1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. クリーニング
  4. 家電
  5. エアコンクリーニング業者
  6. エアコン掃除を自分でするメリット・デメリットと掃除のポイント

エアコン掃除を自分でするメリット・デメリットと掃除のポイント

2017/05/07 2022/09/11
エアコンクリーニング
FacebookTwitter

お部屋の空気がなんとなく臭い! 犯人はエアコンだった~!!という事はありませんか?

部屋の掃除はこまめにしても、エアコンの掃除はなかなか頻繁にはしませんよね。

でも、定期的に掃除をしないとエアコンの能力低下やハウスダストの発生、嫌な臭いの原因にもなります。

この記事ではエアコンを自分で掃除するメリットとデメリット、業者に頼む際の費用、掃除の方法などをご紹介していきます。

1.エアコンの掃除を自分でするメリット

エアコン掃除 自分で メリット

業者に頼む分の出費が抑えられる

やはり出費を抑えられる点がまず第一のメリットでしょう。業者に頼むとプロですので、拘束費用・作業費用などを含めてそれなりの金額がかかることがあります。

他人を家にあげなくていい

一人暮らしなどでは、業者といえど他人を家の中にいれる事が苦手に思われる方も多いと思います。居間にあるならまだしも、寝室などはあまり人を入れたくない場所でもあります。エアコンの設置場所がベッドの上やイレギュラーな場所であれば、ベッドや家具を動かす手間もかかり少々面倒です。

2.エアコンの掃除を自分でするデメリット

エアコン 掃除 方法 メリット デメリット

エアコン掃除には準備・掃除・後片付けの手間がかかる

エアコンを自分で掃除をする上でのデメリットは、やはり手間がかかること。掃除機や中性洗剤、アルコールスプレーなどの掃除用品はもちろん、マスクや手袋、周囲の養生などもあった方がいいでしょう。また、自分で分解しなければならないため、苦手な人には面倒な作業です。

エアコン掃除はアレルギー持ちの人には辛い

ずっと掃除していないエアコンの内部はカビやホコリなどが蓄積され、ハウスダストの温床となっており非常に汚いです。アレルギーなどをお持ちの方は、無理せず業者に頼むのが良いでしょう。

【あわせて読みたい】

【エアコンの掃除料金】ハウスクリーニング業者別、5社比較!>>>

3.エアコン掃除をプロの業者に頼むと料金はいくら?

エアコン 掃除 方法 メリット デメリット

エアコンの掃除を業者に頼むといくらかかるのでしょうか?

エアコンの形状や、依頼する業者によって料金は様々です。ちなみに大手ハウスクリーニング業者のダスキンでは、標準タイプが14,300円(税抜13,000円)からとなっており、他の業者でも大体1万円前後でエアコンクリーニングはやってもらえます。

自分で洗浄剤を買って、やり方を調べて、時間をとってエアコン掃除をする手間を考えると、意外にお手頃価格なのかもしれません。

\ 無料で複数の業者とコンタクトが取れる /

4.エアコンの掃除はどのくらいの頻度で行うのか

エアコンの掃除は、フィルター部分が2週間に1回、内部の掃除は1~3年に1回で良いと言われています。赤ちゃんがいるご家庭やペットを飼っているご家庭などでは、もう少し短いスパンで清潔を保ちたいですね。

今ではエアコンの洗浄スプレーも販売されていますが、ゴミを押し込むだけで掃除が完結できているわけではないという意見もあります。やはりしばらく掃除していないのであれば、一度しっかりと内部までの掃除をおすすめします。

5.エアコンの掃除を自分で行うために準備するもの

エアコンの掃除をする際に必要な物、あると便利な物は、

・45ℓのゴミ袋

・バケツ

・マイペットなどの中性洗剤やアルコールスプレー

・市販のエアコンクリーナー

・雑巾などの布

・歯ブラシなどの柔らかいブラシ

・細いスポンジ

・掃除機

・養生シート

などです。

肌が弱い方はゴム手袋やマスク、作業する際に見上げる様な体勢になる場合は、ゴーグルなどがあれば便利でしょう。

【あわせて読みたい】

エアコン修理の費用はいくら?エアコンのプロに聞いてみた!>>>

6.エアコンを自分で掃除する手順4つ

エアコンの掃除前に周囲を養生する

まずは掃除中に出た汚れで周囲を汚さないように養生します。移動できるものは移動させ、出来ないものはゴミ袋をかぶせる、ゴミ袋を切って広げたものや養生シートなどで覆いましょう。次に電源コードを抜き、フィルターを外していきます。

エアコンのフィルターを外し、洗浄する

フィルターの外し方は、各機種によって様々ですが、まずは前面のカバーを開けます。ロックボタンなどが側面部などについているケースがあるので、探してみましょう。

前面のカバーが外れたら、フィルターをとりだします。ほこりを落とさないように、ゆっくりと外して下さい。外れたらお風呂場に運んでシャワーで汚れを落としていきます。シャワーを当てるのは、フィルターの裏側から当てましょう。水よりもぬるま湯の方が落ちやすいです。ガンコな汚れは、中性洗剤を使い、ブラシでこすり落とすと良いでしょう。

エアコン吹き出し口の掃除

フィルターを洗ったら、ベランダなど風通しの良い場所でしっかりと乾かします。乾かしている間に、吹き出し口(シロッコファン)の掃除をしましょう。ブラシが装着できるタイプの掃除機であれば、一度掃除機をかけるといいでしょう。ブラシが無い場合は無理にかけなくても良いです。ファンは衝撃に弱いので、衝撃を与えると変形してしまいます。

ファンの隙間を、中性洗剤やアルコールスプレーなどを吹きかけ、布とブラシなどでこすり、汚れを落としていきます。根気のいる作業です。全ての汚れがとれたら、フィルターをはめ、送風運転で内部を乾かして終了です。

エアコンの内部掃除は難しい!プロに頼むのがおすすめ

上記の手順はあくまで表面的な掃除なので、エアコンの奥にある汚れまでは取れません。シロッコファンを分解して、個別に洗う方法もありますが、機械の知識がなければおすすめできません。また、店頭で販売しているエアコンの掃除スプレーですが、使用して掃除したら電装部分にかかってしまい、エアコンが故障してしまった、というケースもあります。内部の掃除は一度しっかりやれば数年はやらなくても良いので、一度しっかりプロに頼んでみるのが良いでしょう。

エアコン掃除を業者に頼むのは意外に簡単!

最近ではお掃除機能のついたエアコンがありますが、やはり内部までの細かなメンテナンスは出来ず、何年かたったら、異臭がしたりかび臭くなったりします。

お掃除機能付きのエアコンは内部が複雑で、知識がなければ洗浄できないので、無理して自分で掃除をするのは慎重にしてください。

お掃除機能付きのエアコンも、こまめにフィルター掃除を行い、内部まで汚れがいかないようにしたいものです。

プロの業者に頼む場合のエアコンクリーニングですが、本格的に使用する夏や冬はどうしても混雑しがちです。

夏や冬以外のオフシーズンでは、割引価格で行っている業者さんも結構います。

もしかして、思っている以上に手軽でお得にプロに頼めるかもしれません。

・エアコンのお掃除について相談したい

・数社に見積もりをとって、一番自分にあってるプロに頼みたい

そんな要望がある方は、【ゼヒトモ】でエアコンクリーニングのプロを探してみませんか?

いくつかの質問に答えるだけで、あなたにぴったりなプロを簡単に見つけられます。

本格的に使用するシーズンが到来する前に、しっかりとエアコンのクリーニングを済ませ、快適に過ごしましょう。

\ 無料でピッタリのプロとマッチング /

依頼した方の声

<口コミ>
エアコンがカビ臭く、フラップのカビも気になり依頼しました。とても丁寧に作業していただき、ピカピカになりました!

<口コミ>
とても丁寧な対応で、エアコンを綺麗にしてくださいました!エアコンの中を見せていただいたのですが、エアコンの中がこんなに汚れてるとは思っていませんでした。部屋の空気が綺麗になると、とても気持ちいいですし、この夏は家族で快適に過ごせそうです!ありがとうございました!

<口コミ>
今回初めてのエアコンクリーニングでしたが、とても丁寧に手際よく対応頂けて、大満足です。 かなりの真っ黒具合で排水見ただけで病気になりそうな感じでしたが、気持ちいいくらいキレイになって、主人もお犬様も大満足です! 早い時間でも対応頂けて本当に助かりました!

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

エアコンクリーニング関連の最新記事

2022/10/04
賃貸物件でエアコンクリーニングはできる?気になる費用負担を解説

賃貸物件に長く住んでいると、エアコンもお手入れが必要になることがあります。そんな時、業者を呼んで掃除することは可能なのでしょうか。気になる費用の目安もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 賃貸に備え付けのエアコンクリーニングには許可が必要 賃貸物件に元から備え付けられているエアコンのクリーニングをするときは、大家さんや管理会社へ事前に相談することが必要です。許可を得られた場合には、エアコンクリーニングの業者に連絡し、お手入れをしてもらいましょう。 ただし、元々エアコンがついていない物件で、入居者本人が購入・設置した場合には、業者に依頼してクリーニングすることに問題はありません。しかしクリーニングにより壁に傷がつくことや、床に浸水する可能性があるため、備え付けのエアコンと同様、事前に大家さんや管理会社に連絡することが必要です。 大家さんに確認する内容 エアコンから異臭がするなどの不具合がある場合や、長く住んでいてエアコン内部のカビなどが気になる場合には、大家さんや管理会社にクリーニングしても良いか問い合わせてみましょう。次の内容を説明すると、スムーズにクリーニングの許可が得やすくなります。 エアコンにどのような不具合が生じているか いつから不具合が生じているか 普段のエアコンの使用状況、お手入れの状況 簡単なお手入れなら許可を取らなくても大丈夫 エアコンクリーニングの業者に依頼するのではなく、入居者自身が簡単に掃除をする場合であれば、大家さんや管理会社の許可を取る必要はありません。 ただし、分解して大がかりな掃除をすることは、壊れる可能性があるためおすすめできません。徹底的に掃除をしたいときは、大家さんや管理会社の許可を取り、専門の業者に依頼するようにしましょう。 エアコンクリーニングの費用は誰が負担する? エアコンクリーニングの費用は、状況によって負担者が異なります。エアコンクリーニングを思い立ったときは、まず賃貸借契約書を確認してみましょう。賃貸借契約書には、退去時に負担する費用について記載されています。 なお、エアコンクリーニング代が入居者の負担だと明記されている場合は、事前にお手入れをしておくのも良いでしょう。退去時に発生する費用を軽減できる可能性があります。 大家さん・管理会社負担になる場合 以下のいずれかのケースに該当するときは、エアコンクリーニングの費用は大家さんや管理会社の負担になります。 半年も経たないうちにエアコンから異臭がした フィルターのホコリを取るなどの掃除をしているにもかかわらずエアコンの調子が悪い 賃貸借契約書にエアコンクリーニングは大家さんや管理会社の負担と明記されている 入居者負担になる場合 以下のいずれかのケースに該当する場合は、エアコンクリーニングの費用は入居者負担となります。 長期間エアコンの掃除を怠り、異臭や不具合が生じている 特に不具合はないが、清潔にしたいのでクリーニングを希望している エアコンクリーニングが必要になるサイン 次のようなサインが見えたときは、エアコンクリーニングが必要かもしれません。早めに大家さんや管理会社に相談し、エアコンクリーニングの業者に依頼しましょう。 エアコンの吹き出し口にカビの黒点が見える エアコン内部にカビの黒点が見える エアコンから出る風がカビ臭い なんとなく家にいると体調が悪い、エアコンをつけてから体調が悪くなった エアコンクリーニングの頻度目安 エアコンをよく使う夏・冬が終わったタイミング、年に2回ほどエアコンクリーニングを依頼すると良いでしょう。室内でタバコを吸う場合やコンロのそばにエアコンがある場合は、空気が汚れている可能性が高いので、頻度を増やす必要もあります。 こまめにお手入れをしている場合であれば、年に一回のクリーニングで十分なこともあるので、日頃のメンテナンスも大切です。 賃貸でエアコンクリーニングをするときの注意点 賃貸物件でエアコンクリーニングを依頼するときは、次の2点に注意が必要です。 誰が費用を負担するのかクリーニング前に確認する 費用を自己負担する場合も大家さんに事前連絡する 誰が費用を負担するのかクリーニング前に確認する クリーニング前に、費用を誰が負担するのか確認しておきましょう。本来であれば大家さんや管理会社が負担する場合でも、入居者の一存でクリーニングを実施してしまったときは、負担してもらえない可能性があります。 費用を自己負担する場合も大家さんに事前連絡する 入居者のエアコンにクリーニングを実施する場合や、入居者負担でクリーニングを実施する場合でも、事前に大家さんや管理会社に連絡をしておきましょう。連絡せずにクリーニングを業者に依頼すると、壁に傷がついたり床に浸水したときには損害賠償を求められる可能性があります。 エアコンクリーニングの費用目安 エアコン1台あたりのクリーニング費用の目安は以下のとおりです。 壁掛けタイプ:10,000円~ 自動お掃除機能付きタイプ:20,000~25,000円 業者やクリーニングの内容、使用する洗浄剤、防汚加工をするかなどによっても料金は異なります。また室外機などもクリーニングする場合は、さらに費用は高くなります。 業者を選ぶ時にチェックしたいポイント 相見積もりをとりる いくつかの業者から見積もりをとることで、不当な費用を請求する業者を避けることができます。見積もりの料金体系が明確である業者は信頼できるでしょう。また、費用だけでなく対応の丁寧さもチェックします。 賠償責任保険に加入しているか確認する エアコンクリーニングにはリスクが付き物です。例えば、エアコンが故障する、壁に傷がつく、床に浸水するなどのリスクが想定されます。賠償責任保険に加入している業者であれば、万が一のときにでも補償を受けることができます。 実績や口コミが豊富な業者を選ぶ 業者の実績や口コミも確認しておきましょう。実績豊富かつ良い口コミも多い業者であれば、ある程度安心して依頼することができます。 ゼヒトモでエアコンクリーニングのプロを探す 賃貸物件でもエアコンクリーニングを実施することは可能です。実施するときには自己負担・大家さん負担に関わらず、事前に大家さんや管理会社に連絡しておきましょう。 […]

2022/10/03
業務用エアコンの掃除は自分でできる?掃除手順をわかりやすく解説

業務用のエアコンは天井埋め込み型のものも多く、掃除しづらいと感じる方も多いでしょう。 この記事では、業務用エアコンの掃除方法や手順、注意点についてわかりやすく解説しています。 業者にクリーニングを依頼するメリットや料金目安も紹介するので、エアコンの汚れが気になる方やエアコンクリーニングを検討している方はぜひご覧ください。 業務用エアコンの掃除方法 業務用エアコンを全て自分で掃除するとなると、分解して奥まで掃除をするので、とても大がかりになります。故障の原因になることもあるため、業者に依頼するほうが良いでしょう。汚れが気になったときに気軽にできる、掃除方法について解説します。 必要な道具 掃除をする前に次の道具を準備しておきましょう。 脚立 掃除機 使い古した歯ブラシ タオル 中性洗剤(必要に応じて) 掃除手順 1.フィルターを取り外す 脚立などを使って上に乗り、外蓋を開けてフィルターを取り外します。フィルターについたホコリを周辺にまき散らさないように、表側から掃除機でホコリを吸い込んでおきましょう。 2.フィルターの汚れを水洗いする 掃除機だけではフィルターの汚れは取り切れません。また、フィルター内部にカビが生えている可能性もあるため、使い古した歯ブラシを使って、丁寧に水洗いをしましょう。使い古した歯ブラシがないときは、新品のやわらかめの歯ブラシを使うこともできます。 3.フィルターを乾かす 水洗いしたフィルターをタオルなどで押しつけるように丁寧に水気を取り、陰干ししましょう。直射日光に当てるとフィルターや枠が変形・変質する可能性があるので注意が必要です。 4.フィルターを取り付ける フィルターをしっかりと乾かしてから、エアコンに取り付け、外蓋を閉めて完成です。このとき、フィルターに水分が残らないように完全に乾かしておくことがポイントです。水分が残っていると、カビの発生を招くことがあります。 5.エアコンの外側の汚れを拭き取る エアコンの外側に汚れがついているときは、水で固く絞ったタオルなどで拭いて落としましょう。タバコのヤニや油汚れなどがついている場合は、水では落ちないことがあります。 水では落としきれない汚れは、水に中性洗剤を少し入れ、タオルに含ませてから拭いてください。 業務用エアコンを掃除するときの注意点 業務用エアコンを掃除するときは、次の3つのポイントに注意しましょう。 エアコンの電源を落としてから掃除する エアコンの種類を確認する 内部を触りすぎない それぞれのポイントを解説します。 エアコンの電源を落としてから掃除する エアコンのフィルターなどの掃除をするときは、事前に必ず電源を落としておくようにしましょう。電源をつけたまま作業をすると、誤作動によりファンが回転したり、感電したりするリスクがあります。 エアコンの種類を確認する エアコンの種類によって、外蓋の開け方、フィルターの外し方が異なります。無理に引っ張ると破損する原因になるため、取扱説明書をよく読み、開け方・外し方を確認してから掃除をするようにしましょう。 内部を触りすぎない フィルターを外すと、エアコン内部がよく見えるようになります。ファンの裏側などにカビがついているのが気になり、さらに奥まで掃除をしたいと思うかもしれません。 しかし、奥まで掃除をしようとすると、分解する必要が生じ、エアコンを傷つけてしまう恐れがあります。 エアコンは精密機器のため、少しの傷でも故障の原因になることがあります。 また、分解したものの正確に組み立てられず、元通りにならない可能性もあるでしょう。 エアコンや機械に詳しい場合を除き、内部が気になっても触り過ぎないように注意が必要です。 汚れが気になるときは専門の業者に依頼し、プロの手で掃除をしてもらうようにしましょう。 業者に依頼する場合の料金目安 業務用エアコンのクリーニング費用は、種類によっても異なります。 天井埋め込み型:10,000~30,000円 自動掃除機能付き:30,000~40,000円 また、室外機を掃除する、汚れがつきにくいように加工する、など作業内容によっても料金は異なります。事前に複数の業者から見積もりを取り、依頼する業者を選びましょう。 業者にエアコンクリーニングを依頼するメリット 業者にエアコンクリーニングを依頼することで、エアコンの内部まで汚れやカビなどを取り除くことができます。例えば飲食店であれば、エアコンの奥にまで油やたばこのヤニなどが入り込んでいるかもしれません。 外から見えるところだけでなく、見えないところまでしっかりと汚れを落とすことで、エアコンから清潔な空気が出てくるようになります。 エアコンクリーニングをすることで内部に詰まった汚れが落ち、熱効率が向上することもあります。設定温度を極端に下げなくても十分に涼しくなり、電気代も下がるでしょう。また、定期的にクリーニングをすることで、エアコンを良好な状態に保ち、故障しにくくなるというメリットもあります。 業者選びのポイント エアコンクリーニングの業者は、次のポイントに留意して選びましょう。 対応が親切かつ迅速 作業内容や料金体系が明瞭 業務用エアコンのクリーニング経験が豊富 […]