新潟県コンクリートの打設・補修工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

新潟県のコンクリートの打設・補修工事業者

あおやま建築

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

住宅のリフォーム工事をやっています(^-^) キッチンやお風呂の水回り 家の段差解消 手すりの取り付けなど お住まいで お困りの事がありましたら ご相談ください おかげさまで お客様の満足度 かなり高いです(^-^)/ お気軽に ご相談ください 1級建築大工技能士。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

Build-in

ニューユーザー

新潟市近郊にて住宅店舗リフォームを行っております。新潟市近郊にて住宅店舗リフォーム 最近では古民家をcaf‘eにリノベーションしたりしております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

創業より長年、塗装一筋で仕事をしてまいりました。 外壁や内装の塗装に関しては長い実績があります。 だからこそ、安心で真心を込めた調査・見積もり・施工、そして実績に裏打ちされた信頼があります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

弊社は創業以来100年を超える業界の老舗として、当業界の牽引的存在として、内装工事業を営んでまいりました。その中で、技術はもちろん、お客様一人一人と向き合い、対話することの大切さ、信頼を築くことの大切さを学んでまいりました。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社では、家の随所に無垢材を取り入れ、木の香り表情、ぬくもりを感じながら、家族が快適に安心して暮らせる住まいを実現します。 小さな修理から大きな改装工事、そして新築工事からアフターメンテナンスまで、自らの仕事に誇りと責任を持って対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

デザイン住宅を建ててみませんか? デザイン設計で間取りや好みを反映した住まいをお届けします。 住んでみたい家のご希望をお伺いし、それに基づきよりよくするためのご提案もいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私どもは設立から、長い間天然素材にこだわってきました。 最近は「シックハウス」という言葉が定着してしまいましたが、本来の家は「健康住宅」であるべきだと思います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私どもK2小島板金は安心・丁寧な施工でお客様に喜んで頂けるような住宅造りを心掛けております。今後もお客様、地域の皆様に愛されるよう、努力していきます、社員一同宜しくお願い致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

リフォームしたいけど「どうしたらいいの?」「どこに頼んだらいいの?」とお悩みではありませんか? 当社は平成3年より住宅リフォームを中心に、どんな小さなことでもすぐに対応できる、お住まいの相談窓口として営業しております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は新築・増改築のプランニングから施工、メンテナンスまでお客様との入念なお打ち合わせの上で作り上げていきます。 家族がやすらげるお住まいの空間づくりをお任せ下さい。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は屋根周り、雨樋(あまどい)、外壁などのリフォームを行っております。特にデザイン性のある施工に力を入れておりますので、お客様の理想を実現させます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

天然素材、健康住宅、免震住宅 いま人気の住まいは様々。しかし、これらの住まいは全て「本来は当然であるはずの、安心・安全」を売りにしているにすぎません。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

コンクリートの打設・補修工事業者をお願いしました

新潟県におけるコンクリートの打設・補修工事業者の依頼例

よくある質問

コンクリートの打設・補修工事の料金はどのくらいかかる?

コンクリートの打設は、1平方メートルあたりの単価は約1万円程度です。その他、重機にかかる費用に〜5万円程度、ひび割れを防止するために目地で行う作業費用に約5,000円程度かかります。

補修工法にはパテ工法と注入工法があり、費用は工法や修繕箇所の状態によってかかる用金が前後します。パテ工法はコンクリートの表面に剥離(はくり)や劣化などの欠陥が見られる際に補修モルタルなどを使用して行う工法です。注入工法はコンクリートに生じたひび割れの進行を防止するため、エポキシ樹脂などを使用して行う工法です。

コンクリートの打設・補修工事の依頼における注意点は?

コンクリートの打設工事は天気で左右されます。打設終了後に表面仕上げを行い、凝結が終了して硬化が始まった頃から小雨が降り始めて、風が強すぎない、という状況は問題ないのですが、昨今の日本位増え始めたゲリラ豪雨など極端な天候の変化はコンクリートの打設工事の工程や仕上がりを左右します。天候の変わりづらい時期の方が工事がしやすく、急に天候が変わる時期には工事ができなかったり、人件費や必要な道具の費用などが余計にかさむ可能性があります。

コンクリートの工事は、1から流し込み作業する打設工事と、既設建造物の機能向上を目的とする補修工事に大別することができます。依頼者が補修を希望していても、現場を調査した結果、解体をして新規打設工事を行った方がいい、という結論に至ることもあります。

コンクリートの打設・補修工事を依頼する流れは?

コンクリートの打設はやり直しがききません。コンクリートを新しく打つまでの確認を専門業者に依頼するため、専門業者を探します。複数の専門業者に現地調査と見積書の提出を依頼して、見積書を元に業者を比較し、実際のコンクリートの打設工事に入ります。コンクリートの打設は天候にも左右されるため、スケジュールが前後することもありますが、着工し、完了したら代金を清算して終了です。

すでに利用しているコンクリートの補修工事については、災害や経年劣化などで欠陥や気になる箇所が出てきたら工事を検討するタイミングです。塩害や排気ガスなど環境からの影響でコンクリートは劣化が加速するため、劣化がひどくなりすぎるまでに専門業者を探しましょう。点検を依頼し、実際の点検結果に応じて補修工事の内容を相談しましょう。

コンクリートの打設・補修工事業者の選び方は?

経験に裏打ちされた技術を持っている業者を探すと同時に、新しい工法や設備機器にも関心を示して、取り入れている業者を探すこともポイントです。自社の材料や工法にこだわりすぎて、依頼者の希望する方法や工法などに耳を傾けてくれない業者は、他の施工を依頼できそうな場合でも、こちらの希望を聞いてくれない、相手の言い分を通そうとするなどコミュニケーションが上手くいかない可能性があるため注意しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

コンクリートの打設・補修工事には「はつり」や「解体」などのコンクリートを壊す作業などが発生することもあります。それに伴い騒音・悪臭・粉塵が飛ぶなどの公害が発生する可能性が高まります。自分の敷地内でコンクリートの打設・補修工事を行う際には、周囲の建物やご家庭のオーナーの皆様に工事内容や期間を予告して、余計なトラブルが発生しないよう、気持ちよく作業を進めることができるようにしなければなりません。