東京都渋谷区断熱工事・断熱リフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都渋谷区の断熱リフォーム工事業者

建築工房 晴ノ屋

ニューユーザー

これまでの経験からリノベーションを得意として個人で開業を致しました。自宅マンションのリノベーションを自ら手掛けるなど、手作りの温かさを大切にしています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

赤山興業有限会社

ニューユーザー

デザイン、工期、ご予算等何でもお気軽にご相談下さい弊社は1都3県を中心に住宅の部分リフォームから、フルリノベーションを行う施工会社です。お客様の大切な資産をお守りし、より価値のあるものをご提供いたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

排水管のつまりや貯水槽工事、緊急時の故障修理を中心に水道観光事業を行っています。 ビル・マンションリフォームも創業47年の実績で行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

内装に関することはお任せください。 小規模の修繕から大規模の工事まで、すべて当社でサービスを提供いたします。 独自の分離発注システムにより、コストダウンをお約束します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

間取りの変更・増築・改築などの全体的なリフォーム工事、お部屋のリフォーム工事、水回りのリフォーム工事、窓まわりのリフォーム工事、電気設備のリフォーム工事や、ハウスクリーニング・エアコンクリーニング・お庭の除草作業などの清掃全般など、建物のことでしたら何でもお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

業務用の空調や換気・給水排水の故障修理や取り付け工事を行います。 移設工事も承ります。工事規模の大きさは問いません。 エアコンクリーニングやメンテナンスも行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

プロパンガス、都市ガスなどガスのことなら当店にお任せください。 ガス器具の販売、修理や給湯器、乾燥機、警報機など幅広い商品でみなさまの快適な生活を見守ります。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

保証よりチャンスを アビリティーズ・ケアネット株式会社 /総合お問い合わせ窓口 I seek opportunity,-not security. - サービス内容 - . リハビリ機器・福祉用具 療養介護機器・障害者用昇降機器・福祉施設用設備機器等の販売、設置、修理 高齢者・障害者の住宅改善工事に関する相談と施工 .レンタル福祉用具 福祉用具の貸与 (レンタル) .バリアフリー・住宅改修 介護保険を利用した住宅改修 . 有料老人ホーム 気まま館 川口 気まま館 柏 気まま館 東大和 気まま館 ブルーベリーコート 府中 .デイサービス アビリティーズ・デイサービス希望ヶ丘 アビリテ…

. . . (もっと読む)
詳細を見る

1921年の創業苛、畳一級技能士の店として親子3代で畳業を営んでおります。 新畳・表替・裏返しなど、畳工事一式請け負います。 縁なし畳・カラー畳。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

取り扱い商品は、インパクトドライバーやドリル、攪拌器などの電動工具各種、ボルトやナット、丁番、角パイプ、波板、折金具、テープ各種などの建設金物、換気口では、丸形レジスターやドア用レジスタガラリ、その他内装材や建築副資材、塗料も各種取り揃えております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

セキ株式会社東京本社は総合印刷、洋紙板紙販売、パッケージ、出版、広告宣伝に関する企画・デザイン制作、 記念事業・イベント企画運営、ホームページ企画・制作・運用、 デジタルコンテンツ企画・制作、システム開発、郵便局広告代理業務 アスクル代理店業務、労働者派遣業務など幅広く事業を行っている会社です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

株式会社レインボー・ジャパンは、webサイト制作・運営や、アプリ開発・運営を行う会社です。「分析」「企画」「設計」「制作」を着実に、一貫して進めることで、成果につながる価値の高いwebサイトを制作しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

断熱リフォーム工事業者をお願いしました

渋谷区における断熱リフォーム工事業者の依頼例

よくある質問

断熱リフォーム工事の料金はどのくらいかかる?

200〜400万円程度の料金で、壁や床に断熱材を入れる、窓をペアガラスや二重サッシにする、天窓を作って光や風を入れるようなリフォームができます。

断熱リフォーム工事の依頼における注意点は?

断熱リフォームの料金相場は高めです。しかし断熱リフォームをすると、光熱費が節約できるメリットがあります。家自体が暖かい、もしくは家が外気の気温に左右されない密閉性や断熱性を持っていれば、冬は暖かく夏は涼しい家を保つことができるため、年間の光熱費を抑えることができるためです。そのため「断熱リフォーム」の金額と、これからの将来の光熱費がこのままだといくらかかるのか、比較して安いか高いかを見極めましょう。

断熱リフォーム工事を依頼する流れは?

いくつかの業者や見積書を比較して仕事を依頼する業者を決めて、契約を結び、着工、清算したら完了です。流れ自体はシンプルですが、スケジュールはリフォーム内容によって住人も巻き込む、大変なものになります。数時間でできるリフォームもあれば、例えば床や壁の断熱材リフォームのように「その部屋が数日間使えない」ようなリフォームもあります。隙間なく断熱材を入れないと内部結露〜カビの原因になります。壁は特に、下地材を剥がして断熱材を入れるため、床下や天井裏に断熱材を入れるよりも工期がかかります。必要に応じて居室の家具を移動する作業なども発生します。また窓のリフォームは、天気の良い日にしか着工できません。

断熱リフォーム工事業者の選び方は?

営業マンに工事の質問をしたら回答できるか、建築のことをわかっているかを確認しましょう。営業マンが知識が少なく、「工事は職人に任せます」という会社は選ばない方がいいと推奨されています。また、断熱リフォームなどリフォームによっては工期が長く、営業マンと様々な話をしたものの「実際に着工したら実際に時間を過ごすのは現場監督さんや、職人さんとの方が長い」「営業の時に来てくれていた人と言っていることが違う、話しづらい」ということにもなりかねません。

業者を選ぶときは、見積書の算出に来た営業マンに「これまでの施工実績や事例」を写真やパンフレットを見せてもらうだけでなく、話できちんと説明してもらいましょう。この写真の施工事例は、どんな家族構成の家族だったのか、どんなところをどんな風にリフォームして、仕上がりに対してどんなお声をいただいたのか、これらを具体的に説明できる営業マンは信頼できると言えます。

その他気を付けるべきポイントは?

部屋同士の温度差が5度以上になると不快感を感じると言われていますが、この温度差が結露を発生させる原因になり、家や建材へのカビの原因になります。温度差がカビを誘発し、カビが健康被害につながり家の劣化を早めることも。断熱リフォームは、家や人を健やかに保つために早急に検討すべきリフォームの一つです。