1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. リフォーム
  4. 駐車場・ガレージ
  5. ガレージ・カーポートの施工事業者
  6. おしゃれなガレージを建てたい!値段の相場や種類を解説

おしゃれなガレージを建てたい!値段の相場や種類を解説

2021/03/05 2022/06/28
駐車場・ガレージ
FacebookTwitter

車を持つ方であれば、一度は憧れるガレージ。 自分の愛車を守るため、家に作りたいという方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回の記事ではガレージ本体の価格や工事費用などを説明していきます。 ガレージの設置を考えているという方は、ぜひ参考にお役立てください。

目次



ガレージとは

ガレージとは、一言で表すと「屋根がある車庫」を指します。 ただの駐車場と異なり、車を雨風といった外部環境から保護するために設置されるものです。 また、広いガレージの場合、車だけでなくメンテナンス用品を保管する場所としても利用されます。 こうしたガレージを作る工事は、エクステリア(インテリアの反対)工事・外構工事に含まれます。


ガレージとカーポートの違い

ガレージと似た言葉で、「カーポート」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。 このカーポートも、ガレージと同様に車庫としての役割を果たすものです。 では、ガレージとカーポートはそれぞれどのような特徴があるか、順番に確認していきましょう。

ガレージ

ガレージは、車庫の中でも「出入り口を除いた三方向が壁に囲まれている」というところがポイントです。 また、シャッターがあるタイプの場合、シャッターを閉じることで完全に外部から遮断することができるのもガレージの特徴でしょう。 こうした壁があることにより、以下のようなメリットが生まれます。

・遮蔽性が高く、台風や雪など、あらゆる気象において車を守ることができる

・防犯セキュリティに優れており、車上荒らしや車の盗難を防げる

・メンテナンス用品・カスタム用品など、自分の好きなものを保管するスペースとしても役立つ


ビルトインガレージ

ガレージの中には、独立して設置するものとは異なり、建物に駐車スペースを組み込むタイプがあります。こうしたガレージを、「ビルトインガレージ」と言います。 敷地が狭いと、ガレージの設置が難しいという方も中にはいらっしゃるでしょう。 そうした方にとって、限られた敷地でも駐車スペースを確保できるビルトインガレージが人気となっているようです。 既存の家屋をリフォームして作る場合もあれば、新築時に駐車スペースを設計してもらうこともできます。


カーポート

カーポートの特徴は、屋根と柱のみで構成されていることです。 ガレージは壁で囲まれているのに対し、カーポートは壁がないため、開放的な空間となっています。 壁がなくとも屋根はあるため、ある程度の雨風や直射日光を防ぐことは可能でしょう。 ガレージと比べたメリットは、以下のものが挙げられます。

本体価格が比較的安い

開放的で圧迫感がなく、駐車がしやすい

なお、カーポートは柱の位置が片側・両側・後方のいずれにあるか、屋根が平べったいか丸みを帯びているか、透明かどうかなど様々なタイプがあり、自分の好みで選ぶことができます。


ガレージの工事費用

ガレージやカーポートを業者に依頼して設置する場合、本体の組み立て工事、基礎工事、土間コンクリート工事など、本体価格の他に工事費用が必要となります。これらは、ガレージを設置する際の「標準工事」と一括りにされることも多く、カーポートにおいてはコンクリート工事がない場合があります。 ガレージとカーポートで標準工事にかかる費用は異なり、それぞれの費用相場は以下のようになっています。

ガレージ(1台分):35万円〜50万円+本体価格

ガレージ(2台分):45万円〜60万円+本体価格

カーポート(1台分):4万円〜9万円(コンクリートを打設する場合はプラス25万円〜35万円)+本体価格

カーポート(2台分・4本柱タイプ):8万円〜10万円(コンクリートを打設する場合はプラス55万円〜65万円)+本体価格

ビルトインガレージの増築:150万円〜350万円

上記の標準工事のほか、状況に応じて以下の工事費用も必要となります。

ハツリ工事費用(コンクリートに柱を立てるための穴を開ける工事):1ヶ所3,000円〜5,000円

カーポートのカット費用(現場でサイズが合わなかった場合のカット):8,000円〜12,000円

残土処分費用:5,000円〜7,000円

また、ガレージやカーポートが建築物として認められる場合は、その確認申請費用も必要となってきます。この確認申請に関しては、後ほど詳しく説明します。


おすすめのガレージって?

ここからは、ガレージとカーポートそれぞれにおいて、おすすめのメーカーや商品を紹介していきます。 ガレージ選びに悩んでいるという方は、これらを参考にしてみてください。

ガレージ

まずはガレージです。 ガレージのメーカーでは、 イナバ物置 (稲葉製作所) ヨドコウ(淀川製鋼) タクボ(田窪工業所) などが主要メーカーとしておすすめです。以下で人気の商品を紹介していきます。

【デザイナーズガレージ アルシア】イナバ物置

「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫」のフレーズで有名なイナバ物置ですが、車を保管するガレージにおいても、質の高い商品を販売しています。 余分な要素を排除したシンプルかつ品のあるデザインで、スチール製の内壁は天井と一体感を持ち、スタイリッシュな空間を演出してくれます。 またデザイン面だけでなく、結露の発生を抑えた素材の屋根や、車の中から操作できるリモコン式のシャッター開閉機能、視認性に配慮された窓など、機能面でも非常に優秀と言えるでしょう。

サイズ:幅3m25cm・6m38cm、奥行5m86cm・6m36cm、高さ2m67cm・2m97cm
メーカー価格:1,122,000円〜255,7,000円(一般型・税抜)

【ガレーディア】イナバ物置

またしてもイナバ物置のガレージですが、こちらは車庫としてのみならず、倉庫としても連棟可能となっているスタンダードタイプです。 耐久性が高いアルミのシャッタレールには、樹脂製のカバーが付けられており、滑りの良さが長持ちするだけでなく消音効果も優れています。 また防犯性に優れたディンプルキーをシャッター錠前に採用しており、セキュリティ面でも心配はないでしょう。 シャッターカラーを5色から選べるのも、こだわりのある方にとって嬉しいポイントです。

サイズ:幅2m13cm〜6m98cm、奥行き4m27.5cm〜6m27.5cm、高さ2m36cm〜2m96cm
メーカー価格:340,000円〜113,8,000円(一般型・税抜)

【ラヴィージュⅢ】ヨドコウ

ヨドコウの大元企業である淀川製鋼は、業界トップクラスのカラー鋼板や建材を取り扱う企業です。 そんなヨドコウが販売するガレージは、丈夫で長持ちする機能性と、多彩なカラーから自分好みのものを選べるというオリジナル性に優れています。 屋根はガルバリウム鋼板が採用されており、通常の3〜6倍もの耐久性・耐食性を誇ります。 またシャッター本体にも同様の鋼板が使われており、長期間にわたって愛用するにはもってこいのガレージです。

サイズ:間口2m66cm〜8m84cm、奥行き5m22cm〜6m27cm、高さ2m36cm
メーカー価格:414,000円〜100,3,000円(一般型・税抜)

【ベルフォーマ】タクボ

大元の田窪工業所は「便利で豊かな生活の創造」を目指し、快適かつ地球に優しい製品を世の中に送り出しています。 タクボでおすすめのガレージであるベルフォーマは、強風や積雪といった天候でも動じることのない、丈夫な柱構造が特徴です。 安心感があって家に馴染むデザインと、軽く操作できるかつ音が静かなオーバースライド扉で、どなたでも使いやすいガレージとなっています。

サイズ:間口2m73cm〜3m43cm、奥行き5m30cm〜6m52cm、高さ2m45cm〜3m25cm
メーカー価格:428,000円〜783,000円(一般型・税抜)


カーポート

続いて、カーポートのおすすめを紹介します。 カーポートも様々なメーカーから多くの種類が発売されており、 YKK 三協アルミ LIXIL 四国化成 タカショー などが名を連ねています。この中から、機能性が高くおすすめの商品を紹介します。

【エフルージュグラン】YKK

チャックのファスナー部分で有名なYKKですが、シンプルでスタンダードなタイプから上質なワンランク上のものまで、様々なカーポートを取り扱っています。 エフルージュグランはすっきりとしたデザインで、様々な敷地において対応力を発揮するカーポートです。 大雨にも耐える大容量の雨樋は、掃除のしやすい形となっているため、メンテナンスの負担が減らせるでしょう。 また屋根ふき材のばたつき音を軽減するため、緩衝材を取り付けるといったきめ細やかな配慮もされています。

サイズ:幅2m42cm〜3m3cm、奥行き5m5cm〜5m77cm、高さ2m〜2m80cm
メーカー価格:253,900円〜869,100円

【カムフィエース】三協アルミ

サッシを中心に取り扱う三協アルミは、その高い技術力をカーポートでも発揮しています。 カムフィエースはメーカー内でもリーズナブルなタイプで、1台用が226,700円〜と求めやすい価格設定です。 もちろん、魅力はコストパフォーマンスだけではありません。 高さ・駐車台数・使い勝手から選べるサイズバリエーションと、6色ものカラー展開で、あらゆるニーズに対応したものとなっています。

サイズ:開口2m40cm〜8m、奥行き4m30cm〜5m70cm、高さ2m25cm〜2m75cm
メーカー価格:226,700円〜508,800円

【フーゴ】LIXIL

国内トップシェアを誇るLIXILは、住まいの空間を彩る様々な製品を製造しています。 そんなLIXILのカーポートは10種類以上と、非常にバリエーションが豊富です。 中でもおすすめのフーゴは、風速42m/秒もの風圧に耐えうる「圧倒的な強さ」を誇ります。 また3つのデザインから好きなものを選ぶことができ、あらゆる建物に調和するというのもフーゴの魅力でしょう。 カラーもアルミと木調色から選べて、自分好みのカーポートに仕上げることができます。

サイズ:開口2m70m〜8m、奥行き4m98cm〜9m92cm、高さ2m21cm〜3m26cm
メーカー価格:256,900円〜1,470,300円


ガレージを建てる際は建築確認申請が必要!

建築確認申請とは、建物を建てる前に、その建築物や地盤が建築基準法・都市計画法に準じているかを確認するものです。 ガレージやカーポートは、屋根が付いていることから建築物として扱われ、基本的にこの建築確認申請を行わなければいけません。 申請しなかった場合、違法建築物として移動・撤去を強いられる可能性があるため、注意しましょう。 なお、床面積の合計が10平方メートルを満たしておらず、防火地域・準防火地域以外に建築物を設置する場合であれば、この建築確認申請は不要です。

申請にかかる費用は?

申請にかかる費用は、自治体・床面積の合計によって異なるものの、2万円〜5万円程度が必要となります。 しかし、申請書類は付近見取り図や立面図といった専門的な図面を用意しなければならず、素人には到底困難でしょう。そのため、業者(設計士・建築士)に申請を代行してもらう場合がほとんどです。 申請代行を依頼した場合、その費用相場は、80,000円〜20,000万円となっています。



どんなガレージにしようか悩んだら、外構のプロに相談しよう

ガレージを作りたいと思っても、どのようなスペースに作ればいいか、自分の車にはどのようなタイプが適しているか、悩む方も多いのではないでしょうか。 そんな時はプロに相談してみるのがおすすめです。 多数の施工経験があるプロであれば、あなたにぴったりなガレージを提案してもらえるでしょう。 ここからは、Zehitomoに登録しているプロの中から、おすすめの業者様をピックアップして紹介します。


T工業

北海道旭川市を中心に、年間200件以上ものエクステリア工事に携わられている業者様です。 ガレージは「イナバガレージ(ガレーディア)」「カスケードガレージ(NS、NW、NR、ND)」で、カーポートは「LIXIL(テリオスポート、ウィンスリーポート)」「YKK AP(ジーポートneo)」と、人気のメーカーを取り扱われており、鉄骨カーポートも施工されるなど、幅広いニーズに対応してもらえます。 また、価格がリーズナブルであるのも嬉しいポイントでしょう。 地域最安値を目標とし、積雪対応のカーポートにおいては、全商品定価価格より「最大60%OFF」と、非常にお得な価格で施工してもらえます。 地元・北海道での実績が豊富なため、積雪量が多い地域の方は、ぜひこちらの業者様に依頼してみてはいかがでしょうか。

株式会社 ベイハウスサービス

神奈川県相模原市の中央区において活躍されており、「一級建築士」「1級・2級エクステリアプランナー」の資格をお持ちの業者様です。 ガレージ・カーポートの施工から、エクステリア全体の設計・工事に対応してもらうことができ、いずれにおいても質の高い工事を行われています。 また、他にも強みとされているのが「低価格」です。 仕入れ価格を抑えることで、定価から大幅に割引した、リーズナブルな費用での施工を実現させています。 素人に分かりやすい「詳細な見積書」を作ってもらえるのも親切でしょう。 アフターケアについても充実されており、初めてのガレージ・カーポート作りという方も、安心して施工を任せられます。

合同会社ユーエヌ

千葉県千葉市の稲毛区を本拠地として、外構・電気工事のデザインから施工までを専門とされている業者様です。 ガレージやカーポートにおいて、意外と見落としがちなのが照明。もちろん通常の業者様でも、一般的な照明の設置・接続工事は行ってもらえるでしょう。 しかし、こちらの業者様はその専門性の高さから、よりハイレベルな内容で提案してもらうことができます。 電気工事において、ダウンライト・シーリングライト・タイマースイッチ・オートスイッチ・街灯など、様々な内容に対応してもらえます。 上記の他にも相談できるため、照明にこだわりたいという方は、ぜひお問い合わせしてみてください。


DIYが難しいときはプロの手に任せる

今回の記事では、ガレージやカーポートの特徴や、設置にかかる費用について紹介してきました。Zehitomoには、外構・エクステリア工事を得意とする業者が多く登録しています。 工事の依頼を検討している方は、


ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

駐車場・ガレージ関連の最新記事

2022/08/05
台風で破損したカーポートは保険で修理できる?補償内容と業者選びのポイント

台風が原因でカーポートが破損してしまった場合、火災保険を使って修理できる可能性があることをご存知でしょうか?経年劣化によるものではなく、自然災害が原因の損傷と認められれば、火災保険の補償対象となることがあります。 火災保険でカーポートを修理できる条件 台風などによる自然災害によってカーポートが破損してしまった場合、火災保険を使って修理できるケースは少なくありません。 ただし、一般的には以下の条件を満たしている必要があります。火災保険の利用を検討している場合は、以下に該当するかどうかをチェックしましょう。 台風や雪などの自然災害が原因 破損被害から3年以内 修理費用が20万円以上 台風や雪などの自然災害が原因 火災保険は火災による損害だけでなく、契約内容によっては風災や雪災、雹災、落雷などによる被害も補償の対象になります。 風災は台風や暴風雨、突風、竜巻など、最大瞬間風速が20メートル以上の風による被害が生じた場合に申請が可能です。雪災は豪雪や雪崩で生じる雪の被害、雹災は雹による災害を指します。 詳しくは後述しますが、自然災害による損害と認められず経年劣化や施工不良によるものと判断された場合、補償対象とはならない可能性が高いため注意が必要です。 破損被害から3年以内 ほとんどの火災保険では、補償の条件として「被害が発生してから3年以内」を掲げています。被災後、時間が経つにつれ「経年劣化」と判断される可能性が高まるため、損傷に気づいた時点で早めに申請しましょう。 修理費用が20万円以上 台風による損害に対する補償は、修理費用が20万円以上であることが条件であるか、一定の免責金額を差し引いた保険金が支払われる仕組みのいずれかであることが多いです。 修理費用が20万円以上であることが条件の「フランチャイズ免責」の場合、損害額が20万円以上でないと保険金が支払われません。 一方、最近では損害額から契約時に設定した3万円あるいは5万円などの免責金額を差し引いた保険金が支払われる、「免責方式」のタイプも増えてきています。 補償対応については保険会社ごとに補償対応が異なるため、加入している火災保険の保険証券などで契約内容を確認しておきましょう。  自然災害と認められない場合もある カーポートの破損状況から、自然災害が原因ではなく経年劣化によるものと判断された場合は、火災保険の支払対象にはなりません。 カーポートの耐久年数は一般的に15年といわれており、比較的長期間の使用が可能です。しかし、紫外線を浴び続けたカーポートの屋根や支柱は、ヒビ割れによって破損しやすくなります。 カーポートを保険で修理する際の手順 自然災害によってカーポートが損傷したら、被害状況を確認し、保険会社へ連絡しましょう。慌ててしまいがちな状況ですが、保険の申請時には必要書類を漏れなく準備しなければなりません。 ここからは、火災保険を申請する手順と、必要な書類について詳しく解説していきます。 火災保険申請の5ステップ 自然災害によるカーポートの損傷に関する火災保険の申請は、基本的には次の5ステップで行います。 被害状況の確認 保険会社への連絡 書類を提出して申請 保険会社による審査 保険金の入金 はじめに、被害状況を詳しく確認しましょう。その際、被害が発生した日にちや時間帯、そのときの天候や破損の具体的な原因などを、メモに取っておくことをおすすめします。 被害状況の確認後、必要書類を一式揃えて保険会社に提出します。保険会社による審査で保険金の支払事由に該当すると認められたら、保険金が入金されるというのが基本的な手続きの流れです。 火災保険申請に必要な書類 火災保険の申請には、主に次の4点の書類が必要になります。 保険金請求書 事故内容報告書 修繕見積書 被害箇所の写真 保険金請求書や事故内容報告書は、保険会社の申請用フォームに記入するのが一般的です。修繕見積書は、修理業者や工務店などに依頼して作成してもらいます。 また、カーポートの被害箇所の写真撮影も忘れないようにしましょう。  破損修理を依頼する業者選びのポイント カーポートの破損修理を業者に依頼する時のポイントは、以下の4点です。 見積もりを比較する 現地調査後に見積もりを提示するところを選ぶ 信頼できるかどうかをチェックする アフターサービスが充実しているかを確認する カーポートの修理に対応してくれる業者は数多く存在します。これらのポイントを押さえて、適切な業者を選ぶようにしましょう。一つずつ解説していきます。 見積もりを比較する 優良な業者を見極めるためには、必ず相見積もりを取り、それぞれを比較することが重要です。複数の業者の見積もりを比べることで、適正な価格なのかどうかを判断しやすくなります。費用が極端に高い、あるいは逆に安い業者は避けたほうが無難です。 また、金額だけでなく内訳もしっかりと確認することが重要です。相見積もりを取ることによって、必要な作業やオプションを見極めやすくなるでしょう。業者によっては項目が一つにまとまった見積書を作成してくることがありますが、何にいくら費用がかかるのかわかりづらいため、注意が必要です。 さらに、見積もりに対する質問に誠意をもってわかりやすく回答してくれる業者は、カーポート修理の経験が豊富で、信頼できる可能性が高いといえるでしょう。  現地調査後に見積もりを提示するところを選ぶ カーポートの破損修理を依頼する際には、現地を調査した後に見積もりを提示する業者を選ぶとよいでしょう。現地調査をせずに見積もりを出してくる場合、金額の妥当性はもちろん、業者としての信頼性が低いといえます。 カーポートの修理は、見積もりを作成するために、足を運んでくれる業者に依頼することをおすすめします。 […]