奈良県トイレリフォーム業者のプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

奈良県のトイレリフォーム業者

ゆう建築工房は創業当初より「将来の暮らしを考えた安心の住宅リフォーム」を軸に生駒市にお店を構えています。新築・リフォーム・増改築に関するあらゆるサービスをご提供しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

お手軽リフォーム 省エネリフォーム 電化リフォーム 太陽光 塗装 増改築 断熱 窓リフォーム スマートカバー プラマード などをおこなっております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

代表の浅香です 日頃より、当社の増改築、リフォームをご利用いただきまして誠にありがとうございます。お客様第一主義を徹底し、お客様の声に謙虚に耳を傾け、精進していく所存です、今後とも宜しくお願いします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

私 自信 大工として現場にて 頑張っています。吉野の杉 桧 を 使った自然素材の 新築 リフォーム 古民家リノベーション から 棚板一枚まで 御施主様のご希望を 形に総合建築請負業 奈良県知事許可 ( 般ー30 )第 16345号。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

アールインテリア

ニューユーザー

山口亮治(41) 二児の父。(5歳♂と2歳♀) 休日はアマチュアオーケストラでトロンボーンを吹いています。 普段は家電量販店のリフォーム工事を受注施工していますので、最低限の礼儀、身だしなみ、清潔感、仕上がりは持ち合わせていると自負しています。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

壁紙が剥がれかかっている、壁紙が汚れて家の中がなんだか暗く感じる、床材が傷んできた・・・、などお家のメンテナンスをしていますか? シックハウスの対策をしたい、壁紙を替えて部屋の雰囲気を変えたいなど、内装工事のことはインテリア宮崎にお任せください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

両親のためにリフォームをして安全で暮らしやすい家にしたい。 内装を変えて部屋の雰囲気を変えたい。 おしゃれな洋館もおちついた和風の家も、広いリビングがほしい、対面式のキッチンを作りたい、子供部屋を作りたいなど、お客様のご希望をお聞かせください。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

在来工法による町家・日本建築の左官工事(漆喰壁・土蔵・竈(かまど)・土壁等)の事なら宮奥左官工業にお任せください。歴史と伝統の町、宇陀松山(重要伝統的建造物群保存地区)で培われた確かな伝統技術でお応えします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

自然素材を使い、木のぬくもりの感じられる家を造りたい。古民家を再生させて住みたい。そんな心地の良い住まい造りをお約束します。 長年にわたって培ってきた技術でお客様のこだわりを実現するお手伝いをいたします。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は大規模な会社ではなく、営業マンもモデルハウスもありません。プランニングから引渡しまですべて私が責任を持ってやらせていただいております。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

当社は、地元奈良を中心に、地域密着にこだわり数多くの施工をさせて頂きました。 リフォーム・新築共に施工技術、提案力、アフターサポートに自信がございます。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

和田塗装は奈良県全域(地域密着) を対象とし外壁塗装、内装の塗り壁など、住まいの塗装工事.リフォーム工事ならお任せ下さい。 塗装は住宅を長持ちさせるための安くて最良の手段です。

. . . (もっと読む)
詳細を見る

実際の依頼例

トイレリフォーム業者をお願いしました

奈良県におけるトイレリフォーム業者の依頼例

よくある質問

トイレリフォームの料金はどのくらいかかる?

普通の便座から温水洗浄便座に交換する場合には、トイレ内にコンセントが必要です。トイレ内にコンセントがない時には電気工事や内装工事も必要で数日かかります。コンセントさえあれば、便器の交換にかかる時間は30分から2時間程度です。TOTOのベーシックなタンク式トイレに交換した場合、商品代と工事代を合わせて約19~34万円程度です。

タンクがある便座をタンクレスのものに交換すると、TOTOのローシルエットデザインのトイレに交換した場合は、商品代と工事代を合わせて約28~47万円程度です。

トイレを内装ごとリフォームする場合、地域や住宅の構造、選択した便器、内装の仕様などにより、価格が大幅に変動します。相場は19~34万円程度ですが、便器の性能や内装の建築材料や工事内容によって価格は上がります。

トイレリフォームの依頼における注意点は?

便器便座機能だけを向上させたい場合でも、温水洗浄便座を設置するためにはアース線の取り付けができるコンセントが必要です。コンセントがないトイレの場合は、コンセントを新規設置するための電気工事が必要になり、費用と時間がかかります。

トイレリフォーム業者が現地調査、つまり実際の現在のトイレを見て、他の部屋との配線の兼ね合いなどを調査して初めて「必要な工事」「案内できる内容」がわかることも多いため、「単純に金額だけ先に教えてください」ということができないこともあります。正確な見積もりを知って正しく予算などを検討するため、まずはリフォーム業者に現状を見てもらい、見積もり金額を算出してもらいましょう。

トイレリフォームを依頼する流れは?

トイレリフォームを特に急いでいない場合、最低2社のリフォーム業社にリフォーム金額を出してもらい、予算と比較しましょう。トイレのトラブル、例えば水道が破裂した・詰まって水が流れないもしくは水があふれるなど、急を要するトイレのトラブルには「とりあえず見積もりを」などとゆっくり時間をかけるわけにも行きません。

しかし特に急いでいないリフォームを検討中の場合、見積書を複数手に入れて比較し、業者の対応や相談のしやすさも含めて比較してください。業者を決めたら着手金を支払って着工、完了したら清算します。

トイレリフォーム業者の選び方は?

現在の要望だけではなく、家族構成や生活の変化に伴う提案もしてくれるような、今後も相談できそうな、相談しやすそうな事業者を選びましょう。例えばトイレは、家族構成の変化に伴って手すりを取り付ける、内装を広くとるなどのバリアフリーリフォームをしたほうがいい場所です。未来も視野に入れながら、現在の要望についても耳を傾けてくれるようなリフォーム業者を選びましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

家族が1人でも使いづらいと感じたら、トイレのリフォームを検討することをおすすめします。家族が高齢になることで和式便器で用を足すのが難しくなったり、洋式便器でも立ち上がるのが難しくなるものです。また、古いトイレはどうしても水道料金が高くなるので、家計のためにリフォームを考える人もいます。何らかの不具合を感じたら、リフォームを検討する時期といえるでしょう。