではありません。エレキギターももちろん同様です。しかし、独学でもしっかり練習すれば、着実に伸びていきます。 では、どれくらい練習すればいいか?大まかな目安にはなりますが、20時間練習すれば、簡単な曲を1曲弾けるようになるはずです。 もちろん、ダラダラとやっていれば、もっと時間はかかってしまいます。1日あたり30分コツコツと練習すれば、40日程度である程度弾けるようになる計算です。一日当たりの練習時間を増やせば、さらに上達は早くなるので、時間に余裕がある方は、ガンガン練習しましょう! エレキギターを独学で上達させるための心構え 短時間であっても、間隔を空けずに継続することが大事です。 まず初歩的な基礎練習からスタートしましょう。 「早く楽曲を弾けるようになりたい」「かっこいい演奏をしたい」などの理由で、序盤から難しい練習をしても一向に上達しません。 基礎練習をしっかり行うことで、以下のようなメリットが得られます。 ・楽曲を演奏するための基礎スキルが身につく・エレキギターを弾くのに必要な筋肉が鍛えられる・基礎スキルを身につけることで、様々な楽曲に対応できる・楽曲を演奏するときのクオリティが上がる 最初は基礎練習を徹底して、徐々に難しいテクニックや楽曲を練習するようにしましょう。 練習を始める前に知っておくべき基礎知識 練習を始める前に知っておきたい基礎知識を紹介していきます。 チューニング チューニングとは、6本ある弦の張力を調整し、それぞれの音を正しい高さに合わせること。弦は一度正しい音に合わせても、時間の経過や気温・湿度の変化とともに音が少しずつ狂うため、こまめな調節が必要です。 チューニングは、基本的にチューナーと呼ばれる機械を使って行います。 1本ずつ弦を弾き、チューナーを見ながらチューニングしていきます。 まずは、最も太い6弦から細い1弦に向かって、「E・A・D・G・B・E」の音に合わせるレギュラーチューニングを覚えましょう。 やり方は、こちらの動画を参考にしてみてください 。 コード コードとは、複数の弦を押さえて弾く和音のこと。明るい響きの「メジャーコード」と哀愁漂う切ない響きの「マイナーコード」があります。アルファベットや数字で表記されているのが特徴です。楽曲はこのコードをつなげたもので成り立っています。 一度覚えてしまえば他の楽曲にも応用できるため、最初に覚えておくと便利でしょう。 TAB譜 […]