ピアノレッスン

東京都豊島区
ピアノレッスンのプロが近くに663人います

プロの探し方

Supporters

東京都豊島区のピアノ教室・レッスンのプロ一覧

(10ページ目)

東京都北区

猪俣猛を筆頭に、総勢29名の選りすぐりの講師陣が、ドラムレッスンを行います。 4・8・16分音符を使ったスティックコントロールなどが学べる初等科から、中等科、より高度な技術や応用が身につく高等科まであり、各科修了者には修了証を授与し認定いたします。

東京都北区

ヤマハ音楽教室/王子センターは、ピアノ、フルート、弦楽器、金管楽器、打楽器、声楽まで、0歳児からシニアまで幅広い世代の方々の豊かな音楽ライフをサポートしてくれる多彩なコースのある、東京のヤマハ音楽教室(エークラスミュージック)の王子にある教室です。

東京都北区

トライアード音楽学院は、数々の音楽関連事業に携わっているグループの中にあり、現実のプロの世界を踏まえ、それを授業に反映させた独自のカリキュラムを持っています。

東京都北区

ヤマハ音楽教室は音楽教室です。心と体の発達に合わせたカリキュラムを組んでおり、無理なく楽しく音楽を身に着けていくことに力を入れています。1~3歳の親子のためのプログラムや、3歳コース、4・5歳コース・小学生コースなど、細かくコース分けされています。

東京都北区

ドルチェ音楽学園は音楽教室です。ピアノ、声楽、バイオリン、ビオラ、チェロ他どんな楽器でもご相談に応じてレッスンを受けることが出来ます。趣味で楽しくレッスンをされている方から,音楽大学への進学を目指してレッスンされている方など、希望に応じたレッスンをしています。

東京都北区

Beeミュージックスクール赤羽校(赤羽駅前校)は、音楽教室です。ボーカル教室をおこなっています。株式会社ビー・ファクトリーが運営し、専門のスタッフが様々な指導をおこないます。

東京都北区

トゥッティ音楽教室は音楽教室です。ピアノ・ヴァイオリンの個人レッスンを行います。トゥッティはほかに幼児才能教室として、幼児の総合コース、幼稚園・小学校の受験対策コース及び特別講習会、小学生コース、英語コースがあります。

東京都北区

東京音楽学院北赤羽校は、音楽教室です。子どもから大人まで、様々な楽器を習うことができ、楽器は無料でレンタルすることができます。所在地は、東京都北区赤羽北2丁目です。

東京都北区

笠木バイオリン教室は、音楽教室です。バイオリン教室をおこなっています。所在地は、東京都北区赤羽西1丁目です。

東京都北区

安田フルート教室は、音楽教室です。フルート教室をおこなっています。所在地は、東京都北区神谷3丁目です。

東京都北区

有限会社宮川音楽教室は、音楽教室です。ピアノ教室をおこなっています。所在地は、東京都北区西ケ原1丁目です。

東京都板橋区
0
母娘ともに豊富な指導実績があります!

ヤマハシステム講師を経てピアノ指導歴35年の母と、音大を卒業し演奏活動を精力的にしながら音楽教室で指導を行っている娘でレッスンをしております。 ホームレッスン》♫入会金は一切なし ♫月謝は30分レッスン6500円〜(月3回〜4回レッスン) 〜ご都合がつく日にお気軽に〜 ワンレッスン2000円も承っております!  月、火、水、木、金10時から18時30分 ✾担当講師、レッスンスケジュール要相談✾

0
もっと見る

ピアノ教室・レッスンに関する良くある質問

ピアノ教室・レッスン関連の最新記事

2021/03/31

保育士に必要なピアノのレベルは?弾けない場合の対処法3つを解説

保育士の仕事ではどれくらいピアノのスキルが求められるのでしょうか。“保育士になりたいけどピアノが弾けない” “保育士になるためにはピアノが弾けないといけないの?” “どのくらい弾ければいいの?”そんな悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。この記事では、保育士に求められるピアノのレベルと、ピアノが弾けなくて困っている方のための3つの対処法を紹介します。 目次 保育士資格はピアノが弾けなくても取得できる? ピアノが必須ではない場合 ピアノが必須の場合 ピアノは弾けた方が有利なのか? 保育士に求められるピアノのレベルは? 演奏面:バイエル修了レベルで弾き歌いができる 指導面:子供たちに音楽の楽しさを伝えられる 採用試験でピアノの実技テストがある場合 ピアノが上手くなる方法はある? ピアノが弾けない場合の3つの対処法 ピアノのレッスンを受けてみる ピアノ以外の得意分野を伸ばしていく! ピアノを弾かなくてもいい職場を探してみる まとめ 保育士資格はピアノが弾けなくても取得できる? 保育士になるため、必要となるのが保育士資格。上記で述べた通り、ピアノが弾けなくても保育士資格を取得することができます。 しかしこの資格を習得するにはいくつか方法があり、場合によってはピアノが必須となることも。 ピアノが必須ではない場合と必須の場合、それぞれで保育士資格を得る方法を確認してみましょう。 ピアノが必須ではない場合 「保育士試験」を受けるのであれば、ピアノの技術は必須となりません。 保育士試験は、筆記試験と実技試験で構成されています。筆記試験に合格したのち、実技試験に進めるというシステムです。 実技試験では、 ・「音楽表現」に関する技術・「造形表現」に関する技術・「言語表現」に関する技術 この3分野のうち、2つを選んで受験しなければいけません ピアノ演奏が必要となるのは、「音楽表現」に関する技術の試験。そのため、残りの「造形表現」「言語表現」の分野を選び試験に合格することで、ピアノの実技テストを受けずとも保育士資格を取得できるでしょう。 ピアノが必須の場合 保育士資格の取り方として、「保育士養成校に指定された専門学校・短大・大学で必要な単位を取得する」という方法もあります。 この場合、必ず単位を取らなければならない必修科目に、ピアノの実技が含まれていることがほとんど。そのため、養成校に通って保育士資格を取得するのであれば、ピアノは必須と言えるでしょう。 なお養成校に通っている場合、ピアノの技術であまり心配することはありません。授業を通して、初心者でもピアノが弾けるようしっかり教えてもらえるためです。 ピアノは弾けた方が有利なのか? ピアノが弾けなくとも保育士になれる、と先ほどは説明しました。しかし、実際ピアノが弾けるのと弾けないのとでは、ピアノを弾けた方が有利と言えるでしょう。 その理由として、「ピアノが弾けることを採用条件に含む保育園が多い」ということが挙げられます。 子供たちの豊かな感性を育むため、音楽を活用して知育を行う保育園は多くあるでしょう。そのような園ではピアノ演奏の機会も多く、ピアノを弾ける保育士が求められます。 なお、中には周囲への騒音対策として、CD音源が中心という保育園も。その場合、CD音源を聴いて歌ったり手拍子を叩いたりすることが多いため、ピアノ技術はさほど求められません。 しかし、ピアノを弾けた方が働ける園の選択肢が増え、保育士としてキャリアの幅が広がると言えます。 保育士に求められるピアノのレベルは? では実際のところ、ピアノのレベルがどれくらいに達していると保育士として十分と言えるのでしょうか。 演奏面・指導面という2つの観点から、保育士に求められるピアノのレベルについて解説していきます。 演奏面:バイエル修了レベルで弾き歌いができる 演奏技術が「バイエル修了レベル」であれば、保育士として十分なピアノスキルを持っていると考えられます。 バイエルとはピアノ教本のひとつで、ピアノ初心者の導入として使われることが多いもの。片手ずつの演奏から始まって次に両手でのユニゾン、終盤はメロディー・伴奏を両手で弾くといった内容で、段階を踏んで基本的なピアノの技術が身につくようになっています。 このバイエル教本をマスターすると、保育園での歌の伴奏を弾けるレベルには達していると言えるでしょう。何も難曲を弾けるようになる必要はないのです。 またピアノの技術だけでなく、「弾き歌いができる」ということも、子供たちの前で演奏するには必要なスキル。ピアノ演奏と歌、どちらか片方だけでなく、両方できなければいけません。 保育士試験の音楽分野においても、弾き歌いは試験内容に含まれています。 伴奏を弾きながら、子供たちのお手本として大きな声で歌える能力も求められるでしょう。 指導面:子供たちに音楽の楽しさを伝えられる 保育士に求められるのは、子供たちが健やかに育つよう保育をするということ。そのためピアノの技術と同じくらい、「子供たちに音楽の楽しさが伝えられる」という指導スキルも求められるでしょう。 音楽活動を楽しむことで、子供たちはリラックスしながら感受性や表現力、協調性を育むことができます。 伴奏を弾いている先生があまり笑顔でなかったり、楽しそうにしていなかったりすると、子供たちのやる気もなくなってしまうもの。目の前にいる先生が元気でないと、子供たちにもそれが自然と伝わってしまいます。大事なのは、子供たちに音楽を楽しんでもらうことでしょう。 ・手元や楽譜だけでなく、子供たちの表情を見ながら笑顔で歌える・途中で失敗して弾けなくなっても、歌を止めずに歌い続けられる・子供たちがあまり歌っていなくても、元気よく歌ってリードできる これらができていると、子供たちも安心して音楽を楽しむことができます。常に子供たちのことを考えてピアノ演奏ができるということも、保育士に求められるスキルでしょう。 […]

2021/03/27

【リサイタル】と【コンサート】の違いとは?気になる言葉の意味を解説

リサイタルとコンサートは、奏者・歌手の人数や、演奏会の規模によってその言葉が使い分けられます。 今回の記事では、リサイタルとコンサートにおける言葉の意味や種類から、両者の違いについて解説していきます。 目次 リサイタルの意味とは リサイタルとは「独奏会」「独唱会」のこと 出演者が複数いた場合も「リサイタル」? リサイタルの種類 コンサートの意味とは コンサートとは「規模が大きい演奏会」のこと コンサートの種類 リサイタルとコンサートの違い 「リサイタル」はソロ、「コンサート」は複数 「リサイタル」は小規模〜中規模ホール、「コンサート」は大規模ホール リサイタルとコンサートが区別されずに使われる時も ライブとは ライブとコンサートの違い まとめ リサイタルの意味とは まずはリサイタルという言葉の意味について、以下で詳しく見ていきましょう。 リサイタルとは「独奏会」「独唱会」のこと リサイタルは、英語の「recital」から来ている言葉です。元来、聴衆に向かって詩を朗読・朗誦することを意味していましたが、現在では「独奏会」や「独唱会」を指す言葉として用いられています。 なお、どちらにも共通しているのは「1人で演奏や歌の歌唱を行う(ソリスト)」という点。「独奏会」とは、楽器奏者が単独で行う演奏会のことで、「独唱会」とは、1人の歌手が単独で歌う演奏会のことです。 「独奏会」の場合、その多くは楽器奏者1名で行われますが、必要に応じて伴奏者(その他の楽器や声楽アンサンブル)が出演する場合もあります。 出演者が複数いた場合も「リサイタル」? リサイタルの中には、1人の歌手に加えて、バンドやオーケストラが一緒に出演する形式もあります。この場合、「1人ではないためリサイタルにならないのでは?」と考える方がいるかもしれません。 しかし、こうしたバンドやオーケストラは、あくまでもサポートの役割。歌手のバックで演奏し、歌を引き立たせます。そのため、演奏会に出演するものの、歌手と横並びの出演者とはなりません。 主役は歌手1人であることから、出演者が複数いた場合でも、リサイタルという言葉が用いられます。 リサイタルの種類 一般に、独奏会や独唱会においてリサイタルという言葉が用いられます。しかし、それ以外の演奏会においても、リサイタルという名目で開催されることが。 どのようなものがあるか、以下で紹介していきます。 ジョイントリサイタル リサイタルは、基本的に独唱会・独奏会であると説明しました。しかし、ソロの歌手や演奏者同士でステージに立つような演奏会を、「ジョイントリサイタル」と呼ぶことがあります。 複数名でステージに立つ演奏会は、通常だとリサイタルという言葉を使いません。 一方、お互い独立して活動しているソリスト同士で、協同して演奏や歌唱を行う場合は、このジョイントリサイタルという言葉が使われます。 2名以上のソリストがコラボする演奏会、という意味合いで用いられることが多いでしょう。 ジャイアンリサイタル ジャイアンリサイタルは、有名なアニメの登場人物が由来となっている言葉です。 その意味は、友人や家族などを強制的に聴衆として呼び、自分の壊滅的な歌唱を聴かせるというもの。オフィシャルな場ではなく、仲間同士でふざけて使われる場合がほとんどでしょう。 コンサートの意味とは 上記では、リサイタルの意味について説明してきました。ここからは、コンサートという言葉の意味を詳しく説明していきます。 コンサートとは「規模が大きい演奏会」のこと コンサートは、英語の「concert」から来ている言葉のこと。複数名の演奏者や歌手がステージに立ち、会場の規模も大きいような演奏会を指します。 複数名のメンバーで構成されたグループ・楽団による演奏会や、オーケストラ、オペラなど、大掛かりなものはコンサートとして扱われるでしょう。 コンサートの種類 コンサートの中でも、その内容によっていくつか種類分けがされています。どのようなものがあるか、以下で具体的に確認していきましょう。 ジョイントコンサート 2名以上のソリストや、2組以上のグループによって開催されるコンサートを「ジョイントコンサート」と呼びます。普段は独立して活動しているアーティストやグループなどが、一堂に集まってコンサートを開くというときに使われるでしょう。 なお、同様の意味で、「ジョイントリサイタル」という言葉が使われることも。ただし、ソリストではなくグループが出演する場合は、ジョイントコンサートの名称を使うことがほとんどです。 オペラ オペラとは、合唱やオーケストラといった音楽に加え、演劇や文学、美術などが融合した総合芸術を指します。楽曲例は「フィガロの結婚」「カルメン」などがあり、こうした楽曲名をコンサートタイトルとして付ける場合がほとんど。クラシックにおけるコンサートの中では、最も規模が大きいものと言えるでしょう。 演者や合唱団、オーケストラなど多くのスタッフを、ひとりの指揮者が率いて進行していきます。 シンフォニー・コンサート オーケストラによって開催される演奏会を、シンフォニー・コンサートと言います。「定期演奏会」という名目で開催されることも多いでしょう。 オペラやミュージカルといった歌劇や、アーティストのバックで演奏するのではなく、独立した演奏会であるというのがポイント。 多くの楽章によって構成される交響曲や、ソロを交えた協奏曲などで、華やかな演奏を楽しむことができます。 […]