06/06/2019

瓶の煮沸消毒の方法〜保存容器を殺菌、短時間で乾燥!

長期間保存する保存食は、高温多湿な季節も、低温乾燥の季節も、長く保管し続けます。どのような季節でも安全清潔に保存し続けられるよう、保存容器や、大切な子供の使う食器や哺乳瓶などを煮沸消毒してみましょう。

瓶の煮沸消毒で使うもの4つ

1.鍋(瓶が入る大きさの鍋)

煮沸消毒 方法 瓶 Zehitomo

鍋は煮沸消毒したい瓶がすっぽり浸かる量のお湯が入る大きさのものを準備しましょう。入りきらなかったり、浅くて水に漬かりきらないと充分な煮沸消毒ができません。

2 トング

煮沸消毒 方法 瓶 Zehitomo

煮沸した瓶を取り出すときに使用します。トングを持っていない場合は、菜箸で代用してもいいですが、瓶が大きくて重いと大変なのでトングの方が扱いやすいです。

3.煮沸消毒後の瓶を乾かす場所

煮沸消毒 方法 瓶 Zehitomo

煮沸消毒後の瓶を、清潔なふきんを広げて、瓶を乾燥させるために使う場所を確保します。清潔で平らな場所が望ましいです。

4.ふきん2枚

煮沸消毒 方法 瓶 Zehitomo

煮沸中に鍋の底からの熱伝導によって瓶が割れるのを防止するために、鍋の底にふきんを敷きます。また、煮沸消毒後の瓶を乾かす場所に敷くための清潔なふきんも必要です。煮沸消毒後の瓶を乾かす場所に敷くためのふきんは、あらかじめ煮沸消毒をしておきましょう。

煮沸消毒の手順4ステップ

瓶 煮沸消毒 Zehitomo

1.鍋と瓶を洗剤などで洗っておく

まずは鍋と瓶を(食器用洗剤)できれいに洗います。この時点で落とせる汚れは落としましょう。

2.鍋に水と瓶を入れる(フタが金属の場合はここでフタも入れる)

瓶は急激な温度変化によって割れることがあるため、沸騰してからいれるのではなく、必ず水の状態から入れて火にかけます。

3.フタがプラスチックの場合は沸騰したら入れる

プラスチックやパッキンなどは熱に弱く、煮沸の際に変形することがあります。沸騰してから入れ、早めに取り出すようにしましょう。瓶を取り出すときに使用するトングも、一緒に煮沸してもいいでしょう。

4.沸騰してから5分ほど煮る

5分経ったらトングや菜箸で瓶を取り出します。乾燥させる場所には清潔なふきんを広げておき、その上に瓶の口を下にした状態で置いて、自然乾燥をします。

煮沸消毒ができない瓶の消毒の手順3ステップ

煮沸消毒 方法 瓶 Zehitomo

1.瓶とフタを洗う

まずは瓶と蓋を中性洗剤(食器用洗剤)できれいに洗います。

2.手を洗う

特に爪の間や指の付け根のしわを重点的に、きれいに洗いましょう。瓶が大きいと肘近くまで瓶の中に入れることもあるため、腕までしっかり洗います。

3.アルコール消毒液をキッチンペーパーに含ませ、瓶とフタを拭く、もしくはスプレーしてから拭く

アルコール消毒液を含ませたキッチンペーパーで、乾いた瓶と蓋を丁寧に拭き上げます。または瓶と蓋に直接アルコール消毒液をスプレーし、キッチンペーパーで拭き上げます。

瓶は必ず乾かしてから行なってください。アルコール消毒液は濡れたものに使用すると、濃度が薄くなって十分な効果を発揮しないことがあります。

また、消毒液の代わりにお酒を代用する方法もあります。ただしこれは、純度の高い蒸留酒に限ったことで、ウィスキーやウォッカなどが挙げられます。消毒に使用するアルコールの最適濃度は70度です。

煮沸消毒の際の注意点5つ

煮沸消毒 方法 瓶 Zehitomo

1.瓶のフタは外しておく、フタと瓶がバラバラの状態で両方煮る

瓶のフタを閉めたまま加熱すると、瓶の中の空気が膨張して瓶が割れる可能性があります。必ず蓋を外して、煮沸消毒を行いましょう。

2. プラスチックの煮沸消毒は耐熱温度とJIS表示を確認する

プラスチック製品には、材質や耐熱温度、容量などが法律に基づいて表示されています。煮沸消毒に耐えられる商品かどうか、事前に耐熱温度を確認しておきます。また、JIS表示を確認することで性能・品質共に国から認められた商品なのか確認できます。

3. ポリカーボネート樹脂は煮沸消毒しない

ポリカーボネート樹脂は、丈夫で軽く、耐衝撃性に優れているためあらゆるところで使われています。

ただしポリカーボネート樹脂の性質として高温高湿に弱く、「環境ホルモン」という体に害を及ぼす物質が熱湯に溶け出してくるため煮沸消毒に適しません。消毒にはアルコール消毒液を使いましょう。

4. 瓶は水から入れる、沸騰してから入れると割れることも

瓶は急激な温度変化によって割れることがあります。耐熱ガラスでも、念のため必ず水の状態から入れておきましょう。

5.煮沸消毒後に瓶を乾かすときは、口を下に向ける

瓶の空いている側が上に向いた状態で乾かすと、空気中に舞っている菌やほこりが瓶の中に入ってしまう可能性があります。

最後に

煮沸消毒 方法 瓶 Zehitomo

保存食やジャム、果実酒やシロップなどを保存する際、長期保存に際して煮沸消毒を行いましょう。哺乳瓶や子供の食器などに対しても、煮沸消毒は安全で手軽にできる消毒方法です。煮沸消毒したい瓶や食器の材質をきちんと理解し、安全で安心な使用方法を心がけてください。

瓶の煮沸消毒の方法や保存食の作り方を知りたい方は、Zehitomoの料理レッスンを受講してみませんか?プロから料理や保存食の作り方を学ぶことができます。
煮沸消毒や保存食の作り方の、プロのレッスンを受ける

近所のプロを呼ぼう