茨城県フルートレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

茨城県のフルート教室

喜びを分かち合い笑顔あふれる音楽教室笑顔が溢れ、共に学び合い、喜び合い、音楽を楽しむ時間を共有できるような指導を目指しております^_^ 老若男女、様々な方がレッスンに来てくださっており、アットホームであたたかな空間です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

身体を通して音楽を学ぶリトミックを1歳から15歳までの子供が年齢別、クラス別で学んでいます。 それ以外にもバレエ科やミュージカル科、器楽科など様々な科に実績のある講師陣を配しておりますので安心して音楽を学べます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ピアノ・エレクトーン・フルート・クラリネット・サクソフォーン・トランペット ・チェロ・ハーモニカ・ヴァイオリン・ギター(エレキ・フォーク)・ドラム等、 ヤマハ音楽教室でレッスンを受け付けております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

稲敷市江戸崎のピアノ教室です。 2歳児からシニアの方までご受講いただけます。 また、保育士・教職を目指す方の専門クラスや、障がい児(者)クラスもございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

コースの紹介 ◆レギュラーコース(フルート・ピアノ・サクソフォーン・ソルフェージュ・楽典) 年間42回のレッスンです。 曜日・時間を固定して、レッスンをします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

フルート教室をお願いしました

茨城県におけるフルート教室の依頼例

よくある質問

フルートレッスンの料金はどのくらいかかる?

大手音楽教室によるフルートレッスンの料金(月謝)の平均は10,760円、料金幅は7,500〜14,000円で、月2~3回のレッスンです。個人の音楽教室、個人のフルート教室のレッスン料金(こちらも月謝)は、平均11,570円、料金幅は9,500〜15,000円です。レッスン回数は1レッスン30〜60分で、月に2〜4回程度のレッスンです。フルート教室は1レッスン30分が中心ですが、45分〜60分といった多様な時間設定もみられます。体験レッスンとして大手のフルート教室のほとんどは、30分から1時間の無料レッスンを体験できるサービスを提供しています。個人経営の教室でも無料体験を提供する教室が多くみられますが、有料体験レッスンの平均料金は2,330円、料金幅は約2,000〜3,000円程度です。レッスン時間の平均は34分で、時間幅は15分〜60分です。

フルートレッスンの依頼における注意点は?

レッスン用のフルートを無料で貸し出すサービスがある教室、持参が必須の教室、必須を原則としながらもレンタルや購入の相談にのる教室もあります。気軽にフルートに触れてみたい、とりあえず買って使ってみたいレベルであれば、1万円台から3万円程度で購入できます。初心者レベルは全体が洋銀か白銅、リッププレートのみが銀のモデル、または頭部管が銀のモデルが一般的で、値段は約6~10万円です。中級のモデルでは、総銀製かキーメカニズムだけは洋銀、または白銅で、値段は約30~80万円です。上級モデル純度の高い銀や銀のフルートとなり、100万円を越え、1,000万円を越えるモデルも多いです。

フルートレッスンを依頼する流れは?

なるべく多くのフルートレッスン教室や講師からレッスンの見積もりを受け取ったり、体験レッスンに参加してみてから絞り込んでいくようにしましょう。完璧な条件が揃う教室に出会うこともあれば、「場所が少し遠いけれど、先生の経歴が自分の方向性とマッチしている」とか、「場所は通いやすいけれど、グループレッスンしかない」など、条件があまり合わない場合はまず体験レッスンやレッスンの見学に参加してみましょう。参加してみると「意外と悪くないかも?ということもあります。(もちろん「やはり合わないかもしれない」など、分かることもあります)まずは1回でも、体験レッスンだけでも参加してみる、よくわからない場合は2〜3ヶ月通ってみてから決断するといいですよ。

フルートレッスン業者の選び方は?

自分の方向と合う先生と選びましょう。子供にレッスンを受けさせたいのであれば、子供の指導経験が多い先生、キッズレッスンなどを開催している音楽教室、音楽の楽しさから教えてくれる教室。昔フルートを演奏していたけれど大人になって改めて始めたいと考えているのであれば、平日の夜や土日に受講できるレッスン、仕事場から近いレッスン。吹奏楽や管弦楽で演奏をするために腕を磨きたい、音楽大学への進学や留学を考えているのであれば指導経験豊富な先生に師事をするなど、「自分が今どのくらいのレベルで、これからどうなりたいか」に応じて先生を選ぶことがポイントです。

その他気を付けるべきポイントは?

フルートは、音色の美しさだけでなく、楽器本体や演奏の構えの美しさからも高い人気を集めています。その美しさを称して、楽器の女王とも呼ばれます。フルートは金属製の楽器ですが、管楽器の種類としては木管楽器です。木管楽器はリードと呼ばれるパーツで音を出しますが、フルートはリードが無いため、奏者の口をリード代わりに使うエアリードと呼ばれる方式で音を出します。リードが無く、金属製の楽器でありながら、木管楽器のグループです。フルートの仲間には、ピッコロ、アルトフルート、バスフルートがいます。これらの楽器は、フルートの奏者が演奏中に持ち替えて吹くこともあります。ピッコロはフルートより1オクターブ高い音を出し、アルトフルートはフルートよりもやや低いパート、バスフルートは1オクターブ低いパートを演奏するフルートの仲間です。フルートメーカーは数多くあります。国内の有名メーカーは、ヤマハ、ムラマツ、三響、アルタス、ミヤザワ、パールです。世界的に定評がある海外のフルートメーカーとしては、米国のアベル、ヘインズ、バーカート、ナガハラ、ドイツではハンミッヒがあげられます。