税理士


税理士のプロが近くに2,897人います

プロの探し方

Supporters

税理士のプロ一覧

(5ページ目)

埼玉県さいたま市 浦和区
40年の歴史と40人以上の従業員で対応します!

☆毎月の税務業務から随時行う会計、決算時まで1年を通してお客様の税務業務をお任せください。 ● 税務会計が分からないから丸投げしたい。 ● 決算前ミーティングを行うことによって   お客様の状況に応じた節税対策等をご提案します。 ● 経営計画立案とそれに対してのフォローをしていきます。 ● 税務署OBがいるので、税務調査立会に強いです。 ● 面談の回数はお客様のご状況に応じて選べます。 ● 会社の健康診断ができます ☆不動産税務・コンサルティング ● 郵送するだけ記帳丸投げサポート ● 節税提案 ● 確定申告サポート ● 資産拡大のためのスキーム提案 ● 事務所オリジナルの不動産キャッシュフロー分析をご提案

兵庫県西宮市
元気・陽気・やる気がモットーです。

当事務所は1993年に開業いたしました。たくさんの経営者の方と出会うことができ、やりがいのある仕事をすることができて独立してよかったと思っております。 最近、税理士業というものがサービス業に移り変わっており、これからは決算申告書を作成するだけの税理士は必要とされてこないでしょう。 みなさまに有益なサービスができるように日々勉強し、最善のパートナーとなれればと考えております。

兵庫県小野市
全力には、最善力でサポートします。

当事務所は、所長税理士が33歳、スタッフも20代が在籍しております。 月次会計業務、経営コンサルティング、相続業務、資金繰りと幅広く対応しております。 当事務所のコンセプトは、「地域でクライアント利益率NO1」の事務所を目指して、クライアントの利益計上を最優先にコンサルティングしております。 顧問料も低価格から高付加価値まで幅広く設定しており、依頼者のニーズを満たすことができます。 特に、得意とする業種は、「不動産業」「美容業」「社会福祉法人」 に力を注いでおります。 ホームページは、敢えて作成しておりません。直接コンタクトを取っていただいて、小川の人柄を確認してみてください。

神奈川県横浜市 中区
▶対応力の高さ、仕事に対する誠実さ、知識経験の広さ

▶一般に会計事務所に求められる業務につきましては、プロフェッショナルとして高度なスキルを持って対応します。  税務顧問(個人事業者、会社、医療法人、学校法人)  相続税対策・相続税申告・事業承継対策  アウトソーシング(記帳代行、給与計算)  コンサルティング(経営管理、管理会計) ▶それに加え、多くの会計事務所で苦手とする仕事、断られるような仕事もお引き受けしています。例えば、社外取締役、経営会議への参加、経営コンサルティング、社内監査、フリーランサーへのリーズナブルな料金設定・・・。 ▶公認会計士としての業務ももちろんお受けていたします ▶関連会社で「わくわく経理サポート」事業を行っています。 個人事業者様から中堅事業者様、学校法人様、医療法人様、公益法人様、社会福祉法人様までカバーする記帳代行、給与計算等のアウトソーシングを納得のサービス料金でお受けできます。

栃木県宇都宮市
0
飲食店に強い税理士

飲食店黒字化税理士 平成元年 東京生まれ、両親は沖縄出身。 宇都宮調理師専門学校卒業(現IFC調理師学校) 調理師免許を保有し、飲食店の現場を知っている税理士。 税金だけでなく、売上アップやIT化支援まで行い、「飲食店の黒字化」まで支援する。 東京で公認会計士として働いているとき、実家が飲食店の妻と出会う。 「いっしょに飲食店をやってほしい」と言う妻の言葉をきっかけに、栃木県に引っ越し、調理師学校に1年間通った。 将来は自分のお店を持ちたいという調理師学校の同級生の夢を手伝いたいという想いと、「あなたにしかできないことをした方がいいよ。」という妻の言葉に押され、税理士としての起業を決意。 とはいえ、知り合い0、経験0からのスタートだったため半年間売上0の状態が続いた。 税理士事務所閉鎖も考えていた矢先、ようやく若手シェフの創業融資の問い合わせがくる。 自己資金が少ない中でも、無事融資は成功。 この融資の経験を通して「お客様のそばに寄りそえる」税理士の仕事にやりがいを見出す。 徐々に顧問先が増えるなかで、赤字に悩む飲食店の顧問先のすがたを数多く目にする。 これでは、飲食店の悩みに応えられていない。 なら自分で売上アップの支援までできる事務所にしてみてはどうだろうか? その想いを胸に、税金だけでなく、行動計画の策定や販売促進支援など「飲食店の黒字化」まで支援する税理士を目指す。 「飲食店専門ということで、現場の悩みも相談しやすいし、頼んでよかったです。」 「年齢が近いのと、飲食店の現場を知っているから相談しやすい」との声も多く、身近な税理士として評判。 「飲食店の方が、時間とお金に余裕を持ち、プライベートの時間を大切にできる環境を作る」との想いのもと、日々奔走中。

0
東京都新宿区
30代の若さを生かした迅速・誠実な対応

法人・個人の、決算書・申告書の作成 会計帳簿の記帳代行 会計・税務コンサルティング 給料計算・年末調整 税務調査立会い 経営計画書作成支援 事業資金融資支援 開業・法人設立支援 事業承継対策 相続税・贈与税の申告手続き 相続税節税対策 生前贈与対策

大阪府寝屋川市
不動産投資専門の税理士事務所です。

「不動産オーナー」の節税対策やコンサルティングを中心にサポートしている税理士。 大阪府寝屋川市・枚方市などの北摂北河内エリアを中心とし、Chatwork、クラウド会計など、最新のテクノロジーを活用。遠方のお客様も対応可能です。 ホームページ:https://www.hirakawa-tax.com

東京都港区赤坂
クラウド会計専門です!経理の効率化はお任せ下さい。

はじめまして。当事務所はクラウド会計を専門として全国のお客様のfreee導入、決算・税務申告、年末調整、給与計算等、バックオフィスをトータルでサポートさせて頂いております。 まずはお気軽にお困りごとをご相談頂けたら幸いです。 税務に限らずなんでもOKです!

千葉県千葉市 中央区
千葉で若手税理士をお探しなら

はじめまして。 市原市出身の30代税理士です。 千葉市中央区、JR本千葉駅前にて独立開業いたしました。 法人顧問や決算、起業・創業支援、資金調達その他、税務・会計、経営全般に関することでお悩みの方はぜひお気軽にご相談下さい。 ☆クラウド会計、Zoom、Chatwork等対応 HP: https://www.hosokawakaikei.com BLOG: https://www.hosokawakaikei-blog.com

滋賀県草津市
お客様の気持ちに寄り添い、真のパートナーとなります

こんにちは、久保亮と申します。 滋賀県を中心に、公認会計士・税理士として活動しております。 お客様の良き相談者として、あなたの事業に関わる悩みを解決すべく、様々なサービスを提供しております。 全てのサービスに共通して、以下のような特徴があります。 ★ポイント 1.ご依頼いただいた業務は久保本人がすべて対応します 2.とにかくしっかりお話を聴きます 3.クラウド会計ソフトをはじめ、最新ツールへのキャッチアップが早い 4.フットワークが軽い、素早く動く 5.話しやすい、気さくな性格 こんなお客様、ぜひお問い合わせください。 ・会社を設立したてなどで、税理士を探している ・クラウド会計を導入したい ・今の税理士が質問に満足に答えてくれない、対応が遅い ・税理士が話を聞いてくれない、いろいろなことに融通がきかない ・滋賀県を盛り上げたくて頑張っているおり、税理士も地元の方が良い!

東京都文京区
文京区で税理士をお探しなら|30代の会計士

こんにちは。会計士/税理士の太田です。東京都文京区で会計事務所を経営しております。 私は1986年生まれの30代ですが、20代~40代の開業・会社設立をお考えの方から多くのご相談をいただいております。 開業・会社設立に関するお悩み等について、是非ご相談ください。 ・新規開業から事業のスケールアップまで企業支援の経験豊富な会計士が成長を応援します。 ・ITを活用した徹底的な効率化により、リーズナブルな価格でサービスを提供します。 ・ご要望に応じ、バックオフィス業務効率化・資金調達等、経営を総合的にサポートします。

もっと見る

税理士に関する良くある質問

税理士関連の最新記事

2021/07/31

ゼロから分かる確定申告!必要な場合を解説

「確定申告」とは聞くものの、どういったものなのか、いつ必要になるのか、よくわかっていない方もいらっしゃるかもしれません。もしかすると、確定申告をしていないために損をしている場合も。 そこで今回は、対象者が多い「所得税の確定申告」について、一から説明していきたいと思います。 本記事の内容を参考に、いま一度確定申告について見直してみてください。 そもそも確定申告とは? 確定申告とは 確定申告とは、1年間のうちに生じた所得額と、それに応じた所得税・復興特別所得税の金額を計算し、自らの所得税額を税務署に申告・納税する制度です。 所得税の申告期間は、基本的には毎年「2月16日〜3月15日」とされており、この期間内に、前年の1月1日〜12月31日で生じた所得税額を申告します。 なお、令和2年度分の申告期間は「令和3年2月16日(火)〜3月15日(月)」でした。 年末調整と確定申告の違い 同じく税金に関する制度で、「年末調整」と呼ばれるものがあります。耳にしたことがある、という方も多いのではないでしょうか。 年末調整とは、簡単に言うと「従業員の所得税額を会社が最終調整・精算する」という制度です。 通常、正社員やアルバイトなど、従業員の所得税を会社が代わりに納めるため、毎月の給与から「源泉徴収」として天引きしています。(月88,000円を超える場合のみ) なお、このときに天引きされる額はあくまでも概算されたものであり、必ずしもその年の所得税額と一致するとは限りません。 そのため、年末にその年の所得が確定した段階で、余剰に天引きしていた分または不足している分を、12月〜1月の給与で精算します。これが年末調整です。 この仕組みがあるため、一般に従業員は、所得税の確定申告をする必要がありません。 例外として、 年収が2,000万円を超える 副業・掛け持ちによる収入が20万円を超える という場合、年末調整を受けている従業員であっても確定申告をする必要があります。 注意しましょう。 確定申告をしないとどうなる? 確定申告の必要があるにもかかわらず、期間内に申告をしなかった場合、無申告扱いでペナルティを受けます。 期間を過ぎてから申告した場合や、税務調査・通報などによって無申告が発覚した場合、本来の税額に加えて「無申告加算税」を払わなければいけません。 この無申告加算税は、原則、本来の税額に対し「50万円までは15%、50万円を超える部分は20%」で計算した金額を課せられます。 また、このほかに、期間から遅れて申告したとして「延滞税」も発生します。 延滞税は、期限日(令和2年度分であれば3月15日)の翌日から納税が完了する日までの日数に応じて税割合が決定され、この税割合と本来の税額、納税までの日数で税額が算出されます。 延滞していた期間・時期によって税割合が異なってくるため、詳しくは国税庁の「延滞税の計算方法」ページをご参照ください。 確定申告をしなかった場合、こうした附帯税を払わなければならないほか、社会的な制裁を受けたり、逮捕されたりする可能性も出てきます。 必ず期間内で、申告・納税を終えるようにしましょう。 確定申告が必要なときの計算の流れ 所得税確定申告は、大まかに流れを説明すると、 所得金額の計算 課税所得金額の計算 所得税額の計算 基準所得税額の計算 所得税・復興特別所得税の申告納税額の計算 というようになっています。 その内容について、順を追って確認していきましょう。 1.所得金額の計算(「所得金額」=「収入金額」ー「収入から差し引かれる金額」) 所得は、その内容によって、 ・給与所得 ・事業所得・利子所得・配当所得・不動産所得・退職所得・山林所得・譲渡所得・一時所得・雑所得 の10種類に分けられ、それぞれの所得ごとに計算方法や収入・必要経費の範囲が決まっています。 2.課税所得金額の計算(「課税所得金額」=「所得金額」ー「所得控除額」) 課税所得金額とは、「全ての所得から所得控除額を差し引いたもの」です。所得控除とは、その人の個人的な事情を考慮し、課税対象となる所得金額を減らす=税負担を軽くするといった制度を指します。 具体的に、 ・雑損控除・医療費控除・社会保険料控除・小規模企業共済等掛金控除・生命保険料控除・地震保険料控除・寄附金控除・障害者控除・寡婦控除・ひとり親控除・勤労学生控除・配偶者控除・配偶者特別控除・扶養控除・基礎控除 があり、この所得控除額が大きいほど、その人が納めなければならない税額は低くなる仕組みになっています。 それぞれの控除についても、各リンクを押すことで概要が記載されている場所へ飛べるため、当てはまるものがないかチェックしてみてください。 3.所得税額の計算(「所得税額」=「課税所得金額」×「所得税の税率」) 所得税額は、課税所得金額に所得税に応じた税率を掛け合わせて計算します。なお、この税率は、所得が多くなるにつれて段階的に高くなる「超過累進税率」が採用されており、所得が多いほど税負担も重くなるという仕組みです。 税率は以下のようになっており、控除額がある場合は控除額を差し引いた金額が所得税額になります。 出典:国税庁ホームページ「No.2260 所得税の税率」 4.基準所得税額の計算(「基準所得税額」=「所得税額」ー「税額控除」) 所得税額においても、所得税控のように、税負担を減らすための控除を受けられる場合があります。 […]

2021/07/30

税務調査は個人事業主・フリーランスにも入る?調査基準や対策を解説

税務調査は、納税者が正しく納税しているかどうかを調べるために行われます。税務調査と聞くと法人が対象というイメージがあるかもしれませんが、個人事業主やフリーランスも税務調査の対象です。 もしも調査が入って申告内容に誤りが見つかった場合、不足している税金を納めなければならないほか、別途ペナルティが課されるかもしれません。今回は、税務調査の内容や調査が入る基準、税務調査が決定した場合にとるべき対策などについて詳しく解説していきます。 目次 税務調査とは 税務調査が入る基準 確定申告の書類ミスや計算ミスが多い 売上が拡大している 不自然に利益が少ない&経費が多い 売上高がわずかに1,000万円を下回る申告が続いている 税務調査のリスクが高い業種 白色申告だと税務調査はない? 税務調査で申告の誤りが発覚した場合 税務調査を拒否した場合も罰則がある 税務調査の流れ 税務調査を乗り切るための対策 税務調査が不安な場合は税理士へ相談 税務調査の対応を依頼するならZehitomoで 税務調査とは 税務調査とは、納税者が適正に納税しているかどうかを国が直接訪問し、調査する制度のこと。所得額を偽って申告していないか、税額ミスがないか、申告漏れがないかなどを調べる調査です。会社だけでなく個人事業主やフリーランスも税務調査の対象であるため、「会社に所属していないから関係ない」と安心しないようにしましょう。 なお、税務調査には「任意調査」「強制捜査」の2種類があり、一般的な税務調査は任意調査のことを指します。任意調査は文字通り任意で強制力がないものの、調査官には質問検査権があり、納税義務者は質問に答えなければいけません。一方、強制捜査は国税局査察部(マルサ)が行う調査で、悪質な脱税に対して強制的に行われます。 税務調査の時期 税務調査が入る時期は、法人と個人事業主・フリーランスで異なってきます。法人の場合、決算期を参考におよその時期を予想することが可能です。 ・決算期が2〜5月→税務調査は7〜12月・決算期が6〜1月→税務調査は1〜6月 一方、個人事業主やフリーランスの場合、確定申告が通常3月15日に締め切られることから7〜12月に調査が集中する傾向に。 周期としては5〜10年に一度のペースで行われることが多く、事業の規模や過去の不正有無によって異なります。なお、税務署の人事異動が7月であることから、全体で見ると9〜11月頃に税務調査が最も多く行われるようです。 どこまで調べるのか 税務調査では、基本的に対象者の個人情報を全て調べられることになります。住所や氏名、生年月日といった情報だけでなく、家族構成や銀行口座の取引履歴まで調べられるということを頭に入れておきましょう。 特に仕事用・私用で共通の口座を使っている場合、確認作業が複雑になるほか、私的な支出を経費に入れていると疑われることもあるため注意が必要です。 また、帳簿類や契約書、請求書、領収書、議事録、パソコンなど、仕事と関連するものは全て調査対象となります。机の引き出しや金庫、倉庫などを隅々までチェックされるため、税務調査が入るとわかったらあらかじめ整理しておかなければいけません。 税務調査が入る基準 税務調査はランダムに行われるわけではなく、ある程度の基準を持って実施されます。具体的に以下のような条件に当てはまると税務調査が入りやすくなるため、注意しましょう。 確定申告の書類ミスや計算ミスが多い 税務調査は全ての納税者に行うわけではなく、「この人物は怪しい」と的を絞ったうえで行います。確定申告の書類や計算にミスが多い場合、税務署から目をつけられやすくなるため注意してください。 税務調査の対象にならないようにするには、正しく申告して目立たないことが一番です。確定申告では様々な書類を提出することになりますが、事前にくまなく目を通し、ミスのない書類を提出するようにしましょう。 売上が拡大している 売上が目に見えて拡大している場合、修正申告の可能性が高いとみなされ税務調査が入りやすくなるため注意してください。修正申告とは、既に行われた申告において誤りがあった場合、修正して再度申告することを言います。 売上が拡大すると、そのぶん申告書類の誤りや申告漏れの可能性も高まると税務署は考えるのです。 事業規模が大きくなった時こそ目をつけられやすいと考え、申告の際は不備がないか気をつけるようにしましょう。 不自然に利益が少ない&経費が多い 利益が少ない場合や経費が不自然に多い場合、申告内容を隠蔽していると疑われやすいため注意しなければいけません。税務署では、業種ごとに売上と利益率のデータを各年度でまとめています。 そのため、同業種内で比較して利益率が低すぎる場合、架空の経費で経費を水増ししている可能性を疑われることに。 また、売上が伸びているにもかかわらず利益が減少している場合も税務調査が入りやすくなります。利益を少なくするための工作を疑われるため、経費や原価に関する証拠を整理しておくようにしましょう。 売上高がわずかに1,000万円を下回る申告が続いている 個人事業主の場合、売上高が1,000万円を超えるとその2年後に消費税の納税義務が発生します。売上高が1,000万円を下回っている場合、消費税を納税する必要はありません。 ただし、この仕組みを利用して中には脱税目的で売上高を少なく申告する(過少申告)事業者もいます。そのため、売上高がわずかに1,000万円を下回る申告が続いていると過少申告と疑われ、税務調査が入りやすくなるのです。 税務調査のリスクが高い業種 国税庁のホームページでは、事業所得を有する個人の申告漏れ所得金額が高額な上位10業種を公開しています。これらの業種は申告漏れや脱税の可能性が高いとみなされ、税務調査が入りやすい傾向です。 上記で紹介した基準のほか、ここにピックアップされている業種を営んでいる場合、正しく申告を行うように注意しましょう。 引用元:国税庁「令和元事務年度 所得税及び消費税調査等の状況 事業所得を有する個人の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位 10業種」 白色申告だと税務調査はない? 個人事業主の確定申告には、「青色申告」「白色申告」の2種類があります。青色申告は日々の取引を記帳し、その内容を申告するというもの。手間がかかる分、高い節税効果が得られます。 一方、白色申告の場合は記帳が簡易的であるものの、節税効果はそこまで期待できません。 一般に、事業規模が大きい事業者は青色申告で確定申告を行うとされています。そのため白色申告であれば税務調査の対象になりにくいと考える方もいますが、白色申告でも税務調査が入る可能性は十分あるでしょう。 […]