中国語レッスン

神奈川県
中国語レッスンのプロが近くに98人います

プロの探し方

Supporters

神奈川県の中国語教室のプロ一覧

神奈川県大和市大和東

評価3件

5

女性 優しい 10年経験

【大和駅】から徒歩3分の アクセスの良さが魅力です♪ ★独自のカリキュラム =========== 当教室では生徒一人ひとりが 必ず上達できるよう、レベルにあわせた 独自のカリキュラムを作成しています。 当教室は完全予約制となっており、 あなたのペースで学習をスタートできます。 また振替授業も自由に変更できるので お仕事や部活でご来校できないときも安心です!

三国 中国語教室の中国語レッスンに関するレビュー

5

2019/02

60分みっちりレッスンをして頂きました。 とても感じが良く、日本語も堪能な女性の講師で安心して授業を受ける事が出来ました。 テキストを使うだけの授業と違っていろいろと考えながらたくさん話す事が出来たのはとても新鮮で楽しかったです。

神奈川県相模原市 緑区

評価2件

5

日中翻訳、中国語の発音でお困りの方、お任せください

台湾語学留学、上海現地採用勤務経験あります! 社内では貿易関係でしたので日常的に中→日翻訳をしておりました。 金額は案件によりますが中国語一字3-5円ほどと考えております。よろしくお願いいたします。 中国語レッスンではゼロからスタートの方から中級の方までを対象に中国語にとって一番大切な発音の強化をはかっていきたいと思います。日本人だからこそわかる日本人が難しい発音の特徴などもありますのでお役に立てるかと思います。 1レッスン60分で2500円 でやらせていただきます。 Twitter: @Mizukihandrea

平栗 瑞貴の中国語レッスンに関するレビュー

5

2021/09
神奈川県藤沢市
3中:中日、中ニ、中国語

中国の大学時代に数学教育を専攻しました、その時、中国語普通話水平等級考試一級乙等と中国教師資格を取得しました。日本の大学にて工科部を入り、卒業後エンジニアになりました。 ご要望に沿って、生活、仕事、旅行や趣味などの会話をしつつ、一緒に楽しく中国語を勉強しましょう!

神奈川県横浜市 神奈川区

株式会社シー・コミュニケーションズは、翻訳・通訳サービス全般を行なっている会社です。翻訳者・通訳者育成のプログラムで培った通訳訓練法を活用し、一人ひとりの英語や中国語の言語能力の向上に資することを企業理念としています。

神奈川県横浜市 中区

中国留学生援護会(NPO法人)中国語教室は、日ノ出町駅出口から徒歩約3分にある中国語学校です。入門・初級・中級・上級・初級会話・中級会話・フリー会話など、豊富な38クラスから選ぶことができ、また「漢詩教室」「歌の教室」などの文化講座も用意しています。

神奈川県川崎市 川崎区

NOVA川崎京急駅前校は英会話スクールです。日常会話はもちろん、ビジネススキルも身につけられるビジネス英会話や、TOEIC®、英検®などの資格対策にも対応しています。

神奈川県川崎市 中原区

CJC中国語スクールは川崎市の語学学校です。中国語講師派遣・家庭教師・中国語教室・プライベートレッスン・少人数グループレッスン・ 電話講習・ 電話授業など各種中国語講習を行なっています。

神奈川県川崎市 高津区

NOVA溝の口校は英会話スクールです。日常会話はもちろん、ビジネススキルも身につけられるビジネス英会話や、TOEIC®、英検®などの資格対策にも対応しています。

神奈川県川崎市 多摩区

株式会社習文塾は、 中国語教室です。中国語・中国文化を中心に、様々な教育サービスを提供する企業です。オフライン・オンライン中国語レッスン、子供中国語教室、子供論語教室などの運営、企業向け中国語・中国ビジネススキルアップ研修の企画、中国語教材の開発、日中通訳・翻訳、中国関連ビジネスサポート、中国留学関連情報の提供など、多岐にわたり、日中交流事業を展開しております。

神奈川県川崎市 麻生区

NOVA新百合ヶ丘校は英会話スクールです。日常会話はもちろん、ビジネススキルも身につけられるビジネス英会話や、TOEIC®、英検®などの資格対策にも対応しています。

神奈川県平塚市

NOVA平塚校は英語などを教えている語学スクールです。英語のみでなくフランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・中国語・韓国語の計7言語に対応しています。

神奈川県鎌倉市

語楽塾リトルアジア鎌倉校は、韓国語・中国語・日本語を中心としたアジア言語の語学学校です。「読む」「書く」「話す」「聴く」「比較文化」を5つの視点とし、少人数制、担当制、80分制授業を行っています。

もっと見る

中国語教室関連の最新記事

2021/04/15

中国語を独学でマスターする!おすすめの勉強方法やテキストをご紹介

近年、自身のキャリアアップや交流などを目的に、中国語を学ぶ方が増えています。新しい言葉を習得するのはなかなか難しいものですが、効果的な方法を実践すれば大丈夫。独学でも中国語が上達することは可能です。今回の記事では、中国を独学で学ぶために必要な準備や、勉強方法、おすすめのテキストなどを紹介していきます。 目次 中国を独学で学ぶことは可能? 中国語を独学で学ぶ際の3つの準備 目標設定 教材の入手 学習スケジュールの設計 中国語を効率よく独学で学ぶ方法 【発音】の勉強方法 【文法】の勉強方法 【単語】の勉強方法 【フレーズ】の勉強方法 独学以外で中国語を学ぶ3つの方法 中国語教室や専門学校に通う オンラインレッスンで学ぶ 語学留学に行く まとめ 中国を独学で身に付けたい! 独学でも中国語を学ぶことは可能ですが、中には独学だと身につけるのに時間がかかってしまう分野も。独学で勉強しやすい分野と勉強しにくい分野について、以下で説明していきます。 インプット学習は独学でも十分可能 中国語におけるインプット学習とは、文法・単語・フレーズ(定型文)・リスニング・リーディングの分野を学ぶこと。インプット学習は、テキストを読んだりCD音源で中国語を聴いたりと、独学でもできる内容になっています。 そのため、 ・「中国語の文章が読めるようになりたい」・「中国語を聞き取れるようになりたい」 といった目的であれば、独学でも十分可能と言えるでしょう。 アウトプット学習は独学だと難しい部分がある 一方、アウトプット学習は独学だとマスターするのに時間がかかってしまうかもしれません。中国語におけるアウトプット学習は、発音・スピーキング・ライティングの分野について学ぶことを指します。アウトプット学習の内容は実際に中国語で会話をしたり、自分で書いた文章を添削してもらったりというもの。つまり、自分一人で学ぶには難しい内容となっているのです。 「中国語で会話できるようになりたい」「中国語で文章が書けるようになりたい」 こうした目的で中国語を学ぶ場合、独学でマスターするのは難しいと感じることがあるでしょう。 工夫すればアウトプット学習も独学で可能 上記では、独学だとアウトプット学習を行うのは難しいと説明しました。しかし、工夫次第では、独学である程度のアウトプット学習を行うことができるでしょう。 例えば、音声教材を使ってシャドーイング・リピーティングを行うことで、スピーキングの練習になります。 また、「Hello Talk」といった言語学習アプリを使えば、書いた文章を他のユーザーが添削してくれることも。アプリの中には音声データのやり取りができるものもあるため、発音もチェックしてもらうことができます。 このように、勉強方法を工夫することで、独学でもアウトプット学習を行うことはできるでしょう。 中国語を独学で学ぶ際の3つの準備 中国語を独学で学ぶにしろ、何からすればいいか分からないという方も多いでしょう。ここからは、中国語を独学で学ぶ際に準備すべきことについて紹介していきます。 1. 目標設定 まず最初に、目標を立てることが重要です。やみくもに勉強するのではなく、いつまでに何ができるようになりたいか、具体的なゴールを設定しましょう。目標を立てることで、モチベーションを高く保って勉強に打ち込めます。以下で、目標を設定するときのポイントを見ていきましょう。 長期目標・中期目標・短期目標の3つに分ける 目標設定をするときは、長期目標・中期目標・短期目標の3段階で考えるようにしましょう。なぜなら、達成まで時間がかかる目標のみだと途中でモチベーションを失いやすく、反対に簡単な目標ばかりでは達成感を得にくいためです。 1つの長期目標を立てて、それを達成するために必要なポイントを中期目標・短期目標で設定すると良いでしょう。目標の具体例として、次のようなものが挙げられます。 ・長期目標:中国語の映画を字幕なしで見られるようになる(1年半後)・中期目標:中国語で日常会話ができるようになる(9ヶ月後)・短期目標:入門テキストの内容を全て理解できるようになる(3ヶ月後) このように、目標は3段階で立てるようにしましょう。 検定合格を目標にする 具体的な目標として、「検定合格」を設定するのもおすすめ。初心者であれば、中国語検定4級に合格することが目標となるでしょう。 中国語検定の4級は「中国語の基本が分かっている」という証明になるため、最初の目標に最適です。中国語検定4級に合格するには、基本的な文法ルールは全て覚え、単語も1,000語近く理解しておく必要が。決して簡単ではない分、合格できたときの達成感は大きいでしょう。 また、中国語検定のほかに「HSK」と呼ばれる中国語の検定があり、こちらは世界共通のため、より実用的な内容となっています。ネイティブに通じる中国語を身に付けたいのであれば、HSKを受験するのがおすすめでしょう。 2. 教材の入手 目標を設定した後は、教科書・参考書といったテキストや問題集などの教材を入手しましょう。特にCD音源つきのテキストであれば、中国語を耳で覚えることにつながり、シャドーイングやリピーティングの練習になるため効果的です。 また、検定合格を目標にするのであれば、過去問や検定の攻略に特化したテキストを購入するのも良いでしょう。 以下では、初心者におすすめのテキストをいくつか紹介していきます。 基本がわかる はじめての中国語【基礎】 […]