東京都絵画・デッサンレッスンのプロが近くにいます

依頼内容を入力する

日時や場所など、依頼したい内容を記入します。

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロから見積もりが届きます。

プロを選ぶ

ご予算、ご希望を満たすプロを選び、採用してください

東京都の絵画・デッサン教室

生徒さんに寄り添ったレッスンが得意です生徒さんとのコミュニケーションを大事にし、何よりも「絵を楽しく描く」ことを第一に考えております。 些細なことでも何でもおっしゃってもらって、生徒さんといい関係を築いていきたいと思っています。

詳細を見る

20Lempicka

5.0
starstarstarstarstar
ブロンズ

オイルクレヨンで、飯テロアートをしてみませんか?こんにちは。20Lempickaという名前で活動している、本間琴絵と申します。 私がみなさまにお伝えできるのは大きくわけてふたつです。

詳細を見る

ハウスケアに関することなら、是非ともわらしへ!ご覧頂きまして有難う御座います(=´∀`) 街の萬屋 わらしで御座います! 渋谷、目黒、世田谷区を中心に早5年!沢山のご依頼を頂きました!有難う御座います! もしお困り事が御座いましたら是非一度お問い合わせ下さいませ。

詳細を見る

株式会社 No Mark

3.9
starstarstarstarstar
シルバー

SPEED&QUALITYインテリアデザイン,プロダクトデザインの企画及び制作 タトゥースクール,ネイルアートスクール及びタトゥーサロン,ネイルサロンの経営 ウェブサイトの企画、制作、構築及び運営 学習塾、カルチャースクールの企画及び運営 貨物軽自動車運送事業 住宅リペア 店舗什器,家具製作Exceed expectationsタトゥーアーティスト歴 14年 エアブラシペイント歴 10年 設計歴 7年 AutoCAD,JW-CAD,I-DEAS DesignSpark,Fusion360,Shapr3D 店舗什器,家具製作歴 4年 レザークラフト歴 2年 内装歴 2年。

詳細を見る

画家 SEIGOが主宰する、高知市にある絵画教室「アートスタジオ・セイゴ」 こどもたちのための絵画教室 基本的に高校生までのこどもたちですが、障害のもったこどもたち、社会人の方たちも一緒に制作しています。

詳細を見る

アトリエ・ルボーは東京・国立市にある美術教室です。 一般社会人/ 大学生、中高生/美大受験生、向けの各クラスを設け、デッサン・油絵・水彩など、絵画の基礎から構成表現までの内容を本格的に学べるアトリエです。

詳細を見る

透明水彩絵具を使って絵を描くことを親しんでいただく教室です。 身近な風景を描いたり、旅先で仲間とスケッチをしたりと楽しみの輪が広がります。全く絵を描いたことがないという方には、基本のデッサンや構図のとり方や彩色のポイントなどレベルに合わせて丁寧にお教えいたします。

詳細を見る

芝原 佳孝

ブロンズ

「描くのが楽しくて仕方ない」こそ上達のコツです。はじめまして、絵画講師の芝原佳孝です。 「私は絵心がありませんが、大丈夫でしょうか?」とおっしゃる方のほとんどは、絵心がないのではありません。

詳細を見る

アトリエM

ニューユーザー

デッサン絵画、江戸つまみ細工、各種教室1、江戸つまみ細工ワークショップ 帯留めにも髪飾りにも使えるクリップ付きの製作。 コサージュ、成人式、七五三、浴衣用に。

詳細を見る

スタジオエーイレブン

ニューユーザー

絵を楽しみたい方も、職業としてイラストレーターを目指す方も、色鉛筆、マーカー、パステルなどを使用したイラストの書き方を基礎のデッサンからご指導致します。

詳細を見る

清野 和正

ニューユーザー

絵画、デッサンのA~Zを、みなさんのペースで画家として創作活動をしています。 きっかけは23年前、高校生の頃絵の先生と出会い、アトリエに通い勉強を始めたことでした。

詳細を見る

実際の依頼例

絵画・デッサン教室をお願いしました

東京都における絵画・デッサン教室の依頼例

よくある質問

絵画・デッサンレッスンの料金はどのくらいかかる?

大人の趣味のスクールは月に4回のレッスンで1万円前後程度です。別で入会金が1万円ほど発生することがあります。ドロップインという、自分の通いたいときに通うことのできる1回限りずつのレッスンもあります(月に4回、週に1回などの固定ペースではなく、自分のペースで通うことができる)。ドロップインの料金は1レッスン〜3,000円程度です。キッズレッスンも月に4回のレッスンで6,000円〜1万円前後程度、別で入会金が発生します。美術系の学校へ進学することを目的とした対策レッスンなどは、月に4回(週に1回のペース)の講座で〜3万円程度です

絵画・デッサンレッスンの依頼における注意点は?

目的や、できるようになりたいこと、描けるようになりたいことに応じて教室やレッスンを選びましょう。オンラインで受講できるレッスンなどを提供している会社もあります。絵画やデッサンのレッスンは、「同じ部屋に、画家たちが集まり、描くための対象物を見ながら絵を描き、先生が見て回る」という風景がこれまでは一般的でした。しかし講師は「描かれている途中の絵を見てアドバイスをしたり、鉛筆や筆の持ち方を指導する」ことから、必ずしも対面でオフラインの場でレッスンが行われる必要はなく、オンラインでの受講もしやすいレッスンです。オンライン受講を選ぶことで、授業料が安く済んだり、遠方に住んでいる腕の良い講師から指導を受けやすくもなります。

絵画・デッサンレッスンを依頼する流れは?

ほとんどの絵画・デッサン教室は、無料レッスンや無料見学を用意しています。なるべく多くの教室や講座の、無料レッスンに参加したり無料見学を活用して教室の雰囲気や講師の教え方を確認しましょう。いくつかのレッスンや教室を比較して、「自分の継続して、レッスンを受けてみたい」と思えるところを見つけたら通ってみます。通って初めてわかることもありますので、気になると思ったらまずは数ヶ月通ってみましょう。入会金不要の講座や、もともと3ヶ月感限定の講座など短期間開催の講座は、迷う場合は受講してみてもいいでしょう。複数のレッスンや講座に参加して様々な先生を見比べて比較しないとわからないこともあります。

絵画・デッサンレッスン業者の選び方は?

目的のある受講、例えば美術系の学部学科へ進学したい、既に師事していたけれど講師を変えたいなど、このような時は「講師の実績やプロフィール」を重視しましょう。これまでに指導した学生が進学した学校・学部・学科、講師自身の入選など他人から評価を受けた実績です。個展や展覧会は自主開催もできます。個展や展覧会の開催実績と同時に「他人からどのような評価を受けた経験のある講師なのか」を確認するといいでしょう。趣味で絵画やデッサンを始めたい、とお考えの方は立地が通いやすいか、レッスンの雰囲気はどうか、同じような初心者などレベルが近い人同士で参加できるクラスか、などを確認しましょう。

その他気を付けるべきポイントは?

全く何も道具を持っていない場合は、必要な道具を購入しなければならないことがあります。デッサンはスケッチブック・鉛筆・消しゴムなど、水彩画は水彩絵の具・筆・スケッチブック、日本画は岩絵具・和紙・膠(にかわ)などです。