東京都生け花教室のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都の生け花教室

季節のお花にふれながら、日本の美を学びませんか?生け花作家の新井悠月と申します。 小原流いけばなの教室「悠花」を主宰しております。 季節のお花にふれたい方、お気軽にどうぞ! 小原流の師範のお免状を取りたい方、応援致します。

詳細を見る

華道家 宮本理城

4.8
starstarstarstarstar
ブロンズ

華と向き合い、仲間と出会い、新しい自分を見つける道華道家 宮本 理城  1976年東京生まれ。二歳より古流東洋会の創流者である祖母の服部理春、二世家元である母、宮本理峰から華道の手ほどきをうける。

詳細を見る

自分磨きなら華道で|少人数指導のいけばな教室華道歴24年の華道教授が指導するいけばな教室です。 東京・国分寺駅と御茶ノ水駅の近くにある稽古場を拠点として日本に脈々と伝えられる美意識をお伝えしています。

詳細を見る

切り花から鉢植えまで、花材全般を取り扱っております。生け花教室などのスクールで使用する花材もご要望にお応えしておりますのでお申し付けください。

詳細を見る

一葉式いけ花の華道理念 植(はな)間(はざま) ◆植(はな) いけ花の素晴らしさは大地に生えている植物を器という地に蘇らせることにあります 草花や樹木といった植物だけではなく時には金属なども作品の材料として考えます それを総称して植(はな)としています ◆間(はざま) 物事には-間-があります それは空間であったり或いはバランスであったり、感じ方は様々です 『植・間』(はなはざま)は花をいける上で自分なりの間を意識して植の良さや表情を捉えていきたいという姿勢を表した造語 少しでも深く『植・間』の関係を理解していきたいというのが一葉式いけ花の願いです ◆『流』ではなく『式』 それぞれの人の…

詳細を見る

各種アレンジメント・ブーケ制作から配送まで実施しております。 アレンジメントのレッスンも行っております。多彩なコース(フラワーデザインコース、デザイン生け花コース、混合コース)をご用意しております。

詳細を見る

セブンカルチャークラブ西新井は、アリオ西新井内にあるカルチャースクールです。講座内容はハンドメイド、小学生向けプログラミング入門、ホームリンパケア資格講座、ヨガ、ダンス、書道、着物の着付け、生け花、語学、楽器、手相術、姿勢と歩き方レッスン等様々。

詳細を見る

加藤澄子きもの総合学院は、華道教室、着付教室をおこなっています。カルチャーセンターとして、カラオケ、日本の歌・童謡、フラワーアレンジメント、生け花、手編みなど各種教室もおこなっています。

詳細を見る

古流香和会は、華道家・生け花(いけばな)・華道教室です。古流の格式ある線状美を生かした生け花で人々の心を和ませる事を主眼としております。一方で、古流伝統生花と形式に捉われない現代ニーズにも対応した新感覚的な自由創作いけばなも探求し続けております。

詳細を見る

古流松應会は、華道家・生け花(いけばな)・華道教室です。古流松應会のいけばなは、江戸時代中期より伝承されている「お生花」と、生け手の感性を現代の空間に活かす「現代華」があります。

詳細を見る

石渡正子・いけばな教室は、華道家・生け花(いけばな)・華道教室です。石渡正子は、池坊華道教室|東京都武蔵野市吉祥寺と板橋区小豆沢にある表千家茶道教室で、華道・茶道を教えています。

詳細を見る

社団法人古流松藤会は、華道家・生け花(いけばな)・華道教室です。古流松藤会は大正5年(1916)の創立で、昭和41年(1966)に文部大臣認可の社団法人です。

詳細を見る

実際の依頼例

生け花教室をお願いしました

東京都における生け花教室の依頼例

よくある質問

生け花教室の料金はどのくらいかかる?

教室や流派によって料金は異なります。多くの教室や流派は、入会金を支払い、毎週定期的に開催する形式のレッスンを採用しています。入会金は約5,000円前後〜、レッスンの料金は約2,000円前後〜で、花材が含まれるもしくは別途花材の支払いが必要など、教室の方針によって異なります。レッスン料金は、講師(師範、教授)の保有している資格に応じて変動することもあります。

講師や教室によってはドロップインや、ワークショップ形式で1回完結型の生け花レッスンを開催しているところもあります。

生け花教室の依頼における注意点は?

どの流派で学ぶか、どの講師につくかなどによって教えていただける内容や方法が少しずつ異なります。どの流派も基本の部分はほぼ似ている、とも言えるのではないでしょうか。しかしいけ方のルールや「いけ方」のカテゴリー分けには流派ごとの考え方が関わってきます。陰陽を考える、いかす花の種類を●種類までと限定する、「手前からいける」などいけ始める場所の指定がある、型があるなどです。

生け花教室を依頼する流れは?

「まずは生花を知りたい、始めてみたい」と考えている初心者の方は、少しずつ異なる教室や講師などに何箇所かレッスンを依頼して、体験レッスンや無料見学などを活用して教室の雰囲気や内容を確認してみましょう。迷う場合は何度かレッスンによってから、合うと思ったら続けてみましょう。

生け花教室業者の選び方は?

資格などを取りたいと目的がはっきりしている方は、資格取得に向けてサポートしてくれる教室やレッスン、講師の方を選びましょう。講師や流派ごとの作品をみて、「こんな風に花をいけれるようになりたい」と思える作品をいけている流派や講師の教室やレッスンに参加するのもいい選び方です。

その他気を付けるべきポイントは?

花材百種と呼ばれ、木物・草物・通用物・水物・陸物・実物・葉物・花物・蔓物などで花を分けます。植物学的な分類ではなく、草木の出生や性情や生育する姿から花を分けて考えます。水揚げの方法、用具、花器、切る技、ためる技、しごく技、さばく技などがあります。