1. ゼヒトモ
  2. 住宅
  3. クリーニング
  4. クリーニング一般
  5. ハウスクリーニング業者
  6. フローリングはすぐカビる!原因とカビの取り方を解説!

フローリングはすぐカビる!原因とカビの取り方を解説!

2017/06/05 2022/09/30
ハウスクリーニング
FacebookTwitter

フローリングにカビが生えるという認識はあまりないと思いますが、実はカビることがあります。カビは気温25度以上、湿度70%以上、そしてさまざまな栄養があると繁殖しやすくなり、場合によってはカーペットの下や家具の隙間のフローリングにカビが生えてしまいます。

この記事ではフローリングにカビが生える原因とカビを取るテクニック、またカビを生えさせない予防策について紹介しています。カビがないクリーンな生活をおくるために参考にしてみてください。

フローリングにカビが生える原因2つ

カビと聞くとお風呂場やキッチンなどで生えるイメージがあるかもしれませんが、フローリングでも生える恐れがあります。フローリングでカビが生える原因としては、以下の2つが挙げられます。

水濡れが乾かない

雨漏りや水漏れで床が水浸しになったのち、湿度が高い部屋などでは水が乾きにくく、1~2か月たったころにカビが生えることがあります。この際、濡れた初期の段階で乾燥除菌を業者に頼んできちんと処置すると、リフォームより安く済ませられるでしょう。

また、雨漏りや水漏れがなくても、窓周辺のフローリングにカビが生えてしまうこともあります。これは窓周辺の結露が原因であり、結露が生じやすい時期には注意が必要です。

布団を敷き続けたなど、過度な湿気がたまった

フローリングに布団を敷きっぱなしにしたり万年床にしてしまったりしている状態だと、布団の下にカビが生えてしまう恐れがあります。

そもそも、人は寝ている間に約コップ一杯の汗をかくと言われています。また、人の体温で布団は温められる上に埃や髪の毛などはカビの栄養となるため、敷きっぱなしの布団の下はカビの繁殖にぴったりの条件がそろっているわけです。結果、フローリングにも布団にもカビが生えてしまうのです。

このことは、カーペットやマット、ホットカーペットをフローリングの上に敷いた際にも当てはまります。敷きっぱなしにするとやはり湿気がたまり、ホコリなども栄養になって、カビが生えやすくなります。

\ 無料でピッタリのプロとマッチング /

【あわせて読みたい】

初心者向け!雨漏り調査の方法・費用・優良業者の特徴を解説 >>>

フローリングのカビを取る際の掃除方法

フローリングのカビを取る際には、きちんと掃除方法を覚えて取り組むことで、効率よく掃除できます。もしこれから掃除しようと考えているのであれば、以下の流れに沿って取り組みましょう。

使用する掃除道具

掃除する前に、まずは道具をそろえることから始めましょう。主なものとしては、以下の4つが挙げられます。

・フローリングワイパー
・逆性石鹸
・重曹
・エタノール
・ゴム手袋
・マスク

作業する際は、必ずゴム手袋とマスクをした状態で取り組みましょう。理由として、掃除中にカビを吸ってしまわないためです。また、窓を開けて換気しておくことも忘れないようにしましょう。

1.まずは拭き取りから

フローリング カビ ハウスクリーニング ゼヒトモ

まず行うのは、濡らした雑巾やフローリングワイパーを使った拭き取りです。ゴム手袋を着用してカビの部分を拭いていき、できる限り取り除きましょう。フロアワイパーを使う方法もありますが、人によっては力がうまく入らず掃除しにくいと思うかもしれません。

2.逆性石鹸で拭く

説明に従って、希釈した逆性石鹸液をスプレーボトルに入れてしっかり雑巾で拭き取ります。逆性石鹸は殺菌作用があり、フローリングの色落ちの心配がないためおすすめです。色落ちの心配が無いならば、無水エタノールを80%に希釈した液体をスプレーボトルに入れてスプレーしつつ拭くこともできます。

なお、カビの黒ずみを取り除く際には、家庭用の中性洗剤を使うのがおすすめです。黒ずみ部分に洗剤を垂らし、汚れを浮かせてから拭き取ります。

3.フローリングの溝のカビを取る方法

中性洗剤を溝にたらして汚れを浮かせた後、つまようじでカビを掘り出しましょう。汚れを固く絞った雑巾で拭き取ったのち、エタノールをスプレーしておくと除菌効果が期待できます。

【あわせて読みたい】

カビが繁殖してる!業者に除去を依頼した時の費用はいくらになるの? >>>

フローリングのカビ取りでやってはいけないこと

フローリングのカビ取りは誰でもできますが、やってはいけないこ2つのことがあります。トラブル無くカビを取り除くためにも、以下のことを踏まえて取り組みましょう。

カビキラーやハイターなどを使う

カビを取り除きたいという考えてカビキラーやハイターなどのカビ取り漂白剤を使いたくなるかもしれません。ただ、それらの漂白剤をフローリングに使うのはおすすめできません。ワックスや木材を傷めてしまい、変色や腐る原因となってしまう恐れがあります。

ただ、カビ取り剤の中にはフローリングに適しているものもあります。もしカビ取り剤を買おうと考えているのであれば、買う前に説明を読んでフローリングに使えるかどうかチェックしましょう。

重曹を使う

重曹はさまざまところに役立つ存在ですが、フローリングのカビ取りにはおすすめできません。白い粉状のままで重曹を使ってしまうと研磨剤のようになってしまい、フローリングの表面を傷つけてしまうリスクがあります。

また、重曹の代わりとして用いられるセスキ炭酸ソーダもNGです。使いすぎてしまうとワックスが剥がれてしまう恐れがあります。

カビの色が取れない場合のシチュエーション別対処法3つ

1.業者に頼む

逆性石鹸や無水エタノールを使って拭き掃除をしても、カビがどうしても取れないことがあります。

それはカビの根がワックスの下まで入り込んでいる可能性があるためであり、ワックスを剥がしてのカビ取りもしくは張り替えが必要になります。そのような場合には、業者にお願いしましょう。業者に依頼することで、フロアコーティングをするとカビをはじめ微生物の進入を予防することができます。

2.賃貸の場合はどうしたらいい?

フローリングのカビは、原則として入居者に原状回復義務が生じるものであり、一般的クリーニングもしくは張り替えで対応します。 ただし、状況によっては大家が負担する場合もあります。

例えば布団を敷きっぱなしでカビが生えてしまった場合は、入居者側の原因です。しかし、賃貸物件の築年数が古い影響で自然消耗という形でカビが生えたのであれば、大家の負担にあるでしょう。具体的なことは大家や管理会社によって対応方法が異なるため、一度聞いてみるのがおすすめです。

3.カビを隠すことはできる?

カビ取りが面倒と思っている方の場合、どうにかしてごまかしたいと思うかもしれません。フローリング用の補正テープやクレヨンを使ってごまかす方法もありますが、カビの色を完全に取り去ることは難しいのが現状です。むしろ、放置していれば健康的に生活できない空間となってしまうため、できる限り早めに対処しましょう。

フローリングにカビを生えさせない方法2つ

フローリングのカビ取り作業は時間がかかるため、できる限り防ぎたいと持っている方は多いでしょう。そこで最後の項目では、フローリングにカビを生えさせない方法を2つ紹介します。

1.湿気をためない

フローリング カビ 掃除方法 ハウスクリーニング 業者 ゼヒトモ

カーペットやラグはこまめに掃除して定期的に干しましょう。カビ予防と同時にダニ防止にもなります。もしカーペットやラグが濡れてしまったら、水気を拭きとって乾かしましょう。また、部屋の換気も大切であり、定期的に窓を開けて空気を入れ替えましょう。

2.布団を敷きっぱなしにしない

他の項目でも触れたように、布団を敷きっぱなしにするとカビが生えてしまう恐れがあります。そのため、きちんと畳んで片付けるようにしましょう。

また、すのこベッドを買ってその上に布団を敷くのもおすすめです。すのこベッドは通気性が優れているため、布団に汗や湿気がこもりにくくなります。

ゼヒトモでハウスクリーニングのプロを依頼

カビは早めに、対処すれば取り除ける確率は高くなります。普段から換気や掃除に気をつけ、「カビかな?」と思ったときに見て見ぬふりをするのはやめましょう。ただ、それでもカビが生えてしまう可能性もあります。もしフローリングのカビを見つけた際は自分でせず、プロの力を借りるのもおすすめです。

ゼヒトモにはたくさんのハウスクリーニングのプロがいます。いくつかの質問に答えることで、あなたにピッタリのプロを紹介します。ぜひ、ゼヒトモから自分に合うハウスクリーニングのプロを見つけてみてくださいね。

\  あなたの近くにいいプロいます♪ /

依頼した方の声

<口コミ>
とても対応が良くて、キッチン、換気扇、お風呂、トイレがピカピカになりました。 頼む前は汚れていて恥ずかしいと思いましたが、頼んで良かったです。 説明も丁寧で分かりやすくとても親切でした。

<口コミ>
毎月実家が定期清掃でキレイにしてもらっているということで私の家も頼みました。子供も小さく3人もいるのでお掃除に手が回らない。リビングの床の食べこぼし汚れ、トイレ、浴室、窓など 気になるところを隅々まで丁寧にお掃除してもらってます。 今は隔月頼んでます。とてもキレイを維持しています。

<口コミ>
お風呂、キッチン、トイレなどの水回りを中心にやっていただき、細かいところまですごくきれいになりました。 見違えるようにきれいになり本当に嬉しいです。 玄関や窓のサッシなど、時間が余ればその分どんどん他の箇所もきれいにしていただけたため、全体的にすごく満足しています。 お人柄も気さくな方で安心してお願いすることができました。 この度はありがとうございました!

ブログをSNSでシェアする

FacebookTwitter

関連タグ

この記事を書いた人

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部

ゼヒトモ 編集部アカウントです。

ハウスクリーニング関連の最新記事

2022/10/05
五徳の掃除は重曹で簡単に!つけおき方法やおすすめ洗剤も紹介

料理の際に、使用する機会が多いガスコンロ。毎日使用していると、コンロ自体に油汚れがつくだけなく、五徳が焦げ付き、ギトギトになります。 今回は、そんな五徳の汚れや焦げをすっきり落とす簡単な掃除方法について紹介します。 五徳とは? 五徳とは、ガスコンロについてある6本爪の支持具のこと。この上にフライパンや鍋を乗せることで、コンロから火をかけることができます。 五徳は、 ホーロー製 ステンレス製 の2種類あります。 ホーロー製は黒いので汚れは目立ちづらいが、錆びやすい。ステンレス製は汚れは目立ちやすいものの、耐久性は高いので、長期的に使えるという違いがあります。 五徳を掃除するメリット 1. キッチンを清潔に保てる 五徳は何かと汚れがち。油汚れでギトギトになったり、吹きこぼれが焦げ付いたり! 汚れをそのままにしているとますます汚れが焦げになり、汚さが固定化します。五徳をきれいにすると、キッチンを清潔に保てます。 2.嫌な油の臭いを抑える 酸化した油の臭いは、決して良い香りではありません。キッチン周りの臭いは、食材や洗剤の香りで気づきにくいです。五徳を清潔に保つことで、嫌な臭いを軽減させることが出来ます。 3. 安全に使用できる 直火に当たる五徳部分に油汚れが溜まると、引火する恐れがあります。綺麗に掃除しておくことで、思わぬ事故を未然に防げます。 4. 料理が楽しくなる 料理の際、五徳やガスレンジの汚れが目に入ると、気分が下がってしまうでしょう。毎日の料理を楽しくするためにも、五徳の掃除は欠かせません。 重曹を活用した五徳の掃除方法 五徳は、市販の重曹を活用することで、簡単に掃除することができます。 重曹の他に ・五徳がすっぽり入る鍋・歯ブラシ・ゴム手袋 を用意するだけでOKです。 煮沸による五徳掃除 まずは、五徳を沸騰したお湯に入れて掃除する方法について紹介します。手順は下記の通りです。 1. 水を入れた鍋に五徳をいれる。 五徳全体が浸るほどの量の水を入れます。 2. 重曹を入れる 重曹を小さじ2杯分入れてください。もしご自宅にクエン酸がある場合、追加で入れても大丈夫です。クエン酸は、アルカリ性の汚れを落とすのに効果的なので、洗浄力のUPが期待できます。 クエン酸を入れる場合は、重曹との割合が1:1になるように入れてください。 3. 火にかけて沸騰させる 重曹を入れて軽く混ぜたら火にかけましょう。この際、沸騰するまで温度を上げて問題ありません。 4.10分経った後に放置する(つけおき) 沸騰させた状態のまま五徳本体を10分間入れておきましょう。その後に火を止めて冷めるまで放置です。 5.歯ブラシで五徳を磨く 五徳が冷めたら、歯ブラシで擦りましょう。そうすると、みるみる焦げや汚れが取れていきますよ。 つけおきで簡単掃除 五徳がすっぽり入る鍋がない 汚れや焦げがひどくない 場合、鍋に入れて沸騰させなくても、重曹を混ぜてお湯につけておくだけで十分な効果が期待できます。 重曹以外の五徳掃除におすすめアイテム 重曹以外にも五徳掃除に効果的なアイテムは多数あります。 この記事では、 オキシクリーン ウタマロクリーナー セスキ炭酸ソーダ の3つをご紹介します。 オキシクリーン オキシクリーンとは、アメリカ生まれの酵素系漂白剤です。 […]

2022/10/04
フローリングの黒ずみの原因と落とし方

フローリングの黒ずみを見つけた際、すぐにでも掃除したいと思うでしょう。ただ、どのように落とせばよいのかわからない方もいるかもしれません。 そこで今回は、フローリングの黒ずみの原因や落とし方などを解説します。 なぜフローリングが黒ずんでいるのか知りたい方やどのようにして落とせばよいのかわからない方は、ぜひ最後まで読んでみてください。 フローリングの黒ずみの原因5つ そもそもフローリングが黒ずむ原因としては、次の5つが挙げられます。 足の裏の汚れ カビ ワックス 雨水やジュースなどの液体 油汚れ フローリングの黒ずみは原因によって落とし方が異なるため、まずはこの項目で何が原因なのか把握することから始めましょう。 (1)足の裏の汚れ フローリングの黒ずみの原因はいくつか挙げられますが、その中でも最も多い原因とされているのが足の裏の皮脂汚れです。 そもそも、人間の足の裏は汗をかきやすいものです。その上、面積が小さいながらも分泌物が多く発生します。 結果として廊下の真ん中といったよく人が歩く部分で黒ずみが発生しやすくなります。 特に特に汗をかきやすい夏だと、皮脂汚れでフローリングがベタつくこともあるでしょう。 (2)カビ もし黒ずみの場所が窓周辺や観葉植物の周辺ならば、カビの可能性が高いと言えるでしょう。 窓周辺や観葉植物の周辺は湿度が高く、どうしてもカビが生えやすい環境が整っています。 特に冬の場合、寒い屋外と暖かい室内の寒暖差が激しくなる影響で窓に結露ができやすくなり、フローリングにカビが生えてしまう可能性が高まってしまいます。 また、フローリングの上で万年床になっている場合も注意しなくてはなりません。 フローリングの上に布団を敷きっぱなしにしてしまうと、寝ている間に布団は汗を吸い、布団の湿気によってフローリングがカビてしまうことがあります。 また、カーペットや絨毯などをずっと敷きっぱなしにしていた影響で、フローリングがカビてしまうことも大いにありうることです。 (3)ワックス ワックスは傷つきやすいフローリングを守る目的や光沢を出す目的で用いられますが、時間とともに劣化していきます。 特によく歩く場所は劣化しやすく、それによって黒ずみが生じやすくなるでしょう。 また、剥がれかけたワックスをそのままにしておくと、まだらに剥がれ続けて汚くなります。 (4)雨水やジュースなどの液体 雨水がフローリングにかかった状態を放置したり、床に水やジュースをこぼしても拭かなかったりする行為は、フローリングが痛む原因です。 その結果、木が腐り黒く変色することがあります。 もし木が腐ってしまってできた黒ずみの場合は、対処が難しくなります。 (5)油汚れ キッチンのフローリングの黒ずみに関しては、油汚れが原因の場合が多いです。 どれだけ油汚れに注意しても、気づかないうちに料理中の油がフローリングへ飛び散っている可能性もあります。 特に油の場合は、その場で油を拭き取っても落としきれない場合があり、油の酸化やホコリが付着して黒ずみを誘発しまうこともあるのです。 また、油汚れを素足やスリッパで踏んでしまい、リビングや廊下などキッチン以外のフローリングに持ち込んでしまうこともあります。 【あわせて読みたい】 レンジフードクリーニング(換気扇お掃除)業者に頼んだ体験記~費用と流れと感想 掃除前にフローリングの種類を確認しておこう! もしこれから掃除しようと考えているのであれば、掃除前にフローリングの種類をチェックしておきましょう。 その理由として、種類によって水拭きができないものがあるためです。 無垢材フローリング 無垢材フローリングは、1本の木からできているフローリングのことです。 天然の木を使っていることから高級感や木の雰囲気などを感じられますが、掃除する際は細心の注意を払う必要があります。 理由として、無垢材フローリングは傷つきやすく、水に弱いためです。 もし無垢材フローリングを掃除するのであれば、水拭きをせず、掃除機と乾いた雑巾を使いましょう。 複合(合板)フローリング 複合フローリングは、薄い木材を組み合わせて無垢材フローリングのようなものにしたフローリングです。 複合フローリングは安くて傷に強く、耐久性にも優れています。 そのため、無垢材フローリングよりもよく用いられており、あなたが住んでいる家でも使われているかもしれません。 複合フローリングの場合は、無垢材フローリングとは違って、固く絞った雑巾なら水拭きも中性洗剤の使用も問題ありません。 全体的に黒くなっているフローリングの掃除方法 もし全体的にフローリングが黒くなっているのであれば、掃除方法を覚えてきれいにしましょう。 ここでは、掃除の際に必要な道具や方法などを紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。 全体的に黒くなっているフローリング掃除で使う掃除道具 […]