東京都板橋区断熱工事・断熱リフォームのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都板橋区の断熱リフォーム工事業者

Lino spes

ニューユーザー

東京を拠点に内装仕上げ工事(主にクロス、床張り替え外壁塗装等)を行なっております。 信頼、仕上がり重視でやらせていただいてますのでよろしくお願いします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ビル・マンションの日常清掃や硝子清掃などの建物清掃管理や、給水・給湯・排水・漏水修理、管理人の派遣等のマンション管理業務など、建物の総合管理を行います。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

独立住宅や集合住宅、SOHO、診療所・医院・育児用施設などの建設コンサルティングを行っております。 住まいづくりで失敗しないための方法を公開しており、安全・快適・健康に暮らすためのアドバイスをいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

マンションや戸建住宅のハウスクリーニングやリフォームのサービスをおこなっております。また、店舗のリフォームも対応しております。デザイン性の高い店舗設計はもちろん、一般の店舗リフォームでも、その店舗に合った最適なリフォームを行うことができます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

取り扱い内容は、空調設備設計・施工、エアコンオーバーホール、エアコン洗浄、エアコン修理、家庭用電化製品販売・修理、電気設備設計・施工、音響・通信・防犯・監視カメラ設備設計・施工・メンテナンスです。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

戸建、集合住宅、商業施設、医療施設、公共施設、工場、空港、スポーツ施設など、小さな建物から大規模なものまでリフォーム工事、改修工事、対応します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

マンション・ビル・一戸建住宅などを対象に、外壁塗装や塗り替え工事、ひび割れの補修工事などを行っております。 屋根の塗装や屋上防水工事、内装工事、光触媒工事などもおまかせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

板橋区の埼京線および三田線沿線の賃貸、売買などは当社にお任せください。 南向き、ペット可、フローリング、駐車場ありなどお客様のニーズにおこたえいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

一般住宅・マンションのリフォーム・修理・修繕から、リフレッシュ工事、増改築までお任せ下さい。 内装、水回り、外構、屋根など、住空間をトータルプロデュース致します。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

東京保証人センターは、身元保証、賃貸保障、融資保証などの保証人紹介サービスを取り扱う会社です。多くの質の高い保証人を確保していますので、どのようなご要望も迅速に最適な保証人をご紹介できます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

スミデンエコー無線株式会社/高島平店複数掲載ありは、空調設備、電気設備、設計、施工を行う業者です。総合家電販売・修理や、空調設備・施工、業務用空調機器・オーバーホール・修理、電気設備工事設計・施工、太陽光発電システム・設計・施工、家庭用燃料電池の販売・設置、地上・BS・CS・デジタル放送共聴システム・設計・施工を行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

ダスキンサービスマスター光が丘は、ハウスクリーニング会社です。ご家庭向けハウスクリーニングとして、エアコンクリーニング、キッチンクリーニング、レンジフードクリーニング、浴室、トイレ、洗面所クリーニング、カーペットクリーニング、ハードフロアクリーニング、ガラス・サッシ・網戸クリーニングなど、事業所向け清掃サービスとして、日常清掃サービス、業務用エアコンクリーニング、トイレ、洗面所クリーニング、ガラスクリーニング、ハードフロアクリーニング、カーペットクリーニングなどを行っています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

断熱リフォーム工事業者をお願いしました

板橋区における断熱リフォーム工事業者の依頼例

よくある質問

断熱リフォーム工事の料金はどのくらいかかる?

200〜400万円程度の料金で、壁や床に断熱材を入れる、窓をペアガラスや二重サッシにする、天窓を作って光や風を入れるようなリフォームができます。

断熱リフォーム工事の依頼における注意点は?

断熱リフォームの料金相場は高めです。しかし断熱リフォームをすると、光熱費が節約できるメリットがあります。家自体が暖かい、もしくは家が外気の気温に左右されない密閉性や断熱性を持っていれば、冬は暖かく夏は涼しい家を保つことができるため、年間の光熱費を抑えることができるためです。そのため「断熱リフォーム」の金額と、これからの将来の光熱費がこのままだといくらかかるのか、比較して安いか高いかを見極めましょう。

断熱リフォーム工事を依頼する流れは?

いくつかの業者や見積書を比較して仕事を依頼する業者を決めて、契約を結び、着工、清算したら完了です。流れ自体はシンプルですが、スケジュールはリフォーム内容によって住人も巻き込む、大変なものになります。数時間でできるリフォームもあれば、例えば床や壁の断熱材リフォームのように「その部屋が数日間使えない」ようなリフォームもあります。隙間なく断熱材を入れないと内部結露〜カビの原因になります。壁は特に、下地材を剥がして断熱材を入れるため、床下や天井裏に断熱材を入れるよりも工期がかかります。必要に応じて居室の家具を移動する作業なども発生します。また窓のリフォームは、天気の良い日にしか着工できません。

断熱リフォーム工事業者の選び方は?

営業マンに工事の質問をしたら回答できるか、建築のことをわかっているかを確認しましょう。営業マンが知識が少なく、「工事は職人に任せます」という会社は選ばない方がいいと推奨されています。また、断熱リフォームなどリフォームによっては工期が長く、営業マンと様々な話をしたものの「実際に着工したら実際に時間を過ごすのは現場監督さんや、職人さんとの方が長い」「営業の時に来てくれていた人と言っていることが違う、話しづらい」ということにもなりかねません。

業者を選ぶときは、見積書の算出に来た営業マンに「これまでの施工実績や事例」を写真やパンフレットを見せてもらうだけでなく、話できちんと説明してもらいましょう。この写真の施工事例は、どんな家族構成の家族だったのか、どんなところをどんな風にリフォームして、仕上がりに対してどんなお声をいただいたのか、これらを具体的に説明できる営業マンは信頼できると言えます。

その他気を付けるべきポイントは?

部屋同士の温度差が5度以上になると不快感を感じると言われていますが、この温度差が結露を発生させる原因になり、家や建材へのカビの原因になります。温度差がカビを誘発し、カビが健康被害につながり家の劣化を早めることも。断熱リフォームは、家や人を健やかに保つために早急に検討すべきリフォームの一つです。