富山県生け花教室のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

富山県の生け花教室

=取扱い商品= ≪花植物≫ ◆切り花 ◆生け花用切り花 ◆花鉢 ◆観葉植物 ≪フラワーアレンジメント用品≫ ◆花瓶 ◆リボン ◆ラッピング用品 ◆オアシス ◆ワイヤー ◆かご類 ◆花器 ≪アレンジメント≫ ◎ブライダル◎ ◆ブライダルブーケ ◎忌花◎ ◆枕花 ◆供花 ◆その他(葬儀用生花・祭壇花) ≪その他≫ ◆贈答用花束 ◆ブーケ ◆いけ込み ◆フラワーディスプレイ =付加サービス= ≪注文≫ ◆電話注文可 ≪配達≫ ◆配達・配送可【区域:全国】 ≪その他≫ ◆駐車場有り ≪教室≫ ◆フラワーアレンジメント教室 ◆生け花教室 ≪クレジットカード・ギフト券の取扱≫ ◆フラワー…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

成人式・卒業式袴・モーニング・留袖・振袖・訪問着・礼服・紋付・子供服・七五三・パーティドレスなど行事に伴い幅広く衣裳を揃えております。 写真スタジオを完備しておりますので、記念品を写真で残すことも可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和風庭園から洋風庭園までお客様のご要望にお応えする庭づくりを行っています。 お問い合わせからご契約・施行まで段階的に誠実に確認し、納得いただいた上でご契約が可能です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

フラワーギフト承っております。ご予算やイメージなどをお聞きした上でお作りいたします。胡蝶蘭や観葉植物も取り揃えております。事前にご連絡をいただければ新鮮なものをお渡しします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

☆入園無料 ハーブ苗、ブルーベリー苗、ハーブティ、雑貨販売、ラベンダー摘み取り ☆ラベンダー畑 500株のラベンダーを植え込んだ40アールの畑 花の時期は6月中旬~7月中旬 開花時は畑一面が紫に色づき、ラベンダーの素晴らしい芳香が一帯に漂います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

■□ 技と心の庭づくり □■ 和・洋庭園工事、外構工事、設計施工、庭木、庭石、燈篭、エクステリア ~あなたのイメージをカタチにします~ ■アーバングリーン越州では、お客様のイメージを大切にし、住環境や敷地に合わせたクオリティの高いプランを提案・施工。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お花のことなら富山県魚津市のフラワーショップ幸・トイロ。 切り花、花鉢、観葉植物、フラワーアレンジメント用品、アレンジメント各種取り扱っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

生け花教室をお願いしました

富山県における生け花教室の依頼例

よくある質問

生け花教室の料金はどのくらいかかる?

教室や流派によって料金は異なります。多くの教室や流派は、入会金を支払い、毎週定期的に開催する形式のレッスンを採用しています。入会金は約5,000円前後〜、レッスンの料金は約2,000円前後〜で、花材が含まれるもしくは別途花材の支払いが必要など、教室の方針によって異なります。レッスン料金は、講師(師範、教授)の保有している資格に応じて変動することもあります。

講師や教室によってはドロップインや、ワークショップ形式で1回完結型の生け花レッスンを開催しているところもあります。

生け花教室の依頼における注意点は?

どの流派で学ぶか、どの講師につくかなどによって教えていただける内容や方法が少しずつ異なります。どの流派も基本の部分はほぼ似ている、とも言えるのではないでしょうか。しかしいけ方のルールや「いけ方」のカテゴリー分けには流派ごとの考え方が関わってきます。陰陽を考える、いかす花の種類を●種類までと限定する、「手前からいける」などいけ始める場所の指定がある、型があるなどです。

生け花教室を依頼する流れは?

「まずは生花を知りたい、始めてみたい」と考えている初心者の方は、少しずつ異なる教室や講師などに何箇所かレッスンを依頼して、体験レッスンや無料見学などを活用して教室の雰囲気や内容を確認してみましょう。迷う場合は何度かレッスンによってから、合うと思ったら続けてみましょう。

生け花教室業者の選び方は?

資格などを取りたいと目的がはっきりしている方は、資格取得に向けてサポートしてくれる教室やレッスン、講師の方を選びましょう。講師や流派ごとの作品をみて、「こんな風に花をいけれるようになりたい」と思える作品をいけている流派や講師の教室やレッスンに参加するのもいい選び方です。

その他気を付けるべきポイントは?

花材百種と呼ばれ、木物・草物・通用物・水物・陸物・実物・葉物・花物・蔓物などで花を分けます。植物学的な分類ではなく、草木の出生や性情や生育する姿から花を分けて考えます。水揚げの方法、用具、花器、切る技、ためる技、しごく技、さばく技などがあります。