香川県ブレイクダンスレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

香川県のブレイクダンス教室

ダンス教室です。取り扱いクラスは、ジャズ・ヒップホップ・ハウス・モダンなど内容も豊富で、初心者からプロを目指す人まで、幅広いレベルに合わせて取り揃えております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

(1)会員制スポーツクラブ 安価で毎日利用可・年会費不要 会員種別により、高松・志度両施設利用可 ☆プール 水温31度・25mの本格派 流水健康教室・腰痛教室・水中体操・アクアビクスダンス 無料泳法指導コース有(初心者から競技まで) ☆フィットネススタジオ 【新メニュー】 ポールエクササイズ スロートレーニング フラフープ 【癒し系メニュー】 自力整体 バランス操体 アロマセラピー 初心者から競技クラスまでのエアロビクスダンス・ヨーガ・太極拳・ジャズダンスなど豊富な種類 ☆トレーニングジム 多種・多機能なトレーニングマシンが豊富 目的に合わせて個人票の作成・実践 (2)スイミングスクール ☆…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

きめ細やかなレッスン指導を行うダンススタジオです。 ダンス教室・ダンスサークル・ダンスホール・ボールルームダンスなどでご活用ください。 現役のプロ競技選手を含む6め位のスタッフが対応致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

近年メンタルヘルスの分野でも注目されている「認知行動療法」や「NLP(神経言語プログラミング)」を初めとするさまざまな心理療法とグループカウンセリングを組み合わせた画期的な手法で、人間関係の改善やメンタルヘルス、また自己実現に効果の高いプログラムを提供しており、お悩みをお持ちの方の人生を劇的に好転させています! (例) 婚活がうまくいかない。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ブレイクダンス教室をお願いしました

香川県におけるブレイクダンス教室の依頼例

よくある質問

ブレイクダンスレッスンの料金はどのくらいかかる?

入会金は約2,500〜5,000円程度で、入会しなくてもビジター料金でレッスンが受けられるという教室もあります。月謝制の教室の月謝は、平均6,000円程度、ドロップイン(1レッスンごとのレッスン受講ができる教室)の1レッスンあたりの料金は平均約1,800円です。入会せずにビジター料金の場合は1レッスン平均約2,600円です。レッスンの時間は60〜90分程度です。

ブレイクダンスレッスンの依頼における注意点は?

グループレッスンと個人レッスン、どちらを受けるか検討しましょう。ブレイクダンスレッスンの講師はショーや大会、ステージなどで活躍するプロのダンサーです。ブレイクダンスの動きは派手でかっこよく見えますが難易度も高いものが多く、プロの指導を受けることで効率よく上達することが見込めます。初めてブレイクダンスをする人でも、ケガをしないような練習方法や効果的な筋肉トレーニングなど教えてもらえるので安心です。個人レッスンでは自分のレベルに合わせて細かな部分までアドバイスをもらいながら技術力を磨いていくことができます。グループレッスンでは生徒同士で切磋琢磨しながら楽しく踊ることができます。

ブレイクダンスレッスンを依頼する流れは?

2〜3のダンス教室を比較しましょう。教室ごとに用意されているレッスンの内容や講師が異なります。立地や時間帯もそれぞれ異なるため、複数の教室のレッスンを比較して検討します。レッスン内容のレベルが自分に合わなかったり、講師の指導方法が合わなかったりするレッスンは、通わなくなる理由になってしまいます。いくつかのダンス教室やレッスンを比較して、講師に「どのレベルのレッスンを受けたらいいか」など相談をして、教室や講師を決めましょう。

ブレイクダンスレッスン業者の選び方は?

講師の実績や実力、教室自体の難易度や実績、発表会や大会出場の実績の有無、レッスンの頻度や内容的に通いやすいかどうか、立地はどうか、口コミや評判はどうか、などを確認しましょう。講師と生徒も人間同士なので、相性があります。また、ものすごく実績のあるうまいダンサーは「自分でダンスを踊るのがうまいダンサー」であって、「教えるのがうまい」かどうかはレッスンを受講してみないことにはわかりません。体験レッスンや見学を活用して、レッスン風景を見るのもいいでしょう。迷ったらドロップイン(1レッスンあたりの受講)で様子を見るのもありです。ただし月謝制の方が割安になることも多いです。

その他気を付けるべきポイントは?

ブレイクダンスレッスンでは、動きやすい服装と靴であれば基本的には何でも構いません。動きやすい靴選びは大切で、重さがちょうどよく耐久性のあるものを選びましょう。