家族の見守り・サポート

家族の見守り・サポートのプロと出会う。

お墓、遺品整理・生前整理など、家族の見守り・サポートの「やりたい」を叶えるプロと出会えます。

  1. ゼヒトモ
  2. 暮らし
  3. 家族の見守り・サポート

家族の見守り・サポートのプロをカテゴリーから探す

ゼヒトモに登録する20万人以上のプロからあなたに最適な家族の見守り・サポートのプロをご紹介。

家族の見守り・サポート関連の人気のサービス

家族の見守り・サポート関連のカテゴリー

家族の見守り・サポート関連の最新記事

2021/09/16

東京でおすすめの不用品回収業者と事例紹介

目次 不用品が出たとき 事例紹介 急な引越しでの不用品回収 ゴミ屋敷での不用品回収 遺品整理での不用品回収 東京都で活躍されている不用品回収業者様 不用品が出たとき 断捨離や引っ越しに向けての荷造りをする中で、いらないもの、使えなくなったものが出てくることはよくあります。 ちょっとしたゴミであれば捨てるのも簡単ですが、家電や家具、大量の廃材などが出た場合はそうはいきません。捨て方がわからない場合や運搬や解体が困難、物が多く自分では処分しきれない場合もあるでしょう。 そうした不用品の処分に困った時、頼れるのが不用品回収業者です。 不用品回収業者といえば「いらないものを回収する業者」となんとなくイメージがある方も多いのではないでしょうか。 ですが業者の存在は知っていても、実際どのようなことを頼めるのかはなかなか想像しにくいかもしれません。 そこで、今回は不用品回収業者に依頼した事例を紹介していきます。 今後の依頼にぜひお役立てください。 事例紹介 急な引越しでの不用品回収 依頼内容 急な引越しとなり、先日引越し先への運搬作業は終わらせたがまだ前の部屋に不用品が残っている。ソファやタンス、大量の衣類など引っ越しを機に捨てたいが、自分では処分の方法が分からない。 区の回収業者じゃ立ち退きに間に合わないため、できれば今日のうちに処分してほしい。費用はできるだけ安く抑えたい。 対応 今回依頼を受けた場所は即日対応可能エリアのため、その日のうちに対応が可能でした。 依頼者の方で既に衣類などはゴミ袋にまとめられており、不用品のみの状態だったため見積もりも作業もスムーズで、1時間で作業は終了しました。 人の男性が作業を手伝うことで人件費を抑えることができ、また不用品の中にあったテレビは2年しか使用しておらず買取対応となったため、処分費用から差し引いて総費用を抑えることができました。 なおタンスの解体は複雑で危険な作業ですが、オプションで業者が対応し解体して運ぶことができました。 ゴミ屋敷での不用品回収 依頼内容 2LDKの部屋で、廊下から全ての部屋でゴミが散乱している。生ゴミやペットボトル、缶、段ボール、本、機材品など様々なゴミが混在した状態で、ゴミと家電が混在しているが必要な家電もあるためそうしたものは残してほしい。それ以外のゴミは全て捨ててほしい。 対応 当日は2名の作業員が自宅で作業し、必要なものかいらないものか、依頼人に聞きながら仕分けを行いました。 ゴミ屋敷を担当する業者にとって大量のゴミには慣れており、床の踏み場がないような状態でも3時間程度の作業時間で済みました。最終的に部屋を全て空にし、最後は簡易的な清掃まで行ってすっきりとした状態になりました。 遺品整理での不用品回収 依頼内容 2Kの住宅に単身で住んでいた家族の遺品整理をしてほしい。なおゴミや家財などは生活していた状態のままの状態になっており、貴重品などどこにあるのか把握できていない。 家電は処分してほしいが、通帳や貴金属などの貴重品やアルバムなどは残してほしい。作業には立ち会えず、作業後の立会いは電車で向かうため、残った遺品は全てこちらの自宅に送ってほしい。 対応 当日の作業人数3名で、不用品処分のほか形見の仕分け作業があったため2日程度の作業時間がかかりました。 ゴミや家電は全て処分し、仕分け作業の中で見つかった貴重品や写真、アルバムなどの遺品は一時的に保管され、作業後の立会いで確認してもらった後に依頼人の自宅へ運送されました。 東京都で活躍されている不用品回収業者様 このように、不用品回収業者には様々な状況で依頼をすることができます。 日用品や小型家電などちょっとした物の処分にも対応してもらえるため、不用品の処分に困っている場合は相談してみてはいかがでしょうか。 ここからは、東京都でご活躍されている話題の不用品回収業者様をご紹介いたします。 おまかせらいふ 不用品回収から遺品整理や引越し作業、オフィス移転、ゴミ屋敷処理と幅広く対応されている業者様です。 ハウスクリーニングのサービスも提供されているため、不用品回収と同時に自宅の清掃もお願いすることができ、お客様からは以下のような評判をいただいております。 “初めて依頼しました。迅速なご対応と、とても丁寧な仕事に本当に依頼して良かったと思いました。ありがとうございました。また機会ありましたら宜しくお願い致します。” クールドッグサービス リサイクルショップも運営されており、不要品の買取に強い業者様です。 またコスト削減を徹底して相場よりも費用を安く抑えられており、お客様からは以下の評判もいただいております。 “感じの良いお兄さんがすぐに見積りに来てくれました。冷蔵庫やテレビなどは結構高い値段で買取してくれました。他の家電や家具などもほとんどが買取りか引取りをしてくれました。一部の家具(ベットや布団、物干し竿)やゴミなどの処分も頼んだのですが買取とあわせてもお金がもらえました。別のところでは引取りと処分でこちらが払わないといけないといわれたのでクールドッグさんに頼んで正解でした。日にちが迫り、家具や家電だけでなくゴミなども色々あってどうしようか悩んでいたのでとても助かりました。” 株式会社ハコクル 産業廃棄物と古物営業法の資格を取得されており、不用品回収や遺品整理を行なっている業者様です。 ニーズに応じたプランを提案していただけるため、初めて依頼するような方でも安心して対応していただくことができ、お客様からは以下の評判をいただいております。 “不用品の回収を依頼しました。掃除機や電子レンジなどの家電から、古くなったベッドや布団等をお願いしました。ベッドフレームの解体もスムーズに行っていただき、あっという間に部屋がスッキリしました。今後、機会があれば、またお願いしようと思います。” レーヴ運送 […]

2021/09/16

遺品整理を自分で行うには?必要な物と6つの手順を詳しく解説

遺品整理とは、故人が生前残した貴重品や日用品、思い出の品といった遺品をひとつひとつ片付ける作業のことです。遺品整理は時間がかかる作業であるため、前もってスケジュールを設定し計画的に行う必要があります。 また、場合によっては近所や親族間でのトラブルに発展する可能性もあり、注意しなければいけません。 今回は、遺品整理を自分で行うために必要となる物や、どのような手順で行えばいいかを詳しく解説していきます。 目次 遺品整理とは 遺品整理に必要な物 遺品整理を自分で行う場合の手順 スケジュールを設定する 遺品を仕分ける 不用品をリサイクル品・ゴミに仕分ける ゴミを分別・処分する 遺産を親族に分配する 部屋を清掃する 遺品整理を自分で行うメリット 遺品整理を自分で行うデメリット 遺品整理を自分で行うときに想定されるトラブル 遺品整理が上手く進まないときは業者に頼もう 遺品整理を業者に依頼するときの注意点 まとめ 遺品整理とは 遺品整理とは、故人が家に残した思い出の品や生活用品、遺産などを片付けることを指します。遺品を必要なもの・不要なものに仕分け、必要なものは保管または分配し、不要なものは処分するのが主な作業です。 故人の私物を整理することで、再び寂しさや悲しさといった感情がこみ上げてくることもあるかもしれません。 しかし、故人の私物を仕分けしていくことで自分の気持ちも整理できるでしょう。故人の人生に区切りをつける上でも、遺品整理は大切な作業となるのです。 遺品整理に必要な物 ここからは、遺品整理において必要となる物をピックアップして紹介していきます。スムーズに遺品整理を進めるためにも、これらは前もって準備しておくようにしましょう。 段ボール・ガムテープ・マジックペン 段ボールは、仕分けした遺品を入れるため必要になります。あまりに大きいサイズだと運ぶ時に大変なので、120・140サイズを中心に、160サイズを数枚用意するようにしてください。枚数の目安として、1Kであれば35〜40枚ほどで足りるでしょう。 また、段ボールの補強や梱包に使うガムテープは、布テープ・クラフトテープのどちらでも問題ありません。マジックペンは、段ボールに何を入れたのかがわかるような印や文字を書くのに使います。雨でもにじみにくい油性ペンがおすすめでしょう。 ドライバー・ペンチ・はさみ・ビニール紐 ドライバーやペンチ、はさみなどは遺品の中でも大きい家具を解体するときに役立ちます。カラーボックスや本棚など、そのままでは運びにくい家具は解体すると運びやすくなるでしょう。また、ビニール紐があれば本や雑誌をまとめて縛っておけるので重宝します。 台車 家から仕分けた遺品を搬出するときに役立ちます。ただし、台車を使っている時はガラガラとうるさくなるため日中に使うようにしましょう。また、前もって近所の方へ音が出ることを知らせておくと親切です。 ゴミ袋 遺品整理では、大量の廃棄物が発生します。万が一段ボールが不足した場合にも備えて、ゴミ袋はたくさん用意しておきましょう。各自治体が指定した分別ルールに従いながらゴミ袋を利用するようにしてください。 汚れても良い服・マスク・手袋 遺品整理で仕分けを行う際は、ホコリを被ることもあります。また、たくさんの荷物を運ぶことになるため汚れても良く動きやすい服で行いましょう。マスクや手袋があればホコリ・カビの飛沫を防げるだけでなく、手先の怪我防止や滑り止めとしても役立ちます。 遺品整理を自分で行う場合の手順 遺品整理を自分で行う場合、主に以下のような手順で進めていきます。 スケジュールを設定する 遺品を仕分ける 不用品をリサイクル品・ゴミに仕分ける ゴミを分別・処分する 遺産を親族に分配する 部屋を清掃する それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう。 1. スケジュールを設定する いきなり遺品整理の作業に取り掛かるのではなく、最初にスケジュールを組むようにしましょう。スケジュールを決めることで、スムーズに作業を進められます。スケジュールを組むときは、以下のようなポイントを意識してみてください。 誰が何を行うか まずは親族のうちの誰が遺品整理を行うのか、明確にしましょう。人数によって一人当たりの作業量が変わり、それに伴って必要な日数も違ってくるため重要なポイントです。誰がどの部屋の何を担当するのか、車両を出すのは何なのか、役割まで決めておくとスムーズに遺品整理が進みます。 いつまでに終わらせるか 遺品整理の完了日も最初に決めておいた方がいいでしょう。特に賃貸物件で契約を解消する場合、立ち退きの日までに遺品整理を終わらせなければいけません。ゴールをあらかじめ決めておくことで、どれくらいのペースで作業を進めるべきなのかが見えやすくなります。 作業をどのように進めるか どの日になんの作業を行うのか、できるだけ明確に決めておきます。「寝室はこの日に片付ける」「この日はリサイクル品を回収してもらう」というように具体的なプランを立てておくと、スムーズに作業へ取り掛れるでしょう。 ただし、必ずしもプラン通り進められるとは限りません。予備日を残しておいたり一日の作業量は少なめに設定したりして、余裕を持つことがポイントです。 […]