鹿児島県ポールダンスレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

鹿児島県のポールダンス教室

■□あーとかんぱにぃ□■ 明朗 活発 知的美人 製作所 全日本洋舞協会会員 総括 川留美智子 毎週金曜日 枕崎市民会館 レッスン18:00~20:00 【期間】 入会随時・月謝制・チケット制 【日時】 月~日・10:45~22:00・詳細問合せ 【費用】 入会金1万円(税込)(会員のご紹介による入会の方や、無料体験レッスン1回のみの受講で入会される方、お友達とお二人以上で入会される方については免除)・受講料5,000円(税込)/4回 【内容】 ダンス全般 ○バレエ ○クラシックバレエ ○ヒップホップ ♪カッコ良く決めたいあなたの為に!ストリートダンス クラス設置 ◆クラス ・クラシック…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ミュージカル・歌・ダンス・芝居の指導を行なっております。 コースだけでなく、個人レッスンもございます。 宝塚音楽学校入試に向けた専用クラスもご用意ございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アールグレイス・バレエアカデミーは、日本バレエ協会正会員の講師が指導にあたるクラシックバレエ教室です。 満3歳のお子様から大人の方まで、基本を大切にした丁寧な指導を行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

英語を学ぶことで総合的な教育に結びつくと考えているスクールです。 こども英会話、大人英会話とございます。0歳から大人のかたまでご利用いただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

ポールダンス教室をお願いしました

鹿児島県におけるポールダンス教室の依頼例

よくある質問

ポールダンスレッスンの料金はどのくらいかかる?

ポールダンスレッスンの料金は、グループレッスンで月に8,000円〜10,000円程度、マンツーマンレッスンの場合は1回のレッスンで8,000円〜10,000円程度です。レッスンは1回60分前後です。体験レッスンは1,000円〜5,000円前後など、教室によって差があります。

ポールダンスレッスンの依頼における注意点は?

ポールダンスの衣装は、レオタードやビキニスタイルなどが多く露出も多いのですが、これには訳があります。ポールはステンレスやスチールでできており、布で触れると滑ります。しかしポールから落ちないように体をホールドする必要があるため、体の一部をポールに密着しさせるために、肌の露出が多い方が安全で踊りやすいのです。肌の露出をためらう初心者の方などは、両腕両脚は出せるように、キャミソール型のトップスとショートパンツ、丈が短めのレギンスなどを練習着にしてみルといいでしょう。そのほか、練習着だけでなく気になることがあれば気兼ねなくポールダンス教室に問い合わせてみましょう。レンタルウエアを貸してくれる教室もあります。レンタル代金は、体験レッスン時は無料で借りることができたり、もしくは有料の場合でも1,000円以下の値段で貸してくれる教室がほとんどです。

ポールダンスレッスンを依頼する流れは?

複数のポールダンスレッスンや講師を比較するために、いくつかの体験レッスンや見学に参加してみましょう。近くに何箇所もポールダンス教室がない方は、まず最寄りの教室に数ヶ月通ってみて、合うと思えば続けたり、合わなければ別の教室を探してみるといいでしょう。どの教室でも、初心者の場合はまずは基礎を習うことになるため、まずは初めて、自分に合うかどうか、続きそうかどうかを確認してみるといいでしょう。

ポールダンスレッスン業者の選び方は?

ポールダンス経験のない全くの初心者の方は、同じように初心者が多い教室に通ってみましょう。ハイレベルな受講生が多い教室よりも、自分と同じくらいのレベルの生徒が多い教室の方が気負うことなく通いやすいです。

ポールダンスには、MISS POLEDANCE&POLE KING JAPANという大会を筆頭に、いくつかの大会があります。日本国内の大会だけでなく、海外大会もあります。このような大会に出場経験のあるポールダンサーや、大会出場を目指している教室や講師の下でレッスンを受けると、周囲とも切磋琢磨しながら高みに向けて練習に励むことができます。初心者クラスに飽きてきたり、さらに技を磨いて自分も大会出場を目指したいという方は、このような教室を選びましょう。

そのほか、教室が通いやすい立地にあるか、月謝やレッスン料金の支払いがわかりやすいか、そのほかには口コミや評判も検索しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

ポールダンスは、官能的な側面が際立ちますが、実際はポールを使い回転したり、上り下り、倒立など、器械体操のような技を組み合わせて踊るため、柔軟性や筋力、非常に高度な技術が必要とされます。女性のダンサーが多いですが、男性ダンサーも活躍しており、世界大会で活躍している日本人男性ポールダンサーもいます。男女問わず取り組むことのできるダンスです。