福岡県ハーモニカレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

福岡県のハーモニカ教室

小さなお子様から大人まで幅広い方を対象に、ヴァイオリンやフルートのレッスンを行っております。 楽譜が読めない方や初めて楽器にふれる方も、ゆっくりやさしく指導いたしますので、まずは無料体験レッスンをぜひ受けてみてください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

♪特長 子ども達が言葉を自然に覚え、習得して行くように、 まずは音楽を聴いて感じ、反復の練習を行うことで楽器と親しんでいきます。 ♪教室開設地 小倉北区真鶴 八幡西区青山 行橋市 下関市 ※詳しい場所、曜日等は教室HPをご覧下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

♪サックス教室 サクソフォンの魅力は、クラシック・ジャズ・ラテン・ポピュラー・演歌etc. どんなジャンルにも対応できること。 音が出しやすく、指使いも簡単です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

様々な楽器をマンツーマンで学んでいただける音楽教室です。 ・ピアノ ・サックス ・フルート ・ウクレレ ・コンガ ・ボンゴ ・カホン ・歌 有名な楽器から聞きなれない海外の楽器まで、レッスンいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ピアノやバイオリン・フルート・オーボエなどの楽器のレッスンを行っております。 経験豊富な講師がひとりひとりに合わせたカリキュラムを作成し、指導いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ボーカル、ギター、ベース、ドラム、サックス等のレッスンを行っています。 チケットによる予約制で、60分間のマンツーマンレッスンを受けることができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ハーモニカ教室をお願いしました

福岡県におけるハーモニカ教室の依頼例

ハーモニカとは

ハーモニカの中でもよく使われているのが10ホールズハーモニカ、複音ハーモニカ、クロマチックハーモニカの3種類です。小学校などの学習用では、教育用ハーモニカが使われ、これは単音ハーモニカです。

10ホールズハーモニカは、ブルースやロック、フォークの音楽ジャンルの中で、メロディだけでなく和音用としても広く使われています。このハーモニカはひとつのキー、例えばハ長調(C)だけに対応しているので、すべてのキーの曲を演奏するためには、すべてのキーに対応する数のハーモニカが必要になります。

複音ハーモニカは、微妙にチューニングをずらした上下の穴がセットになっているので、ビブラート効果が出ます。10ホールズハーモニカと同様に、ひとつのキー対応となっています。

クロマチックハーモニカは、半音刻みですべての音階の音が出せるので、1本のハーモニカですべてのキーに対応できます。主にジャズとクラシックで使われます。

ハーモニカの扱い方

持ち方と構え方

ハーモニカは口の正面に構えて、手を左右に動かして演奏をします。演奏で注意しなければいけないのは、顔は動かさずに手を動かして演奏することです。ハーモニカの構え方は、特に決まっているわけではありませんが、どの種類のハーモニカでも左側に低音、右側に高音がくるように構えるのが普通です。

くわえ方

ハーモニカは、ひとつの穴それぞれに、リードと呼ばれる金属製の小さな板が組み込まれています。穴に吹き込まれた空気でリードが振動し、音を出す仕組みです。ハーモニカの音をしっかりと出すには、穴に空気をしっかりと吹き込み、また吸い込まなければいけません。そのためにできるだけ深くハーモニカをくわえると空気をまっすぐに動かすことができ、しっかりと安定した音が維持できます。

もっとも基本の吹き方がパッカーリングです。パッカーリングは、深くくわえながら口をすぼめて、鳴らしたい音の穴だけに空気を吹き込み演奏する方法です。ジャズやポピュラーの演奏でよく使われます。

タングブロッキングは、口を大きく広げてハーモニカをくわえ、鳴らしたい音の穴以外を舌で塞いで演奏する方法です。ブルースやクラシック、フォークの演奏でよく使われます。

ハーモニカの演奏のコツ

腹式呼吸のトレーニング

息があがらないようハーモニカを演奏するには、腹式呼吸を心がけます。腹式呼吸をすると、横隔膜が肺を広げ、より多くの空気が使える状態になるため円滑な息継ぎと、演奏のコントロールがしやすくなります。コツは息を吐ききり、鼻から息を深く吸い込むことです。

舌、ほっぺた、のどのコツ

タングブロッキングの奏法において、舌は、音を出さない穴を防ぐという重要な役割を果たします。慣れない間は、舌を突き出す感じになり、歯がハーモニカに当たりやすいため、深くハーモニカをくわえて、舌を無理に前に出さないように心がけます。

ほっぺたは、演奏中はずっと空気の出し入れごとに動きます。力まずに自然に動くような状態で演奏するのがコツです。

のどは空気の流れを作る重要な器官です。十分な空気の流れを作るため、のどを広げて腹式呼吸を行いましょう。

音を美しく出すコツ

高音になるほどリードが短く、音が出にくくなります。高音を美しく出すためには強い空気の流れが必要で、のどの奥から安定した強い息を出すのがコツです。

また美しい低音を出すには、あくびをする時のように、のどを大きく広げた状態で吸う、吹くのがコツです。

ハーモニカ教室、ハーモニカレッスンの相場

大手音楽教室では1回60〜90分のレッスン時間で、レッスンの頻度は月2回程度、月額の料金は月額5,000円台〜6,000円台です。

個人の音楽教室のグループレッスン料金は、10ホールズハーモニカでは60分・月2回のレッスン料金の平均月額は4,500円です。クロマチックハーモニカは1回60分・月3回のレッスン料金の平均月額は5,000円です。

複音ハーモニカでは90分のレッスンも比較的多く、90分のレッスンの場合月2回のレッスン料金の平均月額は5,000円です。また60分のレッスンでは、月2回の平均月額は4,000円です。

ハーモニカ購入の相場、レッスンの際のレンタルの値段

ハーモニカは衛生上の面から、レンタルをしている教室はありません。体験入学のみで、その數十分だけ借りることができることはあります。定期的に、継続的にレッスンを行うときには自分のハーモニカを準備しましょう。