東京都渋谷区行政書士のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都渋谷区の行政書士

元営業職のため、士業ぽっくないところが売りです。当事務所は、「士業はサービス業」をコンセプトンした東京都渋谷区代々木の社会保険労務士・行政書士事務所です。

詳細を見る

東京都行政書士会渋谷支部では、一般の方に向けた無料相談会を実施しております。無料相談会には「渋谷区役所」主催のものと「東京商工会議所渋谷支部」主催のものがござます。

詳細を見る

行政書士衛本高志は、行政事務サポートセンターで、行政書士としての業務を行っています。会社の設立や、相続に関する書類などを各役所に申請する際の書類作成・申請の代行や、外国人のVISA発行手続きの代行などを行っています。

詳細を見る

石井優子事務所は、行政書士である石井優子の個人事務所です。会社の設立や、相続に関する書類などを各役所に申請する際の書類作成・申請の代行や、コンサルティング業務を行っています。

詳細を見る

池田行政書士法務経営事務所は、行政書士である池田孝の個人事務所です。会社の設立や、相続に関する書類などを各役所に申請する際の書類作成・申請の代行や、コンサルティング業務を行っています。

詳細を見る

鎌田総務計画事務所は、行政書士事務所です。会社の設立や、相続に関する書類などを各役所に申請する際の書類作成・申請の代行や、コンサルティング業務を行っています。

詳細を見る

HIKE行政書士法人は、会社の設立や、相続に関する書類などを各役所に申請する際の書類作成・申請の代行や、コンサルティング業務を行っています。

詳細を見る

石田行政書士事務所は、行政書士である石田裕子の個人事務所です。相続に関する書類などを各役所に申請する際の書類作成・申請の代行や、協議離婚に関する書類作成の代行を行っています。

詳細を見る

阿部義子行政書士事務所は、会社の設立や、相続に関する書類などを各役所に申請する際の書類作成・申請の代行や、コンサルティング業務を行っています。

詳細を見る

眞柄行政書士事務所は、東京宅建免許申請センターとして、行政書士の資格と知識を活かし、建築関係に特化したサービスを提供しています。宅建免許の申請代行や、建築業の各種許可申請の代行を行っています。

詳細を見る

OMO小口事務所は、行政書士である小口正志の個人事務所です。相続手続きの代行や、遺言作成などを得意としています。心理相談員でもあるため、その知識も利用して、顧客の幸せの実現を目指し、顧客に寄り添うサポートを心がけています。

詳細を見る

HIKE(行政書士法人)は株式会社設立、合同会社設立、NPO法人設立、宅地建物取引業免許申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請、融資申請等の業務を取り扱っている行政書士法人です。

詳細を見る

実際の依頼例

行政書士をお願いしました

渋谷区における行政書士の依頼例

行政書士が必要なとき

行政書士とは

行政書士は、「身近な法律家」とイメージすることができます。依頼人の目的を叶えるため、目的に沿って正確に書類を作成することを主な業務としています。なお取り扱える書類は1万種類を超えるとも言われており、その活躍の幅は様々です。同じ士業である弁護士や司法書士は、裁判や登記などの業務がメインのため、あまり関わりがないという方も多いのではないでしょうか。ですが行政書士は、人々の暮らしやビジネスにおける様々な場面で関わりを持つことがあります。具体的に、行政書士には以下のような業務や役割があります。

官公署へ提出する書類の作成・提出・相談業務

事業の中には、所定の官公署へ届け出たり、許可や認可を受けなければならないものがあります。具体的には建設業、運送事業、不動産業、旅行業、住宅宿泊事業、産業廃棄物処理業、レストランやカフェなど飲食店、風俗営業など幅広い業種が挙げられます。これらの事業者は、登録や営業の許可に必要な書類を、官公署へ提出しなければなりません。ですが官公署の中でも、提出先の機関や書類の種類、枚数は異なり、その手続きはとても煩雑です。そうした手続きを行政書士に依頼することができます。

権利義務に関する書類の作成・相談業務

権利義務に関する書類とは、何かしらの権利を発生・存続・変更・消滅させたい、という意思表示をするための書類です。具体的には各種契約書、法人化における定款(会社の基本規則)、保険金請求書、告訴状、示談書、遺言書、遺産分割協議書などがあります。これらの書類の作成や相談も、行政書士に依頼することができます。また、権利義務に関する事実に基づき作成される「公正証書」という書類があります。これは法務大臣に任命された公証人が作成し、一般的な契約書等よりも強い証明力や執行力を持ちます。行政書士には、この公正証書の作成における手続きや、契約書などを公正証書にする手続きの依頼も多く寄せられています。

事実証明に関する書類の作成・相談業務

事実証明に関する書類とは、社会における権利や利益が守られるよう、事実を証明する書類を言います。具体的には会社の記帳簿、会社や法人の現行定款、各種議事録、内容証明、身分証明書、交通事故調査報告書などの書類があります。これら書類の作成や相談業務を、行政書士に依頼することができます。また店舗の見取り図や平面図、測量図面といった各種図面類も、行政書士が実際に実地調査し作成します。

暮らしにおける役割

暮らしの中の依頼として多いのは、遺言書の作成や相続手続き、成年後見に関する相談です。中でも高齢化の今、この成年後見に関する依頼が年々増えています。成年後見とは、認知症・精神障害・知的障害などで、判断能力が不十分な方を法律的に支援する制度を言います。家族や第三者が後見人となり、本人に代わって財産管理や様々な手続きを行うものです。行政書士は制度利用の相談に乗ったり、家族に代わって後見人を担います。他に自動車に関する依頼も多く、自動車を購入した際や移転、廃車における自動車登録や、車庫証明の手続きを行います。また外国人が日本国籍を取得するための帰化許可申請、ビザや在留カードの申請・更新などにおいても、必要な手続きをサポートします。

ビジネスにおける役割

ビジネスにおいて、行政書士は中小企業の支援業務を依頼されることが多くあります。最もポピュラーなものは会社・法人の設立手続きで、会社設立に関するアドバイスや書類の作成を行います。他にも事業継承支援や公的融資・補助金の手続き、知的資産経営における支援などを行なっています。また著作権登録においても、行政書士は役割を担っています。著作権は分野によって登録や使用許諾のための申請窓口が異なり、複雑です。行政書士は著作権の登録申請や、登録後に作品の利用・譲渡を求められた場合の契約書作成を、代理人として行います。

よくある質問

行政書士の料金はどのくらいかかる?

行政書士の料金は行政書士や事務所によって料金設定が異なり、一概に「相場」の算出が難しいです。料金を開示している事務所や行政書士は少ないです。数万円〜数十万円程度、依頼する仕事内容に応じて変動するため問い合わせて確認をしましょう。相談は、無料相談と有料の相談があり、無料相談は相談できる時間数(分数)が決まっています。有料相談は1時間約5,000円前後〜で行政書士や事務所によって異なります。これはあくまでも「実務を依頼する前の、相談のみの料金」です。

行政書士の依頼における注意点は?

行政書士には、個人や会社に代わり役所に提出する書類の作成や、提出手続きなどの仕事を依頼することができます。わからないことや時間がかかることは、専門家に頼んだ方が早いです。まずは初回の無料相談や概算見積もりの請求などで、気軽に連絡をしてみましょう。

行政書士を依頼する流れは?

どのような仕事をどこまで依頼したいのか、また予算はどの程度で考えているのかなどを明確にしましょう。依頼したい仕事の内容がわかりやすい方が、より多くの行政書士から見積もり依頼や相談受付を受け取ることができます。

行政書士の選び方は?

国家資格を有している業者を選びましょう。弁護士・弁理士・公認会計士・税理士の資格を有している人も行政書士と名乗ることができますが、有している知識によって得意とする書類作成の内容が異なります。行政書士国家試験に合格しているのか、それとも別の資格を有して行政書士を名乗っているのかなども確認するといいでしょう。また、判断に迷う場合は日本行政書士会連合会に名簿登録をしている行政書士かまで確認するといいでしょう。

その他気を付けるべきポイントは?

行政書士の業務は多岐にわたり、そのぶん得意分野も行政書士ごとに様々です。例えば遺言・相続における業務が得意な行政書士もいれば、中小企業支援を得意とする行政書士もいます。もし依頼された内容がその行政書士にとって実績が少ない分野である場合、知識が不足しており、思うような成果を上げられない可能性があります。そのため、まずはホームページなどで、事務所の得意分野や実績を確認するようにしましょう。

こんな時も、行政書士にお任せ

Q1:相談のとき、個人的な秘密が家族や会社の人に漏れることはないですか。

A1:はい、ありませんのでご安心ください。行政書士は国家資格であり、法律によって守秘義務が課されています。

Q2:行政書士に依頼する内容かわからないのですが、相談できますか。

A2:はい、相談できます。見積もり前の相談は無料としている事務所がほとんどです。また、行政書士の分野外である場合、他の士業へ連携できる体制を整えた事務所も多くあります。