三重県和室から洋室へリフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

三重県の和室から洋室へのリフォーム業者

屋根工事・屋根修理・雨漏り修理・葺き替え工事・屋根漆喰工事・雨樋工事・雨樋修理・外壁工事などお家の外回り中心に工事を行っております。屋根のプロフェショナルとして適切なアドバイスや施工で満足していただけます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

本気でお客様の立場に立って高品質をご提供致します。インテリア早川は1993年に創業をして以来、地元亀山市に根差し内装工事業に従事してまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は、経営理念として「NO.1よりBestOneを目指す」という経営理論に基づいて、お客様の要望にこたえられるよう、積極的な業務拡大を続けて参りました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お客様と一緒になって、楽しみながら進めます。三重県鈴鹿市にあります、建設会社です。 1976年に造園業からスタートした関係で造園、植栽をはじめ、エクステリア(外構)工事、住宅の増改築、リフォーム工事を設計からご提案・施工をしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社の家の設計は、将来の再生や家族構成の変化によるリフォームを前提として設計・デザインしております。 ダブル断熱にさらに耐久性と断熱工法を施し、トリプル断熱となっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

『頼んでよかった…!』 お客様からそう言って頂ける本物の業者で あり続けたいと考えております。 当社は2008年に某フランチャイズのハウスクリーニング業者として起業しました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

誠心誠意頑張りますので、宜しくお願い致します。合同会社ecopartner代表の奥山和哉です。 弊社はお掃除マイスターの空調くん、リフォームの絆と事業展開しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

蛇口の交換から水まわりリフォーム、戸建住宅の給排水衛生設備工事、公共下水道切り替え工事まで行っております。 トイレが詰まったら、トイレが漏れたら、水道管が漏れたら、排水が詰まったら、悪臭調査、水栓金具の取替え、ここに水栓がほしいなど上下水道指定工事店である当社へお気軽にご相談下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

昔から、主婦(主夫)たるもの、我慢に我慢を重ね不自由を少しでも使いやすくすべく、知恵を出し改造してきました。それこそが、リフォームの始まりなのですが、プロの仕事は、それなりに集約された価値の有るものです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アイ・エム電化は地域密着の電気工事店を営んでおります。 現在ではご家庭内で電化製品は様々な所で活躍しており、それだけに、 「突然家電が使えなくなった、故障してしまった」 というアクシデントに見舞われたことも少なからずあるのではないでしょうか。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和風の住宅を中心に仕事をしています。 日本の風土に合った和風住宅を得意としており、地元鈴鹿密着で数多くのお客様に快適な住まいをご提供してまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社 桑原板金工業では、三重県伊賀市を中心に屋根工事、外壁工事、樋工事、銅板工事、太陽光発電システムの設置工事など、建築板金全般を承っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

和室から洋室へのリフォーム業者をお願いしました

三重県における和室から洋室へのリフォーム業者の依頼例

よくある質問

和室から洋室へリフォームの料金はどのくらいかかる?

畳をフローリングの床にリフォームする料金の相場は、6畳の部屋で合計約9万~30万円ほどが相場です。料金の中には、材料費、工事費、古い畳の処分費用などが含まれます。フローリング材の種類や工事内容などの違いで金額が変わります。

6畳の和室の壁と天井をリフォームする場合、壁や天井のリフォームにかかる料金の相場は約7万~30万円台が相場であるといえます。ベニヤを張る、溝を埋めるといった下準備にはは約10万~15万円ほどです。クロスへの張り替えは約7万円~20万円、珪藻土は約7万円~18万円、漆喰は約7万円~16万円です。

押入れをクローゼットに変更する場合、中段を撤去するだけの簡易的なリフォームであれば〜約5万円程度、棚やパイプ、扉などを変更・設置すると、最低でも6万円〜です。一般的な相場は約15万~25万円程度です。襖を折れ戸に変更する場合の料金は、約9万~15万円程度です。

ウォークインクローゼットに変更する相場は、合計20万円以上です。使用する材料や工事の内容によっては、合計50万円程度かかります。

和室の出入り口に設置してある襖を洋風の扉にリフォームする場合、引き戸への変更が簡単で、金額も安くすみます。そのほか、住居の構造より、開き戸への変更も可能です。襖を洋風の扉に変更する場合、襖を撤去した上で敷居を交換します。開き戸への変更は、さらに建具の調整が必要になりますが、建物の構造によっては、設置不可能な場合もあります。取り付け工事やドア本体の代金も含めて、約10万円前後〜が相場です。

和室から洋室へリフォームの依頼における注意点は?

工事期間が2日以上、長くかかるとさらにかかる場合もあります。工事中にその部屋を使うこともできないため、必要に応じて近所の親戚の家に部屋を借りる、居住できるホテルを用意するという手配も必要になります。また自宅に業者が出入りするため在宅しておくのか、出かけるのかなどスケジュール調整も考えましょう。

和室から洋室へリフォームを依頼する流れは?

どのようなリフォームをしたいのか、部分的なリフォームがいいのか全体をリフォームしたいのか、漠然とながらイメージを持った状態で業者に見積もり依頼を出しましょう。見積もりは「現場を見てから」という流れになることがほとんどです。なるべく複数の家族がいる時間帯に来てもらいましょう。見積書に納得をして契約をしたら、着工し、完成したら支払いを清算して終了です。

和室から洋室へリフォーム業者の選び方は?

見積書の説明は、自分や家族が「したい」と思っているリフォームに対して回答をしてくれるか、他にも提案をしてくれるのか、提案はわかりやすいか、これまでの施工事例を写真や動画で見せてくれるか、専門用語が多くないか、見積もりを出しに来た担当者と工事担当者は同じか、料金やかかる金額の説明はわかりやすいかなどを見ます。最低2社に見積もりを取りましょう。比較することも大切ですが、多くの会社に見積書を取り過ぎても工期が遅れたり、見積書の有効期限が過ぎたりと面倒なことになることもあります。

見積書の説明を受ける時はなるべく複数の家族で聞いて、他の家族は担当者にどのような印象を持ったか確認しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

以前の日本は、ちゃぶ台を使って正座をして食事をする、布団を敷いて寝るなど、畳の上での生活が主流であったため、和室で違和感なく日常を過ごしていました。その後、テーブルとイスを使って食事をする、ベッドの上で寝る、といった欧米の文化が浸透し、現代の日本では、それがあたり前の生活様式に。ベッドを利用すれば布団を上げ下ろしする手間が省けるなど、多忙な現代の日本人にとっては、かなり大きなメリットです。また高齢者にとっては、ベッドを利用することで寝起きがラクになり、体への負担を減らせます。

和室には、畳のほかにも、障子、襖などが内装に使用されています。砂壁や土壁なども和室に見られる特徴ですが、これらはいずれも傷つきやすい上、維持・メンテナンスにも手間とコストがかかります。また、和室は畳のすき間や障子の縁などに、ダニやほこりといった汚れが蓄積しやすく、掃除にも苦労します。その点、洋室では、障子や襖のような破損しやすい内装がなく、掃除やメンテナンスがラクにできます。