1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. 修理・交換・取り付け
  4. エアコン
  5. エアコン修理業者
  6. エアコン修理の費用や相場はいくら?実際に修理のプロに色々聞いてみた!

エアコン修理の費用や相場はいくら?実際に修理のプロに色々聞いてみた!

2022/04/22 2022/10/17
エアコン修理
FacebookTwitter

エアコンの効きが弱くなる。電源がつかない。エアコンの不調を直したいけど、いくらかかるか分からない。そんな悩みを解決するため、実際にエアコンのプロにエアコン修理について、聞いてみました。

今回はエアコンの代表的な不調ポイント、エアコンの修理費用(相場)と修理期間、どういう修理業者に依頼するのが一番いいのかについて、エアコン修理のプロであるリオス・フクジン様にインタビューしてきました。

エアコンの修理が必要になる不調サインとは

代表的なエアコンの不調の症状は、8つです。順に見ていきましょう。

エアコンの電源が入らない

エアコンの電源が入らない理由として、最も多いのがブレーカーが落ちているのに気づかないことです。まずはブレーカーが落ちていないか、確認しましょう。

また、古い家ではエアコン用のコンセントがなく、床のコンセントにつないでいる場合があります。そのコンセントのブレーカーが落ちているかもしれません。コンセントのブレーカーも確認しましょう。

もしも、ブレーカーに異常がなければ修理業者を呼んでください。電源が入らない原因は多岐にわたるので、エアコン修理のプロに診断してもらいましょう。

エアコンから風が出てこない

エアコンから風が出てこない理由としては、2つ考えられます。

  1. 送風ファンが回っていない
  2. リモコンの電池が弱くなっている

エアコンから風を送り出す扇風機のような部分が回っていないのかもしれません。また、リモコンの電池が切れかけていて、ランプはつくけど十分な電波を飛ばせていないかもしれません。

もしもエアコンから風が出なくなったら、エアコンを試運転にしてみましょう。試運転の方法は、エアコンの本体についているボタンを手で押すだけです。どこにボタンがあるかは、エアコンの取扱説明書を見ながら探してみてください。

エアコン試運転をして風が出てくるようならリモコンの電池を換えてみましょう。

エアコンのリモコンが操作できない

エアコン つける

リモコンが操作できない場合には、まずは電池を交換してみましょう。

室外機が動かない

室外機が壊れると、エアコンからは気温が変化していないただの風が出てきます。

室外機の故障を修理することはほぼ不可能で、エアコンを買い替える必要があります。室外機を直すための部品の調達が困難なため、修理は難しいです。

エアコンの効きが弱い

エアコンの効きが悪くなる一番の原因は、フィルターのつまりです。フィルターの掃除をしていても、目地が詰まってきます。使い古した歯ブラシで優しく、目地に詰まった汚れを掻き出してあげましょう。

もしもエアコンの効きが悪いだけではなく、臭いも出るのであれば、分解クリーニングをしましょう。エアコンの内部まで掃除するのは、素人には難しいのでエアコンクリーニングのプロに依頼してください。

またエアコンのガス漏れによって、エアコンの効きが悪くなるケースもあります。エアコンのガス漏れは、エアコンの取り付けの際のミスで起きることが多いです。特に引っ越し業者がエアコンの取り付けをするときには、注意しなければなりません。エアコンの配管の設置をしっかりと行わないと、配管が破損してしまいます。

エアコンから水漏れする

エアコンの水漏れもガス漏れと同じで、エアコンの取り付けミスで発生します。エアコンの内部で発生する水を排水するために、適切な傾斜をつけなければなりません。この角度を間違えると水漏れが発生します。

また、エアコンの性能以上の働きをさせないためにも、設置する部屋の大きさにあったエアコンを選びましょう。エアコンが自分の性能以上の空間の気温を変えようとして、フルパワーで稼働します。この稼働によってできた水の排水が間に合わず、水漏れを起こしてしまうケースがあります。

エアコンの自動清掃が機能しない

エアコンに内蔵されている自動清掃機能が動かなくなる一番の原因は、ダストボックスを綺麗にしていないことで起こります。自動清掃機能は放置するだけでフィルターを綺麗にしてくれますが、そのゴミはエアコンに溜まったままです。

定期的にダストボックスをスッキリとさせましょう。

エアコンの風向きが変えられない

エアコンの風向きを変える羽の部分を、ルーバーといいます。この部分が故障すると、風向きを変えられなくなります。

エアコンを修理するか、買い替えするかを見極めるポイント

エアコンの修理 買替 ポイント

エアコンを修理するよりも、買い替えをする方がいいかもしれません。紹介したエアコンの不調ポイントの中で、特に重症度が高く買い替えた方がいいポイントをまとめました。

【買い替えポイント】室外機の故障する

エアコンの室外機が故障すると、買い替えをするしかありません。エアコンの部品はメーカーから取り寄せることが難しく、部品の調達が困難です。

またエアコンの室外機だけではなく、エアコンの本体もセットで販売しています。そのためエアコンの本体に異常がなくても、買い替えなければなりません。

【買い替えポイント】エアコンの電源がつかない

ブレーカーが落ちていることで、エアコンの電源がつかないのであれば、問題はありません。それ以外であれば、エアコンの内部の故障の可能性があり、修理は難しいかもしれません。

買い替えも視野に入れながら、エアコンの購入も修理もできる町の電気屋さんに相談してみましょう。

【買い替えポイント】エアコンの効きが悪くなる

エアコンの効きが悪くなるのも買い替えのサインかもしれません。

エアコンのフィルターが汚れており、エアコンから出てくる風が汚いようであれば、エアコンクリーニングを依頼しましょう。これで症状が改善します。

しかしフィルターが汚れておらず、エアコンから出てくる空気が綺麗であれば、ガス漏れを起こしています。

ガス漏れはエアコンを4年以上使っていると起きる不調です。ガス漏れは経年劣化してきた証拠です。

ガスのチャージ、またはガス漏れを修理しても、また違う理由でエアコンが不調になるかもしれません。修理するよりも買い替えの方が、結果的にはオトクになることが多いです。

【修理ポイント】エアコンの風向きが変わらない

エアコンの風向きを変えるルーバーという部分の修理費用は、買い替えるよりも安いです。

風向きが変わらないことを放置せずに、修理を依頼しましょう。

【修理ポイント】エアコンから水漏れする

エアコンの水漏れは、エアコンの取り付け方が悪い場合も多く、エアコン本体の故障によるものではない可能性があります。

特にエアコンを取り付けてから1,2か月で起きた水漏れはこの設置ミスの可能性も高いので、エアコンのプロに相談してみましょう。

\  あなたの近くにいいプロいます♪ /

エアコンの修理費用の相場と修理期間

エアコンの修理 相場 期間

エアコンの不調を直すための費用の相場と修理期間をまとめてみました。予算を決めるためにも、知っておきたい3つの代表的な修理方法の費用を紹介します。

エアコンのガス漏れ修理の費用相場は約2万~5万円

エアコン修理の8割は、ガス漏れ修理です。ガスの圧力が配管にダメージを与えて、ガス漏れを起こします。

またはエアコンの使い過ぎでガスが足りなくなるケースもあります。

エアコンのガスのチャージと配管のチェックのセットであれば、3万円程度。ガスの配管に問題があり、取り替えなければならない場合には、5万円程度になります。

エアコンの基板交換の費用は約3万円

エアコンの電源が入らない場合は、エアコンの基板が故障しているかもしれません。

エアコンの基板の交換は約3万円です。

またメーカーから基板を調達できないかもしれません。その時はエアコンを買い替えることになります。

エアコンクリーニング(分解)の費用は約3万円

エアコンクリーニング フィルター

エアコンの効きが悪い場合は、エアコンのフィルターや内部が汚れているからかもしれません。エアコンの内部まで綺麗にできる分解クリーニングを依頼しましょう。

エアコンを分解してクリーニングするメリットは、エアコンの効きがよくなるだけではありません。エアコンの寿命を伸ばす効果もあります。

またエアコンの効きがよくなることで、電気代の節約にもなります。

おすすめは3年に1回、分解クリーニングをすることです。こうすることで、清潔で、電気代も安く、長持ちさせられます。

エアコン内部のクリーニングだけなら1万円程度でやってくれる業者もいます。

エアコン修理の期間は約1週間

エアコン修理には、エアコンの状況確認、見積もり、メーカーに部品を依頼、部品が届いてから修理開始という流れになります。そのため修理期間にバラツキがあります。

修理業者との予定の調整を合わせることも考えると、修理が完了するまで1週間ほどかかると想定すると良いでしょう。

エアコン修理の費用の早見表

 

修理内容 費用
ガス漏れ 約2万~約5万円
基板交換 約3万円
エアコンクリーニング 約3万円

エアコンの修理費用を抑えるコツ

エアコン修理費用を抑える

エアコンの修理を満足のいく品質で、費用を抑えるためのコツを紹介していきます。

町の電気屋さんに依頼する

エアコンの修理はエアコンの状態を詳しく見ないと見積もりがとれません。大手の家電量販店や修理業者に依頼すると、出張費が町の電気屋さんに比べて高い傾向にあります。

大手の家電量販店は、下請けの修理業者に仕事を依頼しています。中間マージンを稼ぐために、出張費や修理費、買い替えなどいろいろな方法で費用が割高になるようになっています。

その点、町の電気屋さんは家から近いため、出張費が安く気軽に相談できます。また町の電気屋さんは地元に根付いており、今まで地道に積み上げた信頼があります。

費用を抑えながら、満足のいく質の修理をするためにも町の電気屋さんに依頼してみましょう。

場合によってはエアコンを買い替える

修理の内容によっては買い替えの方がオトクかもしれません。特に、ガス漏れはエアコンを長く使用してから起きる故障で、修理費用も高額です。

買い替えも視野に入れて、エアコン修理を依頼するとよりよい買い物ができます。修理しかないと思わず、買い替えも検討するといいでしょう。

エアコンの修理に出す前に自分でできること

エアコンの修理前 にできること

エアコンが故障して、修理業者を依頼する前に自分でできることもあります。

こちらのリンクからエアコンが故障した際の対応策を紹介しているので、ぜひそちらをご確認ください。

修理業者か、メーカー、どちらに修理を依頼したらいいのか?

エアコン修理業者 メーカー 修理依頼

エアコンの修理を依頼するとき、エアコンの修理業者かメーカー、どちらに頼めばいいか迷いませんか?たった1つの判断基準で、どちらに頼めばいいか分かります。

それはエアコンの保証期間が切れているかどうか、です。

【期間が切れている】メーカーの特徴

保証期間内であれば、メーカーに頼むといいでしょう。保証内容によっては、無償で修理してくれます。

ただ保証期間外で依頼すると、割高な修理費用になります。エアコンの保証期間が切れていないかどうか確認してから依頼するようにしましょう。

【期間が切れていない】修理業者の特徴

保証期間外であれば、修理業者に依頼するようにしましょう。メーカーよりも割安に修理してくれます。

またエアコンが修理出来ず、買い替える必要がある場合、町の電気屋さんに依頼していれば、部屋にあったエアコンを紹介してくれます。

保証期間外であれば、エアコンも使い続けているので買い替えの可能性も高まります。買い替えのことも視野に入れながら、修理業者に依頼しましょう。

エアコンの修理業者の見極め方

エアコン 修理業者 見極め方

エアコンの修理を依頼したいけど、いい業者の選び方が分からなくて困っている人も多いのではないでしょうか。悪徳業者の特徴と、優良業者の特徴を3つずつ紹介します。

悪徳業者の特徴①詳細な料金説明がない

エアコン修理は現地で状況を見ないと、見積もりができません。そのため悪徳業者は高く見積もる、または買い替えを勧めてきます。しかし優良業者も状況を見た結果、想定とは違う修理内容になることもあります。

ここでの見極め方は、なぜその修理内容になるのかを説明できるか、です。優良業者であれば、お客さんの不安を解消しようと一生懸命にエアコンの細かい部分まで丁寧に説明してくれます。

しかし悪徳業者であれば、説明がおぼつかず、すぐに修理に持ち込もうとします。しっかりと説明して、納得できるかどうかで判断しましょう。

悪徳業者の特徴②工事保証がない

悪徳業者の場合、工事の保証がありません。それは自分の修理内容に責任を持てるほど、修理の腕がないからです。

イマイチ業者の特徴③大手修理業者

大手の家電量販店や工務店などを通して、修理を依頼するのは避けた方がいいです。なぜなら中間マージンが発生するので、料金が少しだけ高くなります。

優良業者の特徴①しっかりとした説明がある

優良業者は修理内容に関して、しっかりと説明してくれます。修理内容が想定とは違った場合には、今エアコンがどういう状態なのか、どうしてこの修理内容になるのかを聞いてみましょう。

優良業者の特徴②アフターフォローがしっかりしている

優良業者は工事の後少したってから、エアコンがちゃんと作動しているかどうかを確認します。少しでも不良があれば、すぐに対応してくれるので、安心して優良業者にお任せができます。

優良業者の特徴③様々なメーカー、種類に対応できる

様々なメーカー、種類に対応できるかどうかはエアコン修理の腕を見る上で重要になってきます。家のエアコンだけでなく、天井に埋め込むタイプのエアコンも工事ができるといった修理業者を選ぶといいでしょう。

修理業者にはエアコン修理ができるかどうかを聞くだけではなく、どういう経験があるかどうかまで踏み込んでみましょう。

企業や公的機関のエアコン修理も担当されているような業者であれば、間違いなく優良業者です。

エアコン修理には電気工事業者の登録が必要なので、登録業者であるかも業者選びには重要です。

ゼヒトモでエアコン修理のプロを探す

エアコンの修理業者を探す

エアコン修理を頼みたいけど、

近くにどんなエアコン修理のプロがいるか分からない。

いろいろなプロを一気に検討してみたい。

そんな悩みをお持ちの方は、ゼヒトモからエアコン修理のプロを探してみませんか?

ゼヒトモでは予算や都合のいい日時、どんなサービスを希望しているかの質問に答えることで、簡単にあなたにピッタリなプロを見つけられます。

ぜひ、エアコン修理でお困りの方は、ゼヒトモからプロに相談してみてください。

\  あなたの近くにいいプロいます♪ /

依頼した方の声

<口コミ>
エアコンが冷えなくなったので、ご相談しました。電話の段階でだいたいの故障個所を特定してもらい、その日のうちに修理にきていただきました。祖母の寝室で熱中症が心配だったので、助かりました。説明がわかりやすく納得でした。また、お願いします。

<口コミ>
迅速な対応をして頂き、水漏れもその場で無事に修理してもらう事が出来ました。 大変助かりました。ありがとうございました。

<口コミ>
エアコンの修理をお願いしました。 故障部位もすぐ見つけて下さり対応も迅速かつ丁寧で安心してお願いできました。 お値段もリーズナブルで大変満足できました。ありがとうございました!

お役立ち情報をLINEで受け取る

友だち追加

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

エアコン修理関連の最新記事

2022/11/07
エアコンが故障する3つの原因と症状、対応法

毎年のようにニュースでは「~年ぶりの猛暑」などと言われ、頭を悩ませる夏の暑さです。年々暑くなっている気さえしますね。そんな時必要なのがエアコンです。また、ストーブを使うほどでもない冬の寒さにも、エアコンは大切です。 エアコンが故障したら重大事ですよね! 快適に家での時間を過ごすために、エアコンが故障した時の症状や買い替えのタイミングなどを交えながら、エアコンの故障の原因と症状、対処法をご紹介していきます。 エアコンが故障した時によくある症状 1. エアコンから冷風が出ない、温風が出ない 冷房を使っているときに、設定温度を限界まで下げても出てくるのは生ぬるい風だけ・・・エアコンの故障で困ってしまうのが冷えないことです。猛暑の真っ只中には一番起こって欲しくない症状ですね。 また、冬の寒い時に暖かい風が出てこない時も故障かもしれません。 2.エアコンのリモコンが作動しない 何度押してもリモコンが反応しない。エアコンのリモコンの電池を交換しても変化がないようであれば、エアコン側の受信部が故障している可能性もあります。 汚れが付着して電波が届かないケースもありますが、拭いてみてダメなようなら取扱説明書を確認してみましょう。 3. エアコン本体のランプが点滅している 新しいエアコンは、どこが壊れているのかを教えてくれる機能がついています。他にも、パナソニックやナショナルなど、大手メーカーはホームページでエアコンの故障診断を行っているところもあります。 ご自身のエアコンがどのような症状が現れているのか、使用しているメーカーのホームページで確認してみるのも良いでしょう。 4.エアコン本体から水漏れ 排水ホースの破損などで、水漏れが起こることがあります。 もし水漏れが起きて所持品に被害が出たら、保険の適用範囲かもしれません。場合によっては家財保険や火災保険などでまかなえるケースもあります。その場合は加入している保険会社や、管理会社などに問い合わせてみると良いでしょう。 【あわせて読みたい】 エアコン修理の費用はいくら?エアコンのプロに聞いてみた! \  あなたの近くにいいプロいます♪ / エアコンが故障する原因 1. ヒューズが切れている 電流の流れを制御する安全装置の役割をはたしているヒューズが切れたり、取り付け部の腐食などが起こると、エアコンの動作に異常が出ます。 2. エアコンの各種センサーの故障 エアコンには、様々なセンサーが付いています。それが故障することによって、エアコンの動作に不具合がおこることも。素人では歯が立たないので、プロの力を借りましょう。 3. 故障ではなく、メンテナンス不足かも エアコンは故障率が低い電化製品です。そのため、うまく冷えないなどの場合は故障ではなく、メンテナンス不足だったりするケースも多々あります。 エアコンの掃除はきちんとしていますか?目に見える部分ではなく、内部に汚れが溜まるため、中々汚れに気が付きにくいエアコン。しっかりと掃除をすれば、もしかしたら直るかもしれません。 エアコンが故障した際の対応策 1. メーカーのホームページなどを見て、症状と原因を確認する。 エアコンの調子が悪くなった際に、まずは原因を探しましょう。エラーコードが出る機種であれば、そのコードを取り扱い説明書で確認し異常の箇所を調べ、お使いのメーカーのホームページで症状と原因を照らし合わせましょう。 2. 冷えない場合は、ガス漏れかも エアコンの中には、冷媒ガスが充填されています。このガスが不足することによって十分に冷えず、ぬるい風が出てきます。初期の設置ミスや、配管の破損などが疑われます。見分け方は、外においてある室外機の横のカバーを外し、中にある2本の配管のうち、細い方にびっしりと霜がついていたらガス不足です。 3. メンテナンスは定期的に 故障率が低くても、メンテナンスをおざなりにしていては寿命はドンドン縮んでいきます。自分でも簡単に出来るので、手遅れになる前にぜひ掃除をしましょう。 エアコン掃除は自分でできる!ポイントと手順4つ エアコンの買い替えのタイミングは? 1. エアコンが故障して動かない時 エアコンの故障率は低く、適切な使用状況であれば10年以上持つこともあります。しかし、さっと手の届かない場所にあることも災いして、中々細かいお手入れが出来ていないこともしばしば。そのため、寿命が一概に何年とは言えません。10年程経っているのなら、電気代を考えても新しく買い替えた方がお得だと思います。 【あわせて読みたい】 エアコンの耐用年数とは?考え方を知り、買い替えや修理を賢く選ぶ 2. 家族が増えて環境を整える時 赤ちゃんやペットなど、新しい家族を迎える時は買い替えや増設のいい機会です。何故ならば、あうんの呼吸で動ける大人同士であればうまく過ごせることもあるのですが、赤ちゃんはよく汗をかきますし、どこかに預けない限りは基本的に終日家にいます。極端に暑い、寒い部屋で過ごすのは体調によくありません。 また、ペットも言葉を話すことができず、自分での体温調節も難しい生き物です、年中毛に覆われた体に、夏場の暑さは特に堪えます。人間は日中は出かけることもありますが、ペットもどこかに預けない限りは基本的に終日家で過ごしますので、快適に過ごせるようにエアコンを新しく新設備のものに買い替えたり、新調しましょう。 最後に […]

2022/09/29
エアコンが冷えないのは冷媒ガスが原因!?チェックしたいポイントを解説

久しぶりにエアコンをつけてみたら、なかなか部屋が涼しくならない、効きが悪いと感じることはありませんか?エアコンの買い替えを考える前に、冷媒ガスをチェックしてみましょう。 この記事では、冷媒ガスの説明と充填する手順をご紹介。ガス漏れのチェック方法も解説しています。 冷媒ガスって? エアコンは、室内を冷やすために「冷媒ガス」を使用しています。冷媒ガスは一定の量を保つ必要があり、漏れや不足が起こると、室内を冷やす機能が衰えてしまいます。 ガスが不足する原因は、取り付け時の施工ミスや配管の劣化などが考えられます。エアコン本体と室外機をつなぐ配管の劣化で亀裂が入ると、そこからガスが漏れてしまう可能性があるのです。 経年劣化によるガス漏れはとても多く見られるため、長く使用しているエアコンは注意が必要です。 冷媒ガスが不足の場合!充填する手順5ステップ 冷媒ガスを充填する場合の手順は、以下の5つのステップとなります。 器具と室外機を接続する 真空引き 気密試験 ガス補充・ガスチャージ バルブを閉める 冷媒ガスは2種類の充填方法があり、「ガス補充」と「ガスチャージ」に分けられます。「ガス補充」は、規定量に達していない冷媒ガスを追加でつぎ足すもので、「ガスチャージ」は一旦すべてのガスを抜き取ってから、改めて適正量のガスをチャージする方法です。 ただし、この作業は専門的な技術や知識が必要なので、細心の注意が必要です。扱い方を間違えると、エアコンの故障の原因となるだけでなく、爆発や引火などの事故を起こす可能性があります。 1.器具と室外機を接続する ガスの充填には、いくつかの器具が必要になります。これらの器具をレンタルでそろえた場合、3,000〜5,000円程度の費用がかかります。 必要な器具をすべて購入すると、30,000〜50,000円前後の費用がかかるため、業者に依頼するほうが安くなるでしょう。 チャージングホース エアコンと器具を接続するホース チャージングスケール(はかり) 冷媒ガスの充填量を計測するはかり 真空ポンプ 真空状態を作るボンベ フルオロカーボンガス 冷媒ガスのボンベ ゲージマニホールド 真空度を測定する器具 はじめに「チャージングホース」を使って、エアコンの室外機と「ゲージマニホールド」「真空ポンプ」を接続します。この接続を間違えると大変危険なので、慎重に行ってください。 マニホールドの高圧バルブ側を真空ポンプと接続し、中央のバルブにはガスボンベを接続します。低圧バルブ側は、エアコン室外機のサービスポートと接続しましょう。このとき、かならず室外機の低圧側(太い配管)のバルブにつなぐことがポイントです。 ※マニホールドを接続した時に圧力計が動いて、ガスが残っているようであれば無理せずにプロにお任せしましょう。 2.真空引き この作業で、冷媒配管内の空気を抜きます。その時、配管内に入り込んでいる空気やごみが、一緒に排出されます。配管内の不要なものを取り除くことで、冷媒ガスのみが充満している理想の状態になるのです。 ※真空引きはガスを抜く作業ではありません。冷媒配管内の空気を抜く作業になります。配管内に冷媒ガスのみが充満している理想の状態を作る事には間違いありません。 エアコン室外機にある低圧側バルブがしっかり開いているかを確認したうえで、ポンプの電源を入れます。 10分~15分ほど、そのまま運転させておきましょう。しばらくたってからゲージ圧をチェックして、-0.1MPa以下になったのを確認してから、低圧側バルブを閉めます。 3.気密試験 バルブを閉めたら真空ポンプの電源を切りましょう。 そのまま5分ほど放置し、低圧側のゲージが止まっていることが確認できれば、簡易気密試験は完了です。ゲージが動いているときは、ガス漏れがどこかで起きていることを示しています。 エアコンの配管から冷媒ガスが漏れてしまうと、エアコンの故障の原因となるほか、フロンガスが大気中に放出されるのは地球温暖化の原因ともなるため、好ましくありません。この試験によって、ガス漏れが起きていないかをしっかり確認してください。 なお、新規設置じゃない場合は、真空状態を5分程度保持しただけでは判断出来ません。しっかりとした気密試験をするのであれば、窒素ガスを用いた試験が必要なのでプロに依頼しましょう。 4.ガス補充・ガスチャージ エアコンの機種により、冷媒ガスの充填量が細かく規定されています。 エアコンの寿命を伸ばし、電気料金を適正範囲に収めるには、規定された量をしっかり守ることが大切です。 ガスの量を計測するときは、「チャージングスケール」というはかりを使います。 最初に冷媒ガスボンベをスケールに乗せて、重量をゼロに設定しましょう。充填したガスの分が軽くなり、マイナスで表示されます。ボンベの重量をチャージングスケールではかりながら、規定量までゆっくりと充填していきましょう。 そのまま「ゲージマニホールド」とボンベをつなぎ、室外機の低圧側バルブに接続します。スケールの目盛を確認しつつ、規定量を守ってチャージするようにしましょう。 5.バルブを閉める 冷媒ガスを規定量入れたら、ポンプダウンの要領で配管内のガスを室外機へ封入します。マニホールドのバルブを先に閉めてからボンベのバルブを閉め、最後にチャージングホースを室外機から外し、次にボンベを外します。これでガスの充填作業は完了です。 作業を終える前に、サービスポートとバルブ、両方のキャップがしっかり閉まっているか確認しましょう。この作業を怠ると、再びガス漏れが発生するおそれがあります。 充填作業が終わったら試運転をしてみましょう。吹き出し口から冷たい風が出ることが確認できれば、ガス充填は大成功です。 冷媒ガスが漏れている場合も!チェックする方法は 今までのようにエアコンを使用していても、以前より効きが悪いと感じる場合は、ガスが漏れている可能性があります。ガスが漏れていないかチェックをするようにしましょう。 室外機の配管に霜が付いているか確認する エアコンを約15分、冷房で稼働させましょう。このとき、室外機の配管パイプ(細い配管)に霜が付いていれば、ガス漏れが発生している可能性があります。 […]