群馬県税理士のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

群馬県の税理士

小渕周平税理士事務所

ニューユーザー

税理士の小渕周平と申します。 群馬県を中心に経営者様をサポートさせていただいております。 起業支援、経理効率化、節税ができる税理士です。若手税理士としてフットワーク軽く対応致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

税務に関するご相談、お待ちしております。 個人・法人の決算・確定申告書作成、税務関係書類作成、税務調査立会い、融資の申請手続き、官公庁への申請・届出書類作成など 丁寧に対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

<税理士・司法書士> 下田 篤 <税理士・行政書士> 下田 隆 < 行 政 書 士 > 竹内 美幸 昭和31年創業の老舗税理士事務所です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

会社経営にまつわる様々なご相談に対応いたします。 記帳指導・記帳代行・税務調査立会い・決算業務などを行っております。 また、資金計画や経営計画などの策定指導、売上向上・事務合理化の指導など、経営コンサルティングや、相続対策も行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

業務内容として、記帳指導・記帳代行・税務署立会い・決算業務などを行っております。 その他にも、会計業務として決算のご指導、社会保険労務士業務で労務管理、行政書士業務や経営コンサルティング業務を行っております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

経営支援・監査をとおして、企業と社会の持続的発展に貢献します。 真面目に努力する者が認められる社会の醸成及び繁栄に貢献します。 各種スペシャリスト達がクライアントの皆様を取り巻く様々な環境の変化に柔軟に対応したサービスをご提供いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

親切・丁寧・わかりやすくを心がけ 常に貴方のベストパートナー 経済環境や社会環境が劇的に変化する時代だからこそ経営に対する正しい知識が求められています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

1.相続の手続きでお困りのあなたへ 相続時には、相続税の納税資金、遺族生活資金をどのように捻出するかが重要です。相続財産の評価減、財産移転等による資金負担の軽減を提案致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

起業や、開業、開院、相続税対策などでお悩みの方は、お気軽にお問合せください。 また、会社設立時の各種書類作成や記帳代行・指導、パソコンによる自計化にも対応いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私共の会計事務所は飲食業に専門特化しておりますので、飲食店繁盛のためのノウハウを持っております。 増収・増客支援、お店の健康診断、飲食店開業支援、販売促進・営業ツール作成支援などで、飲食店オーナー様のお手伝いをさせていただきます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

税理士をお願いしました

群馬県における税理士の依頼例

よくある質問

税理士の料金はどのくらいかかる?

個人事業主の白色申告を依頼する場合、相場は約〜10万円です。個人事業主の青色申告を依頼する場合、年間売上と基調の有無によって値段が変動します。年間売上が高いほど税理士に支払う金額も高くなります。記帳を任せると高くなり、記帳は自分で行う場合は費用を抑えることができます。相場は約5万円〜約30万円です。

法人の場合は顧問契約における月額の相談料・節税対策・申告書の作成・税務調査時の税務署とのやりとりなどの費用が発生します。それぞれの仕事に数万円〜数十万円かかり、合計の金額を支払います。

税理士の依頼における注意点は?

クラウド会計ソフトを活用することで個人・法人共に税理士に依頼したい仕事は自分でも解決できるようになってきました。しかし「相談」「現状に対する今後の対策」など、現場を見てアドバイスをもらったほうがいいことは人間の税理士に相談しましょう。税法と照らし合わせてどうか、という視点でわかりやすく解説してくれる税理士の知識は頼りになります。

税理士を依頼する流れは?

依頼したい仕事を決めたら、複数の税理士に相談をしましょう。自分が個人事業主なのか法人なのか、してほしいこと、今後の打ち合わせにかかる相談料金、打ち合わせの方法や日時、契約は継続契約なのか一時的なスポット契約なのかをはっきりさせましょう。条件を決めたら見積もり依頼をだし、複数の税理士からの見積もりを照らし合わせます。

税理士業者の選び方は?

初回の相談料は無料で設定している事務所も多いため、まず会ってみて、どのような実績があるのか、信頼できそうか、言っていることはわかりやすいか、法改正や世の中に合わせて知識を更新している人かどうかなどを話して探りましょう。特に継続で契約する場合、人柄や相談のしやすさ、連絡の取りやすさは重要です。