ペットシッター・散歩代行

東京都中野区
ペットシッター・散歩代行のプロが近くに726人います

ペットシッター・散歩代行のプロを、Zehitomoで探そう

仕事の間、自分の代わりに散歩をしてほしい。数日家を空けるため、信頼できるプロにペットを預けたい。Zehitomoでは、そんなあなたの「やりたい」を叶えてくれるペットシッター・散歩代行のプロを見つけられます。

ペットシッター・散歩代行の基本

ペットシッター・散歩代行では、プロのペットシッターが自宅を訪問し、犬や猫、うさぎなど、飼っているペットの面倒を見てくれます。具体的には1日に1回〜数回、ご飯の用意やおもちゃを使った遊び、散歩、お手入れ、空調調整や簡単な掃除といった環境調整、トイレの片付けなどを依頼することが可能。ペットの様子は写真付きのレポートで報告してくれるプロが多く、安心してペットのお世話を任せられるでしょう。最初はカウンセリングで依頼内容の詳細をヒアリングし、その後に実際のお世話に入るのが基本の流れです。

ペットシッター・散歩代行の時間や料金

自宅を訪問してもらえる時間は、平均で60〜120分程度です。料金は1回あたり2,500~5,000円程度が目安となりますが、小型犬や大型犬か、どんなお世話を依頼するかによって料金が変動します。プロによって1回あたりの料金を設定している場合と、数日間のお預かり料金を設定している場合があり、事前に確認するようにしましょう。そのほか、交通費や出張料金が別途発生することもあるため、ご留意ください。なお、初回のカウンセリングは無料としているプロもいます。

プロの探し方

依頼内容を入力する

依頼内容を入力する

Zehitomoの質問フォーム上で、ペットの種類、年齢、場所、頻度、予算などの条件を答えます。ペットの詳細や依頼内容もできるだけ詳しく記載するようにしましょう。

見積りを受け取る

見積りを受け取る

あなたの依頼に合ったプロからご提案が届きます。プロの中にはペットに関する専門資格を有する方が多くいるので、提案内容とプロフィールをしっかり確認しましょう。

プロを選ぶ

プロを選ぶ

提案内容や値段をしっかり確認し、メッセージを重ねることで人柄も見極めたら、そのプロに依頼します。まずはカウンセリングを受け、プロとの相性が合うか確認してみると良いでしょう。

Supporters

東京都中野区のペットのお世話のプロ一覧

(5ページ目)

東京都杉並区

ケンチェリーはペットのトリミングサロンです。犬のシャンプーやカットのトリミング、マイクロバブルバスや炭酸泉スパなどのリラクゼーション、ペット用品の販売を行っています。

東京都杉並区

ワンズミューはペットのトリミングサロンです。犬・猫のシャンプーやカットなどのトリミング、スパ、肉球ケア、ペットホテルを行っています。一頭一頭の状態に合わせた最適なケアを施すよう心がけています。

東京都杉並区

犬猫の美容室ホテルワンズミューはペットのトリミングサロンです。犬・猫のシャンプーやカットなどのトリミング、スパ、肉球ケア、ペットホテルを行っています。

東京都杉並区

ハートランド阿佐谷店はペットショップです。ロングチワワ・トイプードルの仔犬販売、犬のシャンプーやカットなどのトリミング、ペットホテルを行っています。

東京都杉並区

マッキーの便利屋さんは、杉並区の簡単な事から難しい事までどんな仕事でもお引き受けする便利屋です。部屋の片付け、ハウスクリーニング、除草・庭木の剪定、不用品処分、家具の移動、家具の組み立て、パソコン・スマホのトラブル解決、買い物代行、運搬・引越など、どんな仕事でも引き受けます。

東京都杉並区

株式会社アクアガジュカンパニーは水槽のレンタル、インテリア水槽の販売を行っています。オーダー水槽でも良心的でお魚追加システムで、いつでも賑やかで元気な水槽をキープできます。

東京都杉並区

MerciDogは、東京にあるペットサロン、トリミングのお店のひとつです。詳しい事業内容はお問い合わせの電話番号から聞くことができます。所在地は、東京都杉並区成田東です。

東京都杉並区

いぐさ動物病院トリミングルームは、東京にあるペットサロン、トリミングのお店のひとつです。詳しい事業内容はお問い合わせの電話番号から聞くことができます。

東京都杉並区

ドッグサロンエルムスは、東京にあるペットサロン、トリミングのお店のひとつです。詳しい事業内容はお問い合わせの電話番号から聞くことができます。

東京都杉並区

ペットサロンわんデーは、東京にあるペットサロン、トリミングのお店のひとつです。詳しい事業内容はお問い合わせの電話番号から聞くことができます。

東京都杉並区

アニマルワンダーランドはアニマルセラピー、乗馬セラピーを実践しています。ポニーや小動物、いろいろな種類の動物と触れ合うことができます。また、動物の専門家としての知識と実績を活かしペットシッターも実施しています。

東京都杉並区

シーザーハウスは、トリミング・ペットホテルを取り扱っています。トリミングは、飼い主さまのご要望をうかがいながら、ワンちゃんの体型や毛質、生活スタイルにあったスタイリングを提案しています。

もっと見る

ペットのお世話に関する良くある質問

ペットのお世話関連の最新記事

2021/07/05

柴犬の抜け毛はどうしたらいい?ケアや掃除の仕方をご紹介

柴犬には毛が生え変わる換毛期があるため、抜け毛が多いのは自然なこと。こまめにブラッシングしたり、シャンプーをしたりしてケアしてあげなければいけません。 また、部屋に落ちた抜け毛は犬だけでなく人間にとっても害となるため、しっかり掃除する必要があるでしょう。 今回は抜け毛をケアする方法や、掃除に役立つグッズなど、柴犬の抜け毛対策について詳しく紹介していきます。 目次 柴犬は抜け毛が多い、その理由 ・換毛期の仕組み ・毛の抜けにくい犬もいる 抜け毛のケア ・ブラッシングでごっそり取る ・シャンプーで洗って取る 部屋に落ちた抜け毛の掃除方法 ・抜け毛掃除に便利なグッズ 抜け毛対策のポイント ・ブラッシングをこまめに行う ・抜け毛対策で服を着せる ペットシッターに抜け毛対策を依頼する 柴犬は抜け毛が多い、その理由 柴犬に抜け毛が多いのは、被毛がダブルコートになっており、気温変化に応じて毛が生え変わるからです。 ダブルコートの犬種は、外側に硬い長めのオーバーコート(上毛)、内側に柔らかく短めのアンダーコート(下毛)が生えています。柴犬は、長い間寒暖差のある日本で生息してきました。そのため、毛の生え変わりによって体温を調節できるよう二重構造の毛になったと考えられています。 他にもダブルコートの犬種として、秋田犬、ゴールデンレトリバー、チワワ、パグ、コーギーなどが挙げられるでしょう。ダブルコートの犬種は、一般に春・秋の年2回、毛が生え変わる換毛期が訪れ抜け毛の量が一気に多くなります。 換毛期の仕組み 犬の換毛期は、人間で言う衣替えと考えればわかりやすいでしょう。内側のアンダーコートには保温効果があり、体が外気で冷やされるのを防ぐ役割があります。 しかし、気温の高い夏は保温をする必要がありません。そのため、毎年春になると夏に向けて通気性を良くするために冬毛が抜けるのです。 一方、秋には夏毛が抜けて、代わりに保温性の高いアンダーコートが生えてきます。 カーペットや服に抜け毛がつくとなかなか取れないので、換毛期はイライラするという飼い主も多いでしょう。 しかし、換毛はエネルギーを要するため、犬たちにとってもストレスが溜まる時期です。換毛期の犬は、精神面や体調面で不安定になりがちだということを覚えておかなければいけません。 毛の抜けにくい犬もいる 柴犬は、上記でも説明したようにダブルコートの犬種であるため抜け毛が多いです。しかし、犬の中にはシングルコートと呼ばれるアンダーコートが少ない犬種もいます。シングルコートの犬種は、ダブルコートと比べ抜け毛の量が圧倒的に少なく、掃除が楽という利点があるでしょう。 一方、換毛による体温調節が難しいため、室温を調整してあげたり、定期的に毛をカットしてあげたりしなければいけません。シングルコートの犬種として、プードル、ヨークシャーテリア、マルチーズ、パピヨン、シュナウザーなどが挙げられます。 抜け毛のケア 換毛期では、毎日抜け毛のケアをしてあげる必要があります。換毛期に抜け毛のケアを怠ると、毛玉ができたり、通気性が悪くなったりする原因になるので注意してください。毛玉の内部にはホコリが溜まりやすく、ノミ・ダニのような寄生虫が入ってくる可能性があります。 また、通気性が悪いと皮膚炎や熱中症などの病気を引き起こす恐れもあるため、普段以上にお手入れをしてあげるようにしましょう。 抜け毛をケアするには、ブラッシングをして毛を取るか、シャンプーで洗いながら毛を取るかという2つの方法があります。 ブラッシングでごっそり取る ブラッシングは、毛並みを整えて皮膚の清潔を保つ基本のお手入れです。抜け毛を取り除けるだけでなく、愛犬との大切なコミュニケーションにもなります。普段は週に1〜2回程度で問題ありませんが、換毛期は毎日行うようにしましょう。 なお、ブラッシングは屋外ではなく屋内で行うようにしてください。動物の毛は自然分解されにくいため、屋外でブラッシングするのはマナー違反です。抜け毛の掃除が面倒だからと公園やドッグランで行うのではなく、屋内で行うようにしましょう。 ブラッシングのやり方 基本的に、柴犬のブラッシングはスリッカーブラシやラバーブラシ、ファーミネーターなど、大きめのブラシを使って毛をかき分けながら行います。 特にスリッカーブラシを持つときは、力がかからないよう軽く持つようにしてください。また、先端部分が皮膚に刺さってしまわないように、毛並みと平行に引くのがポイントです。 足のブラッシング 足は他の部分と比べて毛が薄く、無理にブラシをかけると皮膚が傷ついてしまう恐れがあります。できるだけ柔らかく細めのラバーブラシか、ゴム手袋でマッサージするように抜け毛を取り除いてあげるといいでしょう。 背中〜お腹のブラッシング 首の下付近から丁寧にブラッシングしていきます。背中はとくに毛が長いため、根元からしっかりアンダーコートをとかすようにしましょう。 毛をめくりながらブラッシングをすると、抜け毛が取れやすくなります。背中が終わったら、背中から一回りするようにしてお腹をブラッシングしてあげてください。背中と違いお腹の毛は薄めなので、優しくブラシをかけるようにしましょう。 首〜顔のブラッシング 首の毛も長めなので、しっかりとブラシをかけていきましょう。ただし、顔はあまり抜け毛がないため、軽くブラシをかける程度で大丈夫です。目や口など、危険な部分は手で覆いながら丁寧にブラッシングしてください。 しっぽのブラッシング しっぽのブラッシングは苦手という犬が多いため、できるだけ最後に行うようにしましょう。根元から先に向かって、片方の手でしっぽを伸ばしながらブラッシングします。 仕上げのブラッシング スリッカーブラシやラバーブラシで抜け毛を取り除いたら、仕上げにコームを使って毛並みを整えます。もしコームが引っかかる部位があればまだ抜け毛を取り除ききれていないため、再度大きめのブラシでブラッシングするようにしましょう。 シャンプーで洗って取る シャンプーは抜け毛が取れるだけでなく、匂いを落とすことや、皮膚の清潔を保つことにも効果的です。 ただし、頻繁にシャンプーをしすぎると皮膚が乾燥してしまうため、シャンプーを行うのは月に1〜2回程度のペースにしてください。また、皮膚が弱い柴犬も多く、できるだけ低刺激性のシャンプーを選ぶようにしましょう。 なお、自宅でもシャンプーはできますが、手間がかかったり、排水溝が詰まってしまったりというデメリットがあります。おすすめなのは、トリミングサロンでシャンプーをしてもらうこと。犬の扱いに長けたプロが丁寧に洗ってくれるだけでなく、爪切りや耳掃除、トリミングなども一緒にお願いできます。 シャンプーのやり方 […]

2020/11/19

急な用事でもペットのことは安心、世田谷区でオススメのペットシッターをご紹介

年々ペットの人気は増加しており、犬や猫などを家族に迎え入れる家庭が多く見られます。 家族の一員として共に生活し、癒しを与えてくれる存在としてその需要は高まるばかりでしょう。 特に今年はコロナ禍の巣ごもり需要により、ペットの人気が急上昇しているようです。 しかしペットを飼っていて悩むのは、数日家を空ける場合のペットの預け先です。 一人暮らしであれば急な出張や入院、また家族がいる家庭では旅行など、様々な理由で誰かにペットを預けなければならない状況が考えられます。 近くに預かってもらえる親戚や知り合いがいれば良いですが、それまでに動物のお世話をしたことのない人であれば突然ペットの世話を頼むというのはなかなか難しいでしょう。 そこでおすすめなのが、自宅で大事なペットのお世話をしてもらえるペットシッターです。 ペットシッターとは ペットシッターとは自宅でペットの面倒を見てもらえるサービスで、慣れた環境でお世話をしてもらえるためペットにあまりストレスがかからないことや送迎の手間がかからないことで人気を拡げています。また家を空ける場合のお世話のほか、怪我や病気でなかなかペットを散歩に連れ出せないときに散歩のみ代行してもらうプランも増えているようです。 サービスの内容としては一日に一回〜数回自宅に訪問してもらい、ご飯の用意や遊び、お散歩、ブラッシングや爪切りなどのお手入れ、エアコンや簡単な掃除で環境調整、トイレの片付けなどを代行してもらいます。またペットの様子は写真つきのレポートで飼い主の方に報告することがほとんどで、外出先でもペットの様子を知ることができ安心です。   ペットホテルと比べたメリット・デメリット ペットシッターと似たサービスで、ペットを一日中預けることのできるペットホテルも人気があります。そこでペットホテルと比較し、ペットシッターのメリットとデメリットの両面を紹介していきます。   まずペットシッターのメリットです。 ペットシッターは自宅でペットのお世話をしてもらえるため、環境の変化に弱いペットにとってストレスが少ないという利点があります。またペットホテルは他のペットと一緒に過ごすため対策をされていても病気をもらってしまうリスクが多少ありますが、ペットシッターはその心配はありません。 なお自宅に来てもらうため、送迎の必要がないのもペットシッターのメリットでしょう。 次にペットシッターのデメリットです。 ペットホテルは一日中ペットを見てもらえるのに対し、ペットシッターは一日に一回から数回のみの訪問のため、ペットシッターがいない場合に万が一病気や怪我などが起こってもすぐ対応できないという心配があります。病弱だったり持病があるペットの場合、ペットホテルの方が安心かもしれません。 このようにペットシッターにはメリットとデメリットの両面がありますが、ペットのことを第一に考えると、慣れた自宅でお世話をしてもらえてストレスが少ないペットシッターをおすすめします。 東京都世田谷区で評判のペットシッター それでは東京都世田谷区で活躍されているおすすめのペットシッター様を紹介していきます。 chacoペットシッター ご自身も愛犬と生活されており、小動物看護士やドッグセラピストライセンスなど様々な資格をお持ちのペットシッター様です。急にペットを預けなければならないという時でも迅速に対応されており、お客様からは以下のような評判をいただいております。 “お世話をお願いした日の様子を写真と共に詳細にご報告いただき安心してお願い事ができました。急な延長も対応していただき大変助かりました。” “初めてで直前のお願いでしたが、何とか時間を作ってお世話していただき助かりました。毎日動画もLINEで送ってくださり様子もわかり安心できました。またお願いしたいと思います。” ペットシッターお留守番しっぽ 下北沢を中心にペットシッター、ドッグホスト、アニマルセラピーなど幅広くご活躍されている方です。自宅でのお世話も預かりでのお世話にもご対応されており、以下のような評価をいただいております。 “2泊3日でお世話になりました。元々は保護犬なので人間が若干苦手な事や、1日2回の投薬が必要なコですが快くお世話していただき、頻繁に写真や動画付きで報告をして下さるのでとても安心して預ける事が出来ました。オススメできるホストさんです。” petsitter 春 ペットシッターのほかにペットフレンドリーオーナーの資格をお持ちの方で、大学でもペットについて専門的に学ばれておりどのような種類のペットにもご対応されています。女性一名でご対応されているため防犯面やペットとの信頼関係の面でも安心でき、以下のような評判をいただいております。 “ペットシッターというのを初めて利用したのが春さんでしたが、とても優しくあまり他人に懐かないうちの子が今は春さんがくると、とても穏やかに過ごすようになりました。うちの子ももう介護が必要になり、なかなか頼めませんが、とても信頼しています。” Sitters25 明るい人柄な女性のペットシッター様で、当日の依頼にも快くご対応されています。また1時間前の連絡であれば当日でもキャンセル料はかからないという良心的なサービスで、お客様からはこのような評価もいただいております。 “猫のお世話をしていただきました。 うちの猫は、遊び大好きなのでたくさん遊んでもらいました(^^) おトイレ掃除なども問題なく、ありがとうございました!また、よろしくお願いします(^^)” 神谷 麻愛 動物看護師の経験をお持ちのペットシッター様で、家を空けるときのお世話から散歩のみのスポット依頼まで幅広くご対応されています。写真つきで細かくペットの様子を報告する丁寧なご対応で、以下のような評判もいただいております。 “毎週お願いしています。とても丁寧で、安心して愛犬を預けられます。しつけに関して困っていたことがあり、相談に乗っていただきました。今後ともよろしくお願いします。” “わんちゃんの散歩をしてもらいました!とても丁寧な対応をしてもらい大変満足しています。わんちゃんがとても喜んでるのがわかりまたお願いしたいと思います。”   世田谷区のペットシッターを探すならzehitomo