京都府防滑工事のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

京都府の滑り止め施工業者・滑り止め工事業者

Loading interface...
Loading interface...
Loading interface...

実際の依頼例

京都府における滑り止め施工業者・滑り止め工事業者の依頼例

よくある質問

防滑工事の料金はどのくらいかかる?

防滑工事の料金は施工場所とその場所の素材、工事内容に応じて異なります。防滑剤を塗布する施工と、防滑シートを貼る施工があります。一般的に屋内の施工の方が安価で、屋外の施工の方が高価です。

防滑工事の依頼における注意点は?

老人ホーム、病院、駅、プールサイド、運動施設、学校、公園、市区町村の施設や役場、マンションやビルの階段・踊り場・通路・玄関タイルなど、様々な場所で行われています。前回施工した時期から年数が経った時はメンテナンスを検討しましょう。

また、戸建て住宅でも防滑工事はできます。家族が高齢で滑らないように、ペットの足腰に負担をかけないために、など一般家庭でも検討されます。

防滑工事を依頼する流れは?

数社に同じ条件で見積もりを取り、相見積もりをしましょう。1社に絞り契約書を取り交わし、支払い条件とスケジュールを確認します。屋内・屋外共に工事中は通れなかったり、利用できないため早めにスケジュール設定を行い、必要な人や場所に連絡を行います。工事と支払いが終わったら終了です。

防滑工事業者の選び方は?

多くの業者が「まず現調(現地調査)をしてから見積もりを出します」とうたっており、事前に単価や料金の内訳を開示している防滑工事業者は少ないです。内訳をはっきり教えてくれる、内訳が曖昧ではない業者は信頼できます。しかし一概に細かく内訳を出せないこともあります。現地調査の上で見積書を出してもらう際に、内訳を教えてもらいましょう。また、A市の業者、B市の業者、近所の業者Cなど、業者の所在地や条件を変えると、内容が変わることもあります。近い業者や似ている業者は価格下落の競争が発生しないように、価格を揃えていることもあります。そのほかには、アフターメンテナンスの有無や内容も確認しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

過去の施工例や施工場所の様子などを写真などで見せてもらいましょう。実績のある業者には安心して依頼することができます。