東京都エレキベースレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

Supporters

SMBCMizuhoMitsubishiPersol

東京都のエレキベース教室

学べる喜びを、成長してゆくワクワク感をともに・・・🏵️ORDENES(おるでねす)音楽教室      東京都板橋区 ☘️4才から87才の初心者まで   136名が楽しく学びに来てます ☘️オンラインレッスンやってます ☘️お好きな音楽をマイペースに個人レッスン ☘️稲垣好彦・立花香穂里・古賀稔宏 (がきさん・カホりん・こがっち)     3人の音楽教室で~す♪ 🏵️コロナに負けるなキャンペーン🏵️ 5月30日までに ↓↓コチラのORDENESのLINEにご登録頂き 「お試しレッスン希望」とLINEを頂いた方には 🍒1,000円のお試しレッスンを無料 🍒10,…

詳細を見る

受講時間を、目一杯楽しい時間にする事に努めてます。東京都小平市、東大和市、東村山市のアットホームな音楽教室 レスキューファイブミュージックアカデミーの 代表兼ドラム科講師の 小山健太郎(こやまけんたろう)です。

詳細を見る

ベースが上達しない理由を教えます。 東京都東村山市のグラフアートベース教室です。 当教室はフリータイム予約制ですのでお客様の好きな時に好きな回数レッスンを受ける事が出来ます。

詳細を見る

東京都北区でアコースティックギター、エレキギター、ベース、ピアノ、ドラム、などのレッスンをしております、下永達也と申します。 最寄りは「埼京線:十条駅で徒歩7分」「京浜東北線:東十条駅で徒歩12分」でございます。

詳細を見る

300人以上レッスン実績。多数楽器対応できます。【トサキユウキ経歴】 15歳からギターを始める 独学でギターを習得し、現場で技術を磨きながらメジャーアーティストのサポートも経験する。

詳細を見る

festina-lente music school

5.0
starstarstarstarstar
シルバー

0から歌や楽器が楽しめるまでを確実にサポートします憧れの楽器を演奏したい! パーティーの余興で演奏したい! カラオケで高得点を出したい! バンド活動をしてみたい! セッションに参加してみたい アドリブでカッコよく演奏したい! オリジナル曲を作ってみたい! そんな思いにお応えします。

詳細を見る

大人のための音楽教室Roots Music School は創業6年目! 現役のプロミュージシャンによる丁寧な個人レッスンで、 あなたの上達をしっかりとサポート致します。

詳細を見る

敬語じゃなくても大丈夫です。こんにちは。 簡と申します。 ベース初心者の方や、曲を作ってみたいけど作り方がわからないという方、あるいはコードって何?といった初歩的な音楽理論など、音楽を始めるお手伝いが出来たらと思っております。

詳細を見る

(株)SmashRoom所属

ニューユーザー

(株)SmashRoom所属ギタリスト/作曲、編曲家 1997・9/22日 22歳 12歳からギターを始め主に60s〜80sのClassicRock(Bluse,jazz, Fusion)から大きな影響を受ける。

詳細を見る

ライブハウス空間を使って高品質な作品作りに努めます小岩のライブハウス、ジョニーエンジェル(JohnnyAngel)ではオープンから25年以上の歴史に基づき、ジャンルや形態にはこだわらず、多くのアーティストや音楽と共に毎日、日替わりでプロのライブショーを展開。

詳細を見る

松田 直弥

ブロンズ

家族やイベントの思い出を📸 見積無料です!はじめまして!松田 直弥です。 東京にて写真・映像の撮影や編集、楽器レッスン等を行なっております。

詳細を見る

生田流箏三絃・銀明会に属する、藤井泰和おこと三味線教室です。 初めての方から、プロの方まで丁寧にお稽古致します。 演奏曲は古典曲から現代曲まで。

詳細を見る

実際の依頼例

エレキベース教室をお願いしました

東京都におけるエレキベース教室の依頼例

よくある質問

エレキベースレッスンの料金はどのくらいかかる?

エレキベース(エレクトリックベース)のレッスン料金は、1レッスンあたり約3,000円前後〜の価格帯が多いです。1レッスンごとに支払う制度よりも、月謝制度を採用している教室が多く、月謝で1万円前後の教室が多いです。その他、入会金や教材費がかかる教室もあります。

エレキベースレッスンの依頼における注意点は?

個人レッスンとグループレッスンがあります。個人レッスンはマンツーマンレッスンとも呼ばれ、先生と生徒が一対一になるレッスン方式です。グループレッスンは、1人の講師に対して複数の生徒が受講するスタイルです。個人レッスンの方が割高になり、グループレッスンの方が割安になる傾向にあります。

エレキベースレッスンを依頼する流れは?

エレキベースで何をしたいのか、どうなりたいのか、なぜ弾けるようになりたいのかなどをなるべく具体的に記して、レッスン依頼を出しましょう。目的や、これまでの練習履歴などを自分の言葉でしっかり書いた方が、より多くの講師や教室からレッスン見積もりを受け取ることができます。見積もりを受け取ったら、体験レッスンやレッスン見学に参加して、比較して1箇所に決めましょう。

エレキベースレッスン業者の選び方は?

エレキベースの講師の経歴は様々です。音楽家における「プロ」のくくりは難しく、えんそうかとして活躍している人が「人への指導」に長けているとも限りません。演奏家としての活動ペースを落としているけれど、教えかたがわかりやすく定評のある講師もいます。なるべく多くの講師や教室で体験レッスンを受けてみて、合う先生を探しましょう。また、通い続けるためには通い続けやすい場所など立地も大切ですよ。

その他気を付けるべきポイントは?

エレキベースレッスンは習得度に応じてクラス分けがされていたり、レッスン内容が異なります。基礎クラス、中級クラス、上級クラスなどどのくらい弾けるようになったかでクラス分けなどが変わることも。上手くなるほどたくさんの技術を習得でき、ゲームのように自分のレベルアップを感じることができます。講師たちは全くの初心者にも何人も指導してきています。「昔からずっと憧れていた」「ようやく時間が取れるようになった」「大人になって、昔の気持ちを思い出して、弾いてみたくなった」など、動機はどんなものでも大丈夫。気軽にレッスンを始めてみてくださいね。