ヒップホップダンスレッスンのプロが近くにいます

どちらでヒップホップダンススクールをご希望ですか?

必要項目を入力する

日時や場所など、依頼したい仕事内容を記入します

見積りを受け取る

あなたの依頼を引き受けたいプロから見積もりが来ます

プロを採用する

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

国内で最も人気のヒップホップダンススクール10選

YANCHI.

5.0
starstarstarstarstar
シルバー
親切、丁寧、親身な心で一緒に取り組みます!1.ダンスの講師歴は14年、ダンススタジオ・専門学校・振付・審査員などを経験してきました。 2.経歴としては、日本最高峰のダンスコンテストJAPAN DAN…

安達 卓則

5.0
starstarstarstarstar
シルバー
現在フリーでダンサー、インストラクター、振り付け師の仕事をしています。 2007年~2017年までダンススタジオ、フィットネスクラブ、保育園、小学校、芸能事務所でレッスンを毎週固定で行い、現在はフリ…

藤原 理奈

5.0
starstarstarstarstar
シルバー
女性、性格が明るい、20代はじめまして!藤原理奈と申します。 幼少よりダンスを経験し、舞台上で踊るだけでなく、振り付けや作品作りも行っていました。

岡田 万葉

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

実際の依頼例

日本のヒップホップダンススクールの依頼例

ヒップホップダンススクールをお願いしました

 千葉県千葉市 美浜区

依頼カテゴリ
ヒップホップダンスレッスン


詳細
都内


ヒップホップダンススクールをお願いしました

 埼玉県さいたま市 浦和区

依頼カテゴリ
ヒップホップダンスレッスン


詳細
JR京浜東北線沿線、南浦和駅から大宮駅の間が通える範囲です。浦和駅周辺がベストです。


ヒップホップダンススクールをお願いしました

 神奈川県鎌倉市

依頼カテゴリ
ヒップホップダンスレッスン


詳細
郵便番号のエリア希望ですが、木曜と火曜は横浜駅周辺も可能です


ヒップホップダンススクールをお願いしました

 千葉県印西市

依頼カテゴリ
ヒップホップダンスレッスン


詳細
印西市内


ヒップホップダンスとは

起源

ヒップホップダンスとはストリートダンスの一種で、歴史の中でも比較的新しいジャンルのダンスです。様々なジャンルの要素を取り入れながら進化を続けてきたダンスであり、概念を一言で定めるのがとても難しいダンスでもあります。

1973年、ニューヨークのサウス・ブロンクスでヒップホップカルチャーが生まれました。
ジャマイカからの移民であった若かりしDJクール・ハークは、あるアパートの一室で開かれた妹の誕生日パーティーで、現在のDJスタイルの原型ともいわれるパフォーマンスを披露します。その踊りはのちにブレイクダンス(Breakin’)と呼ばれるようになります。

当時のニューヨークはディスコ全盛期でしたが、サウス・ブロンクスの貧しい若者たちが、ディスコへ行けるはずもなく、こうしたDJパーティーをしばしば楽しむようになります。
そしてアパートの一室から始まったDJパーティーはストリートに場所を変え、やがてDJ、ラップ、ダンス、グラフィティ(ライティング)の4大要素が融合したヒップホップカルチャーを形作りました。

このブレイクダンスは、ポップダンスやロックダンスと共にオールドスクールというスタイルに分類され、現在のヒップホップダンスはニュースクールに分類されます。ヒップホップダンスは様々なジャンルのダンスの要素の影響を受けながら、現在でも進化を続けています。

ダンスの特徴

ダンスの特徴は、アップとダウンの2種類のリズムが基本だという点です。アップは膝を曲げた状態から始めて、1・2・3・4とカウントした時に、1のところで膝を伸ばしリズムを取ります。ダウンは膝を伸ばした状態から始め、1・2・3・4とカウントした時に、1のところで膝を曲げてリズムを取ります。

他にも、ヒップホップダンスにはランニングマンやロジャーラビットなど、様々な形の独特のステップがあります。

衣装の特徴

全体的にダボっとしたオーバーサイズな服を着用します。このスタイルには理由があり、ダイナミックな動きをするヒップホップダンスでゆったりとした衣装を身に付けることで、動きにより躍動感を与えたり、ステップを強調して見せたりする効果があります。ただしゆったりした衣装を着用しなければいけないという決められたルールはありません。

シューズは、足に負担のかからない、ヒールマークのつきづらい靴を選びましょう。ヒールマークとは床の靴跡のことで、「屋内のスタジオに靴底の跡がつきにくいソールの靴を着用したほうがいい」という意見を持つダンサーは多数います。

ダンススタジオで、利用時にヒールマークがつかないように使用することを義務付けるスタジオはありません。しかしダンサー達が「マナーとして、ヒールマークのつきづらい靴を選ぼう」と発言しています。靴底に関するJIS規格はありませんが、口コミなどを比較し、ヒールマークがつきづらいとされる靴を探しましょう。

音楽の特徴

ヒップホップミュージックの特徴は曲にラップを乗せることです。自分の主義主張などをビートに乗せて、韻を踏みながらリズミカルに言葉を発します。

ラップは他のジャンルの歌のようにあまりメロディを必要としておらず、ビートに合わせて、またはわざとビートから外して発声します。

ヒップホップダンスの楽しみ方

ダイナミックで数々のテクニックを盛り込んだヒップホップダンスは、踊れない人やよく知らない人が鑑賞しても楽しめる、エンターテイメント性に優れたダンスです。イベントや大会にはなかなか足を運ぶ機会を作れない環境でも、動画などで鑑賞するだけでも魅力を十分味わえます。

ヒップホップインターナショナル(HHI)の主催する国際大会は、HHIの日本支部に「HIPHOPダンスのオリンピック」と称され、日本支部での大会のほか、世界大会はアメリカで開催されます。

ヒップホップダンス教室、レッスンの相場

体験レッスン

体験レッスンの料金の平均は、1回につき約1,460円で、初回に限り無料で体験ができる教室もあります。キッズ向けの体験レッスン料金の平均は、1回につき約1,943円です。

初心者向けレッスン

初心者向けレッスンの料金の月額平均は月4回のレッスンで約9,300円で、チケット制の料金システムの平均は、1枚につき2,533円です。1回のレッスン所要時間は、60~80分です。

キッズ初心者向けレッスンの料金の月額平均は月4回のレッスンで約6,566円、1回のレッスン所要時間は50~60分です。

中級〜上級レッスン

中級~上級レッスンの料金の平均は月4回のレッスンで月額約8,126円で、チケット制の料金システムの平均は1枚につき2,533円です。1回のレッスン所要時間は、60~80分です。

キッズ中級~上級向けレッスンの料金の月額平均は月4回のレッスンで約6,566円、1回のレッスン所要時間は50~60分です。